登山詳細図世話人 さん プロフィール

  •  
登山詳細図世話人さん: 登山詳細図世話人の日記
ハンドル名登山詳細図世話人 さん
ブログタイトル登山詳細図世話人の日記
ブログURLhttp://mordred1114.blog.fc2.com/
サイト紹介文登山詳細図を全国に広める活動の日記。テレマークスキーやクライミングの記録もUPしています。
自由文『高尾山登山詳細図』
http://www.kibito.co.jp/takao/index.html
のアピール活動。『御岳山大岳山浅間嶺登山詳細図』の作成、アピール活動。新しいエリアの登山詳細図の作成、作成の支援等を行っています。山屋なので山の活動記録もUPしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供74回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2011/10/04 17:14

登山詳細図世話人 さんのブログ記事

  • 根子岳
  • いつも踏査を手伝って下っている皆さんと、雪山登山練習で根子岳に登りました。(2017-3/9に実施)(Tさん、Uさん、Nさんと山頂にて。)楽しい一日でした!どうぞ宜しくお願いします。↓↓↓↓にほんブログ村 [続きを読む]
  • 甲斐郡内図踏査 根本山 秋葉山 上野原図書館 大ケヤキ
  • この日は上野原市街地裏山の根本山、秋葉山を調べました。この日はSさん、SMさんにお手伝いを頂きました。この一帯は、日大明誠高校の裏山になります。懐かしの学園ドラマ「飛び出せ!青春」「われら青春!」で太陽学園としてロケされた高校です。裏山なので道が沢山あって、お二人がいてくれて助かりました。踏査は午前で終わり、午後は上野原図書館でお二人にもご尽力頂き、地名、山名、由来などを調べ、大ケヤキも見て帰りまし [続きを読む]
  • 巻機山〜牛ヶ岳北面〜五十沢〜大兜山〜野中 ツアー ②
  • ツアー二日目も夜明けから快晴でした。五十沢の川床まで標高差400mほど斜面は、朝一でカリカリでした。正面に大兜山南面の登高するルンゼが見えます。昨日、牛ヶ岳上部から見えた時は壁に見えましたが、斜度は少しだけ穏やかに見えるようになってました。五十沢(永松沢)のゴルジュ帯は雪で埋まっていました。クト―を付けて進みます。このルートの最核心であるこのルンゼ登高は、日が当ってくる前の朝一で抜けないと厳しい部分 [続きを読む]
  • 巻機山〜牛ヶ岳北面〜五十沢〜大兜山〜野中 ツアー ①
  • 巻機山から五十沢を横断し大兜山を越え、野中に繋ぐルートをトレースしました。(2017-2/28-3/1に実施。同行、N上氏。)(牛ヶ岳北面を魚沼三山をバックに滑降する。)清水集落を7:40に出発、巻機山を目指します。(米子沢)ニセ巻機(九号目)に到着。一旦コルに下り、巻機へ。巻機山直下。そして巻機山山頂到着。(国境稜線の山々)牛ヶ岳まで進みます。14:00過ぎに牛ヶ岳に到着。滑降の準備に入ります。お馴染みでない光景に [続きを読む]
  • 講演会をさせて頂きました。
  • 労山、野火止山の会さまの年次総会で、記念講演のお話を頂き、先日お話させて頂きました。生まれて初めての経験でしたので、90分間も間が持つかなと不安一杯でしたが、身近な方々からのサポートもあり、何とか無事講演を終えることが出来ました。各位様に感謝致します。どうぞお宜しく願い致します。  ↓  ↓  ↓  ↓にほんブログ村 [続きを読む]
  • 戸隠 黒姫山 大橋ルート
  • 大雪の合間を縫って、戸隠 黒姫山に大橋ルートから登りました。(2017-2/13に実施。同行者M野氏、Yさん、Kさん。)(御巣鷹山)天気は悪くなかったです。黒姫外輪山に達し、外輪山を辿って黒姫山頂を目指します。山頂が近づいてきた。そして山頂。山頂から火口経由で外輪山のコルに戻りました。動画です↓       ↓       ↓       ↓[高画質で再生]黒姫山 大橋ルート[広告] VPS(火口から山頂を振り返る [続きを読む]
  • 奥多摩図追加調査 三ツドッケ 塩地谷右岸径
  • 奥多摩/西編追加調査で、三ツドッケに出向きました。2017-02/01に単独で実施。奥多摩駅0810発 鍾乳洞行きに乗りました。倉沢橋で下車。倉沢林道を魚留橋まで。この木段からこの日調べる、塩地谷右岸を辿る作業道に入ります。下部は急傾斜の九十九折ですが、整備され快適な径でした。塩地谷は、沢登り、釣りで人気の銘溪で、このような整備された径があれば安全に楽しむことが出来るでしょう。最後はヨコスズ尾根、1300AL地点の道 [続きを読む]
  • 甲斐郡内図 奥多摩図 踏査 槙寄山南面 大羽根山
  • 甲斐郡内図、奥多摩/西編の踏査で、表題のエリアに出向きました。(2017-1/26に実施。協力者 Kさん、Uさん。)(大羽根山手前よりの御前山)このエリアの踏査が急遽必要となり、3週前に出向く予定でしたが、雪が積もりそのタイミングでは断念し、満を持して雪の落ち着いた先週に出向きました。上野原から飯尾行きバスで扁盃下車、お二人は郷原下車で、計二本のルートを調べ、槙寄山を目指しました。(扁盃ルートの登山口)途中で [続きを読む]
  • 北海道遠征③ 増毛山地 当別丸山 札幌近郊 迷沢山
  • 遠征5日目、六日目は白銀荘より移動し、新雪のある道東方面の穏やかな低山を廻りました。(増毛山地 当別丸山)この日は、ここから登りました。穏やかで心静かな山歩きが楽しめました。山頂からはピンネシリ山群が雄大でした。滑りもそれなりに楽しめました。動画です↓     ↓     ↓     ↓     ↓     ↓     [高画質で再生]増毛山地 当別丸山 テレマーク[広告] VPS下山後は日本海沿いを巡り南 [続きを読む]
  • 小仏峠バッジ 初売りします!
  • 小仏峠のたぬき缶バッジが完成しました!販売予価 ¥200(税込)、1/27(土)より小仏峠にて初売り予定です。(唯一の売り場です。)(袋入りです。)今週末は、小仏峠にお立ち寄りください!どうぞお宜しく願い致します。  ↓  ↓  ↓  ↓にほんブログ村 [続きを読む]
  • 北海道遠征② 富良野 三段山
  • 北海道遠征三日目は、白銀荘から三段山に登りました。(三段山山頂、M野さん。)咳の発作も、薬と休息が効いて何とか山に登れる状態に回復し、三段山に向かいました。(吹上温泉 白銀荘。素泊まり¥2,700。山屋のオアシス。)富良野岳が大きかった。(富良野岳)山頂に到着。十勝岳方面は荒々しい世界が続いていました。頂上より滑降しました。動画です。↓     ↓     ↓     ↓     ↓     ↓     [続きを読む]
  • 北海道遠征① 大雪山 旭岳
  • 先週一週間は北海道山スキー遠征に行ってました。(2016-1/16-21、同行者 M野さん。)初日は悪天で移動日。旭川で梅光軒本店に立ち寄りました。さすがにかなり美味しく、新千歳の支店とは別次元の味でした。初日は旭岳温泉の宿に泊まり、翌日は快晴のもと旭岳を目指しました。初日は夏以降悩まされている喘息に似た発作がでて、苦しい山行となりました。スキーは7合目付近にデポし、アイゼンを付けて慎重に山頂を往復しました。何 [続きを読む]
  • 甲斐郡内図 踏査 大野貯水池 御春山 四方津御前山 栃穴御前山
  • 残っていた四方津駅周辺のエリアを、Nさん、Uさんにお手伝い頂き調べました。(ハサミ岩より)四方津駅よりスタート大野貯水池北岸を辿り南米沢峠へ一度、空身で前回到達した綱ノ上御前山の稜線上ピークまでを往復。御春山(おはんなやま)に到着。風も無く穏やかでした。コモアしおつの団地を抜けて四方津御前山に向かうお二人と別れて栃穴御前山へ向かいます。径の入口急登の先、栃穴御前山に到着。稜線を鶴島御前山へ縦走。恐 [続きを読む]
  • 奥武蔵登山詳細図 分岐表記に関するお知らせ
  • 奥武蔵登山詳細図を御使頂いてます皆様、いつもありがとうございます。今回、奥武蔵登山詳細図の表記について、秩父警察署山岳救助隊さまからもご助言を頂き、緊急にお知らせしたい件がございまして、この場にてお知らせさせて頂きます。奥武蔵登山詳細図の表記で、分岐箇所と分岐径を矢印を記入して表記し、×印のあるものは通過不能又は立入禁止径、特に×印の無いものは径が続いているものとして表記しておりましたが、特に×印 [続きを読む]
  • 新シリーズ 『25,000分の1シリーズ 丹沢』 届きました!
  • 登山詳細図の新ジャンル、『25,000分の1シリーズ』の第一弾『丹沢』が届きました。「丹沢主要部を1枚で表した読図の出来る地図を作ってほしい」という要望にお応えて「東丹沢登山詳細図」「西丹沢登山詳細図」(共に縮尺1:16,500)をベースに作成した1:25,000登山地図で、地理院1:2.5万地形図12枚分のエリア主要部がこの1枚に収録され、丹沢の主要な山々がほぼ含まれているコンパクトで丈夫な1:25,000登山地図です。畳んだサイ [続きを読む]
  • 甲斐郡内/東編 踏査 田和峠 数馬峠 浅間峠
  • 笹尾根エリアで、残っていた田和からの径を調べ、浅間峠へ縦走し、新山王橋へ下りました。(数馬峠より権現山と富士山)この日はUさんにお手伝い頂き、田和から田和峠への一般登山道と上平(うわったいら)バス停から数馬峠に繋がる古道の二本を先ずは調べます。数馬峠への古道は入口も明瞭で、とても良い道でした。昔の道標も状態が良く、一般道として表記できるレベルでした。秋に調べた尾名手尾根が存在感を放っていました。自 [続きを読む]
  • 斧窪御前山 綱之上御前山 甲斐郡内/東編 踏査
  • 斧窪御前山 綱之上御前山の二つの御前山を繋げて、一帯を調べてきました。(2016-12/7に単独で実施。)(綱之上御前山北方より四方津方面を望む。鶴島御前山も良く見えています。)梁川駅よりスタート。まずは斧窪御前山を目指します。(斧窪御前山)ここが登山道入口斧窪御前山到着。TV用中継アンテナがありました。山頂から縦走を開始しましたが、送電線巡視路とダブる部分以外は、笹薮が濃く、冬季でも道を失いやすい区間が続 [続きを読む]