無音 さん プロフィール

  •  
無音さん: Iwate Blues
ハンドル名無音 さん
ブログタイトルIwate Blues
ブログURLhttp://iwateblues.blog.fc2.com/
サイト紹介文Bluesが聞こえる
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供65回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2011/10/02 22:35

無音 さんのブログ記事

  • 盛岡市城西町
  • 城西町をプチ散歩。この公民館も、懐かしい感じの佇まい。城西町公民館と書いてあるようだが、それが読めない位の色合いになっている。そして、地面に置いてある瓶がいいアクセント。木を使ったすべり台は、個人的には懐かしい。最近見かけないタイプだと思う。ふと、子供の頃を思い出す。てくてく歩いた先にマンホール。これも結構古い。防火水槽の字体が、実直で真面目な感じ。 [続きを読む]
  • 西和賀町 安ヶ沢カタクリの里
  • 今朝は時間に余裕があった。じゃあ行ってみようか、ということで、西和賀町のカタクリの里へ。維持管理のための協力金200円を払って群生地に向かうと、小さな紫色の花があちらこちらに咲いていた。カタクリは、下を向きつつ花びらを上に反った、変わった姿勢をとっている。その感じがとても可愛い。今日は天気が良くて、絶好のカタクリ日和。春の妖精を見ることができて良かった。沢沿いに咲いていた、不思議な形というかサイズの [続きを読む]
  • 盛岡市 ベルフ青山
  • ベルフ青山の屋上駐車場にて。消火設備の頭の端に何かが載っている。「この消火設備のランプは太陽光エネルギーを活用しています」とのことだった。あれ?こっちの設備には……。なるほど。本体が午前から午後にかけて日陰になってしまうため、こういうふうに工夫したという次第。縁側でひなたぼっこする、おじいさんとおばあさんみたいで、いい感じだ。 [続きを読む]
  • 盛岡市本宮
  • イオンモール盛岡南で裾上げを待っている間、敷地の周りを一周することに。俺は、遺跡のことは全く知識が無いのだが、盛南地区もどうやらそういう場所のようで、盛岡南新都市土地区画整理事業に伴って発掘調査を行ったらしい。敷地の南東側には野古A遺跡の説明板、北東側には本宮熊堂B遺跡の説明板があった。それぞれ盛南地区遺跡探訪の5と6だったので、また別の機会に1から探してみたいと思う。イオンの屋上から岩手山。今日も凛 [続きを読む]
  • 盛岡市 志和城古代公園
  • 志和城古代公園では、小さめの鯉のぼりがたくさん泳いでいた。素朴な疑問だが、なぜ門と橋が一直線上ではなく、微妙にずれているのか。何か理由はあるとは思うが、全然分からない。門を抜けると左斜め前に岩手山。今日はあいにくの曇り空だったが、岩手山の周りは光が差し込んでいたので、山自体ははっきりと見えた。自動販売機に、マスコットキャラクターのしわまろくん。年齢は6才で、好きな食べ物は「古代米おにぎり、レアチー [続きを読む]
  • 盛岡市繋
  • この辺りの住所は、繋除キだという。なぜ、除キなのか。御所湖を眺めると、少し変わった色合い。雨か、雪解けの影響だと思う。県立漕艇場のセンターポールでは、鯉のぼりがはためいていた。 [続きを読む]
  • 盛岡市 前九年公園
  • 説明看板はだいぶ錆びていたが、公園名の個所は難を逃れていた。こぶし(2)の表示。園内に「こぶし(1)」が見当たらないので、これは2本あるという意味だと思う。見上げると、枝に膨らんだつぼみが。筆の穂のような感じ。どんな花だったか、よく覚えていないが、色は白らしい。咲く頃にまた来たいと思う。すぐ近くにシナノキ。幹の裂け目から出ているこれはなんなのか……。公園内を暫し散策。住宅などに囲まれているが、わり [続きを読む]
  • 盛岡市鉈屋町
  • 呉服 亀半。なぜここに小さく表示されているのか、分かる人には分かるのだろう。ところで、これはなんて読むのだろう。知らないことが多いなあと思いながら、足はもりおか町家物語館へと向かっていた。母屋に入ると、お休み処にひな飾り。ひな人形がたくさんいる。2階は和室。テレビと電話のタイプが古い。しかし、歴史上の物という感じではなく、懐かしさを覚える。特に黒電話は、俺が子供だった頃家にあった。外に出ると、辺り [続きを読む]
  • 盛岡市中央通
  • 盛岡は晴れていた。見上げると、中央郵便局の向こう側は青かった。郵便局西側の塀に沿って歩く。石の杭が、舗装面から少しだけ頭を出していた。よく見ると、〒マーク。ここまでが郵便局の敷地らしい。少し歩いて、俺は肩をすくめた。境界杭は完全に埋まっていて、もはやそれがなんなのか分からない状態になっていた。 [続きを読む]
  • 盛岡市加賀野
  • 東新庄から、小さな桜山を回りこむような坂道に沿って、加賀野方面へ歩く。立ち入り禁止の黄色い立て札。岩手高校の敷地だという。坂を下ったカーブにも同様の立て札。けもの道のような所を上がっていくと、妙泉寺に辿り着くようだ。と言っても、宗教や神社仏閣に疎い俺は、その寺がどんな存在か全く知らないという有様。早池峰山妙泉寺の別院ということだけは、ネットで調べてようやく把握した。坂の角地にあるのが大日如来。毎年 [続きを読む]
  • 盛岡市大通
  • 大通商店街の裏、MOSSパーキングの辺り。表からは見えないビルのフォルム。スギヤマビルはやや細長く、窓の形が印象的だ。その隣、毛糸の専門店ひまわり。ドアが開いていて、裏口からも入店可能らしい。奥の方にエレベーターがあった。 [続きを読む]
  • 西和賀町各地域
  • 西和賀町が「雪あかり発祥の地」だということを知ったのは、何を隠そう今年になってから。県道1号沿いのあちらこちらに、あかりが灯っている。大きいものもある。町内各地区でテーマを決めて制作しているようだ。県道から離れた所にも雪あかり。静寂とろうそくの灯りは相性が良いと感じた。この日の夜は月も眩くて、最高のロケーションだったと思う。星も雪の結晶もきらきら輝いていた。道路沿いにほぼ等間隔で光る雪あかり。積も [続きを読む]
  • 盛岡市大通
  • メルヘンとウエストの前に、一本の樹木がある。この通りのなかでここにだけ存在していて、なんという名前の立ち木か知らないが、気になっている。 [続きを読む]
  • 盛岡市東黒石野
  • 少し寒かったが、思っていたよりはいい天気だった。小鹿公園に続く坂道から、岩手山がよく見える。東黒石野ドリーム公園。設置されているのは、すべり台と休憩施設。ドリーム、いいね。小鹿公園では、子供たちが雪の積もった小高い丘を利用してソリ遊び。上まで行ってみると、遮るものが無くよい見晴らし。岩手山から流れてくる冷たい風が心地良かった。 [続きを読む]
  • 西和賀町 ほっとゆだ駅
  • ほっとゆだ駅は、味わいのある立派な建物だった。しかし、そのほとんどは中央に位置する温泉施設「ほっとゆだ」で、駅の出入り口は右の端。みどりの窓口、待合室ともこぢんまりとしていた。なお、東北の駅百選に選定されている。風見鶏のモチーフは、ニワトリではなくヤマドリ。町の鳥だった。駅舎の隣に、自由通路の「ほっとかけはし」。駅前の駐車スペースには、「ほっとゆだ足湯っこ」。お湯の温度は、まあまあ温かい感じだった [続きを読む]
  • 盛岡市 IGRいわて銀河鉄道本社
  • 2015年11月に上田から移転したIGRいわて銀河鉄道本社。1階は青山駅の南口になっている。今回初めて入った俺たちを迎えてくれたのは、ぎんがくんときらりちゃん。将来は運転士や車掌になることを夢見ているそうだ。地産地消レストラン『びすとろ銀河』のほか、産直も併設されていた。『銀河マルシェ』の小さな懸垂幕、これを部屋に飾りたい。 [続きを読む]
  • 盛岡市 岩手公園
  • 教育会館の敷地には、タワークレーンが1基。これから本格的な建設が始まるようで、新会館のオープン予定は来年2月だという。俺の視界に人はいなかった。白い岩手公園は、静かで穏やかな雰囲気だった。本丸も、誰もいなかった。小鳥の鳴き声だけが聞こえてくる。ゆっくりと辺りを歩きながら、そっと樹木の洞(うろ)を覘くと、中には木の実がいくつかあった。色々想像すると楽しい。 [続きを読む]
  • 盛岡市 リリオ
  • 大通会館リリオ。LIRIOとは、スペイン語で盛岡市の花「カキツバタ」のことだという。ロビーには、古い写真がいくつか飾ってあった。昭和38年の映画館通り、当時の映画館、亀ヶ池沿いに立ち並ぶ店、北上川を渡るSLなど。当時の風景が俺には新鮮で、結構長い時間眺めていた。 [続きを読む]
  • 盛岡市 サンビル
  • 今日一番の目的、櫻山神社での初詣を終え、あとは街をぶらぶら。サンビルは、10年以上前にレコード&CDフェアで訪れたことがある。「公園下のショッピングセンター」というフレーズがいい感じ。サンは太陽かと思っていたが、表記がSUNではなくSANなので、岩手県産業会館の産なのだろう。だけど、幟には太陽の絵と「さんさん」の文字。太陽の手書きっぷりがいい。中に入ると、銀河アイスクリームのケース。だが、ケースの中にそれら [続きを読む]
  • 盛岡市みたけ
  • みたけで出会ったニュースくん。硬貨投入口はテープで塞がれていて、もうその役目は終えているようだ。かつてそこにあった新聞は、毎日新聞、スポーツニッポン、盛岡タイムスの三種類だった。盛岡は青空だった。ここのところ、盛岡に来る時は晴れることが多くて、そのたびに盛岡はいいなあと思う。館内に入ることはたぶん無いであろう、県営武道館。正面から見たのは初めてかもしれない。弓道関係の施設だろう。この意匠は、どう考 [続きを読む]
  • 盛岡市盛岡駅西通
  • ホワイトクリスマスではなかったが、凛とした空気に包まれた聖夜だった。マリオスのアトリウムでは、ツリーを模したイルミネーション。いつも思うが、これはSLの蒸気をイメージしているのか。俺の中では未だに答えが出ていない。外は、青い光のページェント。ふたりのサンタクロースが、メリークリスマスと言いながら何かを配っていた。マリオスの窓は、ハートマークに灯っていた。嫁さんは初めて見たようで、なんだか嬉しそうだっ [続きを読む]
  • 盛岡市上ノ橋町
  • 中津川にたたずむ白いサギ。何かを見つめていた。俺の視線の先には上の橋。橋梁の補修工事中だった。前年度の上流側工事に続き、今回は下流側の補修。11月から来年3月まで、通行規制を行うという。擬宝珠や横材などは、工事のため一時的に撤去されていた。小一時間ぶらぶらして、町をあとにする。もう、暗くなってきた。冬は日が短い。 [続きを読む]