クロノクル=アレクの人 さん プロフィール

  •  
クロノクル=アレクの人さん: アレク図書館ゲーム分室
ハンドル名クロノクル=アレクの人 さん
ブログタイトルアレク図書館ゲーム分室
ブログURLhttp://kuronokuru1985.blog.fc2.com/
サイト紹介文メインブログ「アレクサンドリア図書館」のゲーム分室
自由文主にシミュレーションゲームを中心にレビュー、プレイレポ、攻略、小ネタ等を扱います
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供85回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2011/10/05 21:33

クロノクル=アレクの人 さんのブログ記事

  • 【Fallout4】オタコンがゆく 第31話 ケンダル病院
  • 帆船を出航させたあとは、レールロードのクエストを進めてみる。ディーコンが姿を消してしまったので、ニックを相方に受け渡し場所へ向かってみるが……1.レールロードの連絡法レールロードのミッションは、本部のDr.キャリントンから言われた受け渡し場所へと向かう。とくにロケーションは指定されず、マーカーはバンカー・ヒル近くのポストを指していたこの“ストックマン”という人物と接触すれば、任務の内容が分かるらし [続きを読む]
  • 【Fallout4】オタコンがゆく 第30話 バンカー・ヒル
  • 乗り上げた帆船「USSコンスティチューション」が、ついに飛び立つべく動き出した。装備の修理を頼まれたオタコンは、あちこちの工場へ東奔西走するが1.バンカー・ヒルスカベンジャーから誘導チップを取り戻したあとは、甲板長からパワーリレーコイルの調達を頼まれた。そこらのプロテクトロンを壊せば出てくる気もするが(苦笑)、さすがに今回のクエストでは不謹慎だろうマーカーが差す場所には、巨大な尖塔が立っている。前 [続きを読む]
  • 【Fallout4】オタコンがゆく 第29話 USSコンスティチューション
  • ディーコンとともにBOSに潜入したオタコン。スクライブ・ヘイレンから戦前の電気機器の回収を頼まれるが、友軍(BOS)のベルチバードが墜落して地下鉄への道をふさがれてしまった。はたして、再読み込みで撤去なるか1.トリニティ・プラザゲームを立ち上げ直して、リビア・ビーチ駅へ行ってみると墜落したベルチバードがどこかへ行き、何もなかったかのように上空でパトロールしていたのであった(笑)内部は地上と同じくレイダー [続きを読む]
  • 【Fallout4】オタコンがゆく 第28話 湾岸警備隊埠頭
  • 相方をレールロードのディーコンに変えて、BOSとレールロードのクエストへ踏み込んでいく。メインストーリー的にはミニッツメンが本命で、両組織がそれにどう関わるかをはかるための偵察だ1.ディーコンとBOSを偵察ディーコンを仲間にすべく、レールロードの本部へ。リーダーのデズデモーナに会うと、彼女はBOSへの警戒感を露わにするある程度の情報は仕入れていて、BOSの巨大な飛行船はプリドゥエンと呼ばれている。 [続きを読む]
  • 【Fallout4】オタコンがゆく 第27話 ミルトン・ジェネラル病院
  • グッドネイバーのシュラウドおたく、ケントの依頼で、シュラウドに成りきって悪を成敗する主人公。シュラウド旋風は犯罪者の世界にもとどろいて、大物レイダー、シンジンをも動かして……1.ウォーターストリート・アパートグッドネイバーで殺しを受け持つケンドラ。酒場サードレールに聞き込みに行くと彼女は、グッドネイバーと同じ金融地区内のウォーターストリート・アパートにいるという地味に罠があったりするので注意が必要 [続きを読む]
  • 【Fallout4】オタコンがゆく 第26話 クループ家の館
  • プレストンと北東の入植地を巡回し、製鉄所のフォージを退治した。BOSの救難信号の件は中途で切れたので、さらなる入植地の問題を解決に、東へ西へ1.グリーントップ農園&スロッグ以前からプレストンに場所だけ知らされていたグリーントップ農園ではフェラール・グールの襲撃に悩まされていたそうだが、ナショナルガード訓練局がその淵源だったのか、いつのまにか解決していた(笑)楽に経験値が稼げるから、ありがたい展開であ [続きを読む]
  • 【Fallout4】オタコンがゆく 第25話 サウガス製鉄所
  • キャッスルの北東にあるノードハーゲン・ビーチを目指す旅もようやく、終わり。ビーチの住人たちは、いい入植地候補があるのだが、タチの悪い連中がいるので、排除して欲しいと頼まれて……1.BOSの救難信号ようやく目的地のノードハーゲン・ビーチにたどりついた。南西には、BOSのものとおぼしき巨大な飛行船が浮かんでいるあそこにあるということは、キャッスルから意外に近い位置にあるということ。またややこしいことに [続きを読む]
  • 【Fallout4】オタコンがゆく 第24話 イージーシティ・タウンズ
  • 老兵ロニー・ショーの案内に応じて、ミニッツメンの大砲を復活させることができた。まだまだミニッツメンを待っている入植地が多いので、未開の北東部を探索するが……1.乗り上げた巨大帆船大砲を復活させ、まさにミニッツメン再建の狼煙が上がったところで、まだ見ぬ入植地の保護に乗り出そうと、プレストンともに北東部への遠征をはじめた伝説の子持ちモールラッドからは、壊し屋のコンバットアーマー(右腕)をゲット! どう [続きを読む]
  • 【Fallout4】オタコンがゆく 第23話 ミニッツメン・ジェネラル
  • BOSとも接触したし、ふたたびミニッツメンのクエストを追う。キャッスルで現われた古参のミニッツメンから、地下の弾薬庫から軍需物資を回収することを提案された。新将軍としての面目を施したいところだが……1.古参兵ロニー・ショーパイパーさんとの仲も極めたし、原点回帰でワンコをお供にミニッツメンの入植地周りをしたいところなのだが、肝心のワンコがなかなか戻ってこないプレストン・ガービーからは、「回復したばか [続きを読む]
  • 【Fallout4】オタコンがゆく 第21話 グッド・ネイバー
  • ヘーゲン砦において、はやくも息子を連れ去った犯人との対決が実現した。しかし、その決着は新たなる波乱の時代の幕開けに過ぎなかった1.ケロッグとの対決一見、博物館風のヘーゲン砦も、地下は旧米軍の基地となっていた。ニックいわく、「ここなら(インスティチュートが)拠点として使うのに絶好」中は罠と人造人間がわんさと待ち構える。ただ、オタコンはスネークリスペクトでSneakのPerksをランク3まで取ってしまったので、 [続きを読む]
  • 【Fallout4】オタコンがゆく 第20話 ヘーゲン砦
  • キャッスルの奪還作戦に成功し、ミニッツメン専用ラジオ「ラジオ・フリーダム」も再開した。ミニッツメンのクエストも一段落したところで、今回は息子探しを再開。探偵ニック・バレンタインはショーンをさらった傭兵を知っている!?1.人造人間の脅威アバナシー・ファームから救難信号があったので、かけつけると襲ってきたのは、人造人間の集団であった。なして、インスティチュートがミニッツメンの拠点に襲撃を!?オタコンが [続きを読む]
  • 【Fallout4】オタコンがゆく 第22話 アークジェットシステムズ
  • ケロッグの脳みそを分析すべく、グッドネイバーのメモリー・デンを訪れたオタコンとニック。Dr.アマリはあくまで生きた人間の脳しか分析できないと言い出すが、ニックは驚愕の申し出で乗り越えようとして……1.ケロッグの精神世界へ地下には、前作のトランキル・レーンを思わせるポッドが並んでいて、白衣の女性が立っている彼女がもちろん、Dr.アマリ。生きた人間の脳から、残った記憶のイメージを見せる装置を扱っている [続きを読む]
  • 【Fallout4】オタコンがゆく 第19話 インディペンデンス砦
  • とりあえず、レールロードのアジトにはたどり着いたので、お次は放置気味だったミニッツメンのお仕事を。かつて、キャッスルと呼ばれる要塞をミニッツメンは本拠地としていたが、海から上がってきた化け物に破壊されたという1.D.B.テクニカル・ハイスクールプレストンにキャッスル攻略の準備ができたことを伝えると、「では現地集合だ」ということになりMAPで確認すると、ダイヤモンドシティから遥か南東である。このゲー [続きを読む]
  • 【Fallout4】オタコンがゆく 第18話 レイルロード本部
  • 寄り道の果てにようやくたどりついたレールロードの本部。崩れた教会の地下で、女性リーダーから信用の証としてとある危険なミッションをこなすように求められる。はたして反アンドロイド団体のレールロードの真意とは?1.オールド・ノース・チャーチ古びた教会の内部には、フェラール・グールが入り込んでいた地下にもいたが、レールロードのマークがくっきりと記されているので、ここに拠点があるのは確かなようだフリーダム・ [続きを読む]
  • 【Fallout4】オタコンがゆく 第17話 コンバット・ゾーン
  • 探し求めるレール・ロードにも、シルバーシュラウトラジオにも合えず。ただし、ひょんなところで女格闘家とマネージャーには会えたのだが1.チャンピオン・ケイト誰から聞いたか、いつのまにか場所だけ分かっていたコンバットゾーンポストンコモンの十字路で南から銃撃してきたのが、ここのレイダーである。タレットも破壊して、中に踏み込んで見ると受付には縛られたレイダーがいて、「こいつらは掟を破った」みたいな文字が書き [続きを読む]
  • 【Fallout4】オタコンがゆく 第15話 Vault114
  • 寄り道、寄り道で、間延びしていた探偵ニックの捜索。パックストリート駅の周辺には、SM,レイダーがうようよ。ニックはここで誰を追い、追われているのか1.パック・ストリート駅トリニティプラザから東は地獄である本来、都市中心部であるボストンコモンの入り口には、ミカエルという男が死んでいて、十字路は南にはレイダー、東にはSMの拠点がある鉄火場。SMの視線を避けようとして、レイダーに見つかるような現場である [続きを読む]
  • 【Fallout4】オタコンがゆく 第14話 ハブリス・コミック
  • シティのジャーナリスト・パイパーに全てを話し、彼女を仲間に引き入れることができた。ニックを探すまえに、ちょいとシティ周辺を散策1.レイトンタワー鎧職人スクライブと分かれたあと、南へ行くとレイトンタワーになる建物群があった見張りはタレット一機なので狙撃で破壊し、工業用エレベーターで屋上から侵入してみる。上がってみると、そこはレイダーの拠点アタックドッグの奇襲には驚いたけども、二人のレイダーを無事に排 [続きを読む]
  • 【Fallout4】オタコンがゆく 第13話 パブリック・オカレンシズ
  • 新しい仲間が増えても、頼りになるのはやっぱりワンコ。ニック探しはグッド・ネイバーの殺し屋たちが怖いので、とりあえずボストンの散策を優先と1.レキシントンを再スカベンワンコが戻るまでの間(?)、レキシントンの廃墟をチェックし直す。タレットを持っていたレイダーたちのアジトに、Expertの錠がかかった金庫があったりと、まだ漁りきれていないのだふと、役に経たないお手軽核シェルターを開けると、ミニ・ニュー [続きを読む]
  • 【Fallout4】オタコンがゆく 第12話 トリニティタワー
  • さらわれた息子の手がかりを求めて、ついにダイヤモンドシティにやってきた。しかし、街は謎の集団に恐慌状態で、頼みの探偵が行方不明という始末。ほかの住人にも話を聞いてみるが……1.兄弟の悲劇ジョンだったか、「町の歴史のことならアボットに聞け」というので、探しみるとアボットはスコアボードの部分でペンキを塗っていた話しかけると、「球場が街を守っているのだから大切にしなければならん」と、「緑のペンキが切れて [続きを読む]
  • 【Fallout4】オタコンがゆく 第11話  ダイヤモンドシティ
  • 寄り道しつつも、ついにショーンの手がかりのあるダイヤモンドシティに辿りついた。さっそく聞き込みに入りたいが、この都市では人さらい“インスティチュート”が持ち切りで、人間と人造人間のすり替えでそれどころではない。それなら誰を頼ればよいのやら……1.お騒がせジャーナリスト、パイパーダイヤモンドシティへの道は、目印の文字が書いてあるところまで行くと案外平穏である道すがら出会った武器商人から物資を補給し、 [続きを読む]
  • 【Fallout4】オタコンがゆく 第8話 グレイ・ガーデン
  • 寄り道に連邦食料備蓄庫のレイダーを退治したオタコン。最寄のロケーションを確認しつつ、依頼を受けたグレイ・ガーデンを目指す1.ハンディたちの農場食糧備蓄庫からグレイ・ガーデンまでは、そこそこ距離がある途中にアークジェット・システムなる会社跡に立ち寄ったが、ロボットがうろうろしていたので大人しく撤収。今作はプロテクトロンでも装甲が堅く、貴重な弾丸を使わざる得ない。しかも、物によっては自爆するものもいる [続きを読む]
  • 【Fallout4】オタコンがゆく 第7話 連邦食料備蓄庫
  • コルベガ工場のジャレットを倒し、テンパインズをミニッツメン入りさせた。さらにサンシャインの入植地を確保したが、まだまだミニッツメンの助けを借りたい地域はある。お次は、1.パワーアーマーをつけるレイダーサンシャインの入植地が動き出したので、周辺の捜索もしてみる崩れ落ちた高架に何やら誰かのアジトらしいのがあったので、近づいてみるとレイダーらしい身なりの女性が発砲してきた。しかし、VATSで確認してみると、 [続きを読む]