リストン公子 さん プロフィール

  •  
リストン公子さん: みんな違ってあたりまえ
ハンドル名リストン公子 さん
ブログタイトルみんな違ってあたりまえ
ブログURLhttp://hirokoliston.blogspot.com/
サイト紹介文在オーストラリア歴18年!多民族多文化都市メルボルンから、日々の面白い出来事を綴っています。
自由文私が住んでいるメルボルンは、オーストラリア大陸東側の南の端っこで、タスマニア島の向こうは南極!南風が吹くと気温が下がって寒さに震えます。オーストラリア人の夫と中学生の二人の子供の4人家族。住めば日常とはよく言ったもので、毎日が平凡な普通の生活ですが、いまだにびっくりさせられることがよくあるんですヨ。そんなびっくり面白エピソードをお届けします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供375回 / 365日(平均7.2回/週) - 参加 2011/09/24 11:16

リストン公子 さんのブログ記事

  • インターネット使用容量またもや超過
  • 本ブログもレシピサイト「Hiroko's Recipes」も、もちろん仕事関係のやり取りも、私の暮らしはインターネットに大きく依存しております。だからですね、インターネットが使えなくなると困るんですが、今月もまた、使用限度容量500GBを使い切って容量超過になっているんですって。まだ3日を残して…。最近、毎月こういう調子!うちの夫は、家にいる間は常に動画配信サービス(Netflix, Stan, Foxtel の3つ)を利用してTVドラマや [続きを読む]
  • 賛成に投票しました
  • やっと、届きました!同性婚合法化の是非を問う「郵便調査」の投票用紙が昨日届いたのです。こういうのでした。非常に分かりやすい投票用紙です。用紙にこう書いてあります。Should the law be changed to allow sam1e-sex couples to marry?同性のカップルが結婚できるように結婚法を改正するべきですか?そして印をつけるボックスが2つ。「YES」あるいは「NO」です。どちらか一つのボックスに印をつけて送り返します。返送用の [続きを読む]
  • 大学生は勉強漬け
  • うちの娘は、昨年ハイスクールを卒業し、今年メルボルン大学理学部に進学いたしました。どうしてもメルボルン大学理学部に進学したいということで、そのためには大学進学のための選別試験もかねているVCE 試験で好成績を収め、ATAR(オーストラリアの大学入学ランク)というので高得点をもらわなければなりませんでしたから、ハイスクール6年間(特に最後の2年間)は本当に勉強に明け暮れておりました。その間、心の病気にも苦し [続きを読む]
  • 何だこの広告は!
  • と、お思いのあなた。そうなんです。実は、本ブログに Google AdSense(グーグルアドセンス)という広告配信サービスを使って、広告を掲載することにしたのです。教師の仕事に復帰することは止めたほうがいい…というか、はっきり言って無理だと思い知りましたので、ちりも積もれば山となるじゃあないけど、収入につながることはなんでもやってみようと思ったんです。そもそも、本ブログは Google の Blogger というサービスを使っ [続きを読む]
  • お日様は出たけれど心は晴れない
  • 昨日のブログで「お日様出てこい〜!」とお祈りしたら、ナント嬉しいことに今朝は青空が広がっています。久しぶりにお日様が顔を出しているんです。いい気持ち!気温は低くて寒いけど、暖房のきいた家の中でお日様に当たると、心まで温まりますねえ。しかし、やっぱり何だか気持ちが沈んでいるのは、性懲りもなく求人募集に応募したからです。それも、教師の仕事…。生徒が怖いんだから、もう無理なんだと諦めればいいのに、私った [続きを読む]
  • 春になったら雨ばかり
  • 暦の上では春が始まる9月ですけど、メルボルンは毎日雨ばかり降っています。(山の上では雪やみぞれも降っています。)「虫の知らせで春が来た」という嬉しいような嬉しくないような記事を書いたのは、8月9日のこと。その後は何だか薄暗い日が多くて、真冬に戻ったような寒さが続いておりましたけど、9月に入ってからも天気が悪いんです。メンタルにも悪影響があるんですよ、こういう天気。ABC の天気予報を毎朝見ますが、オー [続きを読む]
  • お風呂に入りたい
  • キッチン転倒顔面強打事故の後、メンタルが「うつ」モードに急降下してしまいまして、どういうわけだか無性にお風呂に入りたいと思い詰めております。何とか安くお風呂を作る方法はないかと考え過ぎて、夜眠れなくなったり…。ユニットバス・メーカーのウェブサイトを眺めては、ため息をついたり…。例えばね、TOTOの人気モデルだというこのユニットバス。ああ、なんというこの夢のような空間!自慢じゃないけど、私ね、この10年 [続きを読む]
  • 見た目問題を考える
  • キッチン転倒顔面強打事故から3週間がたちました。顔面を強打して巨大たんこぶができ、顔の上半分は腫れ上がって黒紫色に変色してしまい、サングラス無しではとても人様の前に出られなかった3週間。食品の買い物に行くのもおっくうで、ついつい引きこもっていた3週間。今朝は、左眉のところのたんこぶがかなり小さくなっていて、目の下の青あざもサングラスで隠さなくても大丈夫だと思う程度に薄くなっていました。そこで、つい [続きを読む]
  • もっとカンガルー肉を食べようという話
  • カンガールーという動物は、皆さんご存知のようにオーストラリアという国を代表する動物であります。オーストラリアでは、「名犬ラッシー」や「イルカのフリッパー」のように、愛らしい「スキッピー」という賢いカンガルーの活躍を描くホームドラマも作られております。 10年ほど前ですが、100年に一度という大干ばつで野生のカンガルーは大激減したそうですが、その後湿潤な気候が戻りましてカンガルー数は激増いたしました [続きを読む]
  • ボクを憎んでいるんですか?
  • 夫が仕事から帰ってくるなり、叫んだのです。Do you hate me?!!! (ボクを憎んでいるんですか?)ううん、あれはマズかったな。悪気はなかったのだよ。実はですね、夫が再び「ファスティング(断食)・ダイエット」を始めたのです。「5・2ダイエット」とも呼ばれる断食ダイエットは、英国BBC制作のドキュメンタリー「Eat Fast & Live Longer」という番組によって世界的に広がったダイエットです。詳しいことは、こちらの記事をお [続きを読む]
  • ZARAバッグのその後
  • お気に入りのZARAバッグを、公衆トイレ(広い身障者用トイレ)の床にあったけど見えなかった水たまりに置いてしまった話の詳しいことは、こちらの記事「ZARAバッグの悲劇」をお読みいただくとして。ええ、時々「シェルドン」とも呼ばれるワタクシは、バイキン系には少し神経質なところがあるのです。水たまりの水は、キレイだったんですよ。浸かっていた時間は、30秒も経ってはいないはず。すぐに手洗いのきれいな水でリンスをし [続きを読む]
  • お公家の中年風厚塗り
  • 両目の周りの(特に下側の)青あざが日に日に小さく薄くなってきました。たんこぶは未だゴルフボール大で、まぶたは腫れています。現在は、まぶた全体にパール系カーキ色のアイシャドウを塗りたくったように、微妙な色合いでキラキラと光っています。たんこぶそのものは、すごいんですよ。皮膚が「これでもか!」的に引き伸ばされていますから、もうピッカピカです。それでもね、小さく薄くなってきた両目の青あざは、メークで隠せ [続きを読む]
  • 同性婚の合法化へ向けて
  • 今日も、顔のたんこぶと青あざ問題を話題にしたいところをぐっと我慢して、同性婚の合法化の是非を問う全国郵便調査について書こうと思います。オーストラリア連邦政府は、同性婚合法化の是非を問う「国民投票」を実施する方針だったのですが、オーストラリアでは選挙は全員投票しなくてはならない義務ですからね、この「国民投票」も義務投票ということだったんですが、法案は議会で否決されてしまいました。昨年も一度、同じよう [続きを読む]
  • ZARAバッグの悲劇
  • 昨日、お米を買いに行った韓国食料品店内で、突然おトイレに行きたくなったワタクシ。「やばい!便秘の薬を飲んでいたんだった…」こういう時に、公衆トイレの場所をよく知っているということは決定的に重要です。ワタクシ、すぐにお買い物を中止して、おトイレに向けて歩き出しましたが、歩いていては間に合わないような状況になりまして、走りましたのです。もちろん、たんこぶとパンダ目を隠すサングラスを着用して。公衆トイレ [続きを読む]
  • 風船がしぼんだら
  • 本日の話題は、また「顔」のことでございますので、「な〜んだ…」という方は、こちらを してからお帰りを。さて、メンタルの方は、顔が気になる程に回復してきました。キッチン転倒顔面強打事故から今日で2週間になるというのに、打った左の眉のところには、未だにゴルフボール大のたんこぶがありまして、それに近い上まぶたは腫れています。でも、鼻の上でつながっていた両目のパンダ目状態は、さすがに回復してきました [続きを読む]
  • 恐るべし脳みそ
  • 脳みそって、ホントにどうなっているんだろ?なんでこうなっちゃうの?何か非常に心配な一大事が起きてですね、不安で怖くて、いても立ってもいられないような時に、おそらくこういう感じになるであろうと思われる身体症状が、大して何も起きていないのに現れるのよ。もう教師の仕事をしようなどとは考えていませんが、症状は続いています。心臓はバクバク、手は震え、身体がこんにゃく化して、脚がふにゃふにゃ、何ごともやる気な [続きを読む]
  • 不安発作でダウン中
  • オーストラリアでは、9月の第2木曜日は「R U OK?」デーです。ギャヴィン・ラーキン(Gavin Larkin)さんによって設立された「R U OK?」という非営利団体が行っている自殺予防キャンペーンの日で、家族や友人や仕事の同僚に「Are you OK?」と声をかけることで、一人で苦しんでいるかもしれない誰かを救うことができるかもしれないということなんです。キャンペーンの日が近づいているということで、この運動を始めたラーキンさん [続きを読む]
  • いつかは治る…
  • 私のキッチン転倒顔面強打事件ですが、その後、顔はあまり良くなっていません。両目の周囲の黒紫色は、完全パンダ目状態からまだら模様パンダ目状態に変化してきてはいます。ところどころ色が薄くなったり、本来の色に戻ったりしている部分があって、異様です。打撲などで青あざができることを、出身地の岡山では「黒くじる」と言うのですけど、黒くじができたことがある方はお分かりでしょうが、黒青紫色の部分は良くなるにつれて [続きを読む]
  • 3回目の治療代も900ドル
  • 本ブログを継続的にお読みくださっている方はご存知でしょうが、私は、上前歯の歯根感染で膿瘍が繰り返し発生するため、高額な治療費をどうやって払うか見通しも立たないまま、治療を受け始めたのです。ブログを見ると、前回の歯科専門医による2回目治療は7月21日だったようです。それまでの治療代は、合計2995ドルだと書いております。前回の治療で終了のはずだったのですけど、問題の前歯2本のうち、膿瘍が繰り返してい [続きを読む]
  • 死ぬために病院へ
  • 私は車の運転中は、いつもラジオを聴きます。たいていトークバックラジオの 3AW か ABCラジオを聴きます。3AW の方はトークバックラジオですから、ラジオを聞いているリスナーたちが電話をかけてくるので、一般オーストラリア人の話す英語を聞き取る練習にもなるのですけど、時々アクセントのすごい人がいるのです。先日は、医者のゲストがリスナーの相談に答えるという時間があって、その時に典型的オーストラリア英語のアクセン [続きを読む]
  • ドクターお願いです
  • 実は今、クリニックから帰ってきたところです。キッチンの床に激しく打ち付けた左眉の下の骨のところにできているゴルフボール大のたんこぶが、一週間たっても小さくならないし、触った感じでは中に血液がたまっている感じで、その血液がジワジワと顔全体に浸透拡散してきているのです。打ち付けていない無傷のはずの右目周辺も今やすっかりパンダ目で、左右のパンダ目は中央の鼻の上でつながっているのですけど、今朝、鏡を見た時 [続きを読む]
  • 他人の不幸を笑い話にする件
  • めったに私の写真なんて撮ってくれないうちの夫が、最近、毎日私の写真を撮ってくれています。しかも、顔の写真。アップで!最近の私の顔はですね、イレジスタブル(Irresistible)な 顔なんだそうです。(涙)イレジスタブル(Irresistible)って言う言葉、ご存知でしょうか?形容詞です。主な意味:〈物人などが〉たまらなく魅力的な(そそられる)、心が奪われる     〈衝動感情などが〉抑えがたい、抵抗できない、などな [続きを読む]
  • 滑った原因はアレだった
  • 病院から家に帰る前に薬局に寄り、痛み止めの「パナディン・フォルテ」を買い求めました。買いに行ったのは夫。片目がつぶれて見えない私は、半日も寝転んでいたのと薬のせいで歩くことが困難だったので、一人で車の中で待っていたのですけど、ただ待っているのも退屈ですからね、勇気を出して自分の顔を見てみるか…という気持ちになりまして。恐る恐る…ルームミラーに映る自分の顔…その予想を超える腫れ上がりぶりに、うわああ [続きを読む]
  • パナディンフォルテでどんどん回復
  • キッチンの床に倒れたまま唸っていた時、痛かったのは打った顔面と頭頂部だったのですが、首の後も痛いと言ったためか、私は救急車に運び込まれる前に頚椎を固定するブレースを付けられていました。ですからね、動いてはいけないのです。動いてはいけないと言われても、顔面と頭が激しく痛いんですよ。固定されている首も凝ってきていたせいか痛いんです。早く、早く、何とかして〜!もう、ほとんど暴れていると言っても過言ではな [続きを読む]
  • 初体験のモルヒネ
  • 救急車に運び込まれて病院へと急ぐ間も、とにかく痛みがひどいんです。レモン大に腫れ上がったたんこぶ周辺も痛いんだけど、頭も頭頂部から左側頭部にかけてひどく痛かったんです。身体が痛いとついハアハア息をしちゃうので、過呼吸になって身体が痺れてくるものです。血圧と心拍数をモニターする救急隊員が「呼吸が速すぎます」「ゆっくり呼吸することに集中してください」「息をし過ぎです」と繰り返すんですが、だって痛いんだ [続きを読む]