たかさん さん プロフィール

  •  
たかさんさん: 吹奏楽の風
ハンドル名たかさん さん
ブログタイトル吹奏楽の風
ブログURLhttp://hafutatu8713.blog101.fc2.com/
サイト紹介文吹奏楽やフルート、吹奏楽部の顧問をやりながら、思ったことなどをつれづれに書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供25回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2011/09/16 21:00

たかさん さんのブログ記事

  • サーカスとは(研究資料)
  • サーカス(circus)は動物を使った芸や人間の曲芸など複数の演目で構成される見世物。一般的に円形劇場や天幕などで催され、舞台を群集が取り巻いて見下ろす形態が取られる。古代エジプト時代に始まり、ローマ時代にその原型がなされた。また、近代サーカスの原点としては1770年のイギリス「アストリー・ローヤル演芸劇場」での開催とされる。近代サーカスで上演される演目は無数にあり、多様化の一途を辿るが、一般的な演目として [続きを読む]
  • 関東のカベはあつい…
  • マーチング関東大会が終わりました。ほんとうはすぐにでもご報告の記事を書こうと思っていたのですが、私が疲れていたのと次の準備に忙殺されていて、なかなか更新できませんでした。結果はネットに発表されていますし、ブログ記事に取り上げてくださった方もいらっしやいますので、いまさらになりますが、我が校は銀賞で残念ながら全国大会には進めませんでした。けっして悪い演奏演技ではなかったと思います。金賞で全国大会行き [続きを読む]
  • 今度の日曜日は関東大会
  • マーチングバンド関東大会が今度の日曜日に迫ってきました。会場は「さいたまスーパーアリーナ」。我が校は昨年に引き続き、二年連続の出場となります。埼玉県大会は我が校にとって決して楽ではありません。なにしろ我が校以外は、すべて100人以上の超大編成のバンドです。人数で審査されるわけではなく、いわゆる「無差別」ですから、なかなか厳しいです。我が校がこの大会に参加してもう15年ほどになりますが、最初の10年 [続きを読む]
  • 著作権問題
  • 著作権がどれほど大事なものなのか、私はじゅうぶん理解しているつもりです。マーチング用に作られていない曲をマーチングで演奏する場合、著作権のある作品については、作曲者に了解を得て編曲をします。今年のマーチング曲は、鈴木英史先生の「大いなる約束の大地〜チンギスハーン」を、マーチング用にアレンジした楽譜を使いました。もちろん、鈴木英史先生の許可をいただいてのことです。マーチングで演奏されることを前提とし [続きを読む]
  • 小説「夏色のロンド」1
  • 「おかあさん、私、公立の高校に行く。でも、マーチングはやめないから」大槻響は、中高一貫の私立中学に通っていた。小学校のときに、マーチングをやっている上級生に憧れて、マーチングを始めたが、地元には、マーチングをやっている中学校がなかったため、マーチングバンドのある都内の私立中高一貫校に通っていたのだった。響の父は響が中学校一年生の時に亡くなっていた。響の父は吹奏楽部の顧問を長年務めてきた。部活で、い [続きを読む]
  • マーチング埼玉県大会・金賞受賞!
  • 本日、平成28年9月22日、さいたまスーパーアリーナでマーチングバンド協会主催の埼玉県大会がありました。関東大会、全国大会も、ここ「さいたまスーパーアリーナ」で行われます。我が校は、昨年「銀賞」で関東大会に推薦されました。その前の年は「銀賞」ながら、関東大会には推薦されませんでしたので、昨年は、とても嬉しい結果となりました。今年の目標は、「金賞で関東大会」です。マーチングバンド協会の審査は絶対評価 [続きを読む]
  • マーチング千葉県大会に参加してきました
  • マーチングバンド協会主催の第19回関東マーチングバンドオープンコンテストに参加してきました。前日は我が校の文化祭でした。朝早くから文化祭の曲の練習をして、お昼から本番の演奏を行い、文化祭が終わった後の午後5時半から、マーチングの練習をするという、とってもハードな一日となりました。オープンコンテストは、千葉ポートアリーナで千葉県大会の一環として行われました。千葉ポートアリーナでのマーチングの大会に、 [続きを読む]
  • 外部講師の質
  • 吹奏楽は多種多様な楽器を使います。音楽のジャンルも様々なものを演奏します。当然のことながら、これをすべて顧問一人でこなすのは無理です。我が校も、たくさんの外部講師にお世話になっています。バンドトレーナー、マーチング関係の講師を合わせると、20人ほどになります。音楽観も経験もさまざまですが、人間性もさまざまです。困るのは、学校を出て教え始めてから数年の若い人です。30歳前後なのに、気分はすでに「大先 [続きを読む]
  • コンクールの結果を左右するもの
  • 吹奏楽コンクールの時期になりました。我が校も今追い込み練習の真っ最中です。この時期に私がいつも思うのは、「コンクールって部員全員で参加するものなんだ」ということです。部員数が多くて、コンクールのメンバーから外れる部員のいる学校でも「部員全員で参加する」ものなんです。我が校は、大編成の部(55人以下)に参加しますが、部員は60人いますので、どうしてもコンクールのメンバーから外れてしまう部員が出て来ます [続きを読む]
  • パールフルート新製品試奏会
  • パールフルートの新製品の展示試奏会に行ってきました。※以下は、あくまで私の感想です。今回のお目当ては、新作頭部管の性能の確認です。このために、三日前から自分のマエスタを吹いてコンディションの調整をしていました。実は、三日前に久しぶりにマエスタを吹いたのですが、ちっとも鳴らせませんでした。吹いていないとこんなもんです。しかし、サンキョウエチュードに持ち替えるとバリバリと吹けました。どうやら、洋銀製の [続きを読む]
  • 2016課題曲Ⅳクリニック
  • パールフルートの新製品の展示試奏会に行ってきました。※以下は、あくまで私の感想です。今回のお目当ては、新作頭部管の性能の確認です。このために、三日前から自分のマエスタを吹いてコンディションの調整をしていました。実は、三日前に久しぶりにマエスタを吹いたのですが、ちっとも鳴らせませんでした。吹いていないとこんなもんです。しかし、サンキョウエチュードに持ち替えるとバリバリと吹けました。どうやら、洋銀製の [続きを読む]
  • 映画「青空エール」
  • 今年の夏、上記の映画が公開されます。タイムリーといえばタイムリーかな。昔の映画「タッチ」のヒロインが野球部のマネージャーだったのが、この映画では吹奏楽部でトランペットを吹く女の子になっているのが特徴です。もちろん、吹奏楽部の目的は、野球の応援ではないけれど、これはこれで、青春の1ページですね。 [続きを読む]
  • 吹奏楽研究発表会終了!
  • 先週、土曜日に吹奏楽研究発表会がありました。我が校は、今年の吹奏楽コンクールの課題曲ならびに自由曲を演奏しました。一年生28人を加えての総勢60人ほどでの演奏でした。この時期としては、まあまあの演奏の出来だと思いました。問題はこれからです。せっかく講師の先生から講評をいただいたので、これからの練習に生かしていこうと思っています。夏までに、どこまでレベルアップできるか挑戦です! [続きを読む]
  • マーチングと座奏の両立
  • わが校は、マーチングと座奏の両立を目指して活動しています。どちらも高いレベルでの演奏(演技)を目指していますが、現実はなかなか厳しいものがあります。吹奏楽連盟のマーチングコンテストは8月下旬です。吹奏楽コンクールは県大会が8月10日まで行われます。マーチングコンテストに参加しようと思えば、吹奏楽コンクール前でも、マーチングの練習をしないといけません。しかし、それをすると吹奏楽コンクールの練習がおろそ [続きを読む]
  • 1年生の担当楽器が決まりました。
  • 今年の1年生の新入部員は28人でした。4月は担当楽器決めで忙しくしていました。新入部員の担当楽器の決め方には、顧問の先生それぞれで、いろいろやり方があるようです。いずれにしても、生徒の希望と適性を考えた上で、バンド全体のバランスを考えて、担当楽器を決めなければなりません。私のところでは10日間ほどかけて、全部のパートの「楽器体験」をやります。「適性をみる」ということと、「1年生と上級生との交流」と [続きを読む]
  • 新年度が始まりました!
  • 定期演奏会が終わって、一息つくかつかないかのうちに、新学期が始まりました。今年の新入部員は28人でした。上級生と合わせると、ちょうど60人です。これも上級生が一生懸命、部活の宣伝と勧誘をしたからです。自分たちが、「この部活は充実して楽しい」と思わないと、これだけの人数は集まりません。このメンバーで今年はがんばります。ところで、熊本で大きな地震がありました。それも余震がなかなか収まらず、現地の人達は [続きを読む]
  • 2015年度が終わりました
  • 気がつくと一ヶ月間、ブログを更新していませんでした。この一か月間は忙し過ぎてブログ記事を書く暇もありませんでした。3月26日の定期演奏会で、3年生が吹奏楽部を卒業しました。毎年のことながら、3年間苦楽をともにしてきた生徒たちとの最後の演奏会には特別な思いがあります。その思いは「吹奏楽部の卒業式」という一種独特の形に現れています。吹奏楽を聞きにいらっしゃる一般の方にとって、演奏会のプログラムとは関係 [続きを読む]
  • マエスタが帰ってきました!
  • 調整に出していたフルート(マエスタ)が帰ってきました。(というより迎えに行ったのですが。)通院のあと、上野のパールフルートギャラリーへ行きました。行ってみると、たくさんのフルートの音が聞こえてきました。ああ、そうか、今日はフルートアンサンブル倶楽部のある日なんだ…。とりあえず、中に入ってひさびさに自分のマエスタとご対面(笑)。しばらく試し吹きをしていました。調子の悪かった第二オクターブのCのあたりも実に [続きを読む]
  • 岩槻高校吹奏楽部定期演奏会のお知らせ
  • 岩槻高校吹奏楽部の定期演奏会を下記の通り開催いたします。みなさま、お誘いあわせの上、ご来場ください。日時 平成28年3月26日(土) 午後4時開場 午後4時30分開演場所 春日部市民文化会館大ホール    (東武スカイツリーライン・アーバンパークライン      春日部駅下車徒歩15分)http://www.city.kasukabe.lg.jp/soumu-edu/kyouiku/bunka/bunkakaikan/annaizu.html入場料 300円(小学生以下無料)プログ [続きを読む]
  • マーチングステージ全国大会
  • 2016年2月20日に行われた「第15回マーチングステージ全国大会」に参加してきました。場所は神奈川県民ホールです。本校吹奏楽部としては昨年に引き続き、二回目の出場でした。曲は昨年のさいたまスーパーアリーナで行われた関東大会の時と同じ「リバーダンス」をやりました。アリーナで行われる「フロアマーチング」が30m四方なのに対して、この「ステージマーチング」は、18m四方で演技をします。当然のことながら、フォーメー [続きを読む]
  • 大いなる約束の大地〜フルートソロ・カラートリル
  • サンキョウエチュードで、鈴木英史先生の「大いなる約束の大地〜チンギスハン」の冒頭のフルートソロを吹いてみたという記事を書きました。特殊奏法が面白いと書きましたが、冒頭C音の変え指とのトリルについては触れませんでした。この曲を練習なさっている他の学校の顧問の先生も、いろいろ研究なさっていますので、私がやってみたところをご紹介したいと思います。管楽器には、同じ音を出すにしても、いくつかの異なる指使いが [続きを読む]
  • 頭部管銀のフルートの実力
  • ただいま、メインで使っているパール・マエスタを調整に出していますので、サブのサンキョウ・エチュードを使っています。近々、このフルートを本番で吹く予定なので、毎日吹くようになりました。頭部管銀のフルートは、中高生にはお勧めのフルートだと私は思っています。特にサンキョウ・エチュードはお勧めです。明るい音色で音程もよく、何よりも故障が少ないのです。吹きやすい分、表現力は総銀製には劣ると思っていたのですが [続きを読む]
  • ひさびさのフルートネタです!
  • 吹奏楽部の正顧問に復帰して、丸3年が経過しました。楽器を吹くことが好きで吹奏楽を続けてきたのですが、吹奏楽部の顧問って案外、自分の楽器を練習する時間が取れないのです。音楽の教員だったら、否応なしに楽器の練習をしないといけないのですが、私みたいな他教科の人間は、自分の教科の勉強もしないといけませんし、今年は3年生を担当していますので、生徒の受験対策にも追われていました。ようやく、ひと段落したので、久 [続きを読む]
  • 2016吹奏楽コンクール課題曲が来ました!
  • 気が付くと1月は全く更新していませんでした。年明け早々から部活動の方では吹奏楽コンクールの新人戦があって、忙しかったからです。でも、それだけではなくて、私は今3年生を担当していますので、進路相談や卒業考査の準備・採点などに追われていました。そして、「あっ」という間に2月になってしまいました。こんな調子じゃ2016年もすぐに終わってしまいそうです(笑)さて、本日(2/2)に、今年の吹奏楽コンクール課題曲 [続きを読む]
  • 年内の活動が終了しました!
  • 吹奏楽部には、休みが盆と正月しかありません。いや、もしかすると盆も正月もないかも(笑) サッカーも野球も強いところだと、盆と正月に全国大会がありますから。私は高校生の時に盆も正月もなかったので、盆休みは8月13日から15日は必ずとるようにしていますし、正月休みは12月28日から1月3日まではとることにしています。今年は、正月休みはちょっと早いです。昨日の12月26日で、年内の活動が終了しました。1 [続きを読む]