ouna さん プロフィール

  •  
ounaさん: 月に昇るその日まで
ハンドル名ouna さん
ブログタイトル月に昇るその日まで
ブログURLhttp://stop-ouna.jugem.jp/
サイト紹介文月に昇るその日まで、植物・動物、自作の絵、旅行のことなど綴ります。。。
自由文ブログ・竹取物語のかぐや姫。
月に昇らずouna になって、日々思い出綴りに頑張っています。
いつまで頑張ることができるでしょうか?
応援よろしくお願いいたします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供58回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2011/10/01 10:19

ouna さんのブログ記事

  • * 秋の蓮 *の絵 ・・頑張らないと!! 趣味で描いた絵の整理・・
  • JUGEMテーマ:アート・デザイン. * 秋の蓮 の絵 * 水彩画不透明水彩絵具(ガッシュ) 水彩紙 木製パネル張り F 50号 ouna 作 2003年10月 夏は「蓮の花」、秋は「破れ蓮」、冬は「枯れ蓮」と「蓮根」を描いた内の「秋の蓮」。青々した葉と美しい花で、清々しい雰囲気を出していた夏の蓮も、秋の訪れで破れ蓮に。。。 長い間、仕舞っていた未熟な絵で恥ずかしいですが、試行錯誤しながら描いたのを思い出す。今なら、たぶん違 [続きを読む]
  • 枯れ蓮 ・・ 痛ましく哀れな姿なれど趣ありて ・・
  • JUGEMテーマ:植物. 夏の盛りの早朝に、仏の化身かと思われる清々しい花を咲かせる蓮(はす)ですが。蓮池辺りの木々が紅葉する頃、役目を果たした葉・葉柄は、自然に身を任せて痛ましく哀れな姿に・・・ そんな、枯れ蓮の姿に趣を感じて虜になり、、、訪れる人も少ない静寂の中で、黙々とスケッチしたことを思い出す。 ** 枯れ蓮の姿 いろいろ ** ・・ 見渡した枯れ蓮の姿 ・・ 花の時期には賑わった東屋に人影はもうない [続きを読む]
  • はちす・はす(ハス) ** 万葉植物 **
  • はちす・はす(ハス) 万葉仮名 ・・ 蓮 ・・ ひさかたの雨も降らぬか蓮葉(はちすば)に溜まれる水の玉に似たる見む 万葉集 [巻十六 3837] 「雨でも降らないかなあ、蓮の葉に 溜まった水が玉のようにきらめくのを見たいからな」、 と酒宴の席で食べ物が盛られていたハスの葉を見て、即興的に歌われたもの。 「ハスの葉に溜まった水が玉のようにきらめく」と歌った感性豊かな詠み人 [続きを読む]
  • 我が庭の梅の木 * ウメ輪紋病の調査 * と * 梅の収穫 * 2017
  • JUGEMテーマ:植物. ** ウメ輪紋病の調査 ** 5月26日(金)、今年も庭の梅の木2本がウメ輪紋病の調査を受けました。2013年ごろから、緊急防除の防除区域内なので、毎年調査に協力しています。調査結果は「陰性」、梅輪紋病には感染していませんでした。 ウメ輪紋病は、ウメ輪紋ウイルスという植物に感染するウイルスが原因の病気。感染していた場合、現時点で効果のある農薬はないそうです。感染している、または感染しているお [続きを読む]
  • ガクアジサイの *花びら* かじったのは 何者だろう!? 
  • JUGEMテーマ:植物. 花びら かじられた ガクアジサイ 2017.06.15 2017.06.15 かじられる前のガクアジサイ 2017.06.11 我が庭のガクアジサイの花びらが、何者かにかじられた。かじられた跡は、丸くきれいに切り取られている感じで、、、芸術的よ。 「あぢさゐ(アジサイ)** 万葉植物 ** 前編」 のブログ記事の準備中の出来事。 我が庭のガクアジサイの写真2枚目は、中心の両性花が咲いたのを撮ろうと思っていた。1枚目は6 [続きを読む]
  • あぢさゐ(アジサイ) ** 万葉植物 ** 後編
  • あぢさゐ(アジサイ) あぢさゐ(アジサイ)** 万葉植物 ** 前編 からの続きです。 アジサイは、日本原産の植物で、奈良時代には万葉集にわずか2首だけ詠まれている。けれど、平安時代の古今和歌集・枕草子・源氏物語には全く登場していないようです。平安時代の末期に和歌3首があるのですが、花としての人気がほとんどない時代が続く。。。 ** 園芸種と歴史 ** 鎌倉時代以降は、園芸品種としても栽培されるようになった [続きを読む]
  • あぢさゐ(アジサイ)** 万葉植物 ** 前編
  • あぢさゐ(アジサイ) 万葉仮名 ・・ 味狭藍 安治佐為 ・・ なぜでしょうか? あじさいは万葉集には、わずか2首しか詠まれていません。 万葉時代のあじさいは、日本に自生の原種、素朴な感じのガクアジサイとかヤマアジサイでしょう。 2首の歌のあじさいの花に寄せる思いは、まるで違っています。 下記の解釈には、ouna の独断と偏見の部分がありますが・・・m( ̄ー ̄)m あぢさゐの [続きを読む]
  • ゆり(ヤマユリ)** 万葉植物 **
  • ゆり(ヤマユリ) 万葉仮名 ・・ 由利 百合 ・・ 道の辺の草深百合の花笑みに笑みしがからに妻と言ふべしや 万葉集 [巻七 1257] 「百合(ゆり)」は、ユリ類の総称。万葉集では11首が詠まれているが、主に詠まれているのは、ヤマユリ・ササユリとか。 百合の花は容姿の気高さ、清楚さ、芳香で人々に愛されている。・・・歩く姿は百合の花・・・ 名の由来は、大きな花が風に「ゆる」、あるいは球根の鱗片が「より」重なるところ [続きを読む]
  • むらさき(ムラサキ) ** 万葉植物 **
  • むらさき(ムラサキ) 万葉仮名 ・・ 紫草 紫 牟良佐伎 ・・ 託馬野に生ふる紫草衣に染めいまだ着ずして色に出でにけり 笠女郎 万葉集 [巻三 395] この歌は、笠女郎が大伴家持に贈ったもの。「託馬野に生えた紫草を着物に染めつけ、まだ着てもいないのに、人に知られてしまいました」紫草になぞらえて「恋の思いが実を結ばないうちに、他人に知られてしまった」という気持ちを詠んだ歌。 5月12日(金)ずっと以前にも訪ねた [続きを読む]
  • *赤いバラ*白いバラ*つるバラ*咲いた〜けど新旧交代の時期かな〜
  • JUGEMテーマ:バラの咲く庭. 我が家の狭いバラ花壇で、今年も okina が丹精の赤いバラ・白いバラ・つるバラが咲いた。。。20年ほど前に、バラ展で美しいバラに魅せられた okina、品種別に5株の苗木を植えた。それぞれが美しい花を咲かせて、切り花で部屋を飾ったり、絵のモデルになったりした。赤色・黄色の品種は、何年後かに枯らしてしまった。現在も残っているのは、白バラ「パスカリ」だけ。 つるバラ「春霞」は、昨年春まで [続きを読む]