武装梅痴鴉 さん プロフィール

  •  
武装梅痴鴉さん: 「尊王筋肉戦線」
ハンドル名武装梅痴鴉 さん
ブログタイトル「尊王筋肉戦線」
ブログURLhttp://ameblo.jp/bloodcrow2012/
サイト紹介文幕末史を中心に歴史を斜めに見る「サイキッカー史観!」
自由文歴史好きのビブリオマニアによるトンチンカンな幕末史!
歴史という「四角いジャングル」で史料と解釈論という?技?を駆使して戦う歴史サイキッカー!
但し、無用な陰謀論や不毛なせい議論には、場外乱闘がまっているのさ(毒笑
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供22回 / 68日(平均2.3回/週) - 参加 2011/10/02 16:19

武装梅痴鴉 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • ラクビーロマン岡仁詩とリベラリズム
  • ラクビーロマン岡仁詩とリベラリズム ラグビー・ロマン―岡仁詩とリベラル水脈 (岩波新書) Amazon 本来はスポーツ・ジャーナリズムですが、副題にある《リベラリズム》とあるように、本来のリベラリズムとは何であるか?今、幕末史関連本でオナ二ズムが蔓延しいまするが、本当に敗者の痛みを知るとは何か!スポーツにおいてラクビーが国籍・人種を超越し、偏狭なナショナリズムを排して何故ノーサイド!と述べられるのか。元同志社 [続きを読む]
  • ポピュリズムとは何か
  • 民主主義の敵か、改革の希望か ポピュリズムとは何か - 民主主義の敵か、改革の希望か (中公新書) Amazon トランプ現象以来、各国での政治情勢。EU からアメリカ大統領選・日本では小池騒動による自民党の自壊作用まで、一見・歴史とは無関係にも見えるが、幕末は世論がなかった事で、明治政府は何を元に政治が左右されたのか?日露戦争が終焉下際に日比谷焼きうち事件や徳富蘇峰の民友社襲撃事件など、明治時代でもポピュリズム [続きを読む]
  • 参謀本部と陸軍大学校
  • 参謀本部と陸軍大学校 (講談社現代新書) Amazon 本来は近代史であって幕末とは無関係ではあるが、組織論を考察する上で、面白い本でした。一つに陸軍大学といった組織に欠陥で総合大学的教育に欠けていたといった表記がされていいたが、エリート教育で主流派ではないが、派遣将校で鈴木倉三のように一般大学派遣将校や現在の防衛大学のように防衛大学生が一般大学に派遣され、学識を深めており、作中で石原莞爾が陸軍大学の受験勉 [続きを読む]
  • 「新選組検定試験」
  • 毎度おなじみ「新選組検定試験」が始まります。ぶっちゃけ検定を受けて意味はあるのか?私見としてお断りしまするが意味がありません!乱暴に述べれば、マニア的には面白いかもしれませんが、日本史の学問的に貢献はしていません。まあ高得点を得たところで品性が得られるわけでは無い。 但し、試験を受けるのは自由ですし、普遍を根ベさせて頂ければ受けないからといって新選組ファン失格ではありません。但し、そのための試験勉 [続きを読む]
  • [維新革命の道」「文明」を求めた十九世紀
  • 「維新革命」への道: 「文明」を求めた十九世紀日本 (新潮選書) Amazon 維新革命の道「明治維新「文明開化」史観をひっくえいかえすと帯に書かれていたが、内意は、たしかに文字通り「文明開花」的歴史観を否定では無く、既存の史料から歴史観を再構築した近代史観の本 重要なのは「維新」の意味がレボリューション→革命といった解釈、徳富蘇峰や竹越与三郎といった「民友社系ライターや福沢諭吉らは維新革命といった表現を津遭 [続きを読む]
  • 銀魂は笑えます
  • 漫画「銀魂」キャラで大笑いしたのが木島又兵衛こと木島のとっつあんが漫画で女人化していたかわ大笑い銀魂木島のとつあん史実来島のとっつあん。 おまけ 女性声優放送禁止用語を連打させるか!流石はお下劣漫画wwwしっかし、銀魂キャラ女人化話は大笑いしたが、来島のとつあんが銀魂では美女でいい女だから大笑いしてしまった 実はなにげに長州藩で武闘派でありながら、経済官僚。しかも実写化は爆笑してしまったこれかよ [続きを読む]
  • 土方書簡を見た感想と疑問
  • ◆以下は多摩デジタル新選組資料館 新選組関連資料 」からの土方書簡翻刻より引用です。 寒中之砌弥御 壮健可被為在御座sikaku奉 恐悦候随而此方一同 無事罷在候間乍恐 御休意可被下候然者 過廿一日松本捨介殿 上京仕壬生旅宿江向 参上如何之義有之候哉 難斗依之一先 下向為致候間帰宅 よろしく奉願上候 一久々御無音罷過何 とも恐入候得共小子之 筆信ニ而ハ京師形勢 申上兼候間承り度 折ながら此御無音 御ゆるし可 [続きを読む]
  • 歴史は学問であって政治では無い!羽織ゴロに告ぐ!
  • 今朝の東京新聞を読みあきれ果てた。所謂明治維新100年記念を巡り、東京新聞は 《反与党》の立場から戊辰戦争論を展開していた。悪いが反政府ツールとヒエラルキーをくすぐる為に歴史を政治ツール。特に靖国論もそうであるが、反阿部を述べるのは「羽織ゴロ」の宿命とは言え、もう少し知性的な批判を行うべきである!だからこそ反幕府=反自民といった絵図を引のはやめるこった! お陰で団塊爺から自民党シンパと言われる始末 [続きを読む]
  • サイキッカーってなんじゃらす?
  • ぶっちゃけ権威を茶化して「自称・研究家」をからかう。と同時に主義者を馬鹿にする集団と考えてよかっぺwwwある意味、反知性主義も「主義者」でしかない。この辺の毒舌は後ほど吐きます。かつて遠藤ミチロウらザ・スターリンが主義者をこき下ろした曲がこれ。今でもオイラはこの影響下にある。だからこそサイキッカーでありんすwww [続きを読む]
  • 「浪士隊名簿」の翻刻
  • 昨日、茗荷谷での図書館センターで三十一人会の講演があり、副会長であるあさくらゆう氏による三十一人会最新会報に掲載される「浪士隊名簿」の翻刻史料及び影印版が出版されるそうで、浪士隊名簿は三十一人会初代会長である林榮太郎氏が「幻」の史料とのべていたそうでいった史料が我々歴史ファンだけではなく、それぞれの研究家が使えるように「翻刻」及び「影印」で出版されます。もう一つは「小島日記文久三年28巻と29巻の [続きを読む]
  • 歴史ファンに対する愚問
  • 昨今の歴史本のくだらなさには閉口する。「美しい國日本」と称えた本ほど碌でもない本ばかりである。読む気も失せます。特に「近年は一次資料だ、二次資料だと騒ぎ立て、一次資料というだけで無条件に信じ込む単純さが幅を利かせている」といったた意見が散見されまするが、要するに自らの学力・歴史に対する知識不足を自ら暴露しており、こういった陰謀論を述べればこそ、江戸仕草といった陰謀論がまかり通ります。残念ながら幕末 [続きを読む]
  • 『漢が漢の惚れるとは』
  • が漢の惚れるとは』このように書くと『やおいー』的内容に誤解を受けてしまうが、そうではない!まあ、なかなか良い動画があったので貼り付けまするが、第一次大戦の空戦映画でタイトルは『DER_ROTE_BARON』元祖赤い彗星のシャア・アズナブルざますが、ガンダムのシャアは機会主義的で好きになれない。こちらの旧ドイツ帝国陸軍パイロットで第一次大戦最高の撃墜王ともいわれているマンフィレート・フォン・リヒトフォーヘンは[最 [続きを読む]
  • 斎藤一小話
  • 新選組・特に『斉藤一』に拘る研究家。これは故赤間倭子も含めての話ざます。例えば、現在に於いて小島鹿之助の末裔である小島政孝氏が歴史研究会を町田市で主催されているお陰で、現在まで小島家の日記類が翻刻されて、江戸末期、所謂『幕末』の庶民史の息吹が感じられる。しかも新選組のバックアップも行っていた関係から近藤書簡が多数あり、一部はネットアーカイブとなり非三十一人会員会員であっても閲覧可能である。しかも翻 [続きを読む]
  • ヒサビサの古書ヲタ与太話
  • さて、久々の書評と参りましょう。但し、歴史本が少ないのは、まあわらうしかありませんが。◆マルクスを再読する 的場明弘 マルクスを再読する―「帝国」とどう闘うか Amazon 現代、即ち平成の御代の視点でマルクスを解釈した本です。兎角、マルクスは難しく、本来は経済学であるにも関わらず、政治思想や近代哲学にまで影響を及ぼし、歴史観にも及ぶほどの破壊力を持ちます。マルクス現代研究の大一任者である的場明弘氏が入門 [続きを読む]
  • 当ブログを閲覧・引用されえる諸氏への警鐘
  • 当鴉はツイッターといったツールは使用いたしておりません。昨今当ブログをリンクされている御仁がおりまするが、リンクの際の後に社会趣味者や国粋趣味者」といったイスト《主義者》を主張される方が来訪されても当局は責任をとりません!なお私自身は普遍論を通しまするので、歴史的見解で基礎文献を明示していない議論には与しません又、俗論・正義と行った議論にも参加しませんし、哲学論についても初歩的なできません。「いわ [続きを読む]
  • 尊皇筋肉の意味
  • 我が歴史サークル名は「尊皇筋肉」なんでこんなアホな名前がついたかというと、「孝明天皇」が御所の前で志士たちに「筋肉美」を見せびらかせ、我が国体は筋肉を持って国家を統べるという意味不明な国粋思想を伝授するといったギャグから始まっている。しかも孝明天皇はウルトラマッチョで毎晩松平容保や岩倉具視卿と共に「プロティン」を飲み干して外国人に「筋肉」で「攘夷」を行うマッチョ国体思想を「学習院」で行うように命じ [続きを読む]
  • 近藤勇の思想基盤
  • Q 新選組に思想はあったのか?A ありました。但し、《吉田松陰》や《横井小楠》のような思想家のように確立していた訳ではありません。 「日野新選組祭り」で茨城からこられた新選組ファンは近藤について「農家の倅」といったをされますが、近藤家という道場主に養子縁組に行ったので、職分的には武士になります。言わば職分が変わったので分限帳に記載されます。幕末末期はご。存知の通り幕臣[大久保大和と名乗りますが、甲陽鎮 [続きを読む]
  • 歴史ポピュリズム
  • 実は鴉の仲間から「なぜ最近亮一をたたかないのだ」「原田伊織をいぢめないのだ」といった話が出ており、会津史談をたたくのは何故といった話がありんした。 回答します。会津史談は史学雑誌である故にブログで史料批判、即ち歴史学として批判を行います。但し、星亮一は既にネットモブ即ちネット右翼の攻撃対象となっており、原田伊織に至っては会津陣人群像誌上で「ネット右翼に攻撃された」と公言しました。更に原田伊織の誌上 [続きを読む]
  • 続・会津史談九十一号について
  • 会津史談九十一号について、もう少し学問的突っ込みを入れる必要性があると考え、ブログにアップします。 なお、神学論争の類匿名意見は受け付けませんし、議論も行いません!捨てハン投稿の場合は、他所の社会趣味ブログと同じようにIPを公開するやもしれませんので、あしからず。 会津史談九十一号は、伝統ある会津史談の中でもお粗末な内容が惨すぎました。 写真使用一件で御子孫と紛糾した事が書かれていましたが、こういっ [続きを読む]
  • 新選組と『万国対峙』
  • 新選組。特に我々幕末ファンに痛い指摘がされるのが「世界史に関するする感覚の欠如」 世界史の極意 (NHK出版新書) Amazon もういちど読む 山川世界史 Amazon と歴史哲学「クロノスとカイロス」 歴史を哲学する――七日間の集中講義 (岩波現代文庫) Amazon 歴史哲学講義 (上) (岩波文庫) Amazon 歴史哲学講義〈下〉 (岩波文庫) Amazon の感覚欠如である。鴉軍団のは先輩に夜叉鴉というおっさんがいる。この親父は大学で「法 [続きを読む]
  • 大和屋焼き討ち事件検証について物申す!
  • 以下は5月3日 に行われた《SUPER COMIC CIT Y 26》及び《日野新選組祭り》出無料配布したペーパーを記事としてブログにアップしたものです。批判対象は 新選組局長 芹澤鴨 Amazon及び 新選組 水府派の史実捜査―芹澤鴨・新見錦・平間重助 Amazonですが、会津史談における伊藤哲也氏の《大和屋事件》も対象となっています。そして、東大名誉教授である宮地正人氏の《歴史のなかの新選組》に対する回答を兼ねています。 歴史のなか [続きを読む]
  • 会津史談九十一号の感想
  • ブログ再会です。今まで個人的事情もありブログを放置していましたが、昨今の歴史雑誌や研究紀要の無残に憤り。特に歴史哲学に欠け「美しい歴史」を語り、それが冷静な歴史観で判断できずに「グロテスクな歴史」と化してしまう。一部ネットモブが批判する「観光史学」が悪化しているようです。私個人は《普遍論》に乗っ取った歴史観ですので、個々の歴史観が違うことには一々口出しはしません。しかし、史料的見地や常軌を逸した歴 [続きを読む]
  • 過去の記事 …