けんジイさん さん プロフィール

  •  
けんジイさんさん: けんジイさんの山だより
ハンドル名けんジイさん さん
ブログタイトルけんジイさんの山だより
ブログURLhttp://www.yamadayori.net/
サイト紹介文キウイフルーツ、お茶、原木シイタケ 直売所は花桃の里、天竜山の市、輝楽食菜市
自由文キウイフルーツ、生シイタケ、ナメコ、山菜、タケノコ、日本ミツバチ蜂蜜やイノシシも時々。天竜山幸の会で年間産直契約。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供352回 / 365日(平均6.8回/週) - 参加 2011/09/30 08:50

けんジイさん さんのブログ記事

  • ユージーンに到着
  • ユージーンはオレゴン州の、 百万人都市。 数年ぶりに会う友人の車でホテル。 カミさんもお疲れのご様子。 先ずはおやすみなさい。 しばらく滞在するこのホテルで、 けんジイさんの最初の仕事は、 飲み物調達でした( ´∀`)。 [続きを読む]
  • 季節外れがいいのです
  • 白菜やキャベツは今頃から種まきをして、秋から冬にかけて収穫する野菜です。 とは云いつつ、けんジイさんは季節外れの野菜などやって、 何気に自慢(^^)/。 近々、しばらく畑と家を空ける予定なので、 一度に収穫して周囲に配ったりしました。 えっ! 今白菜なんですか?、、、、なんて云ってくれると嬉しいですョ。 [続きを読む]
  • 田舎の役目
  • 孫の一人は幼稚園児。 特に生き物に興味あり。 彼にとってこの季節は天国に違いない。 図鑑で知った生き物を、現実に触ったり捕まえたりできるのだ。 田舎育ちのけんジイさん、 まだ少し役目が残っているようだ。 [続きを読む]
  • 鹿島の花火 河川敷に観客による電光の舞
  • 鹿島の花火は8月5日(土曜日)、無事にしかも盛大に行われました。 中でも二組の「仕掛け」は、今までにない大規模な花火で、 大音響と歓声が会場に広がる光景は、さながら別世界でした。 今回は花火の開始に先立ち、地元の和太鼓グループの演奏が行われるなど、 話題の多い大会です。 また、最後の花火が終わった時の、 アナウンス担当の石野さんのリードが印象的でした。 会場とその周 [続きを読む]
  • 鹿島の花火
  • 鹿島の花火が無事終了しました。 早朝より会場をつくり、午後は駐車場の整理。 花火が始まる頃には会場周辺の警備、、、、とのことで、 今年は花火をしっかり観ることが出来ました。 [続きを読む]
  • 社協 草取りボランティア
  • 午前中にボランティアの草取りを3時間ほど行う。 昼飯にビールをいただき、うどんを食べて、 近頃あまり面白くなくなった大河ドラマの録画と、 NHK囲碁トーナメント(録画)を観ながらうたた寝。 五時ごろ4週間ぶりの居酒屋へ自転車で出かける。 そこで久しぶりにS先生にお会いし会話が弾む。 八時近くになって、自宅に最も近いカラオケ屋に立ち寄る。 焼酎のお湯割りと鶏のから揚 [続きを読む]
  • 三つ葉は三つ葉
  • 三つ葉は順調に育っています。 でも、四つ葉のミツバなんかあってもいいじゃないかな、、、、、なんてネ。 県連をまとめられなくて選挙に負けちゃいましたが、 中央で選挙対策委員長、、、、、、素敵ですネ。 けんジイさんも四つ葉のミツバ、、、、探がすぞぉ〜! [続きを読む]
  • 半田そうめん
  • テレビ番組だったと思いますが、そうめん専門店の店主が出て、 麺の茹で方やいろいろなレシピを紹介していました。 その時、その店では半田麺を使用しているとのことでした。 久しぶりに会う友人夫妻のお土産は、 なんとその「半田めん」でした。 かなり太めの麺です。 とても滑らかな食感、しっかりと腰があり食べ応え十分です(^^)/。 [続きを読む]
  • 手打ちうどん 2000食 
  • 明日は蕎麦を打って、友人達と一杯やることになりました。 そこで準備のついでに、500?ほどのうどんを打って食べました。 数年前、亡くなった友人の奥様が 彼は生涯に2,000食以上のうどんを打ち、 周りの人に食べていただくのを楽しみとしていた、と話されました。 けんジイさんも蕎麦はもちろん、うどんやラーメンの手打ちをします。 数の上ではまだまだ初心者のようですが、、、、、。 [続きを読む]
  • つるむらさき
  • 畑の隅に二本植えた「つるむらさき」。 成長が非常に早く、どんどん増え続けています。 つるむらさきを軽く茹でて、鰹節で食べてみました。 少し土臭いところが、ホウレンソウに似ています。 英語では Indian spinachとか。 なるほどね。 [続きを読む]
  • タヌキかムジナか
  • イタチ科のアナグマ(けんジイさんの畑で悪さする奴らの顔写真)。 この動物とイヌ科のタヌキは同じ穴のムジナと云われ、 同一あるいは混同されて扱われます。 タヌキ汁の素材にはアナグマが使われ、 タヌキから作ることはないと聞きます。 それだけアナグマは肉が美味しいようです。 人によってアナグマをムジナと呼び、 タヌキと明確に区別しています。 タヌキをムジナと呼ぶ [続きを読む]
  • 浜松音楽工房の皆様と「芳川の里」
  • 浜松音楽工房7月、 二回目の演奏会に参加しました。 猛暑。 それでも、 浜松音楽工房の皆さんは ユニホームを一新し、 気分も新たに、 気持ちも引き締まり、 演奏上の目立ったミスもなく、 清々しい気分で、 演奏会を終えたようです けんジイさんは ケーナで、「コンドルは飛んで行く」 クロマティックハーモニカで、「遠くで汽笛を聞きながら」。 [続きを読む]