トレード・タイム さん プロフィール

  •  
トレード・タイムさん: トレードタイム 情報サポート室
ハンドル名トレード・タイム さん
ブログタイトルトレードタイム 情報サポート室
ブログURLhttp://ameblo.jp/trade-time/
サイト紹介文FX、証券会社にマーケット情報の発信、FX攻略.comの連載、長年のトレード経験を活かした情報を発信します。
自由文・「オリジナルライブチャート、e-ラーニング」
http://www.trade-time.com/


・「平均足を改良した手法など、独自の手法を公開」
http://inwin.blog35.fc2.com/


・「FX攻略.com」にも連載中」
http://fx攻略.com/features/


・「公式Twitter
http://twitter.com/#!/trade_time
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供170回 / 365日(平均3.3回/週) - 参加 2011/09/29 17:02

トレード・タイム さんのブログ記事

  • 楽観視のみでは戦いにくい展開に&今週のポイントは?
  • ■メインブログは・・・↓ ↓「平均足改良版での目標値」「売買シグナル指標」も掲載中! トレードプレス ■先週は、トランプ大統領のロシア疑惑を巡る問題が浮上し、弾劾裁判の可能性や税制改革案の審議停滞による警戒感から、ドル売り優勢の一週間でした。その流れの中で最も目立ったのがNYダウです。昨年の米大統領選挙以降、大幅な調整なく上昇トレンドになっていた株式相場にも、ついに一晩で300ドル以上の下落に見舞われ、リ [続きを読む]
  • 中期上昇トレンドの中での調整局面をどう戦うのか?
  • ■メインブログは・・・↓ ↓「平均足改良版での目標値」「売買シグナル指標」も掲載中! トレードプレス ■先週までのレビュー先週は、注目された各大統領選の結果、マクロン大統領や文新統領誕生で、政治及び地政学リスクが大幅に後退しました。また、FOMCで追加利上げ観測が高まり、リスクオンに拍車がかかり114円台まで大幅上昇する場面がありました。■今週の見通し...引き続きトランプリスクと北朝鮮リスクを考慮ついにト [続きを読む]
  • テクニカルとファンダメンタルズの両面からの今週の見通し
  • ■メインブログは・・・↓ ↓「平均足改良版での目標値」「売買シグナル指標」も掲載中! トレードプレス ■ いつもお世話になり有難うございます。トレードタイムです。 ■先週月曜日にギャップアップでスタートし、一時ほぼ窓を埋める手前まで下落したものの現状では、窓が埋まっていない状況です。先週の安値を下回らない限り、111円が大きな節目となり、この水準では買いも入ってきそうです。また、週間足ベースの平均足(改 [続きを読む]
  • 今週のドル円見通し:引き続きリスクオフが想定される展開か?
  • ■メインブログは・・・↓ ↓「平均足改良版での目標値」「売買シグナル指標」も掲載中! トレードプレス ■先週は地政学リスクを中心にやや軟調に動きテクニカル的にも意識され、200日移動平均線を一時割り込む格好となりました。しかし、その後はフランス大統領選を控えて一旦、ポジション調整の動きが強まり、109円台に突入する場面となっています。今週はどうでしょうか? ■今週の戦い方と材料基本的にリスクオンとは言い難く [続きを読む]
  • 今週の展望:今週は5つの要因が相場を動かす要因に。
  • ■メインブログは・・・↓ ↓「平均足改良版での目標値」「売買シグナル指標」も掲載中! トレードプレス ■先週は、地政学リスクやトランプ大統領によるドル高けん制発言が相場を重くさせ、売り優勢の展開となりました。■テクニカルでもトランプラリーで形成した上昇トレンドに対する50%調整(109.89円)もあっさり下抜け、残すは61.8%調整(107円後半)も視野に入り始めています。 また、中長期のトレンドをみるための重要な2 [続きを読む]
  • 今週のドル円見通し&NYダウは50日線に注目
  • ■メインブログは・・・↓ ↓「平均足改良版での目標値」「売買シグナル指標」も掲載中! トレードプレス 〜先週の振り返り〜先週はドルの方向性がこの先も不透明であることが確信できた一週間でした。というのも、6日のADP雇用統計で予想以上に雇用者が増加したことで、ドルが買われる場面があったものの、シリアへの空爆でリスク回避の円買いから節目の110円前半まで下落、その後、雇用統計で2007年5月以来9年10ヶ月ぶりの低水準 [続きを読む]
  • 今週の為替相場の見通し&日経平均の下値目途とは?
  • ■メインブログは・・・↓ ↓「平均足改良版での目標値」「売買シグナル指標」も掲載中! トレードプレス ■先週のドル円相場は、複数の連銀総裁によるタカ派とみられる発言で、一時110円ミドルまで押し下げられた相場も110円割れを回避、111円台をキープしました。また、米GDP確報値も予想を上回ったことで売り圧力も一服した感じとなりました。 ■今週は、トランプ政策に対する政策実効性への懸念がドルを重くさせる可能性があ [続きを読む]
  • 今週のドル円見通し&政治リスクから株安・円買いを誘う展開も
  • ■メインブログは・・・↓ ↓「平均足改良版での目標値」「売買シグナル指標」も掲載中! トレードプレス ■これまで掲げている大胆な政策運営にも疑問符が付く結果となり、週明けから市場はリスク回避の動きになっています。先週は、国内及び海外での政治リスクを意識する展開となり、リスク選好を抑制する格好となりました。 特に、これまでのトランプラリーが意気消沈するようなオバマケアの代替法案成立を巡るヘルスケア法 [続きを読む]
  • 今週のドル円見通し&IMM日本円のポジションにも注意
  • ■メインブログは・・・↓ ↓「平均足改良版での目標値」「売買シグナル指標」も掲載中! トレードプレス ■先週は、注目されたFOMCで予想通り、FF金利が0.75%-1.00%に引き上げられました。 しかし、事前に予想された年4回の追加利上げ見通しが見えなかったことで、「噂で買って事実で売る」といった典型的なパターンとなり、112円台に下落することとなりました。 また、今月15日に米国における「超党派予算法」が期限切れとな [続きを読む]
  • 今週の見通し:年4回の利上げは早計も中期は押し目を拾う展開
  • ■メインブログは・・・↓ ↓「平均足改良版での目標値」「売買シグナル指標」も掲載中! トレードプレス ■先週末に発表された米雇用統計は、非農業部門雇用者数の増加が確認され、ADP雇用統計と併せてみても、今週14・15日に開催されるFOMCで追加利上げがほぼ確定的となったことは言うまでもない状況です。 ■しかし、雇用統計発表後のドル円は、長期金利が低下したことを受けて、115円の大台を割り込み114.75円で終了しました [続きを読む]
  • 今週の週間展望と気になる材料について
  • ■メインブログは・・・↓ ↓「平均足改良版での目標値」「売買シグナル指標」も掲載中! トレードプレス ■週末要因と目先の材料出尽くし感から、イエレン議長の講演会でのコメントが市場に出回ると、ドル売り優勢となりましたが、現状でも113円後半は保っています。 今週も注目するべきイベントが数多くあります。・米雇用統計(10日)・ECB定例理事会(9日)・全国人民代表大会(5日から10日間) ■まず、雇用統計に関しては [続きを読む]
  • 為替相場今週の展開は?週足、日足共に「戻り売り優勢」に転換
  • ■メインブログは・・・↓ ↓「平均足改良版での目標値」「売買シグナル指標」も掲載中! トレードプレス ■今週はイベント的にはこれといった目玉はなく、トランプ大統領が月内を目処にした「驚異的な減税改革案」待ちといった姿勢で、動きにくくなりそうです。但し、一度115円越を失敗したことでの、売りが目立ち、現状上値が重くなっていることで、更なる新規の材料が出てこないと、115円が遠くなりそうです。 ■現状では、貿 [続きを読む]
  • 重要な売買ポイントと今夜の米雇用統計は?
  • ■メインブログは・・・↓ ↓「平均足改良版での目標値」「売買シグナル指標」も掲載中! トレードプレス ■昨日のロンドンタイムで、113円を割り込み、NYタイムでは先週火曜日の安値(112.08レベル)を割り込みました。 上値が重くなっている中で、トランプ大統領の不透明感での売りとの材料が多いですが、現状では長期金利の動向で売り買いが交錯しています。 ■TVニュースの多くは、「トランプ大統領への批判的な内容」を伝 [続きを読む]
  • 膠着感が強まる中での売買戦略とは?
  • ■メインブログは・・・↓ ↓「平均足改良版での目標値」「売買シグナル指標」も掲載中! トレードプレス ■昨日は、前日の円高けん制や保護主義政策の流れを引き継ぎドルが重い展開でした。しかし、112円半ばから押し目買いと見られる買いが散見され、NYタイムが始まると株式市場が上昇を受け、リスク選好が後退しています。現状でも「トランプ節」が炸裂していますが、TPP離脱は当初の予定通り行われ、ついでNAFTAに関しても再交 [続きを読む]
  • 就任式は期待された「更なる規模の拡大」がなく不発、週足は戻り売り
  • ■メインブログは・・・↓ ↓「平均足改良版での目標値」「売買シグナル指標」も掲載中! トレードプレス ■週末は、多くの参加者が注目していた「米大統領就任式」が行われましたが、リスク選好を再稼動させるには、就任式での彼のコメントに注目したかったのが本音です。 しかし、結果的には「米国第一主義」しか手がかりがなく、不発に終わったことは確かです。それがゆえに相場も持ち合いになってしまいました。 ■今後は、こ [続きを読む]