yuka_non さん プロフィール

  •  
yuka_nonさん: みなみ風の吹く場所。
ハンドル名yuka_non さん
ブログタイトルみなみ風の吹く場所。
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/yuka98624-minami822/
サイト紹介文2011.8生まれの娘の成長記。21番目の染色体をひとつ多くもってやってきました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供212回 / 365日(平均4.1回/週) - 参加 2011/10/01 01:27

yuka_non さんのブログ記事

  • 5歳9カ月。
  • みなみ、5歳9カ月になりました。身長 103センチ 15.6キロ抱っこすると、ずっしり重くなったなぁ・・・と思うものの体重はあまり増えておらず。身長だけが、じりじりと伸びております。何か、ちょっとしたみなみの買い物をすれば「これ、みなみのために? ありがとう!!」幼稚園のバス待ちの時には「ママ大好きよ。ずっと一緒だよ」と言って母を見上げぎゅーーっと抱きついてきたり。親の喜ぶツボを、ちょいちょい押してきま [続きを読む]
  • 大号泣。
  • 昨日のこと。外で夕飯も終わり、家路を急ぐ・・・途中からみなみ氏、謎の大号泣。「もうだめ、帰らない、ここにいるー」と道で泣きごねる。さっきまで「うちに帰りたい」と言っていたのに今度は、帰りたくない、とな。ばばが待っているよー、と言ってもダメ。家の敷地に入ったところで、座り込みなみを放置して木の影からのぞいていると、泣きながら玄関に入り今度は玄関の隅で、大号泣。最終的には、泣きつかれたらしく「涙は、知 [続きを読む]
  • 観覧車。
  • マザー牧場でのこと。入園ゲートに向かって歩いていたみなみ。ふと振り向いた時、目に飛び込んできたのは・・・・観覧車。「怖い〜、誰か、誰か、抱っこしてーーーっ」突如として走りだす。しかも、結構早い。(こんなに早く走れるなら、運動会で発揮せよ)そして、誰か抱っこ・・・って、誰でもいいのか。みなみは、観覧車が苦手だ。(4年前ここで乗ったにも関らず)観覧車方面の道へは、基本的に激しく抵抗する。そういえば沖縄 [続きを読む]
  • マザー牧場、再び。
  • 約4年ぶりに、マザー牧場へ。(前回の様子はこちら)羊ぐるぐる。最初は、羊たちを怖がったものの途中、手から餌をあげてみたりも。「みなみはー、くろいお顔のひつじは、にがてなの・・・」。もしかして、俺のこと?キュートなアルパカと、アルパカレー。以前と同じ場所に行き、みなみの成長を感じることは嬉しくて、楽しい。次回は、馬に乗れるといいね。 [続きを読む]
  • 旅育。
  • 旅育、という言葉があるらしい。これまで、いろいろな場所をみなみと旅したが確かに旅に出ると、みなみの「出来る」ことが増える。たぶんこれは、既に出来るようになっているけれど日常生活ではなかなか披露する場がなかった技(?)が「旅」という非日常の場にて、初めてスポットが当たる・・・・ということではないかな。さて、今回の旅で、みなみが出来るようになったことといえば、沖縄ならではの料理を食すこと。ソーキそば、 [続きを読む]
  • おたま。
  • 夜、寝室に向かうみなみの手には、なぜか「おたま」。寝るのに、おたまが要るのか?と問うと「これがいるの。これ、使うの!」と、かなり強気。昼間の出来事なのか、見たアニメの中なのか何のどの部分が影響して、こうなっているのか皆目見当がつかず。しかし、見聞を全て把握していた、赤ちゃん時代とは違い母の知らないみなみの時間は、今や沢山あるのだ。暫くして寝室を覗きに行くと、例のおたまは母の枕の上に、そっと置かれて [続きを読む]
  • まま。
  • 沖縄旅行中も、みなみは熱心に何かを書いていた。「みて、みてー」と誘うので、覗いてみると「まま、って書いたよ」うほー!ちゃんと「ま」って読める。凄い、凄いと褒めあげると「でも、あ、にも似てる」と謙遜するではないか。話し言葉は「ぱぱ」が先だった気がするが書いたのは「まま」が先だね。これは即ち、母の勝ちってことかな。少し早めの母の日、ってことで有難く頂戴しよう。額に入れて、飾るかな。 [続きを読む]
  • 那覇へ。
  • 那覇で、のんびり3日間を過ごした我が家。到着後の食事から、沖縄そばとオリオンビールは常に。ビールを飲むと眠くなり、家族3人で昼寝・・・そんな日々。初めて訪れた、瀬長島「ウミカジテラス」2年ほど前に出来たらしく、大人気のスポットらしい。ただ飲食店が多すぎて、もう少し雑貨店とか子供も嬉しいお店とかあればいいのになぁ。今後に期待。今回海にも行っておらず、みなみにとって沖縄ならではの思い出は実はあまりない [続きを読む]
  • 音声検索。
  • みなみは、相変わらずティンカーベルが大好き。YouTubeで、動画を一生けん命探すのだけどティンカーベルは、それほど沢山はなく。字幕版を出すと「英語だめ、日本語がいいの!」。最近はリクエストが難しく、あれダメ、これダメが多いのでちょっと面倒くさい。母の心が伝わったのか、自ら音声検索に挑戦することにした、みなみ。「てぃんかーべるとつきのいし にほんご」検索キーワードに「にほんご」を盛り込んできた。いまどき [続きを読む]
  • 先廻り。
  • 出かける用意をしていたら、玄関から母を呼ぶみなみの声。「ママ、はやく!行くよー」慌てて玄関へ向かうと母のリュックを背負い、母のハイカットを履いていた。なかなか様になっていてビックリ。母が、荷物と靴を取り返し装着している間に今度は、じょうろで水やりをしていた。母がじょうろを片づけ、家の鍵をかけている間には箒と散りとりを出してきて、履き掃除をしていた。今日は、妙に先廻りされている感あり。これまで幼稚園 [続きを読む]
  • う、って書くから。
  • ひらがな書きへの意欲が、なかなか向かないみなみ。やろうよ、と勧めても「だめだめ」ばかり。そんなある日。「ままー、みなみ、"う"って書くから、みてみてー」突然の「う」を書く宣言。こうなると、全家事をストップさせてでもみなみの「う」を見届けなくてはならない。10回ほどのなぞり書き終了。続いてみなみが、氏名の欄も記入しようとするのでなまえも書けるようになったの?と問えば。「そうなの!!」物凄く得意気な感じで [続きを読む]
  • 甘えモード。
  • 母入院中は何かと頑張り、その後インフルとも対峙したみなみ。その反動であろう、甘えモード全開の日々に突入。確実に出来ることも「できない、できない、できないよー!!!」「だめ、だめ、むり〜!!!」を連発。公園に行きたいといい、やってきたのに「ダメ」と言って、座りこむ。仕方ないので、傍らで母は春を楽しむ。帰る直前やっとご機嫌を直し、木とトーク。(特殊能力?)大人からすると、もうー甘えて!となるのだけどみ [続きを読む]
  • プリンセスっぽい。
  • 起きたままの、まだ寝間着で頭もぼさぼさのまま姿見を覗いていた、みなみ。鏡に映るわが身を見つめながら「プリンセスっぽく、なってきた!!」と言うので、どのあたりが? と訊ねてみる。「ぜんぶ!!」突っ込みどころ満載で、母、言葉が続かない。平和な休日の朝。お掃除姿が、お姉さんっぽくなった。プリンセスっぽくはないけど。 [続きを読む]
  • 続々、母のこと。
  • 母、今年に入って病を得ました。入院・手術・リハビリ・・・と続き、人生の経験値がまたもや、急速に増えました。診断を聞いた時、世間に聞くほどのショックが実はなく。きっと、みなみと過ごしてきた6年近い日々が母のハートも、少し強くしてくれたのだろうなぁと。そんな思いを、別の場所にしたためてみることに。もしよろしければ、こちらもお付き合いください。「日日是好日 みなみ風とともに」どんな時も、我が家にはみなみ [続きを読む]
  • 絵本を見て塗る。
  • インフルによる引きこもり期間も、あと一日。最終日は、ティンカーベルのおはなし塗り絵を。これまで、塗り絵は自由に好き勝手に塗っていたみなみ。今日は絵本を見ながら、本来の色を塗っていく。ティンクの髪の色は何色かな?と問えば黄色のクーピーを取り出して「きんぱつ」へぇ〜金髪ってコトバ、知ってるんだ。ティンクの洋服は黄緑、髪の毛は黄色で。クラオン女王は黄色、他の妖精も絵本の色を意識して塗っておりました。これ [続きを読む]
  • 猫マステと、お絵描き。
  • 引きこもり4日目。室内遊びも、そろそろ飽きております。bandeというメーカーが出している、猫さんマステ。マステなんだけど、ロール状に繋がっていなくて一枚、一枚剥がして使う。顔、洋服、足の組み合わせで、着せ替え的な遊びが出来る商品で、みなみが喜びそうだと思い入手。お家の絵と、猫さんたち。(家は、もちろん母の加筆あり)みなみと遊びつつ、実は母が楽しかったりする。残念ながら、一枚一枚を綺麗にロールからはがす [続きを読む]
  • 思いがけなく、続・春休み。
  • 母が入院している間に、春休みは終わりみなみは年長さんに進級。でも、もう少し一緒に春休みを楽しみたかったなぁなんて思っておりましたところ・・・。桜散歩をした翌日、みなみが熱を出し病院へ行くと、即「インフルエンザB型」確定。来週まで、登園禁止。図らずも願いが叶い、春休みが戻ってきました。だけど、どこへも出かけられない残念な春休み。ブブブっ。現在は、熱も下がり、うちの中で忙しく遊び中。よしあと4日、頑張 [続きを読む]
  • 苦い、を知る。
  • インフルエンザ感染ということで、みなみ氏タミフルを服用中。普段なら、母が薬を飲ませて嫌がったとしても家人が「飲もうね」と言うと、しぶしぶ飲む、みなみ。しかし昨夜は違い、激しく抵抗。「だめー!!!」「むりー!!」「ダメダメダメダメ!!」涙と鼻水交じりで、連呼。そこへじじがやってきて「みーちゃん、苦くてもお薬のんでよ」おや?薬の嫌な部分が、みなみ自身説明できなかったところへ「苦い」なんて、新しい表現が投下され [続きを読む]
  • ラスト、高い、高い。
  • 母、入院前日のこと。花の咲いていそうな公園を探し、親子三人で花見。今回の入院で母は、右手側にぎゅっと重みがかかるものを持つことは、この先もやめたほうがいいと言われ。そんな訳で、入院前のこれがラスト高い、高い。みなみの重さからも、もうそろそろ・・・とは思っていたけどね。さよなら、高い、高い。さよなら、みなみの赤ちゃん時代。 [続きを読む]
  • みなみ節。
  • 満開の時期は過ぎてしまいましたが、どうしても桜並木が見たくて、みなみと桜散歩。例年歩いて見に行く場所だけど、今日は疲れた様子。夕食前に、涙をぽろぽろこぼして「もうやだ、ごはんたべない、ねるー」ご飯少しでも食べたら、と言っても大号泣。母がいない間、世話をしてくれたババ二人に聞いたのは泣きもせず、いつも以上にいい子だった話ばかり。でも本当は何かが溜まっていて、それが今、溢れてきたのかな。暫くすると、涙 [続きを読む]
  • 母、退院。
  • さて、続・母のこと。一週間あまりの入院から、自宅に戻ってきました。途中、何度かお見舞いにきてくれたみなみ。母は嬉しくてぎゅーぎゅーしたかったのだけど病院のレンタル寝間着姿の母に抵抗があるのか近くに寄ってこない。しかも「お家、帰ろう」やたらと帰りたがる。そのくせ、欲しい作品名を正確に告げ「買って !」DVDをねだるだるだけねだり、去っていく。さみしーと思いつつ、母、病院からアマゾンでポチリ。そんな日々で [続きを読む]
  • 先輩の意見。
  • さて、少しばかり母のことを。実は明日より、母はちょっと病院に泊まって参ります。俗にいう「入院」ってやつです。これまで大きな病気ひとつせず、元気が取り柄だったので自分が入院? ええーっ? と未だ信じられない気持ち。でもこうなったら、さっさと終わらせちゃいましょう。約一週間、お留守番のみなみ氏。母としばし離れるのはどうかと問うてみると「ちょっと、こまる」。ちょっとなんだ・・・。しかも、寂しいじゃなくて「困 [続きを読む]
  • 偶然からの、午後。
  • 電車に乗ると、同じ車両に沿線に住むババ(母の実母)が乗っていた。いくら沿線といっても、なんの約束もなく10分おきに運行する電車の同じ車両とは。びっくり。行先も同じ駅だったので、一緒に讃岐うどんを食す。みーは、お握り一個ペロリと食べた後、母のうどんを沢山奪って食べる、食べる。ご飯の後は、本来の目的ST(言語療法)へ。世間ではカラオケ、と呼ばれているものです。みなみは、直前になって「音がうるさいから、行かない [続きを読む]
  • 想像力。
  • みなみの姿がリビングにない、と思ったら隠れ家(寝室のベッドの上)で、ひとり遊んでいた。「池(※水色の掛け布団)で泳いでいるー」とのこと。泳ぐというより、溺れてる・・・。これを「まぁ、大変!!」と大袈裟な救出劇をしてあげるとケラケラ笑って大喜び。もう一回やってーが止まらなくなるので、要注意。ちなみに花柄の掛け布団は、公園のお花畑だとか。時には、小さなプリンセスソフィアの登場人物とピクニックしたり、パレード [続きを読む]
  • しあわせよ〜。
  • みなみは、歌が大好き。♪たのしー たのしー しあわせよ〜自作の幸せそうな歌を延々と歌っていたりも。泣いたり(最近は計算ずくの女子泣きも)、プンプンしたり寝そべったり、背後からべたべたしてきたり、大笑いしたり。一日中忙しい、みなみ。最近は、いろいろな部分で行動に安定感が出てきてお姉さんになったな、と思う。そんなみなみを見ていると、母もしあわせよ〜 [続きを読む]