aoinorichan さん プロフィール

  •  
aoinorichanさん: 森のぐらさん
ハンドル名aoinorichan さん
ブログタイトル森のぐらさん
ブログURLhttp://aoibakuchan.blog58.fc2.com/
サイト紹介文ハイブリッドです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供70回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2011/09/16 16:23

aoinorichan さんのブログ記事

  • カフェ・オ・レ
  • カフェオレは、「カフェ・オ・レ」で café au lait (仏)「lait」は「milk」のこと。「au」は、前置詞 à(ア)と定冠詞 le(ル)の縮約形なので「at the, to the, in the〜など」に当たる。丁寧に訳せば「牛乳を混ぜたコーヒー」、簡単に言えば「コーヒー牛乳」。発音は「カフェ・オ・レ」だが関西では100% 「カフェ・オー・レ」と言う。「オー」とイタリア語のように伸ばした方が座りがいいと思われる。行きがけの駄賃 [続きを読む]
  • バレエ音楽「春の祭典」
  • イーゴリ・フョードロヴィチ・ストラヴィンスキー1882年6月17日 - 1971年4月6日(88歳)生誕135年記念日。バレエ音楽「春の祭典」:第2部「生贄の踊り」「春の祭典」の最後、極めつけはこの変拍子、暗譜で振るのは指揮法の勉強の泣かせどころ。でも、打楽器的リズムが旋律的でもあるので、プロ奏者にとってはさほどくにならないだろう。ワレリー・ゲルギエフ指揮マリインスキー歌劇場管弦楽団 2007.11.18にほんブログ村にほんブログ村にほ [続きを読む]
  • ヘンリー・マンシーニ
  • ヘンリー・マンシーニ(USAの作曲家、編曲家、ピアニスト)Henry Mancini1924年4月16日 - 1994年6月14日没後23年。《ムーン・リバー》《ティファニーで朝食を》《ハタリ! 》《シャレード》《ひまわり》《華麗なるヒコーキ野郎 》《夏の日の恋》《刑事コロンボ》・・・。枚挙に暇がないワ。我が青春のムード音楽!! この人、ホント天才ですね。ヘンリー・マンシーニ・メドレー   真島俊夫 編曲酒とバラの日々〜ムーンリヴァー〜いつも [続きを読む]
  • 低音の進行
  • ノルウェー民謡による変奏曲形式のバラード-ト短調Ballade i form av variasjoner over en norsk folketone op.24 Op.24グリーグによる1875年のピアノ曲。ノルウェーでよく知られているヴァルドレス地方の民謡「北国の農民」のメロディーを基に書かれている。突然、なぜこんな曲を取り上げたかというと、ベースラインが常に半音階的に下降している特徴のある曲だから。軽音楽の世界では音階的にベースラインが進行する所謂「クリ [続きを読む]
  • シューマン《コンチェルティーノ》
  • Robert Schumann, 1810年6月8日 - 1856年7月29日シューマン 赤とんぼConcert-Allegro mit Introduction, für Pianoforte und Orchester Op.134を日本語名では《ピアノと管弦楽のための序奏と協奏的アレグロ 作品134》と訳している。この曲意外な理由で知る人ぞ知る。赤い矢印(下の譜例)のフレーズが18回出てきます。山田耕筰はこの曲を知っていたかは不明。多分偶然の一致だろ。ペーター・マーク指揮-Orchestra di Padov [続きを読む]
  • 茱萸・胡頽子
  • グミ①「茱萸・胡頽子」は、超難読筆頭格。②「茱萸」の季語は秋。(何故か分からない)③「aus gummi 」は、「ゴム製の」の意。ドイツ語でグミとはゴムこと。④「ぐみの木と小鳥」は、小学2年道徳の資料?定番。にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村森島洋一 [続きを読む]
  • 舞踏への勧誘
  • Aufforderung zum Tanz,Walzer Op.65カール・マリア・フリードリヒ・エルンスト・フォン・ウェーバーCarl Maria Friedrich Ernst von Weber1786年11月18日 - 1826年6月5日(満39歳没)Philharmonia OrchestraHerbert Von Karajanにほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村森島洋一 [続きを読む]
  • スーザ 行進曲《エル・カピタン》
  • マーチ王のスーザ、「オペレッタ作家」の顔があることは意外に知られていない。というか私は知らなんだ。そのひとつオペレッタ「エル・カピタン」(El Capitan)マーチ「エル・カピタン」は、そのオペレッタ「エル・カピタン」に登場する。どんな筋書きかというと・・・。“日の沈まぬ帝国” スペインの絶対王制下ではスペイン王によって任命されていた「副王」がおかれ、海外植民地を統治した。例えば、南米ペルーは、16世紀まではイ [続きを読む]
  • マーチ三人組-フィルモアの巻
  • Fillmore もサーカスバンドマスターをやっていただけあって忙しいマーチが多い。《The Circus Bee》Rolling ThunderHenry Fillmore をググっていたら、《吹奏楽コンクールデータベース》に当たった。往年の方ならご存知の《行進曲「ミリタリー・エスコート」》の作曲とある。実は最近、「ミリタリー・エスコート」を検索して当ブログをご覧になっている方が急増した。私なりにその理由を調べてみたら、中日コンの課題曲になった(な [続きを読む]
  • 初級バンド用マーチ
  • Karl Lawrence King (1891〜1971)第58回中部日本吹奏楽コンクール課題曲参考演奏"Barnum and Bailey's Favorite" 等のサーカスマーチで一世を風靡したカール・キング。疾走する華やかなマーチとは裏腹に、"Peacemaker"など中学生向きの平易なマーチも結構作曲した。《Lexington March》天理高校吹奏楽部熊本公演1985 行進曲マーチングのためにsempre ff で奏しているが・・・。ステージ演奏?にほんブログ村にほんブログ村にほんブロ [続きを読む]