Leia さん プロフィール

  •  
Leiaさん: イドから見る光
ハンドル名Leia さん
ブログタイトルイドから見る光
ブログURLhttp://gleamfromwell.blog.fc2.com/
サイト紹介文メンタルヘルスに悩み続けた日々の成功・失敗を書き綴ります。
自由文20代のほとんどをメンタル不調で過ごしたアラサー。自分の経験を過去を振り返って、良かったこと悪かったことを自己分析しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供3回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2011/09/26 21:23

Leia さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 記憶は何度でも蘇る
  • 1年近くブログをご無沙汰してしまいましたが私は元気です。この1年で大きな変化がありました。変化は心にプレッシャーがかかりうつになりやすい状況になると言われていますが今のところそのような傾向はなさそうです。うつだった頃の自分が信じられないほど今では当たり前のように活動できます。これが普通だと思えばうつの人が動けない感じなんてそれは理解されないだろうなと思います。それでもやっぱり嫌な記憶はたくさん残って [続きを読む]
  • やらされてる仕事は5倍疲れる
  • 今、電通の社員だった方の過労死問題が話題です。某大学教授が「残業100時間越え程度で過労など甘えている」と発言し炎上したりもしています。前回の記事でも書きましたが過労は労働時間では測れないというのが私の経験上の感覚です。仕事を「やりたいと思っている」か仕事を「やらされてる」かは大きな違いです。もちろん仕事は好きなことだけではできないですしやりたくないこともやらなければなりません。でも必要なことだと思 [続きを読む]
  • 息抜きがなかった
  • 健康社会学者の河合薫さんのコラムが結構好きでよく読んでいます。持っていらっしゃる連載はライトなものから社会派なものまで幅広いのですが。どちらも口語体でわかりやすく親しみやすい文章で書いてくださるのでサラッと読めるところが気に入っています。苦しかった会社員生活から離れてもうすぐ4年。日常生活では当時のことを思い出すことも減ってきましたが最近この文章を読んでふと記憶が蘇りました。仕事の合間に仲間たちと [続きを読む]
  • 私は愛されていたのだろうか?
  • 子供の頃、私は本気で両親にとっていらない子供だと思っていました。褒められた記憶よりも怒られた記憶の方が強かったです。大人になった今でこそ親は躾とか教育のために色々言っていたのだと理解できましたが。なぜ怒られたのかがわからないことも多かったですし。何にせよ、私は親を怒らせる悪い子だとずっと思っていました。何度、私が死んだ方が親が喜ぶと思ったかわかりません。何度、階段で2階から頭を下にして落ちようと思 [続きを読む]
  • 今でも人と話すのは怖い
  • 子供の頃、私は電話に出るのがとても苦手でした。話せないわけではないのですがやたらと緊張しました。人見知りな子供でもありました。初めての人と話すのはやたらと緊張しましたしすぐに親の後ろに隠れてしまうタイプの子供でした。それでも何とか大人になって。生活に不都合がない程度には電話にも出れるようになったし話せるようにもなったし。でも社会人になったばかりの頃。やたらと言葉遣いについて注意されました。言い方 [続きを読む]
  • 自信はなくていい
  • 私は非常に自分に自信がない人間だと自負しています。何をやっても自分は不十分だと思いますし。裏を返せば自分への期待値が高すぎるのだと思いますが周りの人はそれ以上のことを当たり前のように期待しているように私は感じます。私が落ち込んでいる時、一番多くあった励ましの言葉は「自信を持って!」でした。でもそんなことを言われても、自信の持ち方なんてわからなかったし。自分に自信が持てるところなんて、一つもなかっ [続きを読む]
  • 片付けは恋愛と同じ
  • 以前テレビを見ていて恋愛アドバイザーの方が言っていたことです。「片付けと恋愛は同じ」物が散乱しているということは自分の持ち物を雑に扱っているということ。物を探せなければ新しいものを買ってしまい気が付けば同じものが何個も家にあったりする人はパートナーも同じように雑な扱いをし必要な時にいなければ間に合わせの人を探してしまうという傾向があるそうです。反対に良い物を大事に大切に使っていける人はパートナー [続きを読む]
  • 怒りや不満は書いてシュレッダー
  • 私はあまり怒らない方だとは思いますが人間なので不満があったり怒りが湧くことは当然あります。相手に不満をぶつけていつも万事解決すれば良いのですが怒りを相手に表してしまうと必ずしも円満に終われないことが多々あります。とにかく他人に話せればすっきりする人もいると思います。でも私は家族でも友人でも他人に話したところで根本は何も解決していないので不満や怒りが収まらないことがほとんどです。難儀な性格でごめん [続きを読む]
  • 過去の自分が許せない
  • 過去はもう過ぎ去ったことでそれはどうしようもなくてこれから何が出来るかを考えるしかない。それはわかっています。わかっているけれどもそういう風に考えられないことが多々あります。私には時折過去の自分が無性に許せなくなる時があります。何であんなことをしてしまったのだろう。何であんなことを言ってしまったのだろう。もう20年以上前の子供の頃のことまで記憶が遡ることも珍しくありません。たくさんの人が相手はそん [続きを読む]
  • 暇と思うのは元気な証拠
  • 私は正直もう何年も「暇だな」と感じたことがありません。やりたいことが多すぎて(そのうちの半分くらいは無駄なことだけれども)時間が出来たら次から次へとやりたいことが湧き起こってきます。ゲームとかくだらない時間を使ってしまいがちではありますが。でも、「暇だ」と思えるうちは人間として元気だと思います。やることがなくても何かをするエネルギーはあるということです。うつ病が重かった時私は日が昇ってから日が落 [続きを読む]
  • 「こうなったらベストだな」と考える
  • 私は自信を持ってネガティブ思考だと思います。そこに自信を持つのもおかしな話ですが。良いことなんてイメージできないですしちょっとしたことですぐに傷つきますし立ち直りもものすごく遅いですし。色んな人に「前向きに行こうよ!」「楽しいことを考えようよ!」「ポジティブポジティブ!」などと言われ。そういう風に考えようと努力もしていましたが私には無理だと悟りました。結局、ポジティブになろうと無理に自分を曲げよ [続きを読む]
  • ネガティブな感情を否定しない
  • 新しい年が来るたびに時の流れの速さを感じたり自分の成長の遅さを感じたり色々なことに思いを巡らせます。誰が悪いわけでもないけれど年末は少々心が荒立っていました。運命を嘆くというか神様を恨むというかそんな感じの心境でした。そういう時はどうしても「こんなにネガティブになってはいけない!」と自分を否定しがちなものですが私はあえて積極的に「あぁ自分は今妬み嫉みを持っているんだ」と思うようにしていました。カ [続きを読む]
  • 叶えたい100のコト
  • 2015年が終わろうとしています。一年を振り返ったり次に向けての目標を考えたりしている人も多いかと思います。私は今年の1月に「叶えたい100のコト」というリストを作成しました。元ネタは忘れてしまいましたがネット記事の手帳術か自己啓発本などに書いてあったのだと思います。決して1年では叶わないようなことも書いてあって全てが達成されることなどないのですが。やはり見てみると達成されたものがいくつか。途中まで着手で [続きを読む]
  • アドバイスは鵜呑みにしない
  • 誰しも悩む時はあり誰かに相談したくなる時はあると思います。誰かと話すことで自分の思考がクリアになってスッキリすることもあると思います。なので、相談は悪いことではないと思います。でも私は「こうした方がいいよ」「こっちの方がいいと思うよ」という言葉はそのまま聞かないようにしています。そういった意見も踏まえた上で最終的にどうするかは自分で決めます。私にも他人の言うことをそのまま聞いていた時期もありまし [続きを読む]
  • 自閉症スペクトラム
  • 最近、自閉症は発達障害の一つとして「自閉症スペクトラム」と呼ばれるようになりました。必ずしも画一的な症状があるわけではなく人それぞれ重度、軽度、この症状はあるけどこの症状はない、など境目が曖昧という点で虹色のように徐々に移り変わっていくという意味のスペクトラムが付け足されたとのことです。自閉症スペクトラムの主な特徴と言われるのが・相手の気持ちがわからない・他者とのコミュニケーションを取ろうとしな [続きを読む]
  • わかりやすい病気だったなら
  • 芸能人の闘病ニュースはいつの時代もあって。認知度の高さから多くの人に問いかけることができその発信力はとても大事だと思います。たくさんの人に定期健診の必要性を訴え闘病の様子で勇気をもらう人もいるでしょう。私がうつ病で苦しんでいた時。不謹慎なことは重々承知ですが「もっとわかりやすい、命を脅かすような病気だったらよかったのに」と何度も思いました。見た目にはわからないのでどんなに理解を示そうとしても完全 [続きを読む]
  • 普通、当たり前、という言葉が嫌い
  • 私は「普通」「当たり前」という言葉が嫌いです。何をもって「普通」なのか。何が基準となって「当たり前」なのか。それがよくわからないな、と思うことが多いからです。とはいえ、使いやすい言葉でもあり。簡単さに負けて時折使ってしまう自分が悔しいと思う時も多いです。「普通」や「当たり前」って簡単に揺らいでしまうものだと思うのです。国が違えば当然違うし同じ国の中でも地方が違えば全く違う。「普通」という言葉は自 [続きを読む]
  • 過去の記事 …