エカテリーナ «Екатерина» さん プロフィール

  •  
エカテリーナ «Екатерина»さん: Russophile
ハンドル名エカテリーナ «Екатерина» さん
ブログタイトルRussophile
ブログURLhttp://ameblo.jp/chocolateeater/
サイト紹介文仕事でロシアに関わっています。日露バイリンガルブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供143回 / 365日(平均2.7回/週) - 参加 2011/09/29 22:15

エカテリーナ «Екатерина» さんのブログ記事

  • チャレンジします宣言
  • 三児を抱えて復職して5年。ワーキングママとして毎日を回すので精一杯な状態から脱却する宣言します!そして、自分のことを、ワーキングママと呼ぶのを辞めます。このブログエントリのテーマもワーキングママライフから、キャリアに変更しました。ママってつくのがプロフェッショナルではない感じがしてカッコ悪いので、辞めようと思った。ビジネスの場で、母親かどうかなんて関係ないし、私は母親かどうかの属性に無関係に同等に [続きを読む]
  • 運動会
  • この週末は貴重な朝寝ができず、仕事のようです。金曜日の昨晩、色々準備で遅くに寝たのに、土曜日の今朝も、平日と同じ時間に起床、体操服を着た子供達を送るとともに出遅れ過ぎな場所取り。一旦帰宅し5人分の弁当を作って出動。3人の子供達が赤組なのか白なのかわからず。汗たまたま見つけた会社の先輩(バレエも娘達が同じ所に通ってる)に我が子らが白組である事を教えてもらう始末。運動会とか貴重な休日の学校イベントははっ [続きを読む]
  • 単語暗記 進捗状況
  • 2017.10月の検定二級受験までに、以下の単語本の丸暗記する目標立ててたけど、ゴールが見えてきた。Ankiに例文と一緒にdeckをチマチマと手作りして、取り込んで暗記してるのだけど、Ankiに取り込む前にもう覚えて自分のものに出来ている単語もあるので、厳密に2200ではない。最新ロシア重要単語2200/白水社¥2,700Amazon.co.jp2200語以外にも、読んだ記事や会話で知らなかったものはどんどんAnkiのdeckを作って取り込んでいるので [続きを読む]
  • 【情報提供へのお礼】日本センター事業
  • ブロ友さんがまたまたうれしい情報を提供してくださいました。本当にありがとうございました! メッセージを受信されない設定のようで、こちらで、お礼と備忘録も兼ねて、記録しておこうと思います。 外務省 日本センター事業2017.5.10付で、日本センター職員募集を5名、ロシア各都市でされています。 ロシアへの道は一つではないようです。自分の会社でロシア事業と心中するもよし、転職してもよし。 要は、 [続きを読む]
  • 駐在員への道
  • 社内のうちの部で駐在員募集の話が出ていて、私も聞かれ、明後日回答期限。地域限定でないので、「希望しない」と回答するけど、補足として、モスクワまたはサンクトペテルブルクに子連れ駐在したい、と妄想のような本音をボスに言ってしまおうか考え中。半期ごとのキャリア計画、レビューを書くシステムにも、それと無く「今すぐではないがいずれ希望」と以前から書いてる私。しかも、子供達が小学生のうちがいい。中学からは日 [続きを読む]
  • 語学学校ディレクターへの手紙 2
  • サンクトペテルブルクにある語学専門学校の研修にて、このホームステイを申し込んでいます。Проживание в семье そこのディレクター宛に、ホストファミリーの選定についての希望を述べる手紙を作るにあたり、そのボディー部分にあたる中身のドラフトをようやく書き上げた。 中身は3部構成。1. Представление себя ※自己紹介とロシア語の勉強を始めて続けて [続きを読む]
  • ロシアの友人からの絵葉書・日露戦争のこと
  • サンクトペテルブルクの友人が、ご主人と旅行した先のソウルから書き送ってくれた葉書を受け取りました。 筆記体なので、はっきりと読めず。筆記体はすらすら読めない。ロシア語の筆記体は本当に読み辛い。自分の書く文字も踊ってるし。。美しく書けるようになりたい。話しがそれた。 彼女とは、つい最近も、またプレゼントを贈り合ったので、また嬉しいサプライズでした。最愛の(笑)彼女に会うのが楽しみです。さて、 [続きを読む]
  • 小学生から学ぶ -音読カード-
  • 下の子供たちも、GW開けより毎日国語の教科書の音読の宿題を毎日やるようになった。よって、毎日娘3人がみな、国語の教科書を家で音読してる。 自国の国語、これは一番大切な教科。それを義務教育に就学した子供たちが、国語の教科書の音読を毎日宿題として出される。これは、非常に意味がある事だから、やられていること。 これを自分のロシア語学習にも取り入れることにした。そして、自分の音読対象に選んだのはこの [続きを読む]
  • ドン引いた件
  • ※しばらくしたらこの記事は削除いたします仕事中、三児目の育休から復帰された間接部門の同僚に声をかけられ、「ソリの合わない上司の下に配属させられた、ストレス溜まったら愚痴聞いてもらうかも」なんて復帰早々いきなり言われてドン引き。うちの会社にこういう人いたんだ?と軽くショック。人選間違ってるでしょうちの会社、殆ど常識的な人ばかりと思うけど、他人とうまくやるのが苦手なのかな。「時短で愚痴聞いてる暇なん [続きを読む]
  • 作文練習
  • GWが開けて、硬派な語学SNSにロシア語ジャーナルをまた書き散らかし始めた。 そこでは、投稿数、添削を受けた数としてKPI (Key Performance Indicators) が常時表示される。それがいつの間にか、投稿数200、添削を受けた数が1,000を越えていることに私は気付いた。 ここアメブロでロシア語を書いても、読者のほとんどは日本語話者なので、誰にも読まれないであろうことがだいたい見えてきたので、ロシア語をこのアメブ [続きを読む]
  • 緊張の一日
  • 今日は長女がバレエ教室で一つ上のクラスに上がってレッスン初日、尚且つ、これまで週末に親に連れられて通っていたのが、初の子供だけでの学童からの通いとなりました。 学童から、学校でも同じクラスのお友達と3人でのお教室への直接通いの始まりです。 子供だけでの通いが初めてとなるので、今日からのために、色々と準備をしてきました。学童の先生に連名でお手紙を用意したり、経路を一緒に歩いてリハーサルしたり [続きを読む]
  • 朝勉
  • 下の娘達も小学校に入り、毎日の宿題以外の任意の努力は、乙会の市販ワークブック算数2冊(文章題・計算・図形)をそれぞれ三人分買い、朝登校前にやらせて見てやることにしてる。授業進度より先取りして教えてる。国語は母である私のモチベーション湧かないから何より大切なのわかってるけど放置。算数のみ。3人とも近所の公立小学校なので、宿題の量は多いが、公立小学校ということで、できない子に合わせて進度が遅くて生ぬるい [続きを読む]
  • 子供向けのロシア関連本 Книги о России для детей
  • このGWに子供たち名義の図書館利用カードと読書通帳を娘たち三人分作りました。読書通帳とは、借りた図書の日時と書名、著者が毎度記録され、一行日記、評価などを書き込める通帳形式のものです。このようなシステムの導入は大変ありがたいです。多くの子供が多くの本を読み、賢い子供に育って将来の日本を沈没させることなく、今や日本を追い抜き世界二位の大国となったお隣の中国に負ける事なく飛躍させてほしいです。さて、子 [続きを読む]
  • 坂の上の雲 第一部
  • GWに入って、やっとこの本を読み始めることができています。(普段はロシア語の勉強が優先なので、読書が手つかずのままとなっています) ロシアについて 北方の原形 (文春文庫) Amazon もともと、「坂の上の雲」が日露戦争に絡むものであることは知っていましたが、この本で、「坂の上の雲」は司馬遼太郎の著作であることを知りました。また、同氏の著作として、ロシアに絡むものに、「菜の花の沖」があることも知 [続きを読む]
  • 共感力テスト
  • 母とのより良いコミュニケーションのために、共感力をつけることを考えてみました。 これは、自己分析も兼ねています。最近特に自己分析にこだわる理由は、自分は何を欲していて、今自分がどこにいて、どこに行こうとしているのか、まめに確認作業をしたい、という意味もあります。 まずは、自分を知るため、ネットの共感力テストなんぞをしてみました。雑誌のYes/Noテストをするような、小市民的な、ちょっと話の小ネ [続きを読む]
  • エリック・カール展
  • 世田谷でいまやっているこんな展覧会に行きました。小さいお子様のいらっしゃるご家庭なら、アンパンマンと同レベルで彼の作品「はらぺこあおむし」は日本でもすでに市民権を得ていると思います。名前から分かりましたが、エリック・カール氏はドイツ系二世アメリカンです。ニューヨーク生まれで6歳でドイツに移住、24歳でアメリカへやって来て、マサチューセッツ在住。この経歴は日米を行き来した夫と酷似しています。夫は英語ネ [続きを読む]
  • 通学用手作りサブバッグ
  • 私が手作る話ではありません。洋裁学校を出ている母に、娘達の通学用バッグ製作をアウトソースする話です。慣れない手芸用品屋さんユザワヤに行ってみた。手芸というものをやる習慣がないので、勝手がわからずも、手順書を探し↓表のキルティング、裏地用布、持ち手になる部分、名前つけ用札を購入。さて、この手順書をあらためて眺めますと、この↓上履き袋なんか、ステッチ可愛過ぎて、キュンキュンします。^_^布地など材料って [続きを読む]
  • 母とのやりとり
  • 2投目。今、母が今来ている。愚痴になるが、スッキリしたいので、書こうと思う。母との会話がどうも難しい。母も私と話しているうちにイラっとするようだ。私に言わせれば、例えば何かを決める時の相談で、母の話を聞いていると・話が堂々めぐり・結局何がしたいのかわからない・こちらは最善の具体策を考えようと一生懸命聞いているので、あれこれ問いかけをすると、目的が見えなくなるような返答をする・だから、繰り返しになる [続きを読む]
  • 自分時間
  • このGWは9連休なので、仕事は休みですが、子供達は私の母に連れられて小学校に登校し、午後は学童です。私は免許更新のため、駅に向かっていたのですが、同じ保育園あがり、今も下2人の娘達と同じ一年生で、学童もまた同じ所でお世話になっているママさんがたと鉢合わせ、カフェで私もご一緒することに。15分ほど話すつもりが、1時間以上喋り倒し、免許更新の午前の受付に間に合わなくなったなので、午前の受付を諦め、午後の受 [続きを読む]
  • Диктант (聴いた事を書き取る練習)
  • 最近、Skypeのロシア語レッスンでディクテーション(聴いた事を書き取る練習)をやるようになり、楽しく、とてもいい練習になっていると思っています。 今日は2件やりました。知らない単語でも、音を注意深く聞いて、書き取ります。 書き取ったあと、スマホで写真を撮り、先生とスカイプ経由でファイル送信、添削を受けます。2件目の1番最後、кофе(coffee)を頭文字を英語と混乱してсофеと書いてしまいました。私 [続きを読む]
  • ロシアからの贈り物
  • サンクトペテルブルクの友人から贈り物を受け取りました。Ура!サンクトペテルブルクのДом книги(ドム クニーギ, house of books)で買われた本みたい。出版は2015年と、結構新しい。出版社Медный всадник (サンクトペテルブルクの象徴とも言うべき「青銅の騎士」)日本在住の日本人が書いたレシピ本より、本物のレシピっぽくて、これはとても嬉しい贈り物。例えばБорщ (ボルシチ)はこんな感じ。このGW [続きを読む]
  • ネイルカラーに見る国民性(仮説)
  • 以前はツールやジェル、ラメ、パーツ類を多種揃えてセルフジェルネイルしてましたが、最近はエナメルの刷毛で塗るタイプをしてて、最近はそれすらしなくなりました。で、少し前から最近にかけて、たまたま縁あるロシア人女性達の共通点として、ネイルをよくしてるってことに気付きました。しかも、濃い色。紺色とか、深い緑とか、真紅とかの渋い色達。なんだか素敵だよなと思い始めたので、試しに自分もと店で探してみたが、暗い [続きを読む]
  • ロシア語ニュースを読む
  • ※しばらく二級対策として、文法に注力中なので、作文練習はお休み中最近ロシア語ニュースを辞書なしで読んでも何となくわかるようになってきました。今朝読んだのは、世耕弘成 経産大臣が訪露の話。昨日今日と、ボロネジ州(Воронеж)に滞在のようです。Японский_министр_экономики_летит_в_Воронежこの州のインフラのモダニゼーション(近代化)での協力プロジェクトのためみたい。ち [続きを読む]
  • フィンランド国立バレエ
  • 誕生日に夫が私にバレエ観劇のプレゼントをくれましたので、子供達も全員小学生になり、堂々とK-balletのお膝元、渋谷のBunkamuraに観にいってきました。 北欧のバレエ団の公演を観るのは初めてです。 フィンランド国立バレエ団 楽しいムーミン一家 二部構成で、一部はガラ公演でした。実はガラはそれぞれの場面が唐突に始まり、ヤマ場の切り貼りのようで、あんまり好きじゃないです。全幕通してキャラクターの心 [続きを読む]
  • 自立と依存
  • ※ロシア語と関係ない記事です 愛読させていただいているブロガーさん方が、たまたま同じタイミングで「自立」について触れられていて、私もそれについて考えましたので、自分の考えを整理しようと思って書きます。まず国語辞典では、自立とは以下のように定義されています。 じ‐りつ【自立】 の意味出典:デジタル大辞泉[名](スル)1 他への従属から離れて独り立ちすること。他からの支配や助力を受けず [続きを読む]