ニャンタのおば さん プロフィール

  •  
ニャンタのおばさん: 猫な日本語
ハンドル名ニャンタのおば さん
ブログタイトル猫な日本語
ブログURLhttp://nekonanihongo.jugem.jp/
サイト紹介文日本語教師が語る日本語のヒミツと魅力。「外国語としての日本語」は新鮮です!
自由文日本語のお話は、毎週月曜に発信。例文には猫らが大活躍、猫好きにはたまらない記事が目白押しです。犬が好きな人には別の意味でタマラナイかもしれませんが、そこさえがまんすれば、日本語についての楽しいヒミツがいっぱい♪
『日本人の日本語知らず。』(世界文化社、1,050円)も、合わせてどうぞ。ヨシタケシンスケさんのイラストだけでもお買い得!!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供186回 / 365日(平均3.6回/週) - 参加 2011/09/24 15:05

ニャンタのおば さんのブログ記事

  • 青天の霹靂
  • え?ええっ!きのうが締め切り?き、聞かなかったことにしよう。 うん、そうしよう。と、いうわけにもいかん事態です。ピンチです。 締め切りを忘れてたわけじゃないんです。ぼんやり意識はしてたんです。でも事前の催促がなかったから、あれ、もちょっと先だったかな?なんて思っちゃって......きょうは月曜日ですが、そういう次第で、日本語バナシに頭をひねる余裕がなくなってしまいました。これに [続きを読む]
  • マンチカン疑惑
  • いつも思うのだが――、うちのウリすけは、手足が短い。 なんか いったですか?ううん、何でもない。きに なるです。なるですにょ。 ・・・・・・あ、オテテひっこめた。隠さなくていいのよ〜。それがキミの魅力なんだから。    ==マンチカンついでに思ったこと== ブルドッグの鼻がなぜペチャンコなのか、ダックスフントはなぜ短足胴長なのか、――自分たちの都合でほかの生き物の姿 [続きを読む]
  • 団子の手入れと、別館ご案内
  • 5月の光に透けるピンク。灰色ゴマ団子のお手入れ、続行。hjんんhy↑ウリが、キーボードを左から右に横切りました。何やら意味ありげなので、残しておきます。閑話休題、爪のお手入れも忘れません。むぃ〜〜っと、な。少々毛深い腕も、きちんとお手入れ。夏に向けて、露出度が高まりますからな。(え?) 月曜の記事に使った写真と同じときのものですが、この日のこの光はほんとうにうつくしくて、床にカメラを [続きを読む]
  • グリコ式温度計
  • 5月の基本は、真ん中のピアノ型爪とぎ。寒いときは、左端のグリコハウス。少し肌寒いような気がするときは、右端のおみくじ箱。 では、ニンゲンが半袖になったこの日は?・・・グリコの居場所が温度計代わりの、わが家です。*さて、すっかりスリムになっちゃったマダムですが、だいぶ前に一度買ってみたときは見向きもしなかったフードを、今回は大いにお気に召して、お代わりまでしてくださる勢い。 ふっくらした、と [続きを読む]
  • 5月の庭と朴葉寿司
  • 去年、わが家に迎えたヒメウツギ。無事に根付いて、きれいな花を見せてくれました。自身の重みで地面についてしまった枝があったので、雨が降り出す前に、切って花瓶に活けました。つくづく、よい花ですなあ。北庭も、いろいろ動きが出てきました。左から、アオキの新葉。ウリの鼻先にギボウシとアジュガ。冬のあいだは、ほぼ終日ストーブのある二階で過ごしていたのですが、暖かくなってきてから、おばは一階の(本来の)し [続きを読む]
  • 遊びトモダチ
  • ★日本語【格助詞「と」と「で」】新種のライオン。ジャクリーン・ケネディ風。ネパール帽子。以上、猫で遊んでみました。猫の目が、笑ってない......    ※格助詞「で」と「と」についての解説と タテガミに関するおまけ写真(↓)。続きを読む >> [続きを読む]
  • 眺望に難あり。
  • 汗ばむような日もあるけれど、空気はひんやり、からりとしてるから、まだまだ窓辺のお日さまが、うれしい――そんなある日。 せっせ、 せっせ、ふう......猫が楽チンそうにしていると、見ているニンゲンも、呼吸が深くなる気がします。ふう、しあわせ。・・・窓からの眺望が、ちょっとアレだけども、ね。ふたりとも、そこにいてくれて、ありがと。※注:写真には「3名」写っております。(5/11追記)    [続きを読む]
  • 謎の物体
  • ★日本語【…ようだ。】あれは何ですか?さあ、何でしょう。もうちょっと近くで見てみましょう。ううむ、これは......これは、どうやら......猫のようです。たぶん、おそらく、きっと......    ※「…ようだ。」の解説と、おまけの鯖寿司写真につづきます(↓)。続きを読む >> [続きを読む]
  • よいこのウリ子
  • お〜ばちゃん♪んん? 何かな? よいこのウリ子の言うことにゃ――「ぽすぽすしてたら、穴があいちゃった。穴があいちゃったから、入ってみた。」のだそうです。???なるほどね。 べつに、おばちゃんは全然気にしませんよ。 だから、どうせならもっとたのしそうな顔をなさいな。 その後――、改装オープンしてみたのですけれども、お客さん、入ってくれません。 ったく、コムスメのやることは.. [続きを読む]
  • 時は流れ〜、れ?
  • よーし、連休だっ!あれやって、これ片づけて、ついでにそっちも、......って思ってたのに、時は流れ、な、が、れ......きょうはもう金曜日。シクシク......でも、庭の草取りはしました!何なの、これは。ドクダミです。また、お茶にするために干してるんです。今年は、ヨモギも摘んでみましたよ。去年のグリコ、ふっくらしてたなあ。あーたね、アタシだからいいようなものの、猫のいる部屋にこういうくさいものを並べ [続きを読む]
  • 猫の皮をかぶった羊
  • 飼い主が言うのもナンですけれども、灰色しましまは、どちらかといえば、まあ、その、かわいい顔をしていると思います。が、じつは、その正体は、・・・・・・がお〜〜〜!猫の皮をかぶった――、ひつじ!いや、ヤギ?そんな草食動物に与える草が、庭で豊富に採れるようになりました。おばの朝のしごとが、ずいぶん楽になりました。カキドオシも、優美な花をつけています。グリコが庭猫だったころ、虎刈りにされていたフウチ [続きを読む]
  • ゴールデンな老後
  • 大型連休の方々も、中型・小型連休のみなさまも、てやんでぇ今日はしごとだぃっ!というお人も、このうつくしい季節を、楽しんでいらっしゃいますか?どう? 楽しんでる?楽しみ方がわからない、という方のために、マダム・グリコがコツをお見せするそうです。参考になさってください。 まずは、手ごろな手を見つけて、すり〜っ。 ついで、反対側のほっぺも、 ぐいぐいぐい〜〜〜〜♪以上、おためしください。ウリ [続きを読む]
  • 輪っか猫のおまけ写真
  • おばちゃ〜ん、わっか、はずしてよぅ。だめです。キミ、すぐ引っかいて傷にしちゃうでしょ?ちぇえ〜。このあと、さんざん大根足で爪を研がれましたですよ。あら......これって、自慢ですかしら。 ごめんあさーせ。    =コソコソ連絡=以前、こちらで、手話の勉強をしていると告白しましたが、このほど東京都手話通訳者等養成講習会なるものの受講を認められました。もし〜もこちらの読者の中に「 [続きを読む]
  • 百合根と球根のあいだ
  • わわっ! いやあ、驚きました。正月の「銀とん」用に高山から買って来た百合根、今年は体調不良でろくに料理なんぞできなかったので、なんとなくそのままにしておいたらば、春の訪れとともに、にょきっと芽を出しました。350円の値札のついたラップをやぶって、にょきっ!何ともたくましい。こんなにやる気を出したものを、今さら鍋に放り込むなんて、そんなむごたらしいこと、できないわ...... わた [続きを読む]
  • においくさい
  • ★日本語【同字異訓】無農薬のイヨカンをもらったので、皮の砂糖煮を作ってみました。そして、例によって、削った外側の黄色いところを干しました。薪ストーブの景気づけになりますのでね。(「例によって」の「例」をご覧になりたい方は、⇒☆、☆☆、☆☆☆など)すると、たちまち、猫ネコ国環境省大気汚染監視委員会から灰色しましまスーツを来た敏腕査察官がやってきて、・・・こんな顔をする。査察官の判断では、相当な有 [続きを読む]
  • 花炭(と鼻)
  • いいもの みせてあげるです。 ウリ猫の鼻 ――じゃなくて、ヒゲ ――でもなくて、こちら。 花炭です。蓮の花托、ドングリのヘタ、竹の箸と、それを結わえたワラひも、そして折り鶴まで。密閉して適正温度でじっくり焼くと、きれいに形を残したまま、炭になります。*里山保全のボランティア団体に所属しているのですが、そこでは毎年春の初めに [続きを読む]
  • 元気じゃなくない。
  • オジガハラ高原でくつろぐグリコ。 ずいぶん薄っぺらになりました。あ、オジガハラ高原の形状がわかりにくいですかね。全体図は、こうなっております。無理くり、読書中。つい先日の、寒かった日の光景です。 パンパンの高反発、豊満ボデーが自慢だったマダムですが、体重は、今や灰色しましまのウリとそう変わりません。ウリすけはアンダーコートが充実しているので、並んで [続きを読む]
  • 遊びじゃないのよ......
  • ★日本語【…というか、…】 こにゃちわ。 おばちゃんが ばたばたしてるです。ちょっと、その、週末遊んでしまいまして...... いや、遊びといっても、半ばつきあいというか、修行の一環というか...... あそびに いったにゃ。 まあ、あれです、そんなわけで、今週の日本語バナシはも手抜きです。 連休をはさめば、きっとよゆうが生まれると思うんです。&n [続きを読む]
  • 花柄のお稽古#2
  • ウリすけによる花柄のお稽古、続いてます。これは、「アンヌイ」を表現しているところ。「上目づかい」も練習中。その結果、かな〜り、上達したと思います。 いざ、 ご覧くだされ。 渾身の 「花柄が似合う猫」! ? ? ? きゅるん♪飼い主的には、満点をあげたい!写真が暗いとか、そういうの言いっこなし!ふう、つかれた...... いい子だね。    こんな [続きを読む]
  • グリコのアンチエイジング
  • 例によって、おばの情報収集(=新聞読み)を妨害する灰色しましま。 どけようとして、お尻の下敷きになっていた広告に気づく。年齢肌の乾燥リスクに、グリコ初のエイジング・スキンケア化粧品!グリコ.....、あの黒っぽい姐さんが?おばちゃん、ためしてみるですか?たしかに、グリコばあさんには、シミもシワも見当たらんよなあ。でも6,000円って、高くない?    [続きを読む]
  • ジャケ買い
  • ★日本語【〜買い】 ウリ猫が迷惑そうな顔で見ているのは――オット氏が貢いでくれた一升瓶。完全に ・・・ ジャケ買い♪微発泡でおいしい。いわゆる「おいしすぎる」お味でした。(←すでに過去形)   ※「ジャケ買い」から考えた「連濁」についてのメモ(?)。続きを読む >> [続きを読む]
  • 薪自慢
  • 薪ストーブのシーズンがそろそろ終わります。つまんにゃい。うむ、おばちゃんも同感であるよ。またこのつぎの冬ね。でも、やっぱりもう少し、たのしもうか。キミのこの顔を見るために。――と、猫らのこんなとろけ顔を見るために、ニンゲンはがんばるのです。ある日の薪狩り、おばの奮闘努力1時間の成果。   ※1時間でこれっぽっち?と思われたお客さま、 もうちょっと薪自慢に付き合ってください(?)。続きを読む >> [続きを読む]
  • 春の手むずり
  • 春の夜の夢のごとくあわあわと消えゆく春休み......(トサミズキ、3月の写真です。)いかん!こんなことでは、いかん!――と思いつつも、やらねばならぬことは、つい後回し。やらなくてもいいことに、ついつい、手が伸びますな。こちら、洗面台のせっけんの下に敷いてるアクリルたわし。だいぶくたびれてきたので、新調することに。 編んでたら、イタズラ心がわいて、耳をつけてみる。だぶる猫♪あ、よく見たら――と [続きを読む]
  • 花よりハナ
  • ★日本語【どちらかといえば、...】 まだまだ冷たい雨の日もあったりするけれど、いよいよ春が、本気を出し始めました。外水道の脇でみごとな大株に育ったのは、ホトケノザ。 きれいだねえ。わが家の水仙は、もう何年も、なぜか調子が出ません。ラッパズイセンはいつの間にか消えちゃうし、ニホンスイセンも葉っぱばかりで、花が少ない。これは貴重な1本。よいかほり。そして新顔。植えた覚えはないのです。これ、何で [続きを読む]