無音 さん プロフィール

  •  
無音さん: Iwate Blues
ハンドル名無音 さん
ブログタイトルIwate Blues
ブログURLhttp://iwateblues.blog.fc2.com/
サイト紹介文Bluesが聞こえる
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供62回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2011/10/02 22:35

無音 さんのブログ記事

  • 盛岡市中央通
  • 盛岡は晴れていた。見上げると、中央郵便局の向こう側は青かった。郵便局西側の塀に沿って歩く。石の杭が、舗装面から少しだけ頭を出していた。よく見ると、〒マーク。ここまでが郵便局の敷地らしい。少し歩いて、俺は肩をすくめた。境界杭は完全に埋まっていて、もはやそれがなんなのか分からない状態になっていた。 [続きを読む]
  • 盛岡市加賀野
  • 東新庄から、小さな桜山を回りこむような坂道に沿って、加賀野方面へ歩く。立ち入り禁止の黄色い立て札。岩手高校の敷地だという。坂を下ったカーブにも同様の立て札。けもの道のような所を上がっていくと、妙泉寺に辿り着くようだ。と言っても、宗教や神社仏閣に疎い俺は、その寺がどんな存在か全く知らないという有様。早池峰山妙泉寺の別院ということだけは、ネットで調べてようやく把握した。坂の角地にあるのが大日如来。毎年 [続きを読む]
  • 盛岡市大通
  • 大通商店街の裏、MOSSパーキングの辺り。表からは見えないビルのフォルム。スギヤマビルはやや細長く、窓の形が印象的だ。その隣、毛糸の専門店ひまわり。ドアが開いていて、裏口からも入店可能らしい。奥の方にエレベーターがあった。 [続きを読む]
  • 西和賀町各地域
  • 西和賀町が「雪あかり発祥の地」だということを知ったのは、何を隠そう今年になってから。県道1号沿いのあちらこちらに、あかりが灯っている。大きいものもある。町内各地区でテーマを決めて制作しているようだ。県道から離れた所にも雪あかり。静寂とろうそくの灯りは相性が良いと感じた。この日の夜は月も眩くて、最高のロケーションだったと思う。星も雪の結晶もきらきら輝いていた。道路沿いにほぼ等間隔で光る雪あかり。積も [続きを読む]
  • 盛岡市大通
  • メルヘンとウエストの前に、一本の樹木がある。この通りのなかでここにだけ存在していて、なんという名前の立ち木か知らないが、気になっている。 [続きを読む]
  • 盛岡市東黒石野
  • 少し寒かったが、思っていたよりはいい天気だった。小鹿公園に続く坂道から、岩手山がよく見える。東黒石野ドリーム公園。設置されているのは、すべり台と休憩施設。ドリーム、いいね。小鹿公園では、子供たちが雪の積もった小高い丘を利用してソリ遊び。上まで行ってみると、遮るものが無くよい見晴らし。岩手山から流れてくる冷たい風が心地良かった。 [続きを読む]
  • 西和賀町 ほっとゆだ駅
  • ほっとゆだ駅は、味わいのある立派な建物だった。しかし、そのほとんどは中央に位置する温泉施設「ほっとゆだ」で、駅の出入り口は右の端。みどりの窓口、待合室ともこぢんまりとしていた。なお、東北の駅百選に選定されている。風見鶏のモチーフは、ニワトリではなくヤマドリ。町の鳥だった。駅舎の隣に、自由通路の「ほっとかけはし」。駅前の駐車スペースには、「ほっとゆだ足湯っこ」。お湯の温度は、まあまあ温かい感じだった [続きを読む]
  • 盛岡市 IGRいわて銀河鉄道本社
  • 2015年11月に上田から移転したIGRいわて銀河鉄道本社。1階は青山駅の南口になっている。今回初めて入った俺たちを迎えてくれたのは、ぎんがくんときらりちゃん。将来は運転士や車掌になることを夢見ているそうだ。地産地消レストラン『びすとろ銀河』のほか、産直も併設されていた。『銀河マルシェ』の小さな懸垂幕、これを部屋に飾りたい。 [続きを読む]
  • 盛岡市 岩手公園
  • 教育会館の敷地には、タワークレーンが1基。これから本格的な建設が始まるようで、新会館のオープン予定は来年2月だという。俺の視界に人はいなかった。白い岩手公園は、静かで穏やかな雰囲気だった。本丸も、誰もいなかった。小鳥の鳴き声だけが聞こえてくる。ゆっくりと辺りを歩きながら、そっと樹木の洞(うろ)を覘くと、中には木の実がいくつかあった。色々想像すると楽しい。 [続きを読む]
  • 盛岡市 リリオ
  • 大通会館リリオ。LIRIOとは、スペイン語で盛岡市の花「カキツバタ」のことだという。ロビーには、古い写真がいくつか飾ってあった。昭和38年の映画館通り、当時の映画館、亀ヶ池沿いに立ち並ぶ店、北上川を渡るSLなど。当時の風景が俺には新鮮で、結構長い時間眺めていた。 [続きを読む]
  • 盛岡市 サンビル
  • 今日一番の目的、櫻山神社での初詣を終え、あとは街をぶらぶら。サンビルは、10年以上前にレコード&CDフェアで訪れたことがある。「公園下のショッピングセンター」というフレーズがいい感じ。サンは太陽かと思っていたが、表記がSUNではなくSANなので、岩手県産業会館の産なのだろう。だけど、幟には太陽の絵と「さんさん」の文字。太陽の手書きっぷりがいい。中に入ると、銀河アイスクリームのケース。だが、ケースの中にそれら [続きを読む]
  • 盛岡市みたけ
  • みたけで出会ったニュースくん。硬貨投入口はテープで塞がれていて、もうその役目は終えているようだ。かつてそこにあった新聞は、毎日新聞、スポーツニッポン、盛岡タイムスの三種類だった。盛岡は青空だった。ここのところ、盛岡に来る時は晴れることが多くて、そのたびに盛岡はいいなあと思う。館内に入ることはたぶん無いであろう、県営武道館。正面から見たのは初めてかもしれない。弓道関係の施設だろう。この意匠は、どう考 [続きを読む]
  • 盛岡市盛岡駅西通
  • ホワイトクリスマスではなかったが、凛とした空気に包まれた聖夜だった。マリオスのアトリウムでは、ツリーを模したイルミネーション。いつも思うが、これはSLの蒸気をイメージしているのか。俺の中では未だに答えが出ていない。外は、青い光のページェント。ふたりのサンタクロースが、メリークリスマスと言いながら何かを配っていた。マリオスの窓は、ハートマークに灯っていた。嫁さんは初めて見たようで、なんだか嬉しそうだっ [続きを読む]
  • 盛岡市上ノ橋町
  • 中津川にたたずむ白いサギ。何かを見つめていた。俺の視線の先には上の橋。橋梁の補修工事中だった。前年度の上流側工事に続き、今回は下流側の補修。11月から来年3月まで、通行規制を行うという。擬宝珠や横材などは、工事のため一時的に撤去されていた。小一時間ぶらぶらして、町をあとにする。もう、暗くなってきた。冬は日が短い。 [続きを読む]
  • 盛岡市 緑の広場
  • 夕方の緑の広場。県立中央病院の跡地ということだが、俺は昭和の盛岡を知らない。かつてここにあった当時の建物を見たかった、という思いはある。広場内の一部には雪が残っていて、楽しそうにソリで遊んでいる子がいた。街なかで、ゆったりとした時が流れていた。 [続きを読む]
  • 盛岡市 岩山公園
  • 今日もまた岩山公園に来た。理由は、晴れていたから。展望台の上は風が強かった。デジカメを持つと、冷たいことこの上ない。シャッターを押すたびに、お笑い芸人のようなリアクションになる。風は強かったが、日差しも強かった。眩しいことこの上ない。レストハウス屋上の展望台から。岩手山と姫神山は、なんとか同じ画像に収まった。近いようで遠い。そんな感じ。 [続きを読む]
  • 盛岡市 岩山公園
  • 快晴。日本晴れ。こういう日は岩山に行くしかない。というわけで、奥の展望台へ。凛々しい岩手山に挨拶して、街の方も眺める。いいなあ、盛岡は。展望台の正式名称「鹿島精一記念展望台」の鹿島さん。嫁さんは、遠くから展望台を見るたびに本物の人間と間違うらしい。鹿島さんの視点。展望台が完成した当時は、手前の木はここまで伸びていなかったかもしれない。階段の途中にて。何が書いてあったのか、今となっては知る由もない。 [続きを読む]
  • 盛岡市 御厩橋
  • 相変わらずノープランで歩く。御厩橋を渡ろうと思い、ル・サンク大沢川原の傍にある階段を上ることにした。柵に取り付けられた、手づくり郷土(ふるさと)賞のプレート。なぜか選定対象の名称が記されていない。賞について調べてみると、昭和61年に建設大臣表彰として創設されたもので、御厩橋は第1回の受賞ということになる。当時はテーマがあって、そのひとつが「ふるさとが誇りとする橋」。全国で30箇所選定されたという。昭和5 [続きを読む]
  • 盛岡市中央通、本町通
  • 寒かった。冷たい空気が体の中を通っていく。NTT東日本岩手支店の第3ビル東側に、盛岡城中堀土塁跡の碑。なぜ右側に片寄って刻まれているのか、たぶん意味はあると思うが俺には分からない。そこから少し北の方へ。地面には、防火水槽用のマンホール。消防のマークはよくできていると思う。美しい。ひょうたん倶楽部と嘉の間に見慣れないマークのマンホール。調べてみると、今は無い日本高速通信という会社のものだった。国際電信 [続きを読む]
  • 盛岡市盛岡駅前北通
  • 東の空は、青かった。それを確認しただけで、充実感が広がる。川沿いに歩いて、アパートの裏側から河川敷へ。階段に、水位を表す目盛りが標示されていた。斜めの部分はこういう感じ、という一事例。旭橋の下にパイプ椅子一脚。いつからあるのか不明だが、たたんで立て掛けているところに律義さを感じる。日の色が変わり始めた午後3時10分、俺は元来た道を戻ることにした。ここにいると、時間が早く過ぎるような気がする。 [続きを読む]
  • 盛岡市 高松公園
  • 見上げると、頭の上はパプリカカラーだった。高松の池でゆらゆら泳ぐ、頭は白くて顔と体が黒い鳥。ネットで調べてみると、どうもオオバンという鳥のようだ。ただ、あまり大きいとは思わなかったが……。まだ数は多くないが、ハクチョウも例年通り飛来していた。もう、冬が訪れている。 [続きを読む]
  • 盛岡市 岩手公園
  • 街にも秋が下りてきた。橙色は心が安らぐ。岩手公園に寄る予定は無かったが、のんびり散策することに。バラ園は、バラもヒトも閑散とした感じ。ぽつんと咲いていた万葉という品種。淡い色合いに愁いを感じる。これは優花。ソフトピンクの花びらが美しい。長く楽しめる強健種だという。あれ何書いてんだろうと思っていたが、以下のとおりだった。日本の都市公園100選岩手公園平成元年7月緑の文明学会社団法人日本公園緑地協会まだ秋 [続きを読む]
  • 盛岡市 ホットライン肴町
  • 今日は、ハロウィーンフェスティバルの日だった。目の前には仮装した多数の親子が。え、なぜそれをチョイスというものもあって、楽しい雰囲気。今年は参加者が大人数のため、オレンジチームとむらさきチームに分かれてパレードするという。日本でもトリック・オア・トリートと言えばお菓子をもらえる。いい時代になった。ハロウィーンといえばカボチャ。昔はあの味が大嫌いだった。あれもこれも仮装してハロウィーン。たぶん、彼ら [続きを読む]
  • 盛岡市 中央公園
  • 岩手山の方から吹く風は、強くて冷たかった。もう少し厚着すればよかった。中央公園の中を歩きながら、俺はそう思った。それにしても寒い。たくさんの葉が激しく揺れるさまを撮ろうと思ったが、そんなスキルなどあるはずが無かった。足元には、小さい秋がたたずんでいた。うろちょろすること約20分。いつの間にか、見える範囲に誰もいなくなっていた。そんな空間が、俺は好きだった。 [続きを読む]