三毛ニャン さん プロフィール

  •  
三毛ニャンさん: 三毛のつぶやき
ハンドル名三毛ニャン さん
ブログタイトル三毛のつぶやき
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/mikenoko/
サイト紹介文猫大好きで、自らも三毛猫の、躁ウツ病の日記です。 躁ウツ病限定の障害者福祉も、研究中です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供151回 / 365日(平均2.9回/週) - 参加 2011/10/01 22:30

三毛ニャン さんのブログ記事

  • 魚夢師匠の今
  • おばあちゃんは入院しているが、なかなか症状がよくなってくれない。寂しそうなので、毎日、お見舞いに行っている。”今は優しい”おかあちゃんの、職場の送迎。まゆふくちゃんの、今後の学費のこと。そして義母さんが来たので、接待(花札を含む)をしなくっちゃイケない。... [続きを読む]
  • ウツが酷いので
  • 他の人のブログを読むだけで疲れてしまい、自分のブログを更新する気力のニャイ、三毛であった。 [続きを読む]
  • そのひと口が 豚を呼ぶ
  • このところ、筋なんたら病の薬プレドニン20mg/dayで、ウツがひどい。暗くないのが幸いなのだが、何一つする気にならない。おまけに目の症状が強く出ているので、20〜30分で、目が使えなくなり、閉じていなくちゃ、仕方なくなる。で、ウツ=過眠&過食の三毛は、お菓子の類をポリポリと食べ、安住の地ベッドへと戻り、1〜1.5時間、スヤスヤと眠る。このパターンを、連日、繰り返していると・・・太るので有名な薬、リフ [続きを読む]
  • 住み込み家政”夫”の月給は?
  • 魚夢師匠からだけ、住み込み家政”夫”の、適正な値段の意見が寄せられました。魚夢師匠はこのところ、おばあちゃん88才(師匠の実母)の介護に、奔走されてます。この金額は、師匠の”希望”として、お読みくださいまし。拘束されている時間は、最低賃金以上。仮眠時間は、最低賃金の半分以上。兄弟が何人かいる場合は、老親の介護をした人には、これくらいの遺産相続分が、余分にあってもいいんじゃないかと、三毛も思います。 [続きを読む]
  • 求む 住み込み家政”夫”
  • 三食昼寝付きマンションという、恵まれた環境で、一人暮らしている三毛であるが、筋なんたら病による筋力低下と、それに使っている薬(プレドニン20mg/day) によるウツのため、一人暮らしが難しくなってきてます。週に一度、ヘルパーさんに来てもらっているので、流しがひどく汚れた状態で我慢できるなら、掃除・洗濯は不要です。要するに、部屋の中でさえ移動が困難な、バァさんに近いオバハンのお世話であります。オバ [続きを読む]
  • ハードスケジュール第2弾
  • 今週のハードスケジュール第2弾筋なんたら病の診察に、「朝の11時に来い!!」とな。午前中に起きるニャンて、三毛にとっては拷問じゃ〜〜でも、あの素敵なDrに会えるなら、と、必死に起きる。病院に到着、待合室の空いてるベンチで寝ころんで待つ。さっそく看護婦さんが、様子を見にきてくれた。「ウツでしんどいだけです。慣れてますので、心配ありません」笑顔で答える。時間通りに名前を呼ばれた。だが、しかし、診察室に [続きを読む]
  • 今週は3日も通院だぁ〜
  • 本日の月曜日は、筋なんたら病の検査。CTと、もう一つの検査は、前の病院で受けたことがあるので、様子は分かっているが、なにやら聞き慣れない検査が、もう一つある。さっそくググッてみると、腕の内側に電気を流す検査だ。「検査は痛いですが、そこで動いてしまうと、もう一度、電気を通すことになります。電気を通す回数を減らすために、痛くても、じっと我慢しましょう」 その検査では、いろんな事が分かる、と書いてあ [続きを読む]
  • 目玉が溶けてしまう
  • そううつ病のうつ状態では、不眠になる人が多いのであるが、たまに、三毛のような「うつの過眠」というのがある。とにかく眠いのである。でも、がんばって、1日8時間は起きている。えっ?、頑張って8時間かって?ところで筋なんたら病の方であるが、プレドニン20mg/dayが効いてきたのか、身体のダルさはずい分取れてきた。でも、目蓋が開かニャイ。安住の地、ベッドにいて、目蓋を閉じてしまうと、そのままグースカピースカ [続きを読む]
  • どうしてもベゲタミンが必要な方へ裏ワザ
  • これはあまり推奨される方法ではないのですが、ベゲタミンが市場に出なくなってからもベゲタミンと同成分のお薬を処方してもらう方法はあります。実はベゲタミン配合錠というのは「配合錠」という名前の通り、いくつかの成分が配合されているお薬なのです。具体的には、クロルプロマジン(商品名:コントミン)、プロメタジン(商品名:ヒベルナ/ピレチア)、フェノバルビタール(商品名:フェノバール)という3つの成分からなっ [続きを読む]
  • 睡眠薬断薬の経験談
  • 三毛は”寝子”でありまして、そううつ病と診断されて以来、無難なレンドルミン、しかも作用時間6時間くらい1錠で、12〜16時間くらい、グースカピースカ眠り続けております。ところがある時、某お薬の依存症になり、気分は明るく、寝っ転がったままではありますが、みんなと楽しくお喋りもし、食欲モリモリなのに、歩くことはおろか、座っていることさえ、出来なくなってしまいました。治療としては、マイナー&メジャートラ [続きを読む]
  • 睡眠薬の強さの比較
  • 睡眠薬の強さの比較については、せせらぎメンタルクリニックHP を、お読み下さい。不眠にはち〜〜っとも悩んでニャイ三毛が、何故、一生懸命睡眠薬のことを研究してるかと言うと、魚夢師匠が ベゲタミン無くなる恐怖症 だからです師匠が「調べろ!!」と言うからには、調べなくてはならないのであります。 トホホ・・・仕事に家事に、目一杯働いている魚夢師匠。睡眠薬なしでも、または、睡眠導入剤だけででも、眠れ [続きを読む]
  • 障害年金の更新について
  • 障害年金の更新について、「ない、なにもない there is nothing there 」 の ちどりさまが、詳しく書いて下さっているので、お読み下さいませ。なお、このリンクは、ちどりさまの了承の上、行っています。 [続きを読む]
  • 睡眠薬の分かりやすいサイト
  • 睡眠薬、ベルソムラとベゲタミンの比較の、分かりやすい説明を見つけました。ベゲタミン(=フェノバルビタール)の副作用について ベルソムラの効果と特徴 要約すると、ベゲタミンは依存性が高く、ODの危険性もある。一方ベルソムラは安全で、依存性もなく、健常者が必要な睡眠時間に近い眠りを得ることが出来る、と、いい事づくめみたいに書いてあるのですが・・・         「せせらぎメンタルクリニック」ホームペー [続きを読む]
  • 睡眠薬の飲み心地(まとめ)
  • ちどり 様…………………………………………………………… こんばんは マイスリーは飲んでいたけど印象にないです。 ベルソムラは夫が頓服として飲んでます。 よく効く、いろいろ夢を見る、特に悪夢ではない。とのことです。 お大事になさって下さい。わかば 様…………………………………………………………… おはようございます。 いつも楽しく?拝見させてもらってます。 ベルソラムですが、最初は良く効きました。  [続きを読む]
  • 求む、睡眠薬の飲み心地
  • ベゲタミンのメーカーからの発送が終わり、新しくベルソムラが発売され、睡眠薬が変更になった方も多いかと思います。・ベゲタミンから他の睡眠薬に変った方・ベゲタミンからフェノバール抜きの処方に変った方・ベルソムラの飲み心地・三毛個人の希望でありますが、マイスリーの飲み心地上のような内容の、感想のコメントを、お寄せいただけないでしょうか?三毛のオツムでも理解できる様、文章を短くまとめて頂ければ幸いです。よ [続きを読む]
  • さりげない別れ
  • 今日はDr発達障害の診察の予約日。予約時間は昼の3時半。ベッドの不調(勝手な操作?)でダルくなった身体を、一切の問診すらなく、「こころの病気。精神科へ行きなさい」そううつ病を持っているからといって、三毛をキチガ〇扱いしてるとしか、とれなかった。もうDr発達障害には会いたくない。で、午前中に総合病院予約センターに電話。「インフルエンザみたいで、しんどくて行けないので、予約取り消しをお願いします」いやい [続きを読む]
  • セカンドオピニオン:最終
  • Dr「お薬手帳はお持ちですか?」  「デパケンをお飲みですね。てんかんを持ってられますか?」私「いいえ、そううつ病です」Drの話の内容が、急に変わった。Dr「心拍数が多いです。一番多い原因はバセドウ氏病です。 採血の時、甲状腺機能の項目も入れますが、よろしいでしょうか?」血液検査の項目を増やすくらいのことで、医師から了承を求められたのは、初めてだ。Dr「この紙のA病院とは、具体的にどこですか?」私「〇 [続きを読む]
  • セカンドオピニオン:5
  • 予約時間通りに名前を呼ばれた。病院のホームページの写真に比べると、控えめな印象の先生だった。セカンドオピニオンの応答は、テキパキと進んだ。プリンターで打ちだした内容で、先生が疑問に思ったことに質問があり、私が答えていく。「10年前のAch検査の値は数字ではなかったですか?」「±で間違いないです」    ・「昨年春に、M抗体を調べた時に、Achを調べなかった理由は 聞いていますか?」「いいえ [続きを読む]
  • セカンドオピニオン:4
  • 立ってるモノは、師匠でも使えここは介護のプロ、魚夢師匠のお教えを乞わねば。さっそくメールを打つ。「時間みつけて、電話下さい」1時間ほどして、電話があった。魚:「”しんどい”、図星だろう!!」魚:「人間っつうのは、一晩に平均24回、寝返り・・・」師匠の言葉を一語一語、胸にきざみこむ自称一番弟子猫:「寝返りの講釈はいいから、どうしたらいいか、早く教えて!!」魚:「硬いマットレスは今の形のまま載せておい [続きを読む]
  • セカンドオピニオン:3
  • セカンドオピニオンの先生に見ていただく資料を作る。10年前はこういう検査をしたが、検査では何も異常は出てこず、症状もほぼ消えてしまったので、治療はしなかった。 筋なんたら病の疑い、経過観察、ということになった昨年は春はこういう検査をしたが、筋なんたら病全身型と診断された。それからの治療は、薬の名前と量のみ書く。最初の頃は、お薬手帳の薬を書き写すだけだったので楽チンだったのだが、今年に入ってから、急 [続きを読む]
  • セカンドオピニオン:2
  • 二番目に評判のいい先生の病院のホームページを見る。ここの神経内科医は一人だけ。確実にその先生に会える。「〇〇科と△△内科では、セカンドオピニオンを承っております」えっ?、ということは、神経内科は、セカンドオピニオンを出してくれないの?いや、ここで諦めては、猫がすたる。とりあえず電話する。「重症筋無力症なのですが、神経内科のセカンドオピニオンをお願いできないでしょうか?」「コレコレという仕事(医療関 [続きを読む]
  • セカンドオピニオンを取る:1
  • 昨年の春に、筋なんたら病が再発したワケなのであるが、主治医(50代後半)とのコミュニケーションがとれない、という以外、治療法としては問題ない様に思えていた。ところが、正月明けからの主治医の診断が、どうもおかしい。それに決して珍しい症例でもない三毛の、今後の検査&治療法について、もう一人の(評判のいい)神経内科医に、電話で尋ねている。なんとか評判のいい、もう一人の先生に変ろうと、努力はしてみたのだが [続きを読む]