駅好き兄さん さん プロフィール

  •  
駅好き兄さんさん: 駅好き兄さんのブログ-東海地方の駅訪問
ハンドル名駅好き兄さん さん
ブログタイトル駅好き兄さんのブログ-東海地方の駅訪問
ブログURLhttps://ameblo.jp/tetsudo-meguri/
サイト紹介文東海地方の駅訪問、駅めぐりの旅行記や、駅舎、駅メロ、駅スタンプの調査も行っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供203回 / 365日(平均3.9回/週) - 参加 2011/10/09 16:48

駅好き兄さん さんのブログ記事

  • もっと便利で使いやすい駅に!〜JR京都駅 改良工事進行中〜
  • 2015年12月12日(土)天気・・・ 膳所駅から■JR琵琶湖線に乗り込み3駅、京都駅に到着です。 京都駅は■JR東海道新幹線、■JR琵琶湖線、■JRJR京都線、■JR奈良線、■JR嵯峨野線が乗り入れるターミナル駅。JRだけでなく、近鉄電車や地下鉄も京都駅に乗り入れています。 まず、各ホームの発車標の様子を見てみましょう。 〜発車標の更新が進められています〜 ↑0番のりばの発車標。2014年9月頃に0番のりばに新型 [続きを読む]
  • JR膳所駅 新駅舎の一部が通行可能に!
  • 2015年12月12日(土)天気・・・ 次は、篠原駅から京都方面へ8駅進んだところにある膳所駅へ。膳所駅では橋上駅舎への建て替え工事が行われています。 ↑ホーム(京都・大阪方面) 2面4線。ゆるやかにカーブしていますが乗降に支障があるほどではありません。ホームの米原寄りに地下通路があります。新駅舎がオープンしたらこの地下通路もなくなるのでしょうか。.↑ホーム(草津・米原方面)こちらが建設中の橋上駅舎です。20 [続きを読む]
  • JR篠原駅 新駅舎がオープンしました!
  • 2015年12月12日(土)天気・・・ 草津駅から■JR琵琶湖線の普通電車に乗り、4つ目の篠原駅で下車。ついに2015年9月19日に篠原駅の新駅舎がオープンしました! 新駅舎を見るためにこの駅で降りたのです! 篠原駅は、駅勢圏が近江八幡市・野洲市・竜王町の3市町にまたがる重要な駅にも関わらず、駅の出口が北側にしかなく、さらに付近に踏切がなく、長い距離を迂回しないと駅の反対側に行くことができないということが問 [続きを読む]
  • JR草津線えきめぐり Part.11[最終回]
  • 2015年12月12日(土)天気・・・ 次は、■JR草津線の終着駅、草津駅へ。 この時点ではまだ草津駅の駅名標はラインカラーに対応していませんでした。 ↑簡易駅名標のみ新しくなっていました。 ↑ホーム(米原・長浜方面/貴生川・柘植方面) 3面5線。ホームの中央部に橋上駅舎が建っています。1番のりばから6番のりばまであって、■JR草津線は1・2・5・6番のりば、■JR琵琶湖線は2・3・4・5・6番のりばから発車 [続きを読む]
  • JR草津線えきめぐり Part.10
  • 2015年12月12日(土)天気・・・ 次は、石部駅から1駅進み、手原駅で下車。草津の1つ手前の駅です。 ↑ホーム(貴生川・柘植方面) 2面2線。ゆるやかに曲がっているホーム。曲線美。 ↑ホーム(草津方面)橋上駅舎が建っています。 それでは橋上駅舎に入ってみましょう。 ↑改札内。自動精算機は柘植方面ホームにケツを向けるかのような向きで設置されています。草津・京都・大阪からの帰りに精算機を使う人が多そうなのに、 [続きを読む]
  • JR草津線えきめぐり Part.9
  • 2015年12月12日(土)天気・・・ 次は、三雲駅から2駅進んで石部駅へ。 ↑ホーム(貴生川・柘植方面) 2面2線。まっすぐ直線なホーム。やっぱりJRのホームはこうでなくちゃ。 ↑ホーム(草津方面)互いのホームは跨線橋でつながっています。 ↑跨線橋内部。今のところ石部駅にエレベーターはありませんが、エレベーター設置の構想があるらしいので実現すればこの跨線橋にも何かしらの手が加えられるのでしょう。駅舎改修も [続きを読む]
  • JR草津線えきめぐり Part.8
  • 2015年12月12日(土)天気・・・ 次は、甲西駅から1駅戻り、三雲駅へ。 ↑ホーム(貴生川・柘植方面) 2面2線。ホームの柘植寄りに跨線橋があります。ホームが嵩上げされているせいか、駅舎とホームとでは高低差があり、ホームが駅舎に向かってかなり斜めに傾いているのが見えます。 ↑ホーム(草津方面) ↑トイレは1番のりばホーム上にあります。 ↑三雲駅では駅舎の建て替え工事が行われており、現在跨線橋がある位置に [続きを読む]
  • JR草津線えきめぐり Part.7
  • 2015年12月12日(土)天気・・・ 次は、貴生川駅から2駅進んで甲西駅へ。貴生川駅から先の■JR草津線は本数が倍増して30分に1本になるので、駅巡りも効率よく進められます。 甲西駅バリアフリー化に伴って駅名標も全て新調されています。が、なぜかラインカラーには対応しておらず、青いままでした。 路線記号導入発表後に設置された駅名標なのにどうして…。 と思ったら、ホームの草津寄りに怪しい駅名標を発見。 ↑ん!? [続きを読む]
  • JR草津線えきめぐり Part.6
  • 2015年12月12日(土)天気・・・ 次は、甲南駅から1駅進んで貴生川駅にやってきました。 貴生川駅は甲賀市の中心部に近い場所にある駅で、■JR草津線のほか、■信楽高原鐵道線や■近江鉄道水口・蒲生野線も乗り入れているターミナル駅です。 ↑ホーム(柘植方面) 2面3線。JR線は1・3番のりばから、信楽高原鐵道線は「信楽線ホーム」から発車します。2番のりばは欠番になっており存在しません。 ↑ホーム(草津・京 [続きを読む]
  • JR草津線えきめぐり Part.5
  • 2015年12月12日(土)天気・・・ 油日駅から3駅進み、甲南駅へやってきました。 ↑ホーム(貴生川・草津方面) 2面2線。上屋は短く、開放感が漂います。冬場は列車の待ち時間にホームで日向ぼっこ…なんてのもいいでしょう。 ↑ホーム上にトイレがあります。 ↑跨線橋内部。支柱によって屋根が支えられているのが間近に見え、たくましさが感じられます。エレベーターは設置されておらず、バリアフリーには対応していません。 [続きを読む]
  • JR草津線えきめぐり Part.4
  • 2015年12月12日(土)天気・・・ 次は、寺庄駅から2駅戻り、油日駅で下車。 ↑ホーム(柘植方面) 1面1線。右の建物が駅舎です。ホーム上屋は小駅としては珍しく、長めに整備されています。 この駅に自動放送は導入されておらず、その代わりに列車が近づくと列車接近警報器から「春が来た」をアレンジした音楽が流れます。 ↑ホーム(貴生川・草津方面)ホームに沿って桜の木(?)が並んでおり、春になれば絶景が広がるのか [続きを読む]
  • JR草津線えきめぐり Part.3
  • 2015年12月12日(土)天気・・・ 甲賀駅から1駅進み、寺庄駅で下車。 ↑ホーム(貴生川・草津方面) 1面1線の棒線駅です。 ↑改札口。ホームと同じ高さに改札口があるので、ホームから段差なしでそのまま改札口を通れます。自動改札機はなく、甲賀駅と同じように簡易委託の駅員が改札業務を行っています。自動券売機はUT50型が1台設置されていました。 よく見ると奥の改札口の左に運行情報モニターが設置されているのが [続きを読む]
  • JR草津線えきめぐり Part.2
  • 2015年12月12日(土)天気・・・ 柘植駅から■JR草津線に乗車。11駅ある■JR草津線の駅のうち、三重県内にある駅は柘植駅1駅のみで、残りの10駅は滋賀県にあります。 さっそく滋賀県に入り、柘植駅から2駅目の甲賀駅で下車。 ↑ホーム(柘植方面) 2面2線。ホームの中央部に橋上駅舎が建っています。 ↑ホーム(貴生川・草津方面)「甲賀」という駅名ですが、甲賀市の中心部はこのあたりではなく、貴生川駅がある辺です [続きを読む]
  • JR草津線えきめぐり Part.1
  • 2015年12月12日(土)天気・・・ 加太駅から1駅進み、柘植駅へやってきました。1駅と言っても、山越えを挟む区間なので、駅間距離は8.9kmもあり、約10分かかります。 ↑ホーム(亀山・四日市・名古屋方面) 2面3線。■JR関西本線と■JR草津線が発着する主要駅のため、のりばの数は3つと多め。基本的に1・2番のりばは■JR関西本線の列車が発着し、3番のりばに■JR草津線の列車が発着しますが、一部例外もあるよう [続きを読む]
  • JR関西本線 加太駅
  • 2015年12月12日(土)天気・・・ まず最初にお詫び。前回の藪原駅の記事で、藪原駅は「簡易委託駅」だの「無人駅」だのと矛盾した書き方をしておりましたが、藪原駅は簡易委託駅が正解です。申し訳ございません。文章を修正いたしました。 今回は三重県の駅を紹介します。この日、12月12日は■JR草津線の駅巡りをするために、勝川⇒(■JR中央本線)⇒名古屋⇒(■JR関西本線)⇒亀山⇒(■JR関西本線)⇒柘植というルート [続きを読む]
  • JR中央本線えきめぐり(木曽地区)Part.13[最終回]
  • 2015年11月21日(土)天気・・・ 宮ノ越駅から列車に乗り込み、1駅進んで藪原駅にやってきました。 ↑ホーム(木曽福島・名古屋方面) 2面3線。利用者もまばらな簡易委託駅ですが、木祖村の中心部にある駅で、ホーム上屋も長めに整備されるなど、周りの無人駅よりは立派につくられています。 ↑ホーム(塩尻・長野方面)ホームの長野寄りに跨線橋があります。 ↑2・3番線にはホーム上に待合室が設置されています。片流れ屋根 [続きを読む]
  • JR中央本線えきめぐり(木曽地区)Part.12
  • 2015年11月21日(土)天気・・・ 原野駅から歩くこと35分、隣の宮ノ越駅に到着しました。 ↑ホーム(木曽福島・名古屋方面) 1面2線。ホームの名古屋寄りに跨線橋があり、そこから駅舎へ繋がっています。ホームはカーブ上にあり、さらに跨線橋に隠れてしまって出発信号機が列車から見えにくいため、ホーム上に中継信号機が設置されていました。 ↑ホーム(塩尻・長野方面)待合室は、跨線橋からだいぶ離れた長野寄りに設置 [続きを読む]
  • JR中央本線えきめぐり(木曽地区)Part.11
  • 2015年11月21日(土)天気・・・ 次は、十二兼駅から松本行きの列車に乗り込ます。途中の上松駅では、特急列車の通過待ちのため9分間の停車時間があるので、その時間を利用して上松駅を訪問するつもりでした。 しかし、十二兼駅発車の時点でこの普通列車は7分遅れ。 このままの遅れで行ったら上松駅の滞在時間が明らかに足りない!なんとか回復運転してくれー!と思っていたら、 なんと、遅れの影響により、本来は上松駅で特急の通 [続きを読む]
  • おかげさまで駅兄ブログは6周年!!
  • 今日、7月11日は、セブンイレブンの日なだけじゃないですよ!! 駅兄ブログの誕生日であります!! おかげさまで本日、駅兄ブログは6周年を迎えました!こうした節目を迎えることができるのも、日頃からこのブログを読んでくださっている皆様のおかげです。 これからも精進してまいりますので、今後ともよろしくお願いいたします! [続きを読む]
  • JR中央本線えきめぐり(木曽地区)Part.10
  • 2015年11月21日(土)天気・・・ 次は、倉本駅から4駅戻って十二兼駅へ。 個人的に■JR中央本線で駅名の由来が気になる駅NO.1です。 ↑ホーム(中津川・名古屋方面)ホームは大きくカーブしていて見通しがとても悪い。ここも元々は信号場として開設され、のちに駅に昇格した後発駅のためか、ホーム幅は狭くなっています。 ホームの中央部に跨線橋があります。 ↑ホーム(木曽福島・長野方面)駅舎は1番線側にあり、駅舎のな [続きを読む]
  • JR中央本線えきめぐり(木曽地区)Part.9
  • 2015年11月21日(土)天気・・・ 野尻駅から歩いて倉本駅にやってきました。 ↑ホーム(中津川・名古屋方面) 2面2線。この倉本駅は複線区間と単線区間の境界になっており、原野駅から当駅までが複線、当駅から十二兼駅までが単線です。 この倉本駅は元々は信号場として開設された歴史があり、他の駅よりも駅として開業した時期が遅かったためか、他の駅よりもホームは簡素で幅も狭くなっています。 やはり開業時期というの [続きを読む]
  • JR中央本線えきめぐり(木曽地区)Part.8
  • 2015年11月21日(土)天気・・・ 木曽福島駅から3駅戻り、須原駅にやってきました! ↑ホーム(中津川・名古屋方面) 1面2線。とても広い島式ホームですが、そんなホームとは裏腹に跨線橋の階段はとても狭かったです(汗) ↑ホームの長野寄りには待合室が設置されています。その手前には列車接近表示機もあります。 ホーム上には大きな花壇がありますが、放置されているようで寂しげです。 ↑待合室内部。列車内で例えると [続きを読む]
  • JR中央本線えきめぐり(木曽地区)Part.7
  • 2015年11月21日(土)天気・・・ 次は、木曽福島駅へ。 ↑ホーム(中津川・名古屋方面) 1面2線。中津川〜塩尻駅間の中では最大の規模を誇る主要駅。特急も全列車停車します。 盛土上の高い位置にホームがあるため、階段を下りて駅舎へ行くというまるで高架駅のような構造です。 ↑待合室。 ↑めちゃくちゃ広い室内。このゆとりある広さといい座席の配置といい、まるで電車の中みたいですね。 ↑まるでドドドッと流れ込むよう [続きを読む]
  • JR中央本線えきめぐり(木曽地区)Part.6
  • 2015年11月21日(土)天気・・・ 次は、野尻駅から2駅名古屋方面に戻り、南木曽駅へ。 よく「みなみきそ」と読み間違えられがちですが、この駅は「なぎそ」です。 ↑ホーム(中津川・名古屋方面) 2面3線。ホームの中央部に跨線橋があり、さらに待合室も各ホームにあります。 この駅は一部の特急がとまりますが、ほとんどの特急は止まりません。有名観光地の妻籠宿への最寄駅でもあるわけだし、PR次第では観光客はじゅうぶ [続きを読む]
  • JR中央本線えきめぐり(木曽地区)Part.5
  • 2015年11月21日(土)天気・・・ 隣の大桑駅から野尻駅まで歩いてきました。 ↑ホーム(木曽福島・長野方面) 2面3線。ホームの長野寄りに跨線橋があります。ホームは荒れているようでゴツゴツしていますが、逆にこういうのも雰囲気が出て良いですね。 この駅は自動放送が導入されており、列車が近づくとちゃんと接近放送が流れます。こんな利用者も僅かな小駅でも流れるとは意外でした。もちろんこの辺りでは自動放送がない [続きを読む]