HY さん プロフィール

  •  
HYさん: KEEP CALM AND WARBLE ON
ハンドル名HY さん
ブログタイトルKEEP CALM AND WARBLE ON
ブログURLhttp://kcawo.blog.fc2.com/
サイト紹介文洋楽・アカペラ・海外ドラマを中心にGlee・Warblers・Darren Criss・The Sing-Offなど。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供343回 / 365日(平均6.6回/週) - 参加 2011/10/09 21:07

HY さんのブログ記事

  • ついに放映、Supergirl/The Flash Musical Crossover Episode (音楽編)
  • The Flash Season3 Episode 17 "Duet"が遂に放送。大甘なストーリー展開でしたが、最近暗かったのでバランスとれてるか・・・曲はみな歌っている人がすごいので迫力ありますね。主な曲は新曲2曲・カバー3曲という内訳でした。曲については追記の方でまとめます。Darrenの衣装と衣装班からの暖かいメッセージ。「フラッシュ・ファミリーへようこそ。スピード・フォースが共にありますように」Darrenは、The Late Late Show with J [続きを読む]
  • Grant Gustin、Paley Fest 2017へ
  • 毎年恒例になりましたが、3月18日のPaley Fest 2017にGrantらCWのDCドラマのメンバーが集結。パネルディスカッションを行いました。4番組の主役級のスターがそろい踏み。The FlashからはGant & Candice Pattonが登場。意外な人も来ていたようです。こちらインタビューの模様。GrantとMelissaがちょっとだけ。FlashとSupergirlはどっちが早いか?ってねえ・・・・・・追記しました。(ネタバレあり)、さらに続きます。 [続きを読む]
  • 追悼:Chuck Berry
  • ロックンロールの創始者のひとりChuck Berryが、3月18日ミズーリ州セントチャールズの自宅で亡くなりました。90歳でした。ロックの殿堂入り第一号。名曲多数、カバー多数、歌詞に名前が登場することも多数。とにかくレジェンドでした。しかし、全米No.1ヒットは、意外にもこの一曲でした。"My Ding A Rling (Live Version)"「マイ・デインガリン」(Chuck Berry)Dave Bartholomewの作品でしかもNovelty Song。タイトルは、もろ [続きを読む]
  • Alice Cooper ① Eighteen (エイティーン)
  • 以前、Gleeの"School's Out"の時に少し紹介したAlice Cooperを詳しく紹介。(取り上げてほしいアーティスト募集中)1964年結成の当初は、Alice Cooper( 本名Vincent Damon Furnier)を中心とした5人組。 初期は、The Spidersとして活動していました。1968年"Pretties For You"でアルバム・デビュー。2枚目のアルバムまでは地味なバンドでしたが、グラム・ロックやハード・ロックの影響を受け独自のメイクをして次第に人気を獲得。1 [続きを読む]
  • この一枚 (74) It's You That I Need (想いは果てなく)
  • 今日は、デトロイト・ソウルの名曲。"It's You That I Need"「想いは果てしなく」(Enchantment)デトロイト出身の5人組、1977年デビューアルバムから"Gloria"がヒットして注目を集めます。(あとで紹介)。スィートなソウル・バラードが魅力でした。セカンドアルバム"Once Upon a Dream"からのシングルカット。 Michael StokesとVerdell Lanierの共作でR&Bチャートでは1位を記録しました。1978年Billboard最高位33位。さらに [続きを読む]
  • The Flash Episode 17 DuetのSneak Peekが公開
  • 今週放送のEpisode 16も、実はかなり重要な回でゲストもすごかったんですが、それにつけても来週のミュージカル・クロスオーバーエピですよね。スチルが公開されました。それにしても二人の美男美女ぶりには驚きます。そして、Darren、Jeremy、Carlos。3分近い大サービス。Go Blue ! Go Glee!さらに続きます。 [続きを読む]
  • Curt Mega、パトロン募集中
  • "Story Matters Podcast"もめでたくTK10を迎えたCurt Mega。この回のゲストは、Titus Makin Jr.でYoutubeでも公開されています。さらにこのシリーズを充実させるためPatreon.comで資金援助を募集中。月に数ドル単位で活動資金になります。こちらから寄付金額により若干の特典があるようです。月5ドルだとMonthly Hangoutというイベントに招待など・・英語難民にはもう一つかも。一方、Kimberlyは、ドラマ"Being Mary Jane"シーズ [続きを読む]
  • 追悼:George Michael ⑨ Freeek! (フリーク !)
  • 1999年末にカバーアルバム"Songs from the Last Century"をリリースしたGeorge Michael。しかし残念ながらシングルカットはなく、2002年にやっと単独シングルがリリースされます。のちにアルバム"Patience"に収録。"Freeek !"「フリーク !」(George Michael)かなり凝ったビデオでチャート一位を記録した国もありましたが、米国では全くヒットしませんでした。George MichaelとMoogymenの共作。UKチャートでは最高位7位を記録。200 [続きを読む]
  • Nolan Gerard Funk、ドラマ・ファッション関連情報
  • Nolanゲスト出演ドラマ"Quantico"(abc)が二月に放映、さらにNew York Fashion Weekでは、Baja Eastのイベントに登場しました。2月14日、ニューヨークのKola Houseにてさて肝心のドラマですが、2月6日放映のQuantico Season2 11話に登場。共演のPriyanka Chopraと。出演シーンがこちら。You can never escape your past. #Quantico is all-new tonight. pic.twitter.com/xxrtAiaDiO— Quantico ABC (@QuanticoTV) 2017年2月6 [続きを読む]
  • この一枚 (73) Pac-man Fever (パックマン・フィーバー)
  • DarrenのグループがComputer Gamesと聞いてまさかこの曲をやるのではと不安になりました。普通のバンドで良かった・・・まあ、カバーしても面白いかも"Pac-Man Fever"「パックマン・フィーバー」(Buckner & Garcia)主にラジオやテレビのジングルなどを作っていたオハイオ州出身の二人組(Jerry Buckner (Key)とGary Garcia (Vo))。当時人気のアーケイド・ゲーム「パックマン」をネタに曲を書いて大ヒットしました。この日本発のゲ [続きを読む]
  • Darren Criss、兄CuckとバンドComputer Games結成しEPをリリース
  • いやーあまりに突然で驚きました。一週間前に告知。Releaseと共に披露イベントやらラジオ局でキャンペーンなどなど。ただでさえ最近多忙なのに大丈夫かと心配するくらいになります。発表されたEPは、実質3曲?、意外に普通のオルタナ系でした。いい曲が多いけどもったいないなあ、オリジナルアルバムに取っておけばいいのに・・いつも世話になっているラジオ番組"Elvis Duran"でプロモーション。EPの2曲目、ノリのいいナンバーで [続きを読む]
  • 本格デビュー直前 ② Jon Robert Hall
  • カントリー歌手デビュー宣言して早半年、中々具体的な話が出てきませんが、今年中には実現してほしいところ。そんな中今年一月、Don WasことDon Edward Fagensonとお仕事。古くは、Was Not Wasのメンバー、昨年はストーンズの新作アルバム・プロデュース等超有名人。Jonのデビュー・アルバムもプロデュースしてくれんかなあ。紹介ビデオも完成しているようなのですが、新曲"College Town"は、70'sロック風の良曲。カントリー・ファ [続きを読む]
  • 今週のDarren Criss
  • 今週も慌ただしかったDarren Crissの動向。The Flashが終わってからイベント参加が続いているようです。まもなくAmerican Crime Storyの撮影が始まるのに大丈夫か?3月1日は、FXで始まるRyan Murphyがらみのドラマ・シリーズ"Fued(確執)"のLAプレミアへ。これは確執の合った二人の有名人にスポットを当てる実話ものドラマ・シリーズ。ファースト・シーズンは、"Bette & Joan"で女優Bette DavisとJoan Crawfordの二人を描くもの。 [続きを読む]
  • この一枚 (72) Float On (フロート・オン)
  • 今日は、ソウル・バラードから。"Float On"「フロート・オン」(The Floaters)1970年代ですが、60年代を思わせる曲調。一人一人自己紹介するという変な曲。The Detroit EmeraldsにいたJames Mitchellを中心に結成された4人組(のちに5人組へ)でデビュー・シングルがいきなり大ヒットしました。メンバーのMarvin Willis、Arnold Ingram、James Mitchell3人の作品。ディスコブームにうまく乗ったようですね。1977年Billboard最高 [続きを読む]
  • 本格デビュー直前 ① Luke Edgemon
  • 何処をデビューとするか難しいところですが、プロジェクトが進行中な二人を二回に分けて紹介します。ミュージシャン仲間のTori Kelly、Jordan Fisher、Mario Joseらが次々にブレイクしていく中、ついにLuke EdgemonもデビューEPを制作しています。先日は、スーパーボウルのLady Gaga Liveにバックボーカルに採用されるなどボーカリストの評価も得てきました。実力は、The Voice のseason 4でKnock Outラウンドまで進出した実力者 [続きを読む]
  • Yes ③ Owner Of A Lonely Heart (ロンリー・ハート)
  • 一気に飛んでしまってすいません。アルバム"Tales from Topographic Oceans"「海洋地形学の物語」では、シングルカット曲はなく、以降のアルバムからも日本でのシングルが出なかったりと空白期間があります。アルバム"Tormato"「トーマト」から久々の日本版シングル"Don't Kill The Whales"「クジラに愛を」が登場。(下の方で登場します。)そして、Trevor Hornプロデュースによるヒットアルバム"90125"「ロンリー・ハート」から [続きを読む]