競馬必勝予想 さん プロフィール

  •  
競馬必勝予想さん: 競馬で月収30万円を稼ぐ競馬好き男の競馬予想ブログ
ハンドル名競馬必勝予想 さん
ブログタイトル競馬で月収30万円を稼ぐ競馬好き男の競馬予想ブログ
ブログURLhttp://ameblo.jp/keibahissyouyosou/
サイト紹介文馬券で月収30万円を稼ぐ「ゼブラーマン」、「さんぺい」二人によるよく当たる競馬予想ブログです!
自由文類まれなる記憶力で過去のレース記録から勝てる馬のみを導き出し、ずば抜けた的中率をただき出す男「ゼブラーマン」、ただひたすら『勘』だけを頼りに、人の予想に乗っかり馬券を組み立てる邪道予想の『さんぺい』!二人による、本当によく当たる競馬予想ブログです!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供564回 / 365日(平均10.8回/週) - 参加 2011/10/01 18:24

競馬必勝予想 さんのブログ記事

  • 【さんぺい】宝塚記念は3点で勝負か?!
  • こんにちは、さんぺいです。 今週は、木曜日に スポーツ報知を買いそびれてしまいました。。。 なので、報知の調教ベスト3が わからないまま、宝塚記念を買うしかないです。 ただ、ゼブラーマンも書いてましたが やっぱりキタサンブラックは 強そうですね!! 細江純子さんも夕刊フジのコラムで キタサンブラックを絶賛してました。 細江さんは、他に 8ミッキークイーン、 2ゴールドアクターの2頭で、 馬場がぐちゃぐちゃな [続きを読む]
  • 宝塚記念最終決断
  • こんにちは、ゼブラーマンです 宝塚記念の最終決断です まず、阪神競馬場は降雨により昨日までの高速化は避けられそうです 展開はというと、今回は逃げ馬が完全にいない状況で、否応なしでもキタサンブラックが鼻に立つ状況でしょう 昨年の当レースと同様の稍重発表のままのレースとなりそうですので、昨年のレースを思い出し、参考にして馬券を組み立てたいと思っています 昨年の宝塚記念は、時計のかかるタフなコンディションで [続きを読む]
  • 紅一点〜宝塚記念有力馬考察その5
  • こんばんは、ゼブラーマンです 宝塚記念の有力馬考察の第五弾はミッキークイーンです 最近の宝塚記念のトレンドとしてディープ産駒の牝馬が抜群の相性を誇っています。活躍した馬は13年3着 ジュンテルドンナ14年3着 ヴィルシーナ15年2着 デニムアンドルビー同年 3着 ショウナンパンドラ16年1着 マリアライトと、4年連続で3着内を確保しています 今年出走の牝馬はミッキークイーンが唯一となりますが、ちゃん [続きを読む]
  • 今週のチャンプ〜宝塚記念好調教馬
  • こんにちは、ゼブラーマンです 宝塚記念の直前調教のチャンプはキタサンブラックです 横殴りの風と雨を力強く裂くようようにブレないフォームでぐんぐんと加速相変わらずの雄大なフットワークは健在で、余力十分とは思えない走りでしたとにかく力強く、まるで重戦車のようでした 他では、本番でも乗る浜中Jを背に、馬なりながら、全身を使った大きなフォームでいつもながらのいい動き。迫力満点で前走の不安を払拭するような走り [続きを読む]
  • 非根幹距離に強い馬?〜宝塚記念有力馬考察その3
  • こんばんは、ゼブラーマンです 宝塚記念の有力馬考察の第三弾はゴールドアクターです 春のグランプリも阪神コースも初出走ですが、中山における2500m、2200mと非根幹距離の強さのイメージのせいか今回は、ここ最近の中では一番期待してしまいます 前走の天皇賞も、スタートで後手を踏んでの敗退が要因でしょうが、距離も多少長かった気がします今回は距離短縮がいい方に出そうですし、中山と似ている阪神競馬場はいい方に [続きを読む]
  • G1、6回めの挑戦で悲願達成?〜宝塚記念有力馬考察その2
  • こんにちは、ゼブラーマンです 宝塚記念有力馬考察の第二弾はシュヴァルグランです 前走の天皇賞春の2着は、明らかに成長が見てとれる強い2着でしたその証拠に5度のキタサンブラックとの対決で、最も肉薄しました。 G1を取っていないのに、ファン投票3位という事は、最近のレースっぷりから”G1をとれる”というファンの期待のあらわれでしょう 今年の躍進ぶりを支えているのは全てにパワーアップしたのは間違いないですが [続きを読む]
  • どんどん強くなる〜宝塚記念有力馬考察第一弾
  • こんにちは、ゼブラーマンです 宝塚記念有力馬考察の第一弾はキタサンブラックです 前走の天皇杯春では驚きのレコードタイムを叩き出しました。その際さらに強さを感じ、さらにまだ凄い事ができそうな気さえしてきました。 今回もいつにも増して、死角無しの無双状態の出走となりそうです春3冠で報奨金の2億も、現実味が帯びてきました 大器晩成タイプのようで、馬体も厚みを増してきて、今まで目立っていた背丈の高さもあまり [続きを読む]
  • 少頭数ですが、中身は濃い〜宝塚記念有力馬
  • こんばんは、ゼブラーマンです 登録数が11頭と若干寂しい気もしますが出走メンバーは重賞ウイナー9頭内、G1馬4頭とメンバーは濃いと言っていでしょう かるーく有力馬を見てみましょう まずは、G15勝で、この春はG1を2連勝中のキタサンブラック今回のレースでは、まさに”不動の主役”です大阪杯がG1昇格した本年でいきなり春3冠達成がなるか?など、注目度でも主役です 他では、前走の天皇賞で、今までで最もキタサン [続きを読む]
  • サマーグランプリ〜宝塚記念攻略法
  • こんにちは、ゼブラーマンです 宝塚記念の行われる、阪神2200mの特徴は、内回りコースを使うため多くのコーナーをクリアしなくてはいけません。そのため、内側を通りたい心理から内馬場が荒れる事が多いので、内枠は特別のプラス材料ではありませんが、スタートから最初のコーナーの距離までが長く、2200m戦ともなると、常に外、外を回る馬も皆無なのでどちらかというと内枠が有利と言えます5枠の好成績が高いのもそんな [続きを読む]
  • 速かった(驚愕!!!)〜函館スプリングS回顧
  • こんにちは、ゼブラーマンです 函館スプリングSの回顧です 最終決断の際、タイムが例年よりも速い決着でつくのはわかっていましたが速すぎる決着は想像できなかったです まず、先頭を好スタートで切ったシュウジは馬の気分に任せるまま、自然とハナに立ちシュウジをマークする形でセイウンコウセイも2番手確保と、2頭共スピードで押し切ろうとしました。が、しかし前半の3Fが32.3とあまりに速すぎるペースでは、いくら直線の短 [続きを読む]
  • 函館スプリングS最終決断
  • こんにちは、ゼブラーマンです 函館スプリングSの最終決断です まず、土曜日の函館の馬場状況はとにかくいいタイムが出るものでした当レースと同条件のHTB杯で1.07.6のレコードを計時するなど、芝のレースは軒並み好時計でした 明確な逃げ馬がいないので、隊列と流れが読みにくいメンバー構成ですが、鼻を主張するのに有利な内からは、ダートを主戦としていますが、芝からスタートのレースでダッシュ力のあるノボバカラか、そして [続きを読む]
  • 今週のチャンプ〜函館スプリングS好調教馬
  • こんにちは、ゼブラーマンです 函館スプリングSの直前調教のチャンプはクリスマスです函館芝で追われていたので、本番さながらの動きに余計見えてしまう面はあるのですが馬自身が自覚しているような動きでした鞍上は手綱を抑えたままの馬なり状態の中直線の脚勢が全く衰える事がない走りは態勢は万全とみていいでしょう 他では、相変わらずの調教番長ぶりで、併せ馬の外から、ビュンという効果音が似合いそうな伸び脚で、時計面は [続きを読む]
  • 勢いNo.1〜函館スプリントS有力馬考察その4
  • こんばんは、ゼブラーマンです スプリント戦は(4、3、0、3)で全て4着以内ですまた鞍上の中谷雄Jとのコンビは(4、3、0、2)とまさに手の合うコンビです。 前走の鞍馬Sで、オープン初勝利をあげたばかりですが、最近の充実度は実績で見劣る分を補って余るものさえあるので、このメンバーの中でも引けを取らないでしょう この馬の最高のストロングポイントはなんと言っても非凡とも言える決め手でしょう あとは、初洋芝 [続きを読む]
  • 成長力がハンパない電撃王〜函館スプリントS有力馬考察その1
  • こんにちは、ゼブラーマンです 函館スプリントSの有力馬考察の第一弾はセイウンコウセイです 前走の高松宮記念では初重賞制覇を見事G1で飾りましたその前走では、稍重でパワーを要する馬場をもろともしない勝利だったので察するに、パワーを必要とする洋芝は合いそうです 陣営もここに早くから参戦を表明していて、夏のスプリント王を狙う訳では無く、このレースのみのスポット参戦で、その後は再び9月のスプリンターズS(G1) [続きを読む]
  • バリバリの現役G1馬の参戦で〜函館スプリントS有力馬
  • こんばんは、ゼブラーマンです 函館スプリンターズSの有力馬をざっと見てみたいと思います サマースプリントの第1戦にして函館の開幕戦でもあるので夏競馬も順調な勝ちをあげるためにスタートのここは是非とも勝利をあげたいところです まずは、スポット参戦ですが、高松宮記念を制して、当レース直行のセイウンコウセイです斤量面◎、洋芝適性◎(北海道は初参戦ですが、道悪巧者なのでO.Kだと思われます)当然、実力、格◎の今 [続きを読む]
  • 4年連続で10万馬券〜函館スプリントS攻略法
  • こんにちは、ゼブラーマンです 函館スプリントSの行われる函館1200mのコースは欧州で使われる緑が鮮やかな洋芝が使われているのが、大きな特徴です芝の根付きの関係で野芝より馬場が柔らかく、非常に時計がかかりますそのため、欧州血統やパワータイプの馬が活躍する傾向にあります スタートしてから3コーナー途中まで緩やかな上り坂が続く、スプリント戦ですが洋芝という事も相まって、普通以上にスタミナを要するコースと [続きを読む]
  • 感動の勝利〜エプソムC回顧
  • こんにちは、ゼブラーマンです エプソムCの回顧です まずは、1着入線のダッシングブレイズについてです昨年2月の東京新聞杯の内ラチ沿いの狭い隙間を這うように抜け出そうとした際の落馬事故以来の勝利に感動しましたあの事故の際に思ったことは、1番人気だったので、無理をせざるを得なかった事と、その重圧の重さに紳士に向き合った浜中Jの懸命さでしたその後、馬自体もレースは勝てず終いが続きました。復活待たれる状態の [続きを読む]
  • エプソムC最終決断
  • こんばんは、ゼブラーマンです まず土曜日の芝のレースを見て、率直に思ったことは良馬場の割に意外と時計がかかるなという事です Cコースも3周目となり、内側が荒れてきたのか、直線も馬場の中央に殺到する形で、Vロードはほぼ先週と同様のようですが先週よりも外差しが若干効くようになっている気がします ペースは平均〜近年の傾向であるスロー気味で流れるのではないかと思います 展開はやはりマイネルの2騎のどちらかがレ [続きを読む]
  • 展開の鍵を握る同門馬
  • こんばんは、ゼブラーマンです 今回のエプソムCの展開の鍵を握る同門の2騎はマイネルハニーとマイネルミラノです この両馬のどちらかがハナにたつ形でレースを引っ張ると思います この両馬の共通項は、ハナでも番手でもO.Kであるという事でしょうまた、同門であるので、無理な競りかけはお互いせずに、牽制し合う形になるとペースはスローの流れとなって、先行有利になる可能性は高くなります また、週 [続きを読む]
  • 今週のチャンプ〜エプソムC好調教馬
  • こんにちは、ゼブラーマンです エプソムCの最終調教の好調教馬つまり、今週のチャンプはタイセイサミットです本格化を感じさせる、しっかりとした力強い走りを披露してました体調面は現在のところ大丈夫でしょう全体タイムも、素晴らしいです 他では稽古の時計が結果に直結しやすいヒストリカル超攻めがけする相手(ミッキーロケット)と合わせたのも功を奏したのか、心地よい力強い脚取りを最後まで見せていまし [続きを読む]