scarlet さん プロフィール

  •  
scarletさん: 愛くるしく綺麗なカワセミ達
ハンドル名scarlet さん
ブログタイトル愛くるしく綺麗なカワセミ達
ブログURLhttp://taka0524.blog111.fc2.com/
サイト紹介文BORG71FLとNikon328でカワセミ達の生態を毎週末撮影し記録するカワセミ写真専用Blog
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供273回 / 365日(平均5.2回/週) - 参加 2011/09/30 13:15

scarlet さんのブログ記事

  • 川で撮影したカワセミ飛翔画像(その3)
  • カワセミが枝から川面へ突進して戻る       (BORG71FL直焦点撮影)BORGでマニュアルフォーカス置きピンで飛込みに合わせレンズを振って、カワセミの戻り飛翔に合わせレンズを止まっていた枝 (この位置はフォーカス環を動かさなければ合焦している) に戻して、その間連写をし続ければ連続飛翔は撮影が出来ます。BORG60φ用ヘリコイドは手で握って操作出来る太さでフォーカス操作がし易いので、私の場合は80φ用の市販レ [続きを読む]
  • 川で撮影できたカワセミの飛翔(その2)
  • カワセミは元気に飛び回る       (BORG71FL直焦点撮影)雌カワセミの飛翔姿は嘴下が赤色なのでアクセントになります。子育て時期の姿ではないので羽もそれ程痛んでなく綺麗です。撮影機材:BORG71FL+M75絞り+80φドロチューブ+ヘリコイドLⅡ+Pentax K-3※画面を すると大きな画像がご覧いただけます。 にほんブログ村 [続きを読む]
  • カワセミの飛翔画像(その1)
  • 川で撮影したカワセミの飛翔画像      (BORG71FLで直焦点撮影)   ブログ記事の更新があまり出来ずすいません。最近は簡単に時間をかけずにアップ出来るインスタグラムへの投稿がメインになっています。毎日が日曜日になって時間は豊富にあるのですが、撮影に行く回数が増えて撮った写真の整理も追いつかずアップの写真も1か月以上古いものが多く、思いきって過去1か月分をお蔵入りさせてなんて思っています。雛も川へデ [続きを読む]
  • カワセミの雛が川デビューしました。
  • 待ちに待ったカワセミ雛が川デビューしました。       (BORG71FL直焦点撮影)MFでは2Kmの範囲に3組のカワセミカップルが子育て中で巣へ魚を運んでいて順調に育っています。そろそろ上流域のカワセミの雛がデビューする頃で、毎日楽しみにしていると、撮影仲間のFさんから昼過ぎに「雛が1羽出たよ」と連絡をいただき午後に撮影へ行ってきました。今日は2羽の雛しか確認出来ませんでしたが、給餌の証拠写真と雛の止まり物 [続きを読む]
  • 今日のカワセミ飛翔(その4)
  • 今日もカワセミ達は大サービスで演じてくれました   (BORG71FL直焦点撮影)カワセミ撮影は天気も出来栄えを左右しますが、それ以上にカワセミが居て盛んに餌獲りや場所を変更してくれると沢山飛翔も撮影出来ます。私の場合はカワセミを見つけると素早くフォーカス合わせを済ましカワセミを観察しながらISO感度を落として止まった姿を撮影します。そして次にISO感度を上げてSSが1/1600秒以上になるようにします。天気が良 [続きを読む]
  • 今日のカワセミ飛翔(その4)
  • AFレンズで撮影し易い画像は川面飛出しシーン       (BORG71FL直焦点撮影)マニュアルフォーカス置きピン撮影は川面飛出しが難しいのは飛込み場所の予測がつかず被写界深度に飛出し位置を合わせるのが難しいのですが、オートフォーカスの場合は照準器を利用して飛込み場所を前回飛込んだ場所辺りと決めて、一度その場所へフォーカスを合わせて待ちます。飛込んだらカワセミが川面へ顔を出すまで数拍の時間があるので、照準器を覗いて [続きを読む]
  • 今日のカワセミ飛翔(その2)
  • カワセミ川面飛出し画像は置きピン撮影で一番難しい   (BORG71FL直焦点撮影)カワセミの気分次第で飛込み場所も変わるので「当たるも八卦当たらぬも八卦」状態です。唯一経験的に「嘴の向いた方向に飛込む」という生態を利用しているので、不意に方向が変わると飛出し画像だけは何とかフォーカスが合っているが他は全滅なんて言うことも多々あります。オートフォーカスで撮影してもこの状態はAFが合うのは運次第かレンズを振り [続きを読む]
  • 今日のカワセミ飛翔(その1)
  • カワセミ飛翔が撮影出来ると嬉しい         (BORG71FL直焦点撮影)カワセミが枝に止まると嘴の向いている方向を確認し撮影位置が嘴が向いている方向に対し90度になる場所を探すと飛出したカワセミの姿が真横から撮影が出来て、レンズを飛込む方向に振りながら連写すれば連続で撮影が可能です。この場合飛翔航路が被写界深度に入るように工夫していますが、飛出し方向が当たれば置きピンなのでフォーカスは全て合い、AFの [続きを読む]
  • 遊水地に来るペアーカワセミは時々接近しては離れる
  • ペアーカワセミの姿と止まり物       (BORG71FL直焦点撮影)遊水地はMPO法人によって管理されメダカや在来小魚が放流されていて、雛が生まれた1週間の給餌用餌として利用できるので、毎年カワセミ達の利権争いに勝ったペアーが居座ります。今年もこのカップルが子育て時期に利用するのでしょう。撮影機材:BORG71FL+M75絞り+80φドロチューブ+ヘリコイドLⅡ+Pentax K-3※画面を すると大きな画像がご覧いただけます。 [続きを読む]
  • BORG71FLで撮ったカワセミ飛翔(その4)
  • カワセミが低い場所でホバって獲物を再確認して飛込む  (BORG71FL直焦点撮影)護岸に映る蛇籠の金網が無粋に見えますが自然のままの姿なので仕方がありません。枝から川面へ飛込み戻る画像を狙って連写してレンズを振ると何とホバリングしてから飛込み枝に戻りました。連写しながらレンズを振るとこういう画像が連続で撮影出来ることがあります。今日も1日でブログに6回連続でアップ出来る飛翔画像が撮影出来て満足な1日でした [続きを読む]
  • BORG71FLで撮ったカワセミ飛翔(その3)
  • BORGレンズは操作に慣れるまで時間がかかる   (BORG71FL直焦点撮影)オートフォーカスの機材は購入したその日からある程度の画像は撮影出来ますが、BORGの場合はフォーカスを自分の眼で確認しながら合わせるので、ジャスピン画像を撮るのに慣れと習熟が伴うので、飽きっぽい方やいろいろな機材を試しながら使いたい浮気性の方は購入しても機材リストに載せるだけで、使えない方が多いようです。BORGを購入する場合は数か月は満足 [続きを読む]
  • BORG71FLで撮ったカワセミ飛翔(その2)
  • BORGでカワセミの飛翔も三脚使わず撮影出来ます。   (BORG71FL直焦点撮影)デジボーグの利点は手軽に持ち運べ機動性も高く、基本置きピン撮影になるので、それを考慮して撮影位置を決めます。特にBORGのフォーカスは一度合わせ触らなければフォーカス位置が変わらないので、止まったカワセミにフォーカスを素早く合わせます。カワセミの行動パターンで餌獲りや水浴びは飛び出した場所に戻るのを利用すれば、枝戻りや石上 [続きを読む]
  • いろいろな姿のカワセミ飛翔と珍しく現れたチョウゲンボウ
  • カワセミの飛翔姿もいろいろあります。       (BORG71FL直焦点撮影)カワセミを撮影していて上を見上げて凝視している時は上空に天敵が居ることが多いです。私の住んでいる場所は郊外の都市ですが緑が残っていて高圧線の鉄塔沿いは尾根があり緑が残っていてオオタカやチョウゲンボウ、JR駅に近い公園にはツミも営巣するような環境です。今日撮影したカワセミ飛翔を数日に分けてアップいたします。撮影機材:BORG71FL+M75 [続きを読む]
  • 川面近くで餌を咥えてホバリング
  • カワセミホバリングや飛翔を集めてみました。       (BORG71FL直焦点撮影)約1か月前の撮影ですが川面近くでホバった画像や飛翔を集めてみました。この1週間前のカワセミは抱卵に入ってしまい、川にカワセミが出没する場所や時間が変わってしまい、まったく見つからない空白時間が長くなり、待つ場所も特定できず撮影に難儀しています。最近は暇があると雨が降らなければ毎日MFへ出かけ撮影するので3週間分の撮影済み画像 [続きを読む]
  • 調整池でペアーカワセミが戯れていた
  • 雌カワセミに近づく雄カワセミが怒られて羽を嘴で挟まれた (BORG71FL直焦点撮影)一か月遅れの画像ですが、未だカップルに成り立ての2羽の様子です。雄が雌カワセミの止まる枝に飛んでいくと雌カワセミが雄の羽を嘴で挟んで宙刷り状態になりましたが、それでも雄カワセミはめげずに傍へ戻っていく連続画像が撮影出来ました。このカップルは無事に抱卵して、来週初めには雛が孵化し餌運びが始まるようです。MFのカワセミ達は2Km位 [続きを読む]
  • 雌カワセミが低い枝から飛出てホバって戻る
  • 川面から30cmでホバリングして枝に戻る連続画像   (BORG71FL直焦点撮影)カワセミが川面近くの枝に止まったので飛込みから枝戻りを連続で撮影しようと構えていると、飛出し直後にホバリングをはじめました。そのまま連写すると飛出し枝へ戻っていきました。護岸すれすれにいた獲物が隠れてしまったようで降り出しに戻りました。護岸の蛇籠金網が無粋という方もおられますが、MFの自然のままのカワセミを撮影しているので公園池 [続きを読む]
  • 枝から急降下して飛込み戻るカワセミ画像
  • 太陽が当たる画像はカワセミが生える        (BORG71FL直焦点撮影)太陽が当たる場所は絞れて被写界深度も深くなるので飛翔の撮影には好都合です。しかし光学ファインダーでフォーカスを目視で合わせるにはある程度明るくないとフォーカスの山が判り辛くなります。普通のレンズは絞ってもファインダーの明るさは変化せず、シャッターを押した時だけ自動的に絞ってくれるのですが、BORGの絞りは手動なので絞れば暗くなります [続きを読む]
  • 大きな魚を食べたり捕食シーンを含むカワセミ飛翔画像
  • こんな大きな魚を食べるのを見たのは久しぶりです       (BORG71FL直焦点撮影)川にはカワウが住み着き魚を漁ってしまうので、カワセミは小魚か川エビやヨシノボリが主食になっていますが1枚目の写真は自分の背丈位もありそうな魚を飲み込む画像で久しぶりに遭遇しました。それ以外は捕食で飛込み枝へ戻る画像です。撮影機材:BORG71FL+M75絞り+80φドロチューブ+ヘリコイドLⅡ+Pentax K-3※画面を すると大きな画像がご覧 [続きを読む]
  • 枝から飛込み餌を咥えて戻る雌カワセミ
  • 小さな獲物を咥え戻る雌カワセミ             (BORG71FL直焦点撮影)構えた撮影場所が良かったのか、連続して2回の飛込みから餌を咥えて枝に戻る画像が撮影出来ました。逆光の時間なので色がくすんで見えますが羽が透けた画像等があります。なかなかレンズを振ってファインダーに飛翔を収めながら連写するのはファインダーが間欠で見えるので難しいのですが運が良かったようです。撮影機材:BORG71FL+M75絞り+80φド [続きを読む]
  • カワセミの飛翔画像と止まり物(その7)
  • ホバもするが短すぎてフォーカスが追えない       (BORG71FL直焦点撮影)この時期のホバリングは一瞬でなかなかマニュアルフォーカスでは撮影が難しいです。こういう時はAFレンズを使いたくなるのですが、BORGレンズの解像度と抜けや円形絞りのボケなどに魅力からマニュアルフォーカスに徹しています。マニュアルフォーカスの魅力は良い画像が撮れた時の自己満足に尽きるのですが、やったーと言う達成感と喜びのアドレナリン [続きを読む]
  • カワセミの飛翔画像(その6)
  • カワセミ飛込みタイミングが合うと飛込み飛翔が撮れる       (BORG71FL直焦点撮影)置きピン撮影の得意とする飛翔画像は飛出しと枝戻りや水平飛翔で、不得手とするのは何処に飛込むか当たる確率が低い川面から飛び出す画像で、これはオートフォーカスの独壇場です。置きピンは被写界深度に飛翔が合うような位置から撮影しますが、一番簡単な方法は嘴が向いている方向に対し直角な位置を撮影位置にすれば半分位の確率で飛出し [続きを読む]
  • カワセミの飛翔画像(その5)
  • カワセミが飛込む場所まで追いかけて撮影       (BORG71FL直焦点撮影)MFのカワセミは橋3つ位の場所を転々と移動しながら捕食します。三脚は遊歩道が狭く交通量も多いので危険なので手持ち撮影です。と言っても完全手持ちで撮影する訳ではなく、遊歩道の柵上のパイプに鏡筒を載せて撮影します。そのため飛翔を追う操作もスムーズに行えます。撮影機材:BORG71FL+M75絞り+80φドロチューブ+ヘリコイドLⅡ+Pentax K-3※画面を [続きを読む]
  • カワセミの飛翔画像(その4)
  • この時期は時々雄雌カワセミが接近するが・・・       (BORG71FL直焦点撮影)雄カワセミはテリトリー内を転々と餌獲りしてくれるのでいろいろな飛翔画像が撮影出来ます。雌カワセミが現れ雄にちょっかいを出しますが晩生のカワセミは少し興味があるようですが直ぐに逃げ去ってしまいます。撮影機材:BORG71FL+M75絞り+80φドロチューブ+ヘリコイドLⅡ+Pentax K-3※画面を すると大きな画像がご覧いただけます。 [続きを読む]