bottis さん プロフィール

  •  
bottisさん: ギターと二人ぼっち日記
ハンドル名bottis さん
ブログタイトルギターと二人ぼっち日記
ブログURLhttps://ameblo.jp/bottis3501/
サイト紹介文対人関係が苦手で現在ほとんど話せる人もいませんが、日々感じた事を綴ってます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供45回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2011/09/30 19:59

bottis さんのブログ記事

  • 今練習している曲です。
  • 今私がYouTubeにアップしようと練習している曲は、カルリのエチュードとソルのワルツが2曲とアンダンティーノ、クラシックギターのオリジナル曲以外から、オーラ・リー、そしてラリアーネ祭りです。                                    ラリアーネ祭り以外は初級程度の易しい曲を練習しています。若い頃はもっと上手くなりたいと思う気持ちが強く、難しい曲にチャレンジする事ばかりで、とても [続きを読む]
  • 開放弦の処理(消音)
  • 最初に新しい曲に取り組む時、譜面を見ながら左手で弦を押さえ、右手で音を正確に出すことに一生懸命になってしまいます。でもほとんど気にせず見落としてしまいがちですが、ある程度弾ける様になってくると、気になるのが、開放弦の弾きっぱなしです。音を消さず残ってしまい、次の和音の音をにごしてしまうことが後になって気になってきます。休止符があると、意識的に止めなくてはと思うのですが、開放弦からレガートに次の音に [続きを読む]
  • ラリアーネ祭り練習状況。
  • ラリアーネ祭り、やはり思う様には上達しません。難しい箇所もスピード落としすぎに思います。 この部分を正確に弾こうと思えば、どうしてもこれくらいのテンポになってしまいます。この部分です↓もう少し他の箇所と差がないようにスピード落とし過ぎないようにと思います。私の練習状況の音源です↓https://www.dropbox.com/s/cao44urblto851m/170704_03.MP3?dl=0 かなりこの曲練習したので、特にトレモロ部分は暗譜しようと思わ [続きを読む]
  • 退屈で気が滅入ってくる梅雨、そして真夏。
  • 今年の4月の頭から働いていませんが、朝起きて朝食後、ギターを弾いて、そして昼前後からウォーキング、というパターンで過ごしてきました。ギターの練習が2時間くらい、そしてウォーキングが3時間くらい、そうすれば昼間退屈することはほとんどありません。でも今の梅雨の時期になると、どうしてもウォーキングすることが億劫になってしまい、ほとんど家から出歩くということが無くなってしまします。梅雨のじきは雨が降ってな [続きを読む]
  • 退屈で気が滅入ってくる梅雨、そして真夏。
  • 今年の4月の頭から働いていませんが、朝起きて朝食後、ギターを弾いて、そして昼前後からウォーキング。ギターの練習が2時間くらい、そしてウォーキングが3時間くらい、そうすれば昼間退屈することはほとんどありません。でも今の梅雨の時期になると、どうしてもウォーキングすることが億劫になってしまい、ほとんど家から出歩くということが無くなってしまします。梅雨のじきは雨が降ってなくても、どんよりと曇った空、そして [続きを読む]
  • ゆったりとした落ち着いた演奏がしたい。
  • 先日カルリのエチュードをYouTubeにアップしました。この曲はアレグレットの指定なので、それ程違和感を感じませんが、私の演奏を自分で聞いてみて、いつも思うことなのですが、セカセカと焦って曲を弾いてしまっているように感じます。私の普段の心が演奏にも反映されている気がします。いつも何かに追われている気がして、ゆったりとした気分でいる事が出来ません。最近は見なくなりましたが、以前は夢でよく何かに追われていて [続きを読む]
  • 今はリアルリタイア生活?
  • 今年の3月末で冬場だけの暖房ボイラーの運転管理の仕事を終えて、まる3か月が過ぎました。もうハローワークの求人もフルタイムの仕事は応募する気になれず、週二、三日のパートの仕事を探してますが、中々ビルの設備管理で、そのような仕事は見つからず、今に至ってます。去年までの仕事を探していた時の事を思うと、こんなに週二、三日のパート勤務の仕事って少なかったかな・・・?、と首をかしげたくなる位少ないです。迷わず、 [続きを読む]
  • カルリ45のエチュード
  • 今、何曲か練習していますが、次にYouTubeにアップ出来そうな曲は、カルリの45のエチュードから、No.27(allegretto)が一番早いかなと今は思っています。このエチュード曲集は私が若い頃数年ギター教室に通っていた頃使用していたものです。もう35年くらい前の事です。当時500円で売られていましたが、今も売られていて、現在消費税込みで1080円で売られています。35年で物価は二倍になったということでしょうか?一概には言えない [続きを読む]
  • トレモロ i(人差し指)までしっかり弾く
  • ラリアーネ祭の私の練習の録音を聞いて、前回ブログに書いた部分以外にも弾けてない所がありました。この部分です。i(人差し指)まで弾ききっていないのに、左手を押さえ変えようとして、トレモロの最後のiの音がでていないように思いました。2弦のレを抑えている左手の4指が右手のトレモロを弾いているi(人差し指)が弾ききる前に4指をはなしているように思います。次の②弦のドの音も同じように左手の1指(人差し指)も同じように [続きを読む]
  • 左手の押さえが苦手
  • ラリアーネ祭、とりあえず第二変奏のトレモロ部分から練習始めました。というのもこの部分が私にとって一番難しく、速く弾けないからです。とりあえず、トレモロをゆっくりしたテンポで弾いて、徐々にテンポを上げて、最後はテーマの部分を私が自然に感じる速さと同じテンポで変奏も弾けるのを目標に練習していきたいと思います。とは言えゆっくりでも、私は人一倍左の押さえが苦手で、この部分が上手く押さえられません。この部分 [続きを読む]
  • 「ラリアーネ祭」に挑戦
  • 先日N.パガニーニ作曲の「室内の小品」の演奏をYouTubeにアップしました。YouTubeにアップした私の演奏です。この曲は後半トレモロ奏法で弾く曲ですが、自分が思っていたより、トレモロの部分が速いテンポできれいに弾けていました。自分が勝手にそう思っているだけかもしれませんが(笑)・・・?。それに気を良くしてというわけでもないですが、トレモロの曲をもっと弾いてみたくなりました。トレモロの曲といえば、F.タルレガの [続きを読む]
  • タルレガ作曲のメヌエットのテンポ遅すぎ?
  • F.タルレガ作曲のメヌエットがかなり仕上がってきて、そこそこミスの無い演奏が録音出来たので、YouTubeにアップしようと思いました。でも、他の人の演奏も一応聞いてみてからにしようと思い、YouTubeの他の人の演奏を聴いてみた所、みんなとてもテンポが速いです。独学で練習しているので、この曲をどのくらいのテンポで弾けば良いのかよくわかりません。そして、私の演奏のテンポでも良いのか判断できません。兎に角言えることは [続きを読む]
  • 久しぶりにブログ更新
  • ブログ長く更新していません。あまりにも変化の無い同じ事の繰り返しの生活で、結局同じ内容の事を繰り返し書いてしまうことなってしまい、それ以外目新しいことを書くことが出来ず、ブログを更新することをためらってしまい、更新出来ずじまいでした。でも、もしかしたら最近毎日の様に練習しているクラシックギターの練習日記のようなものを書けば、それなりに書けるのではと思い立ちました。書けるかどうかまだかわかりませんが [続きを読む]
  • 刺激を求めて思考はねつ造する?
  • 私はたとえば人からちょっとした嫌なことを言われると、後から何回も思い出してはどんどん嫌な気分になっていくイヤなクセがあります。今までいろんな方法を考えそのイヤな習慣を是正しようと試みましたが、ことごとく失敗に終わりました。そして今もそんな状態が続いています。でも、その事について書かれた書籍やネットのホームページ等を見ているうちに気付いたのですが、人の心は元々より強い刺激を求めていて、そのようなこと [続きを読む]
  • 心ここにあらずを是正
  • 私が嫌なことを考えどんどん負のスパイルに落ちいってしまうことの根本原因は一言でいえば、「心ここにあらず」という状態が普段から日常化しすぎているの為ではないかと思います。 食事している時、ギターを弾いている時、ウォーキングしている時等々でも、そして何をしている時でも、日常のほとんどの時間ぼーっと考え事をしている気がします。 逆に言えば考え事に没頭しているということでしょうが、結局それが良くないようです。 [続きを読む]
  • 嫌な思考をとめる練習
  • 私は嫌なことを思い出すとその事で頭がいっぱいになり、何度もそのことを繰り返し思い出し、どんどん嫌な気持ちになっていくことがたびたびあります。 そしてその嫌な状態が何日も続くという、とても辛い状態になります。 特に嫌な人から言われたイヤな言葉を思い出すと、その相手と頭の中の妄想で口げんかを始めてしまい、どんどん負のスパイルに落ちいってしまい、とても辛い日々を送ってしまうということがしばしばありました。 [続きを読む]
  • 心を健康に
  • 以前読んだ本に人は体の健康にはとても気をつける人が多いのに、心の健康には無頓着な人が多いと書かれていました。 そう意味で言えば私もその一人かもしれません。 私も体の健康には、今はお酒も飲む量をとても気にしますし、食事も食べるものを出来るだけ健康に良いものを取るよう心がけていますし、運動も出来るだけ毎日ウォーキングするようとても気を使っています。 でも心に関してはあまり気をつけていなかったかもしれませ [続きを読む]
  • 幸せの青い鳥は心の中に
  • 「青い鳥」という童話がありますが、私はこの話しを詳しくは知りませんが、幸せの青い鳥を探しに遠くへ旅にでるものの、結局旅では見つけられず帰って来ると、自分の家の中に居たという様な話だったと思います。 結局幸せは遠くにあるものでは無く、自分のすぐ身近にあるもので、中々気づかないものだという教えだと思います。自分の心を幸福にするという意味でいえば、どこか遠くへ幸福にしてくれる所へ、わざわざ探しに出かける [続きを読む]
  • 孤高心安(ここう うらやす)
  • 「弧高心安」は私が勝手に弧高という言葉と心安という言葉をくっつけて、四字熟語のようにしたものです。 私が思う弧高とはイメージとして、高見から人の生活を傍観するように見て接し、ほとんど直接的には人付き合いをせず、日々を暮らすというような意味での弧高です。 たとえば例を上げると、昔、著者でバードウォッチングならぬ、人間ウォッチングが好きという人がいましたが、ただ道行く人を眺め、その人の身なりや雰 [続きを読む]
  • 孤雲のように
  • 中学生の頃だったでしょうか? ある晴れた日、空を見上げると、私の頭の真上位に雲がぽつんと一かけらありました。 その雲がとても低い位置にあり、私はその雲が下界の私達の生活を見に、低い位置まで降りて来たように、雲を擬人化して妄想しました。 その雲が気になり、しばらく上空を見上げていました。 雲は風に流され、徐々に私のそばから離れて行きました。なぜか私はあの雲になりたいと、無意識にそう感 [続きを読む]
  • 超内向型人間に合う生き方をする。
  • 「内向型を強みにする」という本を読みだしました。この本を読みだして、私は内向だと再認識しました。 それも、超が三つも四つも付く位の超内向型だと思います。 そう自慢できることではないかもしれませんが、超々々々内向型だと自負できる位,私は内向型だと思います。 この著書にもあるように内向型である私は、若い頃自分はおかしな人というコンプレックスがありとても悩みました。 でも結局、この世はこ [続きを読む]
  • 一方的に話して、人の話を聞かない人はもう結構です。
  • 前回ブログで書いた、「自慢しい」のほら吹き警備員さん、前々回の私の勤務の時にまた会う羽目になりました。 もういくら上の警備員室に誘われても行かないと決めていた私は、行く事はありませんでした。 でも何回も私の居る機械室に降りて来ては、やれコーヒー入れるから上がってこいや、やれ弁当食べるから一緒に食べよう等、何回も私の居てる機械室に降りて来ました。 うっとうしいなぁと思いつつも、いい加減に返 [続きを読む]
  • また、自慢話ばかりする人と出会いました。
  • 今働いている職場の警備員さんの一人ですが、一見ニコニコと人良さそうに振る舞いますが、実は自分の言いたい事ばかり言って、相手の言う事は全く耳を傾けないという感じの人です。 私も最初会った時は、まだ2回目の勤務で様子もよく解らなかったので、その警備員さんにニコニコと親切そうに、「ここ(地下の機械室)に居ても暇じゃろう、上にはテレビもあるし、コーヒーもいれるから、上でゆっくりしたら良い」等と言われ、言 [続きを読む]
  • 公共施設のビル管理は楽?
  • 私は長年ビルの設備管理の仕事に携わり、多くの会社を転々としてきました。 そして、公共の建物は今回で2回目ですが、私の数少ない経験からいうと、公共の建物のビル管理(設備管理)は、民間の建物に比べて、とても楽な気がします。 公務員がそんな感じがある為か、あなたの職務は○○となると、それのみをしてれば良いとなる感じの様な気がします。 そんな理由の為か、今回私はボイラーの運転管理で雇われているの [続きを読む]
  • 些細な一言が大きな怒りへ。
  • 私はほとんど人と話しません。 話さないと言うよりは、話せないと言った方が正確かもしれませんが。 そんな事もあり、いつも一人で頭の中で色々思考しているというか、自答自問している感じで、いつも、自分と対話しているという感じです。 普段は楽しい事でも妄想していれば、良い気分でいる事が出来るのですが。 でも嫌な事があれば、たちまちその事に思考が集中してしまい、心の中がその事で一杯になって、 [続きを読む]