杏 さん プロフィール

  •  
杏さん: アースの毛髪健康クリニック・ブログ
ハンドル名杏 さん
ブログタイトルアースの毛髪健康クリニック・ブログ
ブログURLhttp://ameblo.jp/as-idb/
サイト紹介文毛髪から身体の変調を改善するアース毛髪健康クリニックをしています。
自由文ヘアー&メイク出張美容をしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供321回 / 365日(平均6.2回/週) - 参加 2011/09/25 14:19

杏 さんのブログ記事

  • 夜に何度も目が覚めてしまってよく眠れない・・・。
  • 緊張したりプレッシャーを感じるとお腹が痛くなったり、便秘になる…。ふとした時に漠然とした不安感に襲われる・・・。こういった症状に悩まされた経験はありませんか?実はそれらの不調の一因として、ストレスが深く関わっていることがわかってきています。しかし現代社会で、ストレスを感じずに暮らしていくことは簡単なことではありません。出張美容でもよく相談を受けることもあります。ストレスによっては髪の毛 [続きを読む]
  • 目が見えなくてもヘアースタイルが気になります!
  • 50歳半ばから目が見えなくなり今では完全に目が見えなくなってしまったというご婦人です。 お年を召しても髪の毛のオシャレには関心があり、今でもショートスタイルでもチョクチョクヘアースタイルを変えたくなるご様子です。 体調も時として変化を起こし、施設に入院しなければいけない時にも入院する前にはカットには必ずいらっしゃるのです。 以前に電車とホームの隙間に落ちた事があり、今では時として体が [続きを読む]
  • 近ごろの運動会も進攻の途中で休憩時間を設け始めている!
  • 熱中症対策も運動会のスケジュールにも表れ始めています。 進行状態や気温とのはざまで休憩時間や水対策を怠らないです。 今年は春の運動会からと言うより早めに熱中症と耳にしています。 今年も寒い時期から気温の差が激しくなっているからかもしれません。 水分補給や室温、体調不良の注意点等などが上げられています。 一番は個人の体質にもよりますが、頭の上からつま先までの温度差が関係して不全 [続きを読む]
  • お宅にお伺いすると目の周りが赤くただれて治らないの!
  • 眼科に長年通っているのですが目の周りが赤くなって爛れているのが治らないのです。 病院を変えてみようと思っているのですがなかなか見つからなくてね。 治らないでいるとお薬を変えてみましょうねと言われだけなのです。 目と鼻と耳はつながっているのをご存知ですか? どこかが詰まったりするとその影響が他に出てくるのかもしれませんので、何かが目に影響をしていると思われますよ。 鼻をうまくか [続きを読む]
  • 睡眠導入剤を使用しても本人は寝れないと言う薬の魔物!
  • 美容院での会話の中でよくでるのは、このごろ夜、眠れないの! だからお昼過ぎごろから眠くなってパーマネントの巻いている最中に寝てしまうかもしれないのでごめんなさい。 こんなお話をしている時に、もうコックリはじめているのです。 実際はお薬によって眠る事ができているのです。 でも、睡眠の深さや、寝ているという意識の問題なのかもしれません。 薬によって寝かされているので、眠れていると [続きを読む]
  • 障害を持っても身体のリハビリはしたいものです。
  • 腰が痛いとどうして腰を引き気味になるくので歩くので老いたように見えてしまうと出張美容でお伺いする時のお話になるのです。 障害を持っているお子様のカットにお伺いしているのです。 カットが終わるとアースの手当てを必ずせがまれるのです。 お母さまは車椅子に乗せる時に腰が入ってしまうので、いつの間にか腰痛を患っているのでカットの後にアースの腰痛手当てをするのが常になっているのです。 [続きを読む]
  • 薄毛、脱毛やハゲ、円形脱毛症の病院での薬対応治療とは?
  • 円形脱毛症は、老人性脱毛や男性型脱毛と異なり治療が必要な病気と言われています。 軽症の場合⇒単発型、または多発型で脱毛が頭部の50%未満の場合単発型であれば自然に治ることが多いためにしばらく様子をみます。急性期の場合⇒脱毛付近の毛がまだ抜けている時期血行を改善して発毛を促す血管拡張薬を頭皮に塗り、免疫の異常を抑える効果のあるステロイド薬を頭皮に塗ります。慢性期の場合⇒残った毛はあるが、脱毛部 [続きを読む]
  • 髪の毛の役目は知って要るのに脇毛は何故生えるの?
  • 5月になると気候が穏やかになり、だんだんと薄着に衣替えする季節になりましたが、脇毛が気になっていたりしませんか? 出来れば処理をしておきたい脇毛ですが、ワキガのニオイやフェロモンとも密接な関係があるようです。 脇毛はなぜ生える? 体毛は元々衝撃や摩擦から危険を察知し身を守るために存在していました。 全身のほとんどは衣服を着るようになって体毛が減ってしまいましたと言われていま [続きを読む]
  • 診察中にめまいがして、したたかに腰を打った!!
  • 出張美容でお伺いしてもお薬のことはよく聞かれるのです。 症状が変わらないのでお薬を変えてみましょうとお話をしている時に、目がまわってしたたかに転んでしまったのです。 そう、それが原因で腰の骨を折ったのです。 ご近所さんのお婆ちゃんがこの頃見えないので息子さんにお会いすると、腰の骨を折って入院しているというのです。 やっと退院のお見込みができてきたので、安心しましたとお話をしていまし [続きを読む]
  • 5月3日の横浜は横浜国際仮装行列
  • 何時も3日は雨模様。 今年は朝から快晴です。 山下公園を出発して赤レンガ倉庫、イセザキモール商店街を色々な仮装をして練り歩いています。 今年も沢山のお子様連れの親子の家族が中心に沢山の人出が予想されています。 帰りには赤レンガ倉庫から海にそっての散歩道や港の見える丘公園などをブラブラするのもよし散歩する、買い物や遊園地で楽しんでくださいね。 出張美容をしていると今年の仮装 [続きを読む]
  • 性ホルモンに関係するワキガはいじめの対象にも!
  • ワキガの発症するタイミングには個人差があります。 早ければ小学生くらいから発症する例もあります。 一方で、性ホルモンに関係することから思春期ごろに症状が出てくることが多いともいわれています。 精神的に不安定になりやすい思春期には、ワキガのにおいが原因でいじめ問題に発展する可能性や、においで悩むあまりに積極的になれなくなる、引きこもりの原因ともといった可能性もあります。 その [続きを読む]
  • 汗そのものは無臭・・でもワキガの原因に汗?
  • ワキガの主な原因に、アポクリン腺から出る汗。夏が近づくよ気になるわきが!汗そのものは無臭なのですが、アポクリン腺の汗に含まれる脂質やタンパク質、糖質、アンモニアなどの成分が皮膚表面に存在する常在菌により分解され、鼻につく独特のにおいが発生するし、これに皮脂が混ざり合うと、においはさらに強くなるのです。もうひとつの汗腺であるエクリン腺から出る汗は水と塩分でできているため無臭なのですが、ワキガ体質の場 [続きを読む]
  • 家の中で一日中仕事をしていて運動も歩いてもいないから・・?
  • 事務仕事を1日家の中でしているので、動きは階段の上がり下がりと部屋の中の動きだけなので運動をしていないのです。 でも足が棒のようになってしまい、時に座っていても足がつってくるのです。 椅子はパソコン用の座りにいいと言われているのを使っています。 真直ぐに椅子の背もたれにそって座る事ができるのですが、どうしても椅子にずれて座ってしまっています。 仕事が忙しくなるとひと月も部屋の中で [続きを読む]
  • 年だから、季節ながら疲れやすくなったなーって感じていますか?
  • そうだとしたら、なぜ、疲れやすくなったのでしょうか? 実はですね。 身体の疲れやすい原因の一つに精神的な感情の不安感があるのですよ。 感情の中でも不安というものは特にエネルギーを浪費するものだそうです。 不安感が強い時に動きたくない、休んでいたい、って思ったりしたことありませんか? 激しい運動もしていないのにどうして、こんなに疲れやすいのだろう、こんなに疲れているのだろうと思 [続きを読む]
  • 介護老人ホームでのカットはこの頃何か変だ!
  • 介護法が始まったころの老人介護施設でのカッとはご本人の意思に任せてカットをすることができました。 でもこの頃は介助している施設側のリーダー的なスタッフによってヘアースタイルが決められていることが間々に起きてくるのです。 それに反発するスタッフ達と火花が飛ぶよりも一方的に進められてしまう事が多いようです。 ご本人の意思がある時や家族の意向が強い場合には強く出てこないのですが、スタッフの [続きを読む]
  • 引きこもりのお宅に出張美容のカットでお伺いすると!
  • 引きこもりになってから美容院、理容院へ行けなくなったそうです。 全て周りが気になって外にも出られなくなったそうです。 何回かお伺いするうちに少しずつお話ができるようになりました。 薬によって背中を真直ぐにできなくなってきたとの事とか、その異変には気がついていたのでお聞きするとやはり冷え症のようです。 治りますか? 改善はできますが直るのには時間がかかりますが改善していきましょ [続きを読む]
  • 仕事の仲間たちが次々と辞めていく!?
  • 単純作業をしている仲間が辞めるいくのには何か? お話を聞いているとやはり長時間の立ち仕事で身体が辛くなるというのです。 体感温度にも人によって違っている事は確かなのですが、人の身体全体の温度差にも感じ方が違っているのですが、足元と上半身との温度差も血流や筋肉の動きにも差が生じてくるのです。 この筋肉の動きには上半身と足との動きの差に障害が出てくるのかもしれません。 上半身はよく動か [続きを読む]