ニック西村 さん プロフィール

  •  
ニック西村さん: 西村治彦の日記
ハンドル名ニック西村 さん
ブログタイトル西村治彦の日記
ブログURLhttp://ameblo.jp/2465789/
サイト紹介文顧問先1万7000社、事務所数46カ所、所員180人、創業47年、西村事務所・西村治彦のブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供387回 / 365日(平均7.4回/週) - 参加 2011/09/20 18:19

ニック西村 さんのブログ記事

  • うえの夏まつり、ハスの花、歌謡ショー、骨董市。
  • うえの夏まつり、ハスの花、歌謡ショー、骨董市。 この日は、毎夏恒例の夏まつりが 上野公園で、行われているので出掛けました。同行は 大森桂子と天沼裕子です。事務所から上野公園まで、歩いても15分ほどであります。まず、不忍池のハスの花を眺めながら、撮影です。ここのハスは、古代ハスです。2000年前のハスの種が、現千葉市花見川区検見川の東京大学グラウンドで、発掘されて、東京大学の大賀博士が発芽させ、そのハス [続きを読む]
  • 「白鶴城」・岩槻城址散策・水に囲まれた浮城
  • 「白鶴城」・岩槻城址散策・水に囲まれた浮城この日は 私は 用事があって、さいたま市岩槻区にある顧問先を訪れました。どんな用事かと申しますと、私は この顧問先の会社の役員になってしまったのです。それで、定期的に役員会に出席することになりました。 役員会と言っても、会社の経営の説明と今後の対応などについて、会議が開かれるのです。私も長い間、自分の事務所の経営に携わってきておりますので、経営については、 [続きを読む]
  • 幻の「造海城」を探し求めて・富津市竹岡の山の中・見つかったか
  • 幻の「造海城」を探し求めて・富津市竹岡の山の中・見つかったか この日は、藤井智恵ことアンパンマンが同行であります。「千葉県富津市竹岡の山中にある中世の城・造海城(ぞうかいじょう)を探しに行きたいです」と申します。探検や冒険は楽しいです。「行きましょう!」車は館山道路を南下します。富津竹岡インターで降ります。海に向かっていくと、右側に、「延命寺」と申す寺がありました。この寺を探すのも大変でした。道路 [続きを読む]
  • 一面のひまわり畑 佐倉ふるさと広場は夏の風物詩です
  • 一面のひまわり畑 佐倉ふるさと広場は夏の風物詩です。今年も真夏になりました。私は毎年、佐倉ふるさと広場の「ひまわり畑」にやって来ます。2万本の「ひまわり」が、畑を埋め尽くします。黄色い大きなひまわりの花が、畑一面を埋め尽くします。 畑の向こうには、オランダ風車。恰好が良いです。この日は 大勢の観光客が、ひまわり畑にやって参りました。佐倉ふるさと広場は、季節季節で いろいろな花が咲き乱れます。春は  [続きを読む]
  • 銀子さんの高級外車と高級日本車・私は買いませんよ!
  • 銀子さんの高級外車と高級日本車・私は買いませんよ! この日は 銀子さんから連絡がありました。「車を見に行きたいので、一緒に行って戴けますか」と。 別に車を見に行くのは、構わないけれど、私;「買って下さい!なんて言わないで下さいね!」。銀子さん;「ただ 車を見るだけですよ!」先日は、高い「GUCCI」を買わされましたが、車は値段が違います。私:「見たい車は スズキアルト あたりですか?」銀子さん:「いえ [続きを読む]
  • 箕輪城址 兵どもが夢の跡・高崎観音 白衣の大観音
  • 箕輪城(みのわじょう)は、榛名白川によって削られた河岸段丘に梯郭式に曲輪(くるわ)が配された平山城であります。城の西には榛名白川、南には榛名沼があり、両者が天然の堀を形成していました。城地は東西約500メートル、南北約1,100メートル、面積約47ヘクタールにおよぶ広大なものでありました。現在に残る遺構としては、石垣・土塁・空堀の跡が認められます。箕輪城は戦国時代の城であります。築城後 80年間で 落城するま [続きを読む]
  • 湖畔の宿・榛名湖畔にやって来て・榛名富士山頂に登って思うこと
  • 湖畔の宿・榛名湖畔にやって来て・榛名富士山頂に登って思うこと 群馬県榛名湖町にある「榛名湖」は、標高 1054mにある山の湖です。火山の噴火により出来た火口に水が貯まり 出来た湖です。以前 うちの社員旅行で 皆で来たことがあります。何年前でしたでしょうか。大昔です。山の湖は、寂しいです。今回、私が一人で来たのも、悲しむ心を持っていたからでしょうか。私の胸が痛みます。耐えられなくて、昨日の夢を焼いて [続きを読む]
  • 西新井大師の風鈴祭り・色々な風鈴があります・塩地蔵でイボを取る
  • 西新井大師の風鈴祭り・色々な風鈴があります・塩地蔵でイボを取るこの日は、東京都足立区西新井1-15-1 にある「西新井大師」に行くことになりました。寺の名前は「総持寺」です。「西新井大師」で知られています。ここは関東三大大師です。他に 川崎大師(川崎市)、観福寺大師堂(香取市牧野)があります。 「西新井大師」では 現在 夏の風物詩・「風鈴祭り」が開催されています。全国から集められた、色々な風鈴を、境内の [続きを読む]
  • 護国寺に行って、富士山に登る。江戸時代から続く富士山信仰
  • 護国寺に行って、富士山に登る。江戸時代から続く富士山信仰  私は、今回、東京都文京区大塚にある「護国寺」を訪れました。東京都内でも、由緒ある古い寺院であります。私は、小学校から、大学時代まで、豊島区池袋に住んでいたので、比較的近い「護国寺」には、何度も遊びに行っています。墓で仲間とかくれんぼをして遊んだことが懐かしいです。  現在では、護国寺の前には、交番があり、何人もの警官が、交通整理やら、不審な [続きを読む]
  • 下谷・鬼子母神の朝顔市・伝統の江戸風物詩・3鉢買って来ました。
  • 下谷・鬼子母神の朝顔市・伝統の江戸風物詩・3鉢買って来ました。 この日は、七夕の前後三日間行われる下谷・鬼子母神の朝顔市に出掛けることにしました。同行は 緑子さんです。下谷・鬼子母神の朝顔市は、伝統の江戸風物詩です。朝顔市が行われると本格的な夏の到来であります。 「下谷の鬼子母神=真源寺(しんげんじ)」の名物である朝顔市が、有名になったのは 明治時代に入ってからで、江戸後期頃から、この地で盛んだっ [続きを読む]
  • 七夕を千葉厄除け不動尊で祝います。新人と祝う七夕祭り
  • 七夕を千葉厄除け不動尊で祝います。新人と祝う七夕祭り「#七夕2017」7月7日は、七夕であります。1年に一度、天の川で、「彦星」と「織り姫」が再会します。天の川を挟んで、「わし座のアルタイが彦星」、「こと座のベガが織り姫」です。7月7日の未明、東京では東の空に輝いて見えます。 天の川の東に「織り姫」が住んでいました。天帝の子です。毎日、機(はた)を織る仕事をしていました。雲の錦の様な天衣を織り、容 [続きを読む]
  • 佐倉惣五郎物語・宗吾霊堂に祀られて
  •  佐倉惣五郎物語・宗吾霊堂に祀られて この日は、成田市にある「宗吾霊堂」を訪れました。「宗吾霊堂」には 江戸時代の「義民・佐倉(=木内)惣五郎」が、祀られております。佐倉宗吾とも呼ばれています。その「宗吾」は、名主でした。農民から年貢を取り立て、佐倉藩に納めます。取り立てる役目でありながら、農民の窮状を知ると、むざむざと取り立てることは出来ません。 佐倉藩は佐倉城藩主・堀田氏が治めておりました。 [続きを読む]
  • 夢の島散策・夢はあるか・東京ゲートブリッジを渡ります
  • 夢の島散策・夢はあるか・東京ゲートブリッジを渡ります この日は 緑子さんが、東京外神田事務所に来てくれました。「夢の島で夢を探したいです!」と申します。「夢の島」には、夢があるのでしょうか? 私の車に乗って、「夢の島」に向かいます。「夢の島」は 以前は 東京都民が捨てた「ゴミの埋め立て地」でした。昭和32年(1957年)から、埋め立てが始まりました。 中学時代、高校時代には、私は魚釣りが好きで、知 [続きを読む]