Calico さん プロフィール

  •  
Calicoさん: インテリア雑貨キャリコ*Calicoの「ふんわりブログ」
ハンドル名Calico さん
ブログタイトルインテリア雑貨キャリコ*Calicoの「ふんわりブログ」
ブログURLhttp://blog.calicoshop.com/
サイト紹介文英国カントリー風インテリア雑貨のキャリコ*Calicoです。毎日を幸せにする情報や商品をお届けします
自由文大阪の小さな通販雑貨ショップ「Calico」です。ビクトリア時代の英国や、長い間たいせつに使われたお道具、カントリー・インテリアを愛する店主がお届けする、和みのスペース。展示会の情報、おいしい食べ物の話、旅行、便利な情報、動物、etcetc、楽しくって心が安らぐ話題をお届けします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供615回 / 365日(平均11.8回/週) - 参加 2011/09/18 18:13

Calico さんのブログ記事

  • ピンクのドレスデンスプレイ
  • 春といえばピンクのドレスデンスプレイ今週も続々と入荷しています^^ おすすめはこちらですね大きめのグローブジャグ いったい、なにに使ったのやら〜 文献をしらべても、いまいちわからない謎の多い器ですが本来は、ミルクピッチャーではなかったのか?と思います 乳製品を欧米人ほど摂らない日本人ミルクは紙パックのものを購入する現代人 日本では、花瓶になっていただきましょう [続きを読む]
  • 春を呼ぶプランタン
  • 今日の大阪は、朝から雨ですけど、この雨が少しづつ春を連れてくるんですね 冬の終わりの雨は、あたたかくてやさしい雨 スージークーパーの「春」ことプランタン今回はコーヒー関連入荷しています ちょっと小さくて可愛らしいデミタスたち 戦前のイギリスでは、コーヒーは朝やお茶の時間に飲むものではなくディナーのあと、濃いめのコーヒーを少し飲むのが習慣だったそうだから、カップがちいさくて愛ら [続きを読む]
  • イースターのフレッドくん
  • もうすぐイースターフレッドくんたちも、ウキウキ楽しげです食卓に、お気に入りの子をおひとりイースター前にお招きしませんか? トップバッターはイースターエッグを持ったフレッドくん 素敵なレストランでだれかにプレゼント? ウサギさんといっしょに食卓を囲みます いつもの食卓が、なんだかイースターモードに変身 シェルフの上にさりげなく置いてもかわいらしいフレッドくん&nbs [続きを読む]
  • 去年のいちご餅ことしのいちご餅
  • 梅の花が咲くころ、毎年いただくお菓子「いちご餅」 阪急淡路の商店街にある「菓匠あさだ」さんのお品でこれを食べると、春が来たんだなあ〜って、しみじみ感じます 淡路というのは、いま住んでいる吹田から遠くないので自力で買おうと思えば買えるのですが。。。 いただいたお菓子は自分で買うものよりおいしい うちの創業時から今にいたるまでパソコンの指導をしていただいている先生からいただ [続きを読む]
  • オパールの南極物語
  • どうして見捨てたのですか なぜ犬たちを連れて帰ってくれなかったのですか 本日のトップは1983年公開の日本映画カラフト犬タロとジロ主演の「南極物語」を彷彿させる雪景色から始まります^^ まあ、わたくしの合成が少々はいっておりますが^^今年はオパールさんの住む奈良にも雪が積もりました 写真をいただいたのは1週間ちょっと前なのですが「北海道で流氷を見てます」...って感じの田園ゾーンです&nbs [続きを読む]
  • 日本茶カフェ 「茶ら咲」さん
  • となり町の豊中にある、かわいらしい日本茶カフェへ 日曜日の昼さがりにおいしいお茶と、かわいいお菓子テーブルの上は、キュートな小物でいっぱいになりました お茶といっても、難しい作法のいらない気軽なカフェです 毎年、はつうまの日にお参りにゆく服部天神さんのそばに、小さいカフェがオープンしていました どうやら、まだできて半年くらいの新しいお店店内も、初々しい雰囲気がのこ [続きを読む]
  • 春のグレイリーフ
  • 「立春」も終わりました今日から、24節季でいうところの「雨水」のはじまり北国でも雪がとけ始める頃となります 各地で春一番の吹きはじめる今日この頃大阪の春一番が待ち遠しい(どうも去年は近畿地方に春一番吹かなかったようですが^^) 今日は春を待つかわいい小鳥の羽根グレイリーフのご紹介 空からふんわりと可愛い羽根が舞い降りるちょっと夢の世界のようなお品 商品名はリーフで、羽根ではなく [続きを読む]
  • HOVIS〜春のパンまつり
  • 2月に入り、今年もヤマザキパンが春のパン祭りはじめましたね ということで、うちも久しぶりにHOVIS春のパングッズのご紹介 これは英国のパン製造会社HOVISが1980年代にパンを買ってくれたお客様向けにプレゼントしたノベルテイグッズ こんがり焼けた、おいしそうなパンが並びますその中でも、人気が高かったトースト型おさらも入荷しています 間違えて、かじって食べないでくださいね泣きながら歯医者 [続きを読む]
  • スージークーパーの「時計草〜フロリス」
  • バレンタインが終わり、つぎのイベントイースターが近づいて参りました 今日は、キリスト教にまつわる植物時計草を題材にした、ちょっと面白いお品のご紹介 1953年頃と比較的新しく(←ビンテージとしては^^)ボーンチャイナの遣いやすいお品ですちょっと普段と違う、普通の日(?)を楽しみたいときにおススメのお品 時計草とは英語名パッション・フラワーpassion flowerこの場合のパッションは、ふだ [続きを読む]
  • 春を呼ぶ魔法のくまさん
  • おや、くまの子がストレッチしてますよ手足のジョイントもなかなか良さそうは、元気な子 春をよぶ、くまのおどりでもしているのかな おそらに魔法をかけましょうさっそく春がやってきましたよ 実は彼は、春を呼ぶ、花咲かじじいグマだったのです 水仙の花咲く野原でもじゃもじゃ頭のくまさん1匹 ちょっと大き目Lサイズ 身長46cm、頭がでっかちの学者タイプ利発そうな瞳が愛らしい [続きを読む]
  • バレンタイン・ロマンス
  • きょうはバレンタイン本番ですね 百貨店や、スーパーの売り場からチョコレートコーナーが明日から消えるのがさびしい限り 年ごとにエスカレートするバレンタイン商戦ことし最高にかわいいと思ったのは、梅田阪急にディスプレイされてあったトットベーネの、グランシエスタ8640円 これは、もらった人、なやむだろうな〜^^ 個人的に、もらいたいと思ったのはこれかなゴンチャロフの、アニマルショコラ&n [続きを読む]
  • オパール「初午の日だより」
  • きのうは初午の日梅の花咲く服部天神へ、お詣りにいってまいりました 気温は低いものの、天気のよい明るい日なお、奈良在住のオパールさんは合成写真での出演です さて、みなさまは、初午の日というのはご存知でしょうか? 一年でいちばん運気があがる日で(とくにお昼の12時くらいがピーク)農村では五穀豊穣を祈り、商家では商売繁盛を祈ります 大阪ではメジャーな祭典ではないのですが、鹿児島では有 [続きを読む]
  • 久しぶりのロンドンティールーム
  • 梅田へ出たので、久しぶりのロンドンティールームお茶はセイロンティーにしてみました ミルクを入れないので、お茶の色がとてもきれいかるい渋みのある、しっかりした味わい 男の園、阪急メンズ館のロンティーさんここは12時まで、モーニングをやっていて、非常にお得なのです とはいえ、平日10時開店、土日11時開店なのでしかたがない部分もあるのでしょうが(この開店時間で、無理やりモーニングをするその [続きを読む]
  • ちいさい春みつけた
  • ちいさい春みつけた^^!菜の花がかわいらしい顔をこちらに見せています おはよう! あまりに可愛かったのでスーパーで買ってきてマヨネーズあえにして、食べてしまいましたとさ^^ 冬大根か、春大根か、わかりませんがしろい大根足が、にょっきり出ています 葉っぱがみずみずしくて、おいしそう春は、だんだんと近づいています 北大阪は寒波の真っ最中ああ、大根のおでんが食 [続きを読む]
  • フォストリアのジューン
  • もうすぐバレンタインということでフォストリアのかわいいグラス「ジューン」入荷しております アイスクリームやフルーツなどちいさいデザートを食べるとき便利です もちろんシャンパンや冷酒、ワインなどミニグラスとしても楽しんでいただける、すてきなお品 いまの季節ですと情熱のピンク色 熟れたイチゴがよく似合います 氷の結晶のようなエクセレントグラス1928年のアメリカでデザイ [続きを読む]
  • 春を待つスージークーパーのばら
  • 立春を超え、もうすぐ本格的な春ですねちょっと気の早いパトリシアローズのご紹介 以前も、似たお品を紹介しましたが今日のお品は、同じ形でもティーポット、ミルクジャグ&シュガーボウルがピンクのベタ塗りになっているタイプです 北米向けに人気のあった、お色ハッキリタイプ 対して、ティートリオと、トーストラックはふつうのピンク・グラデーションという、同じ柄でもバリエーションが少し違うも [続きを読む]
  • 英国を旅するバッグ〜ピーターラビットの国へ
  • 英国を旅するバッグは湖水地方のニア・ソーリー村へそこにすんでいる、灰色のちいさなウサギピーターラビットを訪ねて 肩には夢見る大人のボストンバッグを提げてさあ、美しい英国のカントリーサイドへの旅のはじまりです 今からちょうど150年前のイギリスに湖水地方の自然を愛した、ひとりの内向的な少女が住んでいました その子の名前はビアトリクス・ポター。彼女が大人になってから書いた、ペットのウサ [続きを読む]
  • グレンミスト〜霧の谷
  • 美しい自然のあふれる魅惑のスコットランド高地 グレン・ミストはスコットランドの古語ゲール語で「霧の谷」を意味します 出典:Scotland Highlands イギリス最北端の地、ハイランド 古くから、戦いの多い地域でたくさんの伝説や物語そして厳しい自然の美しさが共存する場所 出典:Scotland Highlands そんな、スコットランド高地の霧の谷に咲く魅惑的な青いケシの花 スージークー1960年のデザ [続きを読む]
  • オパール〜君はその瞳でオヤツをまきあげる
  • 月曜日の朝はオパールさんお得意の「おねだりポーズ」 おやつを目の前に、マテをしているところ その期待感に満ちた、キラキラ光る瞳からはもう、だれも逃れることができないのです しかし、ちいさいころから今にいたるまで、おやつを目の前に、マテしているときの瞳の輝きはかわりませんね 顔の凹凸が、いまと比べて少し乏しいように思いますが5年の月日を経ても、その輝きはステイゴールド   [続きを読む]
  • 熱血紅茶〜神戸紅茶フェスティバル
  • 中華街を離れ、港町「神戸」へ美しい船が停泊しています 今年は神戸開港150周年記念なのでさまざまなイベントが開催されるようです その記念行事の先駆けとして、先週の週末は港で神戸紅茶フェスティバルが開かれていました 海風のふきつける中、みなさん元気にブースへの列を作っています 主催はリプトンですねイギリスが生んだ1890年創業の老舗のブランド 創始者である、サー・トーマス・ [続きを読む]
  • 節分から立春へ
  • きのうは地元吹田の泉殿神宮へ福をさずけてもらうために、地元の節分祭へ行ったのです ちいさいローカル神社なのですが、定刻の三時にはもう動けないくらいにびっしりと人が詰まってました 福を撒くひとたちが、つぎつぎと入場です 黄色いオーバーオールの、カブみたいなものは地元吹田のゆるキャラ「すいたん」ですカブではなく名産品の「くわい」の妖怪(?) 大人気で、子どもたちから「すいた〜ん」 [続きを読む]
  • 節分の日のスージークーパー
  • 今日は節分ですね今年の恵方、北北西に向かって恵方巻きを丸かじり 「恵方」は秋の方とも呼ばれ、その方角に向かって事を行えば万事に吉とされるのだそうです 巻きずしを1本丸かじりするのはキツイかたはカットしたものを北北西に向いて食べるだけでもいいんじゃないでしょうか 方角のわかる便利なサイトはこちら2017年今年の恵方 二月にはいり梅の花も、どんどん咲いてきました明日は立春です &nb [続きを読む]
  • スージークーパー「冬のひまわり」
  • スージークーパー1933年ごろのお品ものすごくダイレクトなネーミングですが「黄色の縦ライン」はじめてご来店です 太陽のひかり、月のかけらのような可愛い柄紅茶だけではなく、ハーブティーなんかも似合いそうです シンプルだけど、かわいくてインパクトのある柄 デザインの来歴は、わからないんですけどお花からインスピレーションを得て表現することの多かった彼女 これは、もしかして「ひまわ [続きを読む]
  • ねこの惑星(フィリップローレストン)
  • さあ、今年もいつのまにか2月をむかえましたねこの月の始まりです 地球からはるか離れた、宇宙ねこの棲む惑星からは宝石のような眼を輝かせて、地球を見ていますはやくこちらに降りておいで! 遥かなる時空を飛びぬけてつぎつぎと、ねこが時空をわたります さあ、最初の1匹は、ぶじ地球に到着しましたよ さて、どうやら全員がぶじ着地したようですちゃんと食料も持参したようです 京橋 [続きを読む]
  • 神戸でホーンジー
  • 今日は先日訪れた神戸ハーバーランドの岸壁から 青い空に、赤い観覧者車が、くるくる回っています はしっこに見える、白いモンブランみたいな建物は神戸旅客ターミナル 美しい船が、つぎつぎに訪れます 海辺の町でつくられたホーンジーには神戸の港がよく似合う クルージング気分で器を楽しんでみませんか?いろいろ入荷しております ここも数十年ぶりに訪れたのですがずいぶんと様変わ [続きを読む]