青葉 さん プロフィール

  •  
青葉さん: ようこそ里山へ 茨城笠間・青葉って永遠
ハンドル名青葉 さん
ブログタイトルようこそ里山へ 茨城笠間・青葉って永遠
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/aobateien
サイト紹介文陶芸と観光の町・笠間。知られざる里山と田園の恵み。旬の野の花や心潤う風景の魅力を、毎朝楽しくご報告。
自由文 里山というものは、日本の宝です。
東京から北東へ90キロ、小さな町に息づいている生き物達の恵み。
日々の自然をめぐる風景が、皆様の清涼剤となれば幸いです。
 土日は特別版、写真をメインにお伝えしております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供359回 / 365日(平均6.9回/週) - 参加 2011/10/09 16:26

青葉 さんのブログ記事

  • 動き出したトンボのご縁です
  •  昨日午後は、会合で行方市へ。こちらは、会場のレストラン・ふきのとうさんでございますが。別棟には、農産物の加工施設などもあって、敷地は広大。さすが、噂の農家レストランの貫禄でございますが(→こちら)。またの名は、食と農のテーマパークでございまして。元少年の皆様にも、確かに。忘れかけた夢が、少しづつよみがえる予感。では、そろそろ。ちなみに経営者は、以前に飯田城址探訪でお世話になった、マホロバ先生(→ [続きを読む]
  • 雨でも熱いお花の土俵でした
  •  ツキミソウことオオマツヨイグサさんの季節。花のしぼまぬ時間帯が、シャッターチャンスですが。今日は、雨。ちょっと、降り出しが早いですね。遅ければ、その前に田の草などとも、考えておりましたが。今日は、ひとまず見合わせます。しかしながら畔際では、オモダカさんも展開して。早めに、二番草の段取りが必要ですが。ま、まだ一日二日は、無理しないでも大丈夫でしょう。急きょ、雨プロが必要になりましたが。歩いているう [続きを読む]
  • 梅雨空の下の常の顔ぶれです
  •  クチナシさんの香る頃。濃密な栗のお花さんとは、一線を画しつつも。今年もまた、この花ならではの香りを発しております。脇に青葉がのぞくナンテンさんも、そろそろ咲き始めたようで。こんな感じで。お花としては、あまり注目はされませんが。やはり、時を選び咲くという心は、しかと伝わります。頭上では、ナツツバキさんも盛りの頃ですが。足元には、一輪ぽろり。落ちてもなお、上を向いて咲き続けておりました。その緑陰のお [続きを読む]
  • 古き良き舞台に新しき風味を
  •  ワイン葡萄園さんの続き。トンボさんと、ご案内させて頂きますが。初年度のエリアは、今年で三年目。順調に育っているように、お見受けいたしましたが。園主さんはじめ、皆様のご努力を思いますとともに。笠間の風土に好適という、葡萄さんご自身のお力もあり。鎮守の森さんとの、有り難い握手も有り得るという環境におきまして。きっと、笠間らしい風味が生まれるものと、確信しております。それはさておき、トンボさんは木陰が [続きを読む]
  • 葡萄園さんにてちょっと一服
  •  昨日の続きの、トンボさんですが。今朝は、朝寝してしまい。後ろ向きで、失礼いたしますが、時間が押してしまい。肝心のワイン葡萄園さんのレポートは、明日とさせていただきます。とりあえず、園内のシーンを、一枚だけアップいたします。トンボさんは、常に風に向かって止まるものです。昨日は強い風雨でしたが、今日は気温が上がるようです。どうぞ皆様、御身体大切にお過ごしください。☆今日も有難うございます*よろしけれ [続きを読む]
  • 長い参道からワイン葡萄園へ
  •  久々に、大井神社さんに参拝。長い参道を、振り返りながら。ブログ主も、年に数回は参拝いたします。古来、近隣七村の総鎮守こと、太郎明神さんですので。参道は、ひんやりして、まことに心地よく。エノキの青葉さんも見えますが、運が良ければ国蝶オオムラサキさんにも会えるという。そんな鎮守さんから、西方浄土の仏の山さんを仰げるのも、笠間ならではの風景で。仰げば尊し、お天道様に感謝です。夏の木陰に、ユキノシタさん [続きを読む]
  • あれこれ観察の田んぼの朝は
  •  毎朝の、田んぼ観察ですが。ウキクサさんが、今年もお目見えで。オタマさんの後ろ脚も、確かに確認でき。赤とんぼさんにも、面会できました。先日記事の羽化の画像は、ノシメトンボさんでしたが。今回は、羽根が透明ですので、ナツまたはアキアカネさんと見られます。ところどころで、こんなふうに。ヤゴの抜け殻を眺める、アメンボさんの姿もありますが。それにつけても、お陰様で。今年は皆元気に、末広がりに青葉が伸びており [続きを読む]
  • 栗の小径でふと思うあれこれ
  •  今朝は、栗園さんにて。一年ぶりに、オトシブミさんに再会。この懐かしい出会いも、なんちゃって栗園さんのお陰様ですが。今朝もまた、濃密な香りが満ち満ちており。梅雨時の湿度に、その濃さは、良く似合います。お陰様で、こちら。栗の雌花さんが、一つ。向こうを見れば、二つ三つ。さらに向こうにも、並んでおりましたが。雄花さんの根元で、ただ今は、白い恋人たち。長じますとイガイな展開で。険しいイガイガさんになるとい [続きを読む]
  • 芸の道に終わりは無いようで
  •  本日は、奉納させて頂きます。保存会を、代表いたしまして、三分余、お手を拝借。寄席の前座としての奉納でございますが。鉢巻は、これで参ります。ニュー盆踊りの特別手ぬぐいで。本日は、おそらく高座で、皆々様も既に御着席と想定されますので。ちょっとゆるめ、くらいが良いのでは、と。お陰様で、こんなふうに。キンシバイさんも、ゆるめにすだれる朝ですが。今朝は、香りが良いようです。ラベンダーさんも旬ですが、やはり [続きを読む]
  • 人を待たぬという光陰を見つめ
  •  今朝は、輝いております。森の青葉さんも。その住人さんも。昨日は、小さめのヒョウも降ったようですが。無事だったようで。イトトンボさんの輝きを、しばし拝しておりましたが。雨に洗われますと、緑が鮮やかになり。鮮やかな緑に洗われるように、太陽光線さんも一段と清々しいものですが。サツキのお花の上でも、今朝もまた。たゆまず刻々と、光と影は移動しており。静かな森の中でも、その光陰は、刻々と動き。静かに見つめる [続きを読む]
  • 伸びる時伸びれば某メガの時
  •  ラベンダーさんも、伸びておりますが。クモさんも、こんな感じの朝ですが。一番伸びているのは、やはり若竹さんでしょう。ただ今は、枝もすっかり伸びており。お見事な枝先さんと、伸び伸びの間柄ですが。伸びるということは、まことに。有難い、自然さんの恵みと感じますが。足元のアズマネザサさんも、負けじと。こんな感じで、迷い無く伸び。青葉光線を、四方に放っておりますが。裏側にふた粒。小さい水滴さんが、いい感じで [続きを読む]
  • 旬を選んで働いておりました
  •  朝から、真面目に働いております。こんなふうに、花から花へと。庭の片隅の、ムシトリナデシコさん界隈で。右往左往しているようですが。よく見ると、動きに無駄はないようです。蜜の残っているお花だけを、厳正にチェックして。そこだけにとまって、仕事をしている、ように見えますが。他の草花さんの上でも、似た行動を示しますので、多分そうなのでしょう。自然さんは、二度手間や重複を避けますので、生産性は高いのですね。 [続きを読む]
  • 雨に濡れつつ生かされており
  •  慈雨ですね。このところ、雷雨を除けば、しばらく干天続きでしたので。水辺のヤナギさんならずとも、皆さん待望の雨でございますが。有難い水滴の数々に、こうべを垂れました。雨というものは、人間さんの都合で、歓迎されたりされなかったりのようですが。お天気仕事のブログ主といたしましては、ただただ、御縁に従うのみ。従いました結果。本日は遅い始動で、ゆっくり動かず撮っておりますが。ヤナギの青葉さんというものは、 [続きを読む]
  • 栗のお花もそろそろ満開の頃
  •  栗のお花、満開です。その香り成分は、甘く濃密で。やや重く、よどむような印象もございますが。たえず四方に。くまなく放たれております。今朝は寒いですが、目出度く受粉できますように。長い雄花さんの付け根に、雌花さんも潜っているはずですが。それにしても、寒い朝です。あそこに影が見えますが、動かず。あちらでも、また。動かず。微動だにせず。潜りっぱなしは、ハナムグリさんらしいですが。この独特の香りの中での観 [続きを読む]
  • 通り雨の朝のつれづれですが
  •  青葉さんが、濡れる朝。未明に、通り雨があったようです。このところ雨が少なかったですから、通り雨も有り難い。梅雨入りは、遅れるのでしょうか。それでも、ヤマユリさんは、既にこんな具合ですが。もうちょっとお湿りがあれば、という感じでしょうか。ビヨウヤナギさんも、咲きだしたことですし。お。その茂みに護られるように、ヤマユリさんが育っております。昨夏、花の盛りにイノシシさんに9割ほどがやられてしまい。土手 [続きを読む]
  • 蛍を見る会の有り難い光です
  •  ゲンジボタルさんです。昨日は、蛍を見る会がありました。ご近所の里の有志の、恒例行事ですが。低温の夜ながら、幸運にも乱舞が見られ。コンデジで、手ぶれしながらの無理やり撮影。それでも、なんとか皆さんの点滅を追いつつ。草むらの一隅も、納めさせて頂きましたが。さすが、ゲンジボタルさんは、光が強い。肉食の幼虫時代に、おびただしいカワニナさんを食するだけのことはあり。密会のシーンも、なかなかの力強さでしたが [続きを読む]
  • 続々と羽化のめでたい朝です
  •  おはようございます。羽化したての、ほやほやさんでございます。羽根の先に黒斑あり、ノシメトンボさんのようですが。今日はめでたい、空中デビューの日。水鏡さんの自画像に、見送られるように。お天道様の上昇とともに、晴れて飛翔いたします。こちらにも、準備中です。遠くにも、羽根が光って見えました。光っているだけでは、なんとも申せませんが。こんなふうに、一緒にヤゴの抜け殻があれば。羽化したてと見て、ほぼ間違い [続きを読む]
  • 朝採りの下草のあれこれなど
  •  拙宅では、イチゴさんが相変わらずです。ここへ来て、十数年来。ちょっと葉色のいまいちなものもありますが。敷地内を大回りしながら、なおも勢力を保っております。置き場の軒端の下でも、健気な実りを重ねておりますが。お陰様で十数年来、御縁の皆様方へお福分けさせて頂きました。日なたの雑草除けとしても、なかなか。こんな感じで、自在なランナーさんが、常に新天地を求め続け。砂利も瓦礫もなんのその。一面に大群落を構 [続きを読む]
  • サツキサツキの今日この頃で
  •  拙宅のサツキさんですが。草土手で咲いておりますが。路傍でもしばしば見かけるオオサカズキさんは、おなじみのお花。また、梅雨の走りに紅一点と。原種とおぼしきお花もございますが。品種ものも、いろいろ。長年の間に、鉢のものが地植えになったりしておりまして。品種不明もいろいろですが。こちらは、半世紀以上前からおりますが、古花と伺っております。こちらも古花らしいです。さらにもう一つ、これに似ていてツマの色が [続きを読む]
  • 栗園歩けば記憶もいろいろで
  •  栗のお花です。濃密な香りとともに、降り注いでおり。むんとしたそれは、拙宅の田んぼさんまでも漂い。むんむんと、里の一帯を埋め尽くすような朝でした。ふと、傍らのチャノキさんも気になり。新茶を一枚、その先端の柔らかそうなところを、そのまんな頂きましたが。ちょっと旬は過ぎたものの、むんむんさんとも、良い相性で。心に染み入る、有り難い香りでございました。やはり、栗園というものには、記憶を呼び覚ます何かがあ [続きを読む]
  • 拙宅でもテイカカズラ花盛り
  •  テイカカズラさんです。ただ今、花盛りです。星形のお花が愛されておりますが。最近は、お庭用の品種もいろいろですが。在来の、山野に自生するタイプが、個人的には好みです。こんなふうに、ナンテンさんの根元にもなにげに馴染み。地面すれすれのところで、下向きでも花をつけます。ゆるいけれども、常緑なのは有り難く。蔓の先も、どことなく風流ながら。丈夫で長持ちもまた、身上で。つややかな青葉さんとともに。今日も木陰 [続きを読む]
  • 上州藤岡のだるま窯訪問の記
  •  先週の金曜日は、群馬県藤岡市、伝統の藤岡瓦・五十嵐清さんの工房へ。久しぶりに、別名いぶし瓦の窯の内部を拝見しておりますが。飛鳥時代の技を現代に伝える、伝統のだるま窯さんでございます(→こちら)。奥にもう一基ございますが、現役のだるま窯は全国で三基。こんなふうに、そのうちの二基がこの地で、今も現役で働いているのは有り難い。伝統のいぶし瓦は、渋い質感もさることながら、呼吸する瓦でもあり。屋根裏の結露 [続きを読む]
  • 散る花ゆく花もの想う朝です
  •  ノアザミさんも、散る頃です。散りぬれど、綿毛さんは豊かに。来年へと、希望はつながれておりましたが。振り返れば、倒れる日々もありました。そのたびに、立ち上がり。また倒れても、また立ち上がり。七転び八起きながら、常に天を目指して生きて。翁媼と、なりにけり。先日のノイバラさんも、また。今朝が、ほぼ最後の一輪でしたが。既に、次世代が育っておりました。まさに人知を超えた天網の働きというものは、底知れないも [続きを読む]
  • 深緑恒例の白花の日誌ですが
  •  白いお花が盛りの頃。一昨日の曇天下で、ネジキさんの白を撮りましたが。素人のブログ主にとりまじては、鈍い光の下のほうが撮りやすいです。お陰様でなんとか、花の様子も見えました。こんなふうになかなか、明眸皓歯の御姿です。こちら、雑木の庭には、何本かございますが。植木問屋さんは、ほとんど取り扱わないようです。枝ぶりはこんな感じで、名前の由来はねじれた幹肌の模様から、らしいですが。幹は撮り忘れ、珍しいので [続きを読む]