駅好き兄さん さん プロフィール

  •  
駅好き兄さんさん: 駅好き兄さんのブログ-東海地方の駅訪問
ハンドル名駅好き兄さん さん
ブログタイトル駅好き兄さんのブログ-東海地方の駅訪問
ブログURLhttp://ameblo.jp/tetsudo-meguri/
サイト紹介文東海地方の駅訪問、駅めぐりの旅行記や、駅舎、駅メロ、駅スタンプの調査も行っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供209回 / 365日(平均4.0回/週) - 参加 2011/10/09 16:48

駅好き兄さん さんのブログ記事

  • 2015/10/10 名鉄常滑線/空港線えきめぐり part.9
  • 2015年10月10日(土)天気・・・ 次は、蒲池駅へ。 ↑ホーム(名鉄名古屋方面) 2面2線。隣の西ノ口駅とは打って変わり、いかにも名鉄の無人駅といった感じの狭いホーム。 駅舎と跨線橋はホームの名鉄名古屋寄りにあります。 ↑ホーム(中部国際空港方面)ホーム上屋や跨線橋は真っ青に塗られていますが、かなり濃い青なので爽やかという感じではないな(苦笑) ↑スロープ用通路と階段通路が複 [続きを読む]
  • 2015/10/10 名鉄常滑線/空港線えきめぐり part.8
  • 2015年10月10日(土)天気・・・ 次は、西ノ口駅へ。 ↑ホーム(名鉄名古屋方面) 2面4線。上下線ともに待避ができる構造になっておりまして、普通電車はよくここで通過電車の待ち合わせを行います。太田川駅から中部国際空港駅までの間で待避ができる駅はなんとここだけ。貴重な待避可能駅なのです。ホームの名鉄名古屋寄りに橋上駅舎が建っています。 ■名鉄常滑線では橋上駅舎がかなり珍しく、こ [続きを読む]
  • 2015/10/10 名鉄常滑線/空港線えきめぐり part.7
  • 2015年10月10日(土)天気・・・ 次は、大野町駅へ。 ↑ホーム(中部国際空港方面) 2面2線。他の無人駅よりもやたらホーム上屋が長くて立派ですが、そうです、ここは無人駅ながら急行が停車するのです。 ホームの中部国際空港寄りに跨線橋があります。 ↑跨線橋内部。名鉄の駅でたまに見かける天井の低い跨線橋です。残念ながらエレベーターは設置されておりません。 ↑トイレはホ [続きを読む]
  • 2015/10/10 名鉄常滑線/空港線えきめぐり part.6
  • 2015年10月10日(土)天気・・・ 次は、新舞子駅へ。ここは知多市と常滑市の境界近くにある駅ですがまぁまぁ大きい駅でして、特急がとまります。 ↑ホーム(金山・名鉄名古屋方面)各ホームを結ぶ地下通路がホームの中央部にあります。 ↑ホーム(中部国際空港方面)ホームは大きくカーブしています。 ↑なんだか他の駅と趣きが異なる案内サイン。 ↑各ホームを結ぶ地下通 [続きを読む]
  • 2015/10/10 名鉄常滑線/空港線えきめぐり part.5
  • 2015年10月10日(土)天気・・・ 次は、日長駅へ。 ちなみに1つ前の駅は「長浦駅」で、2駅連続で「長」がつく駅が続いておりますが、この「長」浦駅〜日「長」駅間は駅間距離も2.3kmあって■名鉄常滑線では最も「長」い駅間距離だそうです。 おもしろいですね。 ↑ホーム(名鉄名古屋方面) 2面2線。この駅も隣の長浦駅と同じく、ホームごとに入る改札口が異なるタイプの駅です。 [続きを読む]
  • 2015/10/10 名鉄常滑線/空港線えきめぐり part.4
  • 2015年10月10日(土)天気・・・ 次は、長浦駅へ。 ↑ホーム(中部国際空港方面) 2面2線。ホームの中部国際空港寄りに駅舎があります。この手の無人駅にしてはホーム幅はかなり広く確保されています。 ↑ホームの名鉄名古屋寄りにはこんな立派な待合所まであります。 ↑改札内から見た中部国際空港方面専用改札口。自動精算機は古いタイプ。 ↑中部国際空港方面専用改札口。名鉄でよくあ [続きを読む]
  • 2015/10/10 名鉄常滑線/空港線えきめぐり part.3
  • 2015年10月10日(土)天気・・・ 次は、古見駅へ。 ↑ホーム(名鉄名古屋方面) 2面2線。ホームの名鉄名古屋寄りに構内踏切があります。 ↑この駅にはある問題点があり、2番線が6両対応のホームなのに対し、1番線は4両分の長さしかありません。そのためこの駅の1番線に停車する6両編成の電車は、前の2両のドアが開きません。うっかりしていると降りられなくなります(汗) ホームを延伸 [続きを読む]
  • 2015/10/10 名鉄常滑線/空港線えきめぐり part.2
  • 2015年10月10日(土)天気・・・ 前回に引き続き■名鉄常滑線の駅巡りをしていきます。途中の寺本駅までは以前再訪問を終えたので、今日降りるのは朝倉から先の駅たちです。 太田川駅から3駅目の朝倉駅にやってきました! 昔「ナースのお仕事」というドラマがやっていて、主人公がナースの「朝倉」という名前だったので今でもこの駅名とそのドラマはセットで思い浮かんでしまいます…。主任が「あさく [続きを読む]
  • 2015/10/10 名鉄常滑線/空港線えきめぐり part.1
  • 2015年10月10日(土)天気・・・ この駅は2011年12月に高架駅として生まれ変わってから構造がとても複雑になっており、名鉄では名鉄名古屋駅に次ぐ迷いやすい駅といっても過言ではないような気さえします。 ↑というのもこの駅には2階と3階の両方にホームがあり、とくに名鉄名古屋方面の電車は2階からも3階からも発車するので、発車標をよく確認していないと乗り遅れます。 ↑ホーム( [続きを読む]
  • 2015/10/10 リニューアル工事中の名鉄栄生駅
  • 2015年10月10日(土)天気・・・ 2015年10月、■名鉄名古屋本線 栄生駅ではリニューアル工事が行われていました。 リニューアル工事の具体的な内容は、2015年度の名鉄設備投資計画によると、「名鉄病院改札口のリニューアル工事」「ホームの嵩上げ」「ホーム上屋の改良」「発車標の更新」とされています。 ↑従来の駅名標と仮設駅名標のコラボが見られました。 ↑ホーム(名鉄岐阜・津 [続きを読む]
  • 2015/9/27 豊橋鉄道えきめぐり Part.30[最終回]
  • 2015年9月27日(日)天気・・・のち 次は、終点の三河田原駅へ。 ↑ホーム。2面4線。ここの駅は2011年に降りたとき以来来ていなかったのですが、2013年には駅舎が建て替えられ、ホームも大幅リニューアル。今回4年ぶりに降りてみたら、もうかつての三河田原駅の面影はどこにも感じられませんでした。 ホームは頭端式になっており、ホームの車止め方向の先端に駅舎があります。 ↑ホーム( [続きを読む]
  • 2015/9/27 豊橋鉄道えきめぐり Part.29
  • 2015年9月27日(日)天気・・・のち 次は、神戸駅へ。兵庫県にあるJRの駅は「こうべ」で、わたらせ渓谷鐵道の駅は「ごうど」ですが、こちらの豊鉄の駅は「かんべ」と読みます。 ↑ホーム(新豊橋方面)。2面2線。お馴染みの待合室が各ホームにあります。もう見飽きました…(笑) ↑ホーム(三河田原方面)ホームの三河田原寄り先端に構内踏切と出入口があります。 ↑ホーム上の待合室。ほんと [続きを読む]
  • 2015/9/27 豊橋鉄道えきめぐり Part.28
  • 2015年9月27日(日)天気・・・のち 次は、豊島駅へ。 ↑ホーム(新豊橋方面) 1面1線。閑静な住宅街にある駅。なんとなく豊橋近辺よりものんびりとした雰囲気が漂っています。 ↑待合室。この駅にもお馴染みの待合室があります。 ↑豊島駅。駅舎なしの無人駅。 木々の合間へと消えていく線路のシチュエーション…たまりませんな。 次回も1駅進みます。つづく [続きを読む]
  • 2015/9/27 豊橋鉄道えきめぐり Part.27
  • 2015年9月27日(日)天気・・・のち 次は、やぐま台駅へ。 田原市に入り、駅名標の右上の花のイラストが「菜の花」に変わりました。菜の花は田原市の花に指定されています。 ちなみに豊橋市内の駅名標には、豊橋市の花「つつじ」が描かれています。 ↑ホーム(新豊橋方面)単式ホーム。 ↑ホーム(三河田原方面)駅の裏側には広大な田園地帯が広がっています。 ↑お馴染みの [続きを読む]
  • 2015/9/27 豊橋鉄道えきめぐり Part.26
  • 2015年9月27日(日)天気・・・のち 次は、杉山駅へ。降りた瞬間、家畜の強烈なにおいが鼻をつつく。田舎だなぁ…。 ↑ホーム(新豊橋方面) 2面2線。■豊鉄渥美線は単線ですが、大清水駅・老津駅に続いてこの駅も、なんと3駅連続で列車行き違いが可能な配線になっていました。 ↑ホーム(三河田原方面)ホームの三河田原寄り先端に構内踏切と待合室があります。 ↑待合室のそばに乗車駅証明書発行機と簡易 [続きを読む]
  • 2015/9/27 豊橋鉄道えきめぐり Part.25
  • 2015年9月27日(日)天気・・・のち 次は、老津駅へ。 ↑ホーム(新豊橋方面)。2面2線。ホームの新豊橋寄りに構内踏切と出入口があります。 ↑ホーム(三河田原方面)今日降りた駅の中でいちばん線路の草がぼうぼうですね。 ↑ホーム上にある待合室。向ケ丘駅にあるものと同じデザインですが、少し規模が小さめです。 ↑簡易manaca改札機や乗車駅証明書発行機もここにあります [続きを読む]
  • 2015/9/27 豊橋鉄道えきめぐり Part.24
  • 2015年9月27日(日)天気・・・のち 次は、大清水駅へ。 ↑ホーム(三河田原方面) 2面2線。ホームの三河田原寄り先端に構内踏切があります。それにしても■豊鉄渥美線は構内踏切率が高いですね。 ↑新豊橋方面行きのホームに待合室があります。しかも、かなりサイズ大きめです。 ↑三河田原方面行きホームにはトイレと駅舎があります。 ↑ホームから見た駅舎。改札口の手前に2段だ [続きを読む]
  • 2015/9/27 豊橋鉄道えきめぐり Part.23
  • 2015年9月27日(日)天気・・・のち 次は、向ケ丘駅へ。「遊園」は付きません。 ↑ホーム(新豊橋方面) 1面1線。ホームから見える範囲はとても緑豊かですが、住宅も多くあります。 ↑ホーム(三河田原方面)。ホームの三河田原寄り先端に出入口と、その近くに待合室があります。 ↑待合室。ちゃんとほぼ各駅に待合室があるのが凄いですね。 ↑待合室の横に簡易manaca改札機と乗車駅証明書 [続きを読む]
  • 2015/9/27 豊橋鉄道えきめぐり Part.22
  • 2015年9月27日(日)天気・・・のち 次は、植田駅へ。 ↑ホーム(新豊橋方面) 2面2線。各ホームに左右対称の待合室があります。 ↑ホーム(三河田原方面)ホームの三河田原寄り先端に構内踏切と出入口があります。 ↑待合室。待合室の庇はホーム上屋としての機能も兼ねているようです。一見なんてことのない待合室ですが、よく見るとなかなか有能ですね。 ↑待合室。冬 [続きを読む]
  • 2015/9/27 豊橋鉄道えきめぐり Part.21
  • 2015年9月27日(日)天気・・・のち 次は、芦原駅へ。 ↑ホーム(新豊橋方面) 2面2線。ホームの新豊橋寄りに出入口があります。周囲は里山も残るのどかな場所で、だんだん地方私鉄の雰囲気が強まってまいりました。 ↑ホーム(三河田原方面)周囲には田園地帯が広がり、ホーム上屋も無いので、ホームの端のほうに立ったときの開放感は抜群。なんとなくホームの雰囲気が名鉄っぽいのはやはり豊橋鉄道 [続きを読む]
  • 2015/9/27 豊橋鉄道えきめぐり Part.20
  • 2015年9月27日(日)天気・・・のち 次は、高師駅へ。また名古屋市長選で当選した河村たかしではありませんよ?← ↑ホーム(新豊橋方面) 1面2線。ホームの新豊橋寄りに構内踏切があります。 ↑構内踏切。ホーム側面をよじ登るタイプです。 また、それとは別にホームの新豊橋寄り先端にも構内踏切があります。 ↑こちらの構内踏切には遮断機はおろか警報機すらなく、客が自由に通行 [続きを読む]
  • 2015/9/27 豊橋鉄道えきめぐり Part.19
  • 2015年9月27日(日)天気・・・のち 次は、南栄駅へ。 ↑ホーム(三河田原方面) 1面1線。古レールを組み立てて作られたホーム上屋は著しく高さが低く、背の高い人だと頭をぶつけるかもしれません。 ↑ホーム(新豊橋方面)ホームのやや新豊橋寄りに出入口があります。 ↑ホームから見た改札口。改札口はホームよりも少し低い位置にあって、数段の階段を下りていきます。残念ながらバリア [続きを読む]
  • 2015/9/27 豊橋鉄道えきめぐり Part.18
  • 2015年9月27日(日)天気・・・のち 次は、愛知大学前駅へ。 ↑ホーム(三河田原方面) 1面1線。ウェーブがかった上屋が印象的。愛知大学前駅は■豊鉄渥美線内の途中駅で最大の利用者数を誇る駅であり、立派で長めに整備されたホーム上屋がそれを象徴しています。 ↑ホーム(新豊橋方面)ホームの新豊橋寄り先端に改札口があります。よく見てください、何かおかしくないですか? ↑!!!!!!!!! [続きを読む]
  • 2015/9/27 豊橋鉄道えきめぐり Part.17
  • 2015年9月27日(日)天気・・・のち 次は、小池駅へ。 ↑ホーム(新豊橋方面) 2面2線。幕屋根のホーム上屋を使用しているあたり、いかにも名鉄のグループ会社の駅といった感じですね。 ↑待合室は新豊橋方面ホームにだけあります。 ↑ホーム。(三河田原方面)草がぼうぼうな線路がローカル線チックな雰囲気を醸し出していますが、こう見えても15分に1本も電車が走る路線なのです。。 ↑ [続きを読む]
  • 2015/9/27 豊橋鉄道えきめぐり Part.16
  • 2015年9月27日(日)天気・・・のち 新豊橋駅から1駅進み、柳生橋駅へ。■豊鉄渥美線は、15分に1本という、地方私鉄とは思えないほど高頻度で運転されているので、駅巡りは非常にスムーズに進められるのは非常にありがたいところです。 ↑ホーム(新豊橋方面) 1面1線。中小私鉄らしかぬ長いホーム上屋が整備され、雨の日でも傘をささずに電車を待てます。 ↑ホーム(三河田原方面) [続きを読む]