css さん プロフィール

  •  
cssさん: case study shop NAGOYA blog
ハンドル名css さん
ブログタイトルcase study shop NAGOYA blog
ブログURLhttp://case-study-shop.blogspot.com/
サイト紹介文名古屋の栄にあるミッドセンチュリーを基本としたインテリアショップのブログです。ほぼ毎日更新!
自由文ミッドセンチュリーテイストを基本としたお店のブログです。イームズやネルソンなど著名な作品はもちろん、モダンなデザインや、和風なモノ、職人の作品など良いモノを発信していきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供348回 / 365日(平均6.7回/週) - 参加 2011/09/23 18:26

css さんのブログ記事

  • 色を少しだけ統一してみない 2017/4/26
  • 最近は写真整理を合間にやっているので見つけた写真で更新することが多いです。自前撮りですここはニューヨークのマハラムオフィスです。の一番広いミーティングルーム?です。この配色はさすがだなぁと思います。見ての通りのハーマンミラー社のイームズアルミナムグループチェアなのですが、イメージで赤い椅子を並べるつもりだったんでしょうね。でもたいていは全部同じ色にしてしまうところを、同じ赤でも若干濃淡が違うものを [続きを読む]
  • フットピローの話 2017/4/25
  • 昨日の人達が読んでいると良いのですが、ほんとすいません。私は1人なので来客が被るとどうしてもうまくいかなくなってどちらかにしか対応できなくなってしまうんです・・・もうこんなことが何百回とあって大きな悩みでもあります。今までそうなった人たちへも全員すいません。これがあるので私は同業と隠しての来店や情報収集や覆面調査などの人たちはお断りなんです。その間、せっかく来てくれた純粋なお客さんになる人たちに対 [続きを読む]
  • 低いコントラクトテーブル 2017/4/23
  • 日が長くなりましたね。今日は丸いテーブルのこと。 撮り直すのがあれだったので過去の店内写真なんですけど、これはイームズコントラクトテーブルです。今も展示していますよ。ダイニング的な印象が強いこのテーブルに高さ450mmがあります。昔から。 高さが低いんですよね。高さが低いという表現は何かおかしいので天板高が低いと言いましょうか。同じですか。 直接床に座って、ああ、ちゃぶ台的に使 [続きを読む]
  • マックス・ビルの話 2017/4/22
  • この調子で今日もデザイナーのことを書きます。調べながらです。?Max Bill Foundationから http://www.bill-stiftung.ch/Max Bill (マックス・ビル)1908 ~ 1994様々な面を持った人物ですね。人によっては時計のデザイナー、人によってはグラフィックデザイナー、人によっては建築家と人によって相当分かれると思います。1904年 彼はスイスのヴィンタートゥールで生まれました。1924年 チューリヒ工芸学校で銀細工を学びま [続きを読む]
  • ビル・スタンフの話 2017/4/21
  • 昨日ドン・チャドウィックさんについて書いたじゃないですか。だから今日は彼です。?Herman Miller Japan HPから http://storesystem.hermanmiller.co.jp/fs/hmjapan/c/bill_stumpfBill Stumpf (ビル・スタンフ)1936 〜 2006彼のストーリーはハーマンミラー社のワークチェアのストーリーでもありますね。アーロンの生みの親です。1936年 彼はミズーリ州セントルイスで生まれました。チャールズ・イームズさんと同じですね。 [続きを読む]
  • ドン・チャドウィックの話 2017/4/20
  • 久々にデザイナーの話を書きます。今日の人のストーリーについては詳しくないので調べながらです。ハーマンミラージャパンのサイトを見て私もへーって思ったぐらいですから。あとあんまり細かく情報がわからないので飛び飛びで・・・(ストーリーを詳しくないだけで、もちろんご本人については理解していましたよ)?Herman MIller Japan HPから http://www.hermanmiller.co.jp/designers/chadwick.htmlDon Chadwick (ドン [続きを読む]
  • Motomi Kawakami Dining Tableが一応の正式名称です 2017/4/19
  • 別件で川上元美さんのテーブルの抜けの良い写真が必要だったので、Knoll Store青山さんにお願いして撮影してもらいました。抜けが良いというのは、あれです、背景の見通しが良いとか、見苦しくないとか、なんかそんなようなニュアンスです。うちで撮影すると背景がくっちゃくちゃじゃないですか。せっかく撮ってもらいましたし、ここでも使いますね。この曲線がたまらない。私のお店で撮るのとは全然違いますね。参考→ 「ものすご [続きを読む]
  • ハーマンミラーデザインヤードの映像 2017/4/17
  • 最近はもっぱらアーロンチェアリマスタード中心の生活、生活じゃないですか、営業なのですが、アーロンチェアは知っていてもハーマンミラー自体は知らない人も珍しくはないです。アーロンチェアは購入したい、でもハーマンミラーって?という感じです。その製品の会社のことまで知ることは良いことだと私は思うのでハーマンミラーとはどんな会社かを話したります。差し出がましいですけども。どんな社内なのか気になる人もわりとい [続きを読む]
  • エンパイア・ステート・ビルディングの話 2017/4/16
  • NYCからの届いたハガキです。左がエンパイア・ステート・ビルディングで右がクライスラー・ビルディング。クライスラーも格好良いですよね、どちらもアールデコ期を代表する建築物です。私の好きな建築物の一つがエンパイア・ステート・ビルディングなんです。この直線的でスラッとしたビジュアルでまさにデコって感じで、なんだか荘厳さを感じて魅力的です。詳しいわけじゃないのですが、アールデコ様式が好みということもありま [続きを読む]
  • 納品紹介17 アーロンリマスタード編 2017/4/15
  • 今日は納品の紹介です。2月に紹介した三重県のTさんから今回は写真をいただきまして、アイアーマンのテーブルを納品した光景を見せていただきました。その時の→ 「 納品紹介17 アイアーマン編 2017/2/14 」そのテーブルに合わせる椅子がご用意できましので再度の更新ですよ。アーロンチェア リマスタードのグラファイトにポリッシュドアルミニウム仕様ですね。そもそもこのアイアーマンのテーブルとアーロンリマスタードのセット [続きを読む]
  • イームズウォールナットスツールの実物 2017/4/14
  • 要望があったのでイームズウォールナットスツールを借りてきました。私が持っていないので。Herman Miller現行品のウォールナットスツールCですね。A、B、CのC。やっぱりいいですね。素敵。これぐらい買えよって話なのですが、今からオーダーすると時間がかかるので間に合わないので・・・レイ・イームズさんの彫刻的センスがいかんなく発揮された芸術でもある家具です。これが空間に佇んでいたら最高ですね。LAのイームズハウス内 [続きを読む]
  • ダネーゼの箱の話 2017/4/13
  • 先月からダネーゼのフォルモーサ限定レッド、ゴールドの数量限定販売が始まったじゃないですか。これ→ 「ダネーゼのフォルモーサに限定色 2017/3/10」聞いたんですけど、どうもこれを展示してまで販売しているのはうちだけみたいです。 (2017/4/13現在)うーん、ダネーゼ製品を店舗で展示してまで販売するということがレアな社会になったんですね。私が居なかったら展示販売するお店は0ですよ、とんでもないことです。ダネーゼを [続きを読む]
  • MOMAの収蔵品の話 2017/4/11
  • NYCのMoMA(ニューヨーク近代美術館)のお土産をもらいしました。いいですね、表紙が私向きです。収蔵品の名作椅子ばかりです。これ見て思ったのですが、よく「ニューヨーク近代美術館の永久収蔵品です!」みたいな謳い文句があるじゃないですか。アーロンチェアとか、ダイヤモンドチェアとか、いろいろ。本当にそうなのでしょうか。実際コレクションを見る方法があるんですよ、MoMAのHPで。https://www.moma.org/collection/キーワ [続きを読む]
  • WITH-Dって覚えてますか? 2017/4/10
  • 全然関係話なんですけど、片づけしていたら見つけたので懐かしくなったので書きます。今から13年前に、ディズニーの家具があったんですよ。それが「WITH-D」。ウィズ・ディって読みます。スキャンなので粗いです、 で拡大して見てください。懐かしい!という人と、初めて見た!という人に分かれるのでしょうが、ほとんどの人は後者だと思います。WITH-Dは、株式会社マシン・エイジとウォルト・ディズニージャパン株式会社と [続きを読む]
  • 初期のハーマンミラー家具はどんなものだったか 2017/4/9
  • 昔の話します。ハーマンミラーのタイムラインを見るとこんなことが書いてあります。1930年他の多くの企業同様、ハーマンミラーも大恐慌の中で倒産の危機に直面する。会社を救う手立てを探していたデプリーが、ハーマンミラーのミシガン州グランド・ラピッズのショールームで、ニューヨークの家具デザイナー、ギルバート・ローディに出会う。伝統様式の家具から脱却し、アメリカ人の変わりつつあるライフスタイルとニーズに合った製 [続きを読む]
  • ポリゴンワイヤーテーブル 2017/4/8
  • 小さめのテーブルを探している人で、もっと現代的なミニマルさの構造的なデザインのものを求めている人がいらっしゃるかもしれませんね。木でもなく、クラシックなデザインでもなく、重厚さでもない、軽やかなデザインのを。そういった人向けに、ハーマンミラー社からポリゴンワイヤーテーブルというものがリリースされているんですよ。昨年末からの新作です。この光景は昨年のHerman Miller REACHのときのものですけど、チェアで [続きを読む]
  • ダンスキナのラグの予告 2017/4/7
  • とりあえず報告みたいなことです。先月に国内ではマハラムジャパンよりリリースされるダンスキナ社のラグのことを書いたじゃないですか。3連続で。マハラム3連続「マハラム社からダンスキナ社のラグが国内にて販売開始されます」「ダンスキナのラグのスタイリング」「マハラムのカーテンが国内にて発売となりますよ」このラグですが、うちで展開することになりました。でも展示はまだ先ですね。たぶん1~2か月後以内には置けるんで [続きを読む]
  • 納品紹介64 2017/4/6
  • 今日は納品紹介ですよ。ちょっとだけの光景ですけど、それでも納品紹介ということで。オフィス部分が4月から開業したばかりのJPタワー名古屋に移転された税理士事務所さんの納品の立ち合いとレクチャーのために行っていました。しかし、急激に都会になりましたよね、名古屋。新しいビルからビルへ渡り歩いていると、東京に来ているとちょっと錯覚するぐらいの発展ぶりです。まだ建設途中のビルがたくさんあるので、リニア開通後に [続きを読む]
  • 二色使いの川上テーブル 2017/4/5
  • さすがに二日連続更新しないのはまずいですからね。営業してないって思われちゃいます。やってますよ。さて、時期的にかもしれませんが川上元美さんのダイニングテーブル、あ、これですね、この納品が続きました。ありがたいことです。参考 http://case-study-shop.blogspot.jp/2016/09/knoll-store-201699.htmlそれからここ最近は止まり気味ですね。でも良い物なのでコンスタントに動いてくれるでしょう。期待しています。さて、 [続きを読む]
  • あったらいいな イームズモジュラーシステムユニットの話 2017/4/3
  • 今日は私が「いまもあったらいいな」という家具の話をしますね。いろいろあるのですが、その一つはこれです。DESIGN 1935-1965カメラ直撮りEames Modular Storage Unitsです。略してEMSU。あのイームズさんの作品です。Eames Storage UnitsはHerman Miller社から現在も製造販売されているじゃないですか。それと似ている感じですけど、このモジュラーユニットはもうちょっと前の1946年です。NYCでイームズ家具展をやっていたときで [続きを読む]
  • マハラム生地を使ったTシャツ 2017/4/2
  • 以前ですね、マハラム生地を購入したいという連絡があったんですよ。それでよくよく話を聞いてみると、アパレルメーカーでして、マハラムの生地を自社の製品に使用したいという要望での生地購入の相談でした。じゃあということで、マハラムジャパンを紹介しました。別に私がどうこうするより、マハラムジャパンさんと直接やってもらった方が皆さんにとって都合が良いと思って、仲介して終わりました。それから無事にマハラム生地を [続きを読む]
  • ワシリーチェアの話 2017/3/31
  • あ、3月終わりですね。今月のブログ更新がなんだかおざなりだったり遅かったり休んだりとしていましたが、ちょっと手が回らなくなってきたのでそんな感じでした。これからも続きそうです。ありがたいことですね。そんな今日はとある椅子の雑談です。今ちょうどマルセル・ブロイヤー展がやっていますので、目についたので書きます。Team net HP http://team-net.co.jp/knoll-studio/50lc/知っている人も多いですよね。ワシリーチェ [続きを読む]
  • バーディックグループの受付 2017/3/30
  • 夜中にグダグダ写真の整理をしていたらいろいろ見つかって思い出深いです。最近そんな話の連続ですね、このブログも。もはやこの写真を見せても大丈夫だと思います。かなり懐かしい光景です。ここはデザインセンタービルのデザインミュージアムです。この受付がハーマンミラー社のバーディックグループなんですよね。こんな使い方もできるんだってことで、へ〜、と思います。特注なのかもともとあるのか、サインを表示するパーツが [続きを読む]
  • アーロンライトとスツールのこと 2017/3/29
  • しかしアーロンチェア リマスタードの人気っぷりは少し驚いています。予想を超えました。それだけ良いものということでもありますよね。それこそ発売日の1/25からしばらくはスローリーだったので「大丈夫かな」って思ったりもしたんですが、認知されてきたからか求める人が増えてきました。ありがとうございます。さて、ここで急にアーロンスツールとアーロンライトのことを書きます。特に今までうちは聞かれなかったのですが、今 [続きを読む]