NPO法人ねこけん さん プロフィール

  •  
NPO法人ねこけんさん: NPO法人ねこけん公式ブログ
ハンドル名NPO法人ねこけん さん
ブログタイトルNPO法人ねこけん公式ブログ
ブログURLhttp://ameblo.jp/naoofjapan
サイト紹介文30代を中心に東京都でTNR活動を行う新猫ボランティア団体『ねこけん』のブログ
自由文次の世代に繫げるボランティア団体
『ねこけん』

若い世代を中心にTNR活動や飼い主のいない保護猫の新しい家族を探す活動をしています。

活動報告や譲渡報告、家族募集中の猫ちゃんの情報を随時更新しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供395回 / 365日(平均7.6回/週) - 参加 2011/10/04 02:10

NPO法人ねこけん さんのブログ記事

  • 子猫 仔猫…こねこ…
  • 「皆さん、こんにちわでっち」「ん?何笑っているでっちか?僕は可愛いノリ夫(海苔夫)でっち。頭に海苔が乗った「のり弁」ではないでっちよ」「僕は、兄弟で保護された子猫でっち」「僕達は今は綺麗な可愛い仔猫達だけど、保護当時は目が開かない程酷い状態だったでっち」「風邪をひいて、目やにで目が塞がっていたでっち」「保護されて、眼科の専門医の八巻動物病院の八巻先生に治して貰ったでっち」「で、その時に先生が「ん? [続きを読む]
  • 菊千代・竹千代 〜偶然が重なった兄弟〜
  • ある日の事、深夜に車で移動していたメンバーAYさん結構大きな道路を車で通行中、目の端でピョンピョン跳ねる何かを見たような見なかったような…その場所は大きな通りですが、辺りにはお店も民家もありません。「こんな所に、猫が居るはずがない。きっと狸か何かね〜」と、とりあえず、用事を済ませにそのまま通過しました。 しかし…やはりそこはねこけんメンバー気になって、帰りにその場所を再び通る事にしました。そして… 「 [続きを読む]
  • 飼う、それは命を家族に迎えるという事
  • 去年の冬に、ねこけんへやって来た2頭の猫いつもニコニコと笑顔の「レイティア」と、「ウフフ」お惚け「ルーディー」「ん?」ルーディー「おとぼけじゃなぁ〜い!」「かっこいい黒豹みたいなルーディーだもん!」2頭の兄弟は、飼い主さんが、脳梗塞で何回か倒れ、ご自身の体調もそうですが、猫達の先々の事を考えて、新しい家族探しをする事になったからなのです。「この子達が少しでも若いうちに、可能性が大きいうちに…優しい方 [続きを読む]
  • ガムテープでぐるぐる巻きにされた猫
  • 保護猫ジロウ君です。ジロウは、保護されてから、約2年経ちますが、まだまだ人間を心から信頼はしてくれていないようです。ジロウが何故保護されたのか? それは…2015年10月の終わり…ジロウは、余りにも残酷で、酷い姿で発見されました。粘着テープで生きたままぐるぐる巻きにされ、顎の傷からは血が流れ、右耳の後ろに殴られたような痕がある状態で、紙袋の中入れられ、公園の水飲み場近くのごみ箱の横に放置(遺棄)されていた [続きを読む]
  • 贈り物
  • ねこけん保護猫は現在350頭超えをしております。これだけ保護猫の数が増えると、お世話の他にも大変な事があります。「えっ?何?」それはね…「仮名を決める事」 例え保護猫生活中のみの仮名だとしても、お世話を続ける中で、毎日呼びかける、大切な贈り物です。 保護猫が増えれば増える程、どこで保護されたか?誰が保護したか?等もすぐにわかるように付ける事も多いのです。そうしないと…「この子、どこから来たんだっけ?」 [続きを読む]
  • 全ての猫を救いたい…でも!
  • 「助けてあげてください」「何とかしてあげてください」「保護してあげてください」連日多くの方からご相談をお受けしております。 全て助けたい…でも… NPO 法人ねこけんは、東京都の練馬区のはずれ、杉並区に隣接した地域にある団体です。代表をはじめメンバー全員皆様と同様に、社会人として仕事をしながら、時間を見つけてTNRをメインに活動をしております。時には、お返事が遅くなったり、緊急のご相談を優先したりする場合 [続きを読む]
  • 生き延びる
  • 「胎盤ごと草に絡まった仔猫」保護時はどうなる事かと心配されましたが…今ではミルクボランティアさんの手厚いケアと愛情のお陰で…キュルル〜ん可愛く元気に育っています「ウフフ」こうして救われる子は、ほんの一握り。殆どの仔猫達は人知れず命を落としているでしょう。 「胎盤ごと草に絡まった仔猫」は、野良猫の母さんから産まれた子達です。幸い、保護されたから良かったものの、そのまま誰にも気が付いて貰えなかったら… [続きを読む]
  • 輝く笑顔の先に…
  • 元旦に保護された「元子(がんこ)」ちゃん元子と言えば…そうです!「元子スマイル!」2017年の元旦に保護された当時には、まったく動きを見せずに固まっていた事から、「不動の元子」と言われておりました。「むっすり」いつも「むっすり顔」の元子それでも、メンバーみんなでお世話を続けながら「元子可愛いね〜」「元子大好きだよ〜」と、撫でながら話しかけていました。そして、数日が経ち、数週間が過ぎ、数ヶ月もすると…「 [続きを読む]
  • 次回譲渡会は、虎ノ門会場です
  • 次回開催のお知らせ☆ねこけん譲渡会開催☆○虎ノ門会場日時 2017年8月6日(日)午後1時〜5時東京都港区西新橋3-4-6 田嶋ビル2F交通:都営三田線 御成門駅徒歩7分 東京メトロ日比谷線 神谷町駅徒歩10分 東京メトロ銀座線 虎ノ門駅徒歩10分 JR・都営浅草線 新橋駅徒歩10分地図※保護猫の体調により、当日欠席となる子もおりますが、当日の問い合わせはご遠慮頂けます様お願い申し上げます。 ☆里親様へのお願い☆(↑詳しくはこ [続きを読む]
  • 一億2693万人のチャトラッシュファンの皆様
  • 本日は譲渡会です。譲渡会には、たくさんの保護猫達が参加します。保護の経緯はそれぞれ違いますが、全頭、ウィルス検査(エイズ・白血病検査)、ワクチン、蚤取り、駆虫、マイクロチップ、健康診断を済ませ、一定期間以上の室内保護を経て、生後2ヶ月以上の子達が参加しています。 「一億2693万人のチャトラッシュファンの皆様、おこんにちはデッチ。みんなのアイドルイケメンチャトラッシュデッチ」「僕チンも、優しい家族を見つ [続きを読む]
  • 子猫が突然庭に…
  • 子猫が突然庭に…そんな時、あなたならどうしますか? 可愛い仔猫…自分で飼う事は出来ない…それでも、放置する訳には行かないし…(死んでしまうから)※仔猫に安全な掴み方をしていますので、心配はございません。 と、ある方が、お庭に3匹の仔猫を発見しました。大きな声で鳴いていたので、居る場所はすぐにわかったそうです。 炎天下に手の平に乗る程の小さな仔猫…放置すれば死んでしまうかも知れない…。 見つけた方は、ま [続きを読む]
  • 現場に残された子
  • 昨日の現場で、残されていた子猫1匹母猫も兄弟も捕獲し、保護されていますが、残された子猫は姿は見せるものの、なかなか捕獲器には入りません。兄弟や母猫が捕まったのを見てしまっていたのでしょう。 母猫がいない状態で仔猫1匹をながながと現場に残しておいては危険です。何としても、早く保護しなくてはなりません。M代表「今日(夜)必ず捕まえる!」ねこけん部隊「了解!」と、言う訳で、仕事を終えたねこけん部隊、再び出動 [続きを読む]
  • 朝日がまぶしいねこけん部隊復活!?
  • 久しぶりのお手伝いいつもはねこけん主体のTNRで大忙しですが、今回は個人のベテランボランティアさん&ベテランミルクボランティアさんのTNR現場のお手伝いに出動しました。いつも、ミルクっ子達を素敵に可愛く育て上げて下さるので、ねこけん恩返し(笑)そこは、若い母猫さんと、子猫4匹(保護)のTNR現場です。閑静な住宅街ですので、静かに活動をしなくてはなりません。ねこけんが到着する前に既に母猫さんと子猫さ [続きを読む]
  • 今日はちょっと…
  • 今日はちょっと真面目なお話で… 「脱走してしまいました」どんなに注意をしていても、時として起こる「飼い猫の脱走」 微笑み君「脱走は飼い主さんも猫自身も、心身共に辛いからね」 ねこけんでは、ねこけんで譲渡した猫さんが脱走した場合、メンバーが駆けつけ24時間体制で捜索のお手伝いをします。 つい最近もメンバーISHさんが譲渡した猫さんが脱走。すぐにIShさんとHAさんが駆けつけ、捕獲器をかけ、周囲を捜索。飼い主さん [続きを読む]
  • 眼球が!首が!
  • 可愛い白黒の子猫さん綺麗で可愛い子猫さんですが…実はこの子猫、保護時は…眼球が飛び出た状態で保護された子猫でした。余りの状態に、八巻動物病院へ搬送した際に、すぐに入院となり、八巻先生が治療をしてくださいました。子猫も小さい体で眼球摘出の手術に耐え…こんなに可愛い子猫になりました!この子猫は、片方の目こそ失いましたが、この先ずっと、明るい未来を見る事が出来ます! 可愛くて綺麗な、左の目で… もし…目が [続きを読む]
  • ボトンと落ちて来た仔猫は…
  • 清掃車からポトンと落ちて来た仔猫猛烈に暑いエンジンルームの中で、恐怖に耐えていた仔猫コンビニで車が止まった瞬間、飛び降りたのか、落ちたのか、ポトンと下に落ちて、救われた子肉球や足に火傷を負いながら、鼻や目を真っ黒に汚しながらも、生きる事を諦めなかった子その後、手厚いケアの甲斐あって…目も鼻も綺麗になり…体も綺麗になり…まだまだ痩せて、目が目立っていますがしたが…現在は少しふっくらしたかな…?小さく [続きを読む]
  • どんな状態の子でも…
  • 古びたキャリーに4匹で詰め込まれ捨てられ、警察署に届けられた仔猫達一見、ブランド猫のような風貌で、シールポイントの長毛の仔猫達です。こんなに小さい仔猫達を捨てるなんて…引き取って来て、体を調べると、仔猫達は4頭とも、全て体のどこかに障害がありました。 しかし…M代表「引き取れて良かった!うちに来て良かった」ねこけん「ですね♪」↑THE ねこけん的な考え方(^^;) なんやかんやで、ミルクぼらのNAKさ [続きを読む]
  • おやっ?あれか!?
  • 「んん?あれか?」「う〜ん…あれだね」「あれあれ?」「おおお!あれだ!」「あああ、あれね」ねこけん「多頭飼育崩壊アメショ&アメショMIXのみんな、どうしたの?」 「あれ…あの生き物だよね?」ねこけん「ん?あれ?」 あれ↓ねこけん「ああ、ハクビシンの子供ね」 「だよね?あれ、ハクビシンだよね」「おおお!やっぱりね。鼻の白い線が特長だよね」 「はぁ〜。みんな分かってないな〜。あれはね、グレーさびの仔猫だと [続きを読む]
  • 短冊に込めた願い
  • 今日は七夕ですね…。織姫と彦星が1年に1回、7月7日に天の川を超えて会う事が出来る日。色とりどりの短冊に、願い事を書いて笹の葉に結ぶ…皆様は、どのような願い事を書きましたか? この可愛い白黒おひげの猫さん「初めまして、ムクと言いますです。はい」 ムクは、白血病陽性です。ムクはとても人懐っこくて、愛らしく、勿論元気いっぱいです!ムクは、川の柵に紐で繋がれて捨てられていました。 ムクは…川の柵に繋がれながら [続きを読む]
  • 胎盤ごと草に…の仔猫
  • あらっ!?この可愛い仔猫さん達は??まんまるなお顔に…大きなお目目…ねこけん「可愛いね」 「いえいえそれ程でも…でっち」ねこけん「あなたもまん丸でモフモフね」「ウフフ」「ごくごく ごくごく 至福の時〜でっち〜」 ねこけん「うわ〜みんなまん丸で可愛いね〜」このモフモフでまん丸な3兄弟実は…以前保護となった「胎盤ごと草に絡まった仔猫」さん達なのです!当時は目も開いていなかった仔猫達ベテランミルクっ子ボラ [続きを読む]
  • 春を見る猫
  • 約10年前に保護された「春見」ちゃんメンバーISさんの愛猫小雨の降る9月のある日隣の方が飼い犬が余りにも隣の家の庭に向かって「クンクン」と鳴くので、気になり、お隣に伺いました。お隣さんもすぐにお庭を見てくださったそうです。すると…まだ小さな仔猫がオスメス2匹で捨てれていたそうです。蚤だらけで、目はぐしゃぐしゃ。ねずみサイズの産まれたて仔猫。 その子達は、色々有って、2匹揃ってメンバーISさんの元へやって来た [続きを読む]
  • 来たー!最強の?導入ー!!
  • M代表がボランティアを始めた第一番目の現場。当初何頭もの猫さんが居て、猫が好きな方がその都度ご飯を上げていた場所でした。M代表はすべての猫に不妊去勢手術をして、更に1頭いた風邪をひいいて目が塞がった子猫を保護し、家族に迎えています。その子が、M代表の愛猫「ふじこ嬢」このふじこを産んだのが、その現場にいてご飯を貰っている「ふじこのかーちゃん」←ネーミングが安易その「ふじこのかーちゃん」はとても賢く甘えん [続きを読む]
  • 言えない…
  • むつお君超個性的な(お顔の)子猫だったむつお君運命の赤い糸が繋がり、優しい家族の元で愛情を全身に受けながら、幸せな時を過ごしていたむつお君数年後、むつお君が体調を崩し、「慢性腎不全」という辛い検査結果が…しかも、末期…。ご家族様は、むつお君と一緒に過ごせる時間はそう長くない事を知りました。毎日毎日、点滴などのケアを続け、むつお君も、のんびりゆったり、お気に入りの場所で、残された時を家族と共に平和に [続きを読む]
  • 次回の譲渡会のご案内
  • ○練馬会場日時 2017年7月16日(日)午後1時〜午後5時場所:東京都練馬区豊玉北5-15 -12アロマテラピーサロン「マシュマロー」の入っているビルの2Fです。交通西武池袋線 練馬駅 徒歩1分東京メトロ副都心線 練馬駅 徒歩1分東京メトロ有楽町線 練馬駅 徒歩1分都営地下鉄大江戸線練馬駅徒歩1分※保護猫の体調により、当日欠席となる子もおりますが、当日の問い合わせはご遠慮頂けます様お願い申し上げます。 ☆里親様へのお願い☆ [続きを読む]
  • 本日は虎ノ門に参上!?
  • 本日、M代表&ねこけん部隊、虎ノ門に参上!!!海苔夫「だって、譲渡会でしょ?」ねこけん「あっ!はい(^▽^;)」 パステル三毛ちゃん「昨日のシンポジウムはどうだったの?」 ↓これですね?愛護団体合同シンポジウム「活動家たちが見た猫の現実」はい!実に盛り上がりました〜(オフ会が!?) ねこけんM代表の多頭飼育崩壊の現実そして…ボランティアだって忘れられない猫さんがいる。それでも、譲渡していかなければならない [続きを読む]