bottis さん プロフィール

  •  
bottisさん: ギターと二人ぼっち日記
ハンドル名bottis さん
ブログタイトルギターと二人ぼっち日記
ブログURLhttp://ameblo.jp/bottis3501/
サイト紹介文対人関係が苦手で現在ほとんど話せる人もいませんが、日々感じた事を綴ってます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供35回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2011/09/30 19:59

bottis さんのブログ記事

  • 刺激を求めて思考はねつ造する?
  • 私はたとえば人からちょっとした嫌なことを言われると、後から何回も思い出してはどんどん嫌な気分になっていくイヤなクセがあります。今までいろんな方法を考えそのイヤな習慣を是正しようと試みましたが、ことごとく失敗に終わりました。そして今もそんな状態が続いています。でも、その事について書かれた書籍やネットのホームページ等を見ているうちに気付いたのですが、人の心は元々より強い刺激を求めていて、そのようなこと [続きを読む]
  • 心ここにあらずを是正
  • 私が嫌なことを考えどんどん負のスパイルに落ちいってしまうことの根本原因は一言でいえば、「心ここにあらず」という状態が普段から日常化しすぎているの為ではないかと思います。 食事している時、ギターを弾いている時、ウォーキングしている時等々でも、そして何をしている時でも、日常のほとんどの時間ぼーっと考え事をしている気がします。 逆に言えば考え事に没頭しているということでしょうが、結局それが良くない [続きを読む]
  • 嫌な思考をとめる練習
  • 私は嫌なことを思い出すとその事で頭がいっぱいになり、何度もそのことを繰り返し思い出し、どんどん嫌な気持ちになっていくことがたびたびあります。 そしてその嫌な状態が何日も続くという、とても辛い状態になります。 特に嫌な人から言われたイヤな言葉を思い出すと、その相手と頭の中の妄想で口げんかを始めてしまい、どんどん負のスパイルに落ちいってしまい、とても辛い日々を送ってしまうということがしばしばあ [続きを読む]
  • 心を健康に
  • 以前読んだ本に人は体の健康にはとても気をつける人が多いのに、心の健康には無頓着な人が多いと書かれていました。 そう意味で言えば私もその一人かもしれません。 私も体の健康には、今はお酒も飲む量をとても気にしますし、食事も食べるものを出来るだけ健康に良いものを取るよう心がけていますし、運動も出来るだけ毎日ウォーキングするようとても気を使っています。 でも心に関してはあまり気をつけていなかっ [続きを読む]
  • 幸せの青い鳥は心の中に
  • 「青い鳥」という童話がありますが、私はこの話しを詳しくは知りませんが、幸せの青い鳥を探しに遠くへ旅にでるものの、結局旅では見つけられず帰って来ると、自分の家の中に居たという様な話だったと思います。 結局幸せは遠くにあるものでは無く、自分のすぐ身近にあるもので、中々気づかないものだという教えだと思います。自分の心を幸福にするという意味でいえば、どこか遠くへ幸福にしてくれる所へ、わざわざ探しに出か [続きを読む]
  • 孤高心安(ここう うらやす)
  • 「弧高心安」は私が勝手に弧高という言葉と心安という言葉をくっつけて、四字熟語のようにしたものです。 私が思う弧高とはイメージとして、高見から人の生活を傍観するように見て接し、ほとんど直接的には人付き合いをせず、日々を暮らすというような意味での弧高です。 たとえば例を上げると、昔、著者でバードウォッチングならぬ、人間ウォッチングが好きという人がいましたが、ただ道行く人を眺め、その人の身なりや雰 [続きを読む]
  • 孤雲のように
  • 中学生の頃だったでしょうか? ある晴れた日、空を見上げると、私の頭の真上位に雲がぽつんと一かけらありました。 その雲がとても低い位置にあり、私はその雲が下界の私達の生活を見に、低い位置まで降りて来たように、雲を擬人化して妄想しました。 その雲が気になり、しばらく上空を見上げていました。 雲は風に流され、徐々に私のそばから離れて行きました。なぜか私はあの雲になりたいと、無意識にそう感 [続きを読む]
  • 超内向型人間に合う生き方をする。
  • 「内向型を強みにする」という本を読みだしました。この本を読みだして、私は内向だと再認識しました。 それも、超が三つも四つも付く位の超内向型だと思います。 そう自慢できることではないかもしれませんが、超々々々内向型だと自負できる位,私は内向型だと思います。 この著書にもあるように内向型である私は、若い頃自分はおかしな人というコンプレックスがありとても悩みました。 でも結局、この世はこ [続きを読む]
  • 一方的に話して、人の話を聞かない人はもう結構です。
  • 前回ブログで書いた、「自慢しい」のほら吹き警備員さん、前々回の私の勤務の時にまた会う羽目になりました。 もういくら上の警備員室に誘われても行かないと決めていた私は、行く事はありませんでした。 でも何回も私の居る機械室に降りて来ては、やれコーヒー入れるから上がってこいや、やれ弁当食べるから一緒に食べよう等、何回も私の居てる機械室に降りて来ました。 うっとうしいなぁと思いつつも、いい加減に返 [続きを読む]
  • また、自慢話ばかりする人と出会いました。
  • 今働いている職場の警備員さんの一人ですが、一見ニコニコと人良さそうに振る舞いますが、実は自分の言いたい事ばかり言って、相手の言う事は全く耳を傾けないという感じの人です。 私も最初会った時は、まだ2回目の勤務で様子もよく解らなかったので、その警備員さんにニコニコと親切そうに、「ここ(地下の機械室)に居ても暇じゃろう、上にはテレビもあるし、コーヒーもいれるから、上でゆっくりしたら良い」等と言われ、言 [続きを読む]
  • 公共施設のビル管理は楽?
  • 私は長年ビルの設備管理の仕事に携わり、多くの会社を転々としてきました。 そして、公共の建物は今回で2回目ですが、私の数少ない経験からいうと、公共の建物のビル管理(設備管理)は、民間の建物に比べて、とても楽な気がします。 公務員がそんな感じがある為か、あなたの職務は○○となると、それのみをしてれば良いとなる感じの様な気がします。 そんな理由の為か、今回私はボイラーの運転管理で雇われているの [続きを読む]
  • 些細な一言が大きな怒りへ。
  • 私はほとんど人と話しません。 話さないと言うよりは、話せないと言った方が正確かもしれませんが。 そんな事もあり、いつも一人で頭の中で色々思考しているというか、自答自問している感じで、いつも、自分と対話しているという感じです。 普段は楽しい事でも妄想していれば、良い気分でいる事が出来るのですが。 でも嫌な事があれば、たちまちその事に思考が集中してしまい、心の中がその事で一杯になって、 [続きを読む]
  • 孤独には強くなった?
  • 私は今ボイラーの運転管理という仕事をしています。 小さなビルの地下の機械室にポツンと置かれた机の前に一日中一人で居ます。今はそれがとても快適に感じます。 今までの様に一緒に働く同僚とのギスギスした関係に悩まされる事もなく、基本、ただジッと机の前に座って居れば良いだけの仕事です。 仕事に関しても、今までの様にビルの設備管理で無く、純粋にボイラーの管理だけをしていればいいというものです。&n [続きを読む]
  • 「足るを知る者は富む」
  •   「足るを知る者は富む」昔、若い頃に読んだ本に、この格言の説明の一例で、こんな内容の事を書いてあったのが今も印象に残っています。 お金を稼ぐという事でいうと、必ずしもたくさん稼いでる人=お金持ちとは言えないということ。 たとえば、月に1千万円稼いでいる人、100万稼いでる人、10万しか稼いでいない人がいて、誰が一番のお金持ちと聞かれれば、1千万稼いでる人と思いがちです。 でも毎月1千 [続きを読む]
  • 「諦める」生き方も良いかも
  • 「諦める」という言葉は、こころざし半ばで断念するというような意味合いで、あまり良いイメージの無い言葉と思いますが、元々はそうでなく、「明らかにする」という様な意味の言葉だったというのを何かで読んだ記憶があります。 自分にとって大切なもの、そうでないもの、必要な物とそうでないもの、重要なものとそうでないもの、それらを見極め、明らかにしていき、不必要なものは諦め切り捨てて行く。「諦める」とは、そん [続きを読む]
  • 生まれて来たのが早すぎた?
  • 今の若者の特徴をテレビ等で言われているのを見る事がありますが、私の事を言われている様に感じる時があります。 今の若い人は傷つきやすく、人からちょっと怒られただけで傷つく、そして、あまり人付き合いをしなくなる。 恋人等も付き合う事がめんどくさいのでつくらない。 欲が無く、物を欲しがらない、自動車や高級な物に興味が無いので、買いたいと思わない。 会社で出世したいという欲もあまりない。&n [続きを読む]
  • 一人で居れるのは快適、でも快適で無い部屋。
  • 私は今、冬場だけの暖房用ボイラーの運転管理という仕事をしています。 小さなボイラーなので一人きりの仕事です。 小さな古いビルの地下の機械室に一人で居ます。仕事を始めた時は、対人関係が苦手で、いつも一緒に働く人に悩まされていた私は、天国の様な職場に思えました。 でも、地下の薄暗い部屋に朝早くから夜遅くまで、ジッと一人で居るのも、かなり退屈で忍耐がいるものです。 まあ、それは一人きりで [続きを読む]
  • 暇、でも資格の勉強はもういいです。
  • 今の仕事とても暇な仕事です。 自動で動いているボイラーの傍らの机の前で、ジッと座っているだけです。 地下の機械室に一人でいるので、気兼ね無く、本を読むなど、ここに居ている限り、自由にする事が出来ます。 以前の私なら、この有り余る時間を有効利用しようと、資格の勉強をする事を考えたでしょう。 でも今はそんな気持ちは全く起こりません。私も、もう五十半ば、そこそこビル管理に必要な資格は取り [続きを読む]
  • ボイラー技士の資格を取った頃の思い出。
  • 私のボイラー技士の免許を見ると、平成7年にこの資格を取得しています。その当時を思い出すと、私が初めて勤めた、会社を辞める、1年位前だった様に思います。 でもその頃は実際には、会社には行っておらず、傷病手当を貰って長期で会社を休んでいた頃です。 入社して10年くらい、たっていましたが、その頃は、とても会社に行くのが辛くなっていました。 というのも、10年も同じ会社で努めていると、後輩がどんどん [続きを読む]
  • 頭の中で思い描いていた理想の仕事が現実に、でも…。
  • 今回始めた私の仕事は、ある意味私がこんな職場があったら、良いのになぁ、気楽に勤めれれるのにと思っていた、ある意味理想に近い職場かもしれません。私は対人恐怖症で、対人関係が苦手な事から、ビルの設備管理の仕事を選びました。 機械相手の裏方の仕事なので、向いているかなと思いましたが、それでも、同じ職場の同僚達との関係に悩まされました。 そして、小さな一人現場のビルなら良いかなと思い何カ所か勤めま [続きを読む]
  • 冬場だけの暖房用ボイラーの仕事
  • 私が今回始めた仕事は、冬場だけのボイラー及び空調機の運転管理という仕事です。3月末までの仕事ですが、ここの所3回連続で、短期間で仕事を辞めているので、いっそうの事この方が、また長く勤められず、自分から辞めるという、面倒な手続きも必要もなく、考えようによっては、 どうせ、4ヶ月余りの仕事だと、気楽に勤めれるのではと、応募して採用されました。実際二日間仕事した感想ですが、兎に角暇の一言につきます。 [続きを読む]
  • 何もする事の無い仕事。
  • 昨日始めた仕事は、来年の3月末までの、冬場だけのボイラーの暖房の仕事です。小さなビルで常駐のビル管理の人は居ず、月に何回か巡回点検で担当の人が回って来る様なビルです。 私の仕事も純粋にボイラーだけを管理していれば良いようです。朝一にボイラーを立ち上げ、時間にあわせて、順次空調機を動かせば、それで作業は終わりという感じです。 ボイラーを立ち上げるといっても、ボイラーのガスの元栓を開いて、ボイ [続きを読む]
  • いよいよ、明日から仕事です。
  • 明日から仕事です。過去のツイッターを見ると、面接を受けた日は10月の11日で、採用の知らせがあったのが、10月の31日でした。 面接を受けた時も、採用の連絡があった時も、まだまだ先の事と思っていて、現実味がありませんでしたが、ここ数日前から、徐々にまた働くのだというプレッシャーが、強くなってきました。今は明日の事を考えるだけで、緊張してきて、少し胃が痛く感じてきました。寝不足で明日の仕事に差し [続きを読む]
  • ウォーキング用の靴を買いました。
  • 今日靴を買いに行きました。 ウォーキング用の靴を買いました。今ウォーキング用に履いている靴はかなりくたびれて来たので、今日買いに行きました。 今はいている靴は今まで履いていた靴に比べると、それ程長くは履いてませんが、もう、くてびれてしまい、そろそろ、買い替えの時期になってしまいました。 今思う事は、靴は値段に比例して長持ちする様な気がします。 安い靴は早くくたびれてしまい、頻繁に買 [続きを読む]
  • そろそろ早起きしないと。
  • まだまだ先と思っていた、新しく働き出す会社も、来週の月曜日とせまって来ました。 そろそろ早寝早起きしないと、と思います。私の散歩道からいつも長期間働かずにいてから働き出した時は、働いていない時に遅寝、遅起きの習慣が身についてしまい、働き出した時、特に初日など、寝不足でボーっとしてしまい、苦労するので、今回は出来るだけ、そんなふうにならない様、今日から、早寝早起きする様にして、勤務初日から寝不足 [続きを読む]