corazoncorazon さん プロフィール

  •  
corazoncorazonさん: PERU その日、その日
ハンドル名corazoncorazon さん
ブログタイトルPERU その日、その日
ブログURLhttp://ameblo.jp/corazoncorazon/
サイト紹介文マチュピチュへの玄関口とはいえ実は田舎のクスコの街での日々の生活。ペルーのニュースもたまに紹介。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供156回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2011/10/06 05:49

corazoncorazon さんのブログ記事

  • ペルー水害:「ペルー料理の主要食材、レモンが品不足」
  • 3月16日金曜日、 El Comercio紙記事の翻訳http://elcomercio.pe/economia/mercados/limon-unico-producto-desabastecido-noticia-1976879?ref=portada_&ft=mod_portada&e=fotoペルーの大部分の地域が経験している天候の非常事態はペルーを代表する商品の一つの品不足を起こしている。この国の料理に欠かせない材料、レモンである。まさに本日午後の今、リマにはレモンの在庫がない。しかし、数時間中には状況は好転するかもしれな [続きを読む]
  • ユネスコがクスコのシェラトンホテル解体を要求
  • ラ・レプブリカ紙、3月11日付記事の訳http://larepublica.pe/impresa/sociedad/855346-icomos-pide-demolicion 報告書:ユネスコペルー代表大使マヌエル・ロドリゲスが国際機関がシェラトンホテルの解体を再度して要求いることを通達した。通信員、ビクトル・サルセード「カルロス、イコモス(国際記物遺跡会議)からの報告書を受け取ったところだ。これはクスコにとって深刻であり、好機でもある。3階以上のそうを解体するこ [続きを読む]
  • クスコ歴史地区に麻薬販売が集中している
  • 統計によると、クスコはマリファナ消費に関しては、リマの3倍もあり、全国一である。さらに他の種類の麻薬に関しては、全国3位である。麻薬なしの発展と生活全国委員会(イカDEVIDA)は麻薬販売の主要地帯の危険マップを発表し、その主要地帯の多くがクスコの歴史保存地区の通や地区で、またサンチアゴ区が入っていることが明らかにした。 DEVIDAクスコの代表者で、経済学士のビクトル・サマニエゴ・コンドリは、最も麻薬が消 [続きを読む]
  • ピウラ川氾濫、裁判所・検察業務休止、降り続ける雨と病原汚染危機
  • ピウラ川の水量が一秒間に2000立方メートルにものぼり、閘門をこえて、水がアルマス広場に達し、住居、商業地を浸水した。数日前川の氾濫のためにトレス・クルトゥラス広場が浸水し、法務省の高等裁判所や公務省(検察、消費者保護などを管轄する)の施設が浸水して損傷し、3月17日までその業務を休止することになった。さらに昨日、リベルタド通とアヤクチョ通りを通って水は中央広場にまで達した。この地区の住民よると以前には [続きを読む]
  • PPK、「オデブレヒト問題がペルーの景気を減速させるのは間違いない」
  • 共和国の大統領、ペドロ・パブロ・クチンスキー(以下PPK)は、贈賄で操作されているブラジルの建設会社、おでぶれひとの数々の事業が売却されたり、入札されなおすために、国内経済が減速することを認めた。大統領官邸で行われた外国の記者たちとの対話で、「(オデブレヒト社の問題は)経済のブレーキのは間違いない」と語った。我々は大規模な事業を停止することなく、かなり厳格な汚職対策を行おうとしているが、大事業の中で [続きを読む]
  • 今日はいい天気だったが、雨が降ったら、(新聞が)遅刻して・・
  • 今日、3月7日のクスコは朝からいい天気で、少なくとも私の住むワンチャク区では一日中雨が降らなかった。 トタン屋根のついている洗濯干し場の、日が当たる端っこのほうに布団を干していたのだが、昼くらいに風が出てきた上、遠くの山に雨が降っているようなカスミが見えたので、布団を取り入れたのだが、天気が崩れることはなかった。 日曜日は夜から朝にかけて雨が降り、雨が上がった後も、ランニングに出かけるのをた [続きを読む]
  • ピウラで降雨最高記録、沿岸エル・ニーニョは4月まで続く?
  • ペルー北部での多雨、南部イカでの高温、夏には雨が降らないはずのリマで雨・・リマでも田舎のほうではなく、リマックやサン・ファン・デ・ルリガンチョのような街中で鉄砲水が起こったりした。 なんでも小規模な「沿岸」エル・ニーニョなのだという。 エル・ニーニョはペルー沖の海水温が上昇する現象だが、昨年暮れまでは海水温が下降するラ・ニーニャ現象がみられていた。 しかし、今回の沿岸エル・ニーニョはい [続きを読む]
  • クウェラップ遺跡ロープウェイ開通と、チンチェーロ空港建設暗礁と
  • ペルー北部山岳地帯、アマソナス県にある先インカ期、チャチャポヤス文化の、クェラップ遺跡へのロープウェイの開通式がクチンスキー大統領も出席して3月2日行われた。チャチャポヤスからのアクセスが従来よりも1時間以上短縮されたのだという。搭乗料は往復で20ソーレス。 大統領はクスコ州にあるインカ時代の遺跡、チョケキラオへのロープウェイ建設の希望を述べているが、長年訊かれるチョケキラオロープウェイ建設案は計 [続きを読む]
  • 「リュック開いてるぞ!」はペルー人の口癖?
  • 先日、安いレストランで夕食を終え、支払いを終えてレストランから出ようとしたときに、いきなり声を掛けられた。Tu mochila esta abierta"「リュック開いているぞ!"' 今、支払いのために財布出したばかりで、これからしまおうというときに、何を言うのさ。今、財布出したばかりなの! 「そのまま外に出ると、盗まれるぞ」 余計なお世話や。注意を分散させないでよ。 市場でも言われた。一つのブースで財布を [続きを読む]
  • チンチェーロ空港,、運輸省が支払い延期を発表
  • 当初の契約での民間会社の出資割合が増したことを発覚し、クスコ州民の抗議の中、1月末に建設開始の鍬入れがクチンスキー大統領によって行われたチンチェーロ空港。 ここにきて、運輸通信大臣であり、第一副大統領であるマルティン・ビスカラが、行政・会計検査局の監査が終了するまで、空港事業共同事業体のクントゥル・ワシ社への前払い金を支払うのは延期すると発表した。 空港建設はペルー政府とクントゥル・ワシ社 [続きを読む]