corazoncorazon さん プロフィール

  •  
corazoncorazonさん: PERU その日、その日
ハンドル名corazoncorazon さん
ブログタイトルPERU その日、その日
ブログURLhttp://ameblo.jp/corazoncorazon/
サイト紹介文マチュピチュへの玄関口とはいえ実は田舎のクスコの街での日々の生活。ペルーのニュースもたまに紹介。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供154回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2011/10/06 05:49

corazoncorazon さんのブログ記事

  • リマ:助産警官、銃撃戦で負傷も無事回復中
  • 緊急時、へき地、助産師が到着するのが間に合わない場所に出動して活躍してきた「助産警官」。彼は通常の警察業務を行って、その最中に産気づいた妊婦がいると、その出産を助けることがある。そして無事に生まれてきた赤ん坊の親から名付け親や代夫になるように頼まれることがある。そんな彼が通常の業務の最中に、銃撃にあってしまった。http://trome.pe/actualidad/policia-partero-ate-vitarte-herido-balacera-video-50397&nbs [続きを読む]
  • リマ:プエブロ・リブレ区で公共の場でのセクハラに罰金
  • セクハラ防止条例のニュースだが、あいにく、どのように区に訴えればいいのか書かれていない。区民はそれなりに告知がされているのだろうが、通がかりの旅行者はどうすればいいのか?訴えてから解決のかかる時間はどうだろう?プエブロ・リブレ区は国立人類学考古学歴史博物館やラファエル・ラルコ博物館もあり、観光客も多い。 http://peru21.pe/actualidad/pueblo-libre-multara-acoso-sexual-callejero-s-4050-2281806”口 [続きを読む]
  • DELE(スペイン文部省認定スペイン語検定試験)のレベルB2合格
  • 日本に帰国して、滞在していた3か月の間に、スペイン文部省認定スペイン語検定試験DELE(Diploma de Español como Lengua Extranjera)を受けた。日本の西語検定は、受験申込締め切りが私が日本に到着した日の前日で、出願できずに終わった。 では、DELEはどうだろう?アマゾンでも楽天でも過去問題集は在庫切れで、対策のたてようもわからなかった。なんとかAdelanteという大阪のスペイン語専門学校で在庫があるというので [続きを読む]
  • 50年前の5月11日、当時の皇太子夫妻がペルーを公式訪問
  • 政治社会経済の面白い(訳しやすい)記事を探していたら、こういうのがあったので、チョイスしてみた。ペルーの記事なので敬語は使っていないことを断っときたい。皇室でも天皇系でもなく皇帝家とか帝家にしている。ほんとうは天皇と英語のEmperorは別物なので・・。 50年前、1967年の今日、当時日本の皇帝家の殿下・妃殿下であったアキヒトとミチコが、4日間の公式訪問のためにリマに到着した。ぺルー滞在の間、日系人居留者 [続きを読む]
  • ペルー:携帯電話盗難を減少させるための政府の対策
  • 私もバッグから携帯をすられたことがあるし、首絞め強盗にあって、気絶している間にバッグごと、携帯を盗られたことがある。テレビのニュースを見ると、監視カメラ記録された携帯電話ひったくりの場面が放送されることもよくある。リマの危険地帯では街頭で携帯電話やタブレットを出してはいけない。 rppラジオWEB版よりhttp://rpp.pe/lima/seguridad/las-nuevas-medidas-del-gobierno-para-disminuir-el-robo-de-celulares-n [続きを読む]
  • クスコ:チキン屋経営者、ライバル店オーナーに射殺される。
  • チキンレストランオーナー射殺のニュース第一報を聞いた時、火器を使った犯罪があまりなかったクスコも物騒になってきたものだと思った。しかしも犯人は商売敵・・こわいねぇ他のニュース記事が事実だけを端的に伝えているのに対して、Diario Cuscoは物語風に伝えている。クスコの新聞は正直、5W1Hが明確でないので読みにくくて嫌いなのだが、今回はあえて訳してみた。 ちなみに容疑者はすでに9か月の予防拘禁が決定し、拘置 [続きを読む]
  • ペルー:南米大陸南部からの寒波が山岳・ジャングル地帯に影響
  • 最近、乾季に入っても雨がよく降るクスコ、ペルー山岳地帯。今日もクスコ市ワンチャク区役所主催の「母の日」のイベントで、マリネラ・ノルテーニャを踊る準備をしているときに、大雨が降ってきて、雨が止むのを待たなければならなかった。「エル・ニーニョだからね・・」とつぶやいた区役所職員でもあるパートナーに答えた。「異常気象というと、エル・ニーニョをペルー人はすぐに考えるけど、山岳地帯やジャングルではパタゴニア [続きを読む]
  • クスコ:地下資源の呪い
  • 訪れた観光客は、旅行業で栄えるクスコの街、マチュピチュむらなどの繁栄を目にするだろう。しかし、クスコ州には天然ガス田、銅を中心とした鉱山もあり、それらの収益のほうが大きい。それにもかかわらず、クスコ州はペルー有数の貧困州である。それはなぜ? La Republica紙のコラムより。http://larepublica.pe/impresa/politica/868897-la-maldicion-de-los-recursos-naturales-en-cusco何百万もの貧困者。エスピナル郡と [続きを読む]
  • ペルー為替相場:米ドルが上昇
  • http://gestion.pe/mercados/tipo-cambio-cierra-alza-coberturas-inversores-2188967 世界的な情勢では、先週失業補助金を申請したアメリカ国民の数は激減し、労働市場が安定ししてきたことを示唆していることから、6月に連邦準備銀行が金利を上げることになる期待が生じた。 木曜日為替市場は、アメリカ経済の良好なデータの発表から来月の受けて、外国人投資家がドルに逃げたために9か月以上の間で一日あたり最 [続きを読む]
  • ペルー:テロリスト擁護する行為をいかに罰するか?
  • 80年代から90年代にかけて、共産主義、毛沢東主義を掲げるテロリスト・グループセンデロ・ルミノソが、何万人者の人々の誘拐や殺害と、農村・都市の破壊を行ってきた。1992年の首領、アビマエル・グスマンの逮捕以降、活動は下火になり、残党の一部はアプリマック、クスコ、アヤクチョのジャングル地域に潜み、麻薬取引とかかわりを持ちながら、細々と活動をしている。一方で2009年は、アビマエル・グスマンの弁護士を中心にMOVADE [続きを読む]
  • 鶏肉の価格が下落し続け、市場で最大の下落幅が記録された。
  • 鶏肉価格が高騰し、下落したその理由・・。為替レートに大きな変動があったわけではない・・。それは・・夏痩せと秋太り?要約するとそういうことになるのか??だからといって一度上がったポジョ・ア・アラ・ブラサの価格は下がるわけではない・・。 農業灌漑省のデータによれば、この鳥類は小売市場で1kgあたり5.50ソーレスから6.0ソーレスとなった。今週末を通じてこの傾向は継続すると予想される。何が価格の下 [続きを読む]
  • 麻薬抜きの発展委員会の支援を受けたコーヒー国際的賞受賞
  • 今回賞を受けたCafe Tunkiといえば、ペルーでは国際的評価の高いコーヒーとして有名だが、それでもコカ生産地域に近く、まっとうではない仕事に手を染めそうになる誘惑に勝つのは大変なことなのだと思う。コカ生産地域では、政府のDEVIDAがコカからカカオやコーヒー、トロピカルフルーツといった作物への転作を進めているが、転作して成功することもあるが、政府の支援をうけて転作して税務報告が必要がめんどうになってまた、あ [続きを読む]
  • ペルー: 軍人や警官が武器を狙撃者に供給している
  • 別に驚くほどのニュースでもなく、過去にも同様のニュースは耳にしてきた。ただ、日本の皆様には真新しいものではないかと思うので、して訳してみた。ただ、同様の摘発が過去にも行われていて、それが繰り返されているということは、この問題が根絶されていないということ。どうすれば、軍隊・警察から犯罪者に武器が渡るのを防げるのかを真剣に対策をとらなければならないのではないか・ http://elcomercio.pe/sociedad/lima [続きを読む]
  • ペルー北中部水害、「変革を伴う復興法」可決
  • ペルー北中部水害の復興対策法が、収監中のフジモリを自宅軟禁にする要望が高まる中で可決宇
    された。 http://elcomercio.pe/politica/congreso/proyecto-reconstruir-pais-fue-aprobado-cambios-noticia-1986643?ref=nota_politic
    a&ft=mod_leatambien&e=titulo 国会本会議で今日、沿岸エル・ニーニョ現象で被害を受けた地域の復興の
    ために政府が提出した法案を可決した。この法律は、いくつかの修正を得た後に野党 [続きを読む]