アクアマリン さん プロフィール

  •  
アクアマリンさん: 文先生、永遠に感謝します!
ハンドル名アクアマリン さん
ブログタイトル文先生、永遠に感謝します!
ブログURLhttp://ameblo.jp/nagisa0313/
サイト紹介文韓国・日本が仲良くなって欲しい!
自由文霊界に行って後悔しない生き方研究・神と共に正しく生きる!純潔教育しなければ、日本は駄目になる!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供104回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2011/09/27 18:22

アクアマリン さんのブログ記事

  • ご父母様、お母様、永遠についていきます!
  • 大会でのお母様は、2世の演目をモニターで見ながら、「良くやった」と終始涙を流されていたようです。昔は、世界救国の摂理が激しく、なかなか自分の子を愛するよりは、家庭を犠牲にして、世界を愛している時代があり、2世が、信仰的に育たず、流れて行ったことに、お母様は、心を痛めていたので、最近の2世の頑張りにお母様は、涙を禁じ得ないと思う。お父様の変わりに世界の救いに責任を持とうと、霊界のお父様と一体となられて [続きを読む]
  • お母様の大会、大成功?
  • 涙、涙でしたー!会場行く前は、なにやら、チラシを配布してる方達が。反対派では、ありません!と。まーそうですね?苦楽をともにし、同じ地上天国実現の為に頑張った兄弟姉妹ですから。仲良く、和解しましょう!2世の演技に涙。unite の演説も威風堂々として、素晴らしかった!カーネーションを集め、お母様の演技前に舞台に捧げる演出、流れ、素晴らしかった???。感動の涙が、あちこちから。やっぱり孝情ですね!お母様は、 [続きを読む]
  • 今日のスッキリの韓国人差別発言に憤り?
  • 韓国人俳優が、日本を愛する気持ちで、動画を撮影しながら、京都の居酒屋に入ろうとしたら、ファッキンコリア、ゴーアウト、と言われながら、店に、は入れなかった。見てて、憤り、恥ずかしさ、情けなさを感じた。私は、韓国の店に入り、出ていけ、と言われたことは一度もない。日本人の心の狭さを世界に広めたあの客は、これを機会に反省して欲しい。今は国際社会。それに比べて昨日のディライトイベントに来ていたファンがいと [続きを読む]
  • 独生女、いいじゃん。
  • 分派の方々は、独生女という言葉が引っ掛かるようですが。メシヤとともに勝利したただ一人の女性ということであっていいと思う。何か語る時、ちゃんと、そのあと、父母様と言ってるし。 [続きを読む]
  • 松戸の事件
  • 可愛いらしい、ベトナムのリンちゃんが、殺害されてしまった。ベトナムの方に、本当に申し訳ない。犯人が、保護者会会長とは、衝撃的なんてものではない。びっくりすると同時に人間は、怖いと思った。表向きは、善人を装い、影では何を考えているか?わからない。自分の子供もいるのに、普通、理解し難い。小さい子に興味が、あったようだ。やはり、性的な目的か?ただ、今までのこういった事件は、独身の何か社会に恨みがあるよ [続きを読む]
  • 最近は、伝道に燃えてます?
  • 失業中ということもあり、時間はたっぷりある。そんな時は、公的に生きるのだ。家庭連合をはっきりと証し、訪問する。そんなに、大きな否定はない。今日は竹ノ塚駅にて、勝共遊説のチラシ配布。マリンよ、頑張れ!公的にいきれば天運は、必ずやって来る! [続きを読む]
  • 久々に何度見ても泣ける証
  • 2017年2月6日池袋路傍演説伝道今日は、私の長女がお母さんがやっている路傍演説伝道を一緒にやりたいと言うので、池袋駅でする事になりました。午後四時半から始まった池袋駅路傍演説伝道は、暗くなり始めた中、冷たい冬の風が顔と身体を寒くしましたが、娘と一緒にする母子伝道はとても幸せでした。伝道をしたいと、自分から進んで出た寒い冬の日〜路上で立っている娘をみながら、寒いだろうに〜と何度も娘の姿を見つめながら偉 [続きを読む]
  • 清水富美加さんにエールを送る!
  • 宗教団体に出家するという。ニュースを聞いたとき、びっくりした。明るく、あまり悩みもなく、順風満帆というイメージを持っていたから。でも、人食いの役や、水着のやりたくない仕事をやったから、心身に異常をきたしたとの事。わかる、わかる、清いのだ。幸福の科学が、どんな内容かは知らないが、若いのに、正義、平和、善の為、華やかな世界から、出家するとは、カッコいいし、お見事だと思う。清水さんに、エールを送る! [続きを読む]
  • 狩野英孝が淫行なら
  • 法律では18才以下の青少年と欲だけの性行為をしたら、罪になるとの事。じゃあ、高校生同士はどうなるのか?子供同士だから罰せられない?なんかおかしい気がする。年だけとって、何のモラルもない大人もたくさんいる。やはり、みんなが純潔を守れば、こんな問題は起きない。 [続きを読む]