GOING! さん プロフィール

  •  
GOING!さん: 桜色と紺色(Rosa und Marineblau)
ハンドル名GOING! さん
ブログタイトル桜色と紺色(Rosa und Marineblau)
ブログURLhttp://goingcerezo.blog115.fc2.com/
サイト紹介文あるセレサポの一喜一憂する日々
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供73回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2011/10/02 17:11

GOING! さんのブログ記事

  • 2017_J1第7節 セレッソ 2-2 ガンバ(その2)
  • 3シーズン振りのダービーはアディショナルタイムに追いつかれる悔しいドロー。チームとしてJ1で戦える力がある事を証明できたと同時に、上位を争うためにはまだまだ積み上げていかなければならない部分が多くある事も再認識させられた。もちろん、短期間でチームをここまで作り上げたユンさんの手腕はすばらしい。今後も期待したい。そして何と言っても健勇。ダービーという大舞台で待望のゴールが、しかも2つも生まれた事は大 [続きを読む]
  • 2017_J1第5節 セレッソ 2-0 横浜Fマリノス(その2)
  • 後半のピッチに向かう選手たち。後半早々攻勢に出てきた相手のシュートをブロックするジンヒョン。マル対決を制したマル。昨シーズンと比べ、ポストプレーが上手くなってきた健勇。一瞬の隙をついて突破を図る斎藤。ベンチメンバー、スタッフもピッチ上の選手と共に戦う。FKの競り合いで弾かれたボールをファーにいた木本がダイレクトボレーでゴールに突き刺す!この一撃が停滞していたスタジアムの空気を一変させた!ヨニッチ、ヨ [続きを読む]
  • 2017_J1第5節セレッソ 2-0 横浜Fマリノス(その1)
  • 桜が咲き始めた長居公園。この試合、キンチョウスタジアムのセレッソは咲き誇るか?ヘッドでゴールを狙う山村。ヨニッチ、木本を中心に相手の攻撃を弾き返す。前線で相手と競り合いボールキープを図る健勇。相手の攻撃のキーマン、斎藤に相対する陸。中盤ではギリギリの攻防が続く。斎藤に対してタイトなマークを見せる陸。前を向いてボールを持たせる余裕を与えない。木本のロングフィードに合わせてペナ内に飛び込む関口…わずか [続きを読む]
  • 2017_J3第3節 北九州 1-0 セレッソU-23
  • アウェイ北九州戦の地、ミクスタは駅チカ、海チカでコンパクトな良いスタジアムでした。試合前の穏やかな日差しも心地よかったです。さて肝心の試合。前半、武流&沖野が惜しいシュートを放つ…どちらかは決めてほしかった。今のU-23は飛ばせる前半の間に先制できないとキツい。早く初勝利に喜ぶ選手達を見たいところ。一方、ジンヒョン&将基がフルタイム出場できた事は良かった。二人とも、ここからコンディションを上げていって [続きを読む]
  • 2017_J3第2節セレッソU-23 1-3 秋田
  • シャケ、福満、むっくん…オーバーエイジ3人を起用して臨んだ秋田戦。前半はマー坊ワンボランチで臨むが、連動したプレスを掛けられず押し込まれて先制を許す。後半頭から斧澤を投入してダブルボランチにするが、ミスもあって失点を重ねる。シャケや福満もディフェンスに追われる時間が多く、持ち味を発揮する場面は多くなかった。終盤に中島「もっくん」のスルーパスから武流がゴールを決め一矢報いるも1−3の完敗。次節アウェイ [続きを読む]
  • 2017_J1第4節 セレッソ 1-0 鳥栖(その2)
  • 0-0で後半に。前線で起点になったヤマムー。J1でも通用する事を証明した木本。文字通り相手の前に立ち塞がったヨニッチ…頼もしい。狭い局面でも的確なプレーを見せたキヨ。現時点では低い位置でのプレー時間が多くなっているヨーイチロー。チームの戦い方が整理されていく中で徐々に高い位置でのプレー時間が増えていく事を願う。ヨニッチ、ヤマムー、木本…セットプレーで相手の脅威になりますな。相手のマークを剥がし、カッ [続きを読む]
  • 2017_J3第1節セレッソ 2-2 盛岡(その2)
  • 前半と同じメンバーで後半に挑む。後半の早い時間で喜田君が相手との接触プレーで負傷。交代を余儀なくされる。前半の良い流れのまま、後半を戦いたかったが…疲労からか徐々にプレスが掛からなくなり相手に攻め込まれる時間が続く。前線にボールを運んでも、なかなか起点を作らせてもらえない。時間と共にマー坊にかかる負担も増していく。何とか耐えるディフェンス陣。怜哉が……齋藤君が、相手ボールをはじき返す。攻め込まれな [続きを読む]
  • 2017_J3第1節セレッソ 2-2 盛岡(その1)
  • J3開幕のホーム盛岡戦。3日後のルヴァン杯を睨んでか、オーバーエイジ枠は使用せずに試合に臨む。さあ、新チームのキックオフ。スタメンには3人の2種登録選手が名を連ねた。まずはセンターバックの瀬古君。そして右SBの齋藤君。ボランチには喜田君。日本語でしっかりとコーチングできる様になっていたジュンス。キャプテンとしてピッチに立った温井。中盤でマー坊、隼輝が激しくチェック。相手に余裕を与えない。沖野のスペース [続きを読む]
  • 2017_J1第2節 浦和 3-1 セレッソ
  • 会場の埼スタは早くも桜が良い感じ。 アウェイゲーム会場に集ったサポに挨拶。完全アウェイの中、チームを鼓舞するゴール裏サポの皆さん。タオマフ、ゲーフラ、大旗が掲げられる。さあ、キックオフ。試合序盤は良い感じで攻め込むも徐々に相手ペースに。中盤で主導権を握られる中、堪える時間が続く。ジンヒョンが怪我でチームに帯同できない中、タンタンに掛かる期待は大きい。しつこく食らいつく満。プレスをかわされるシーンが [続きを読む]
  • 2017_J1第1節 セレッソ 0−0 磐田(その2)
  • 3シーズンぶりとなったJ1の開幕戦はスコアレスドロー。キャンプから取り組んできた組織的なディフェンスにはある程度の手応えを掴みながらも、オフェンス面はまだまだ試行錯誤を重ねている段階と感じた。今シーズンの目標「J1残留」を達成するために必要なものは「勝ち点3」。「勝ち点3」を獲得するために必要なものは「ゴール」。1試合でも早く「ゴール」の可能性を感じられる攻撃の形を確立してほしい。 [続きを読む]
  • 2017_J1第1節 セレッソ 0−0 磐田(その1)
  • 久しぶりのJ1の舞台…やはり良いですな。J1復帰を花火で祝福。ゴール裏サポの皆さんも気合が入っています。ビッグフラッグが翻る中…円陣が解かれ試合開始。今シーズンもキャプテンマークはヨーイチローの腕に。前半は左サイドからの展開が目立った。ディフェンス重視で臨んだため、ジンヒョンが慌てるシーンはほとんどなかった。ヨニッチ…期待できそう。清武の不在でチャンスが巡ってきた関口。オフサイドになったものの惜しいシ [続きを読む]
  • 2017年、謹賀新年
  • あけましておめでとうございます。3年振りのJ1となる2017シーズンが選手、スタッフ、サポの皆様にとって良いシーズンになる事を祈念致します。2009シーズンから始めた本ブログもいつの間にやら9年目に突入。サッカーのある日常に感謝しつつマイペースで更新して行きたいと思います。今シーズンもよろしくお願い致します! [続きを読む]
  • 2016_J1昇格プレーオフ決勝 セレッソ 1-0 岡山(その4)
  • 1年前と同じJ1昇格プレーオフ決勝。試合終了を告げるホイッスルが鳴り響いた瞬間、ピッチに倒れ込んだ選手達の心には1年前とは違う様々な想いが去来した事でしょう。シーズンを通してみれば決して満足のいくシーズンではありませんでした。それでもギリギリのところで踏みとどまり最低限の結果を勝ち獲れた事は良かった。今シーズンを戦い終えた選手、スタッフ、サポーターの皆様、お疲れ様でした。今シーズンの反省、来シーズ [続きを読む]
  • 2016_J1昇格プレーオフ決勝 セレッソ 1-0 岡山(その3)
  • 前半と同じメンバーで後半に。左サイドで攻撃の起点となった健勇。後半頭から岡山が攻勢に出る。コータが…ヤマシが…そしてジンヒョンが必死の守りで先制を許さない。右コーナーキックにソウザがヘッドで合わせる。このこぼれ球に誰よりも早く反応したのは…キヨ!先制!駆け寄った仲間達にもみくちゃにされるキヨ。祝福をひとしきり受けた後…ベンチメンバーとも喜びを分かち合うキヨ。先制後、オープンな展開に…ヘッドでボール [続きを読む]
  • 2016_J1昇格プレーオフ決勝 セレッソ 1-0 岡山(その1)
  • J1昇格をかけた決戦当日。その決戦を前に衝撃的なニュースが舞い込んできた。ブラジル1部リーグ・シャペコエンセの選手、スタッフが搭乗した飛行機が墜落。かつてウチでプレーしたケンペスもわずか34才という若さで亡くなった。試合前日から彼を追悼するための献花台が設置された。試合当日も彼に花を手向け、祈りを捧げる人は後を絶たず、献花台は時を追う毎に花で溢れかえっていった。また対戦相手である多くのファジサポの方 [続きを読む]
  • 2016_J3第29節 セレッソ大阪U-23 2-3 富山
  • 前半、武流の2ゴールでリードを広げたが苔口の一瞬のスピードに対応できず失点。終盤にも立て続けにゴールを奪われ、ホーム最終戦で悔しい逆転負け。1年目のU23には課題も多くあったが、J3という真剣勝負の場を持てた事は大きい。来シーズン、ここで手にした経験を糧にトップチームで活躍する選手が出現する事を期待したい。 [続きを読む]