rino さん プロフィール

  •  
rinoさん: 老犬デカキャバ☆Teaの介護日記
ハンドル名rino さん
ブログタイトル老犬デカキャバ☆Teaの介護日記
ブログURLhttp://cavatea11.blog.fc2.com/
サイト紹介文2011年11歳を迎え、心臓肥大発覚。老犬キャバリアTeaの日常をつづります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供10回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2011/10/10 17:37

rino さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 17にち
  • 2017年6月17日。Teaの5回目の命日。みるくの6回目の月命日。6月と12月。1年をはんぶんこ。忘れっぽいお母さんだから、みるくはその日を選んだのかなって思いました。ちょっぴり心配性なみるく。大丈夫。あなたたちを思わない日は1日だってないから。今日は梅雨の晴れ間。気持ちの良いお天気。さぁ、桃とおっきなササミを二つずつ。お庭で仲良く召し上がれ。 Tea'sの庭から。TeaRoseに撫子とジャスミンを。 [続きを読む]
  • クリスマスローズ
  • みるくをなくしてしまったあの日、何もできなかった自分。いえ、できなかったどころか、どんどん悪い方へ、悪い方へと向かってしまった自分を何度も思い出しては、「ああ、あの時、私がこうしていたらきっとみるくは元気でいたはずだ」みるちゃんごめんね、みるちゃんごめんね。。。そんな身をよじるような時があります。もうそれはそれで、気のすむまで後悔し続けるしかない。4月のある日、またそんな気持ちになっていた時、みる [続きを読む]
  • ファーストシューズ
  • 伝い歩きをはじめたゆいが、好きだった遊び(遊び?)ソファーで寝ているみるくをムギュっとして、「だめだよ、優しくだよ」と言われるが早いか、ソファーを伝って横にササッと逃げる。それがかなりブームでした。ゆいがどこを触ろうとも、どう握ろうとも、唸ったりすること一つもなかったね。みるちゃんは気づいていたかな。横にしか移動しなかったゆいが、一歩、二歩と前に歩くようになったのを。おかあさんは、ゆいがみるくのリ [続きを読む]
  • いつもの朝と立春
  • 毎朝6:00。横でグーグーブーブ寝ているみるくをベッドに残し、朝の支度をするために階段を降ります。7:15頃。自分の支度がすべて済んだら、みるくを起こしに階段を昇ります。階段の昇り降りは教えませんでした。最初から最後まで抱っこで上がったり下がったり。ベッドから降りることも教えませんでした。目が覚めていても、ベッドの上で待っていました。起こすとまず、ぐーんと伸びをするみるく。背中をストレッチした後に、なぜか [続きを読む]
  • みるくのいじらしさ
  • 2016年12月17日(土)Milkteaは、お兄ちゃんTeaのもと、虹の橋へと昇って行きました。膵炎から肺炎、心不全と、たった半日の出来事でした。出会った時から旅立つ日まで、全く手のかからない子でした。美しいまま逝きました。豊かな人生を、贈ってくれて本当にありがとう。 [続きを読む]
  • Milk Teaへ
  • 聖なる夜にこれはみるくに贈らなくちゃというカードをみつけたのなかよくしてくれてありがとうそばにいてくれてありがとうはげましてくれてありがとう助けてくれてありがとう話を聞いてくれてありがとうえがおをありがとうあそんでくれてありがとうやさしくしてくれてありがとう見守ってくれてありがとうありがとうありがとうありがとうおかあさんは、みるくを思う時いつもそうつぶやくよ。これからもずっと、ずっ〜と。ありがとう [続きを読む]
  • 犬の足音
  • みるくのお兄ちゃんTeaは、晩年徐々に体が麻痺してゆき1年ほど寝たきりとなりました。介護生活の中、Teaが部屋の中を走り回る姿やフローリングの上を歩く「カチャカチャ」いう音を、「もう一度」と何度夢みたことか。「変性性脊髄症」通称DMは当時ウェルシュコーギーの情報がほとんどだったのですが、DMのキャバリアを介護された方のブログに出会うことができ、その中のお一人、な組のhanaさんとは、何とも言えないご縁ができまし [続きを読む]
  • みるくのトリミング
  • 今まで何度か書いてきたかと思うのですが、私が初めて飼う犬にキャバリアを選んだ理由の1つは「トリミングの必要がないこと」。写真集などで見かけるフルコートのキャバリアの、いかにも「素晴らしくお手入れされています」風の優美な姿を見て、「トリミングしなくても、こんなに綺麗でいられるんだ〜」と思ったんですよね。「トリミングの必要がない」=「お手入れしなくてもよい」そこは私の大きな勘違いだったと思います。そん [続きを読む]
  • 一人っ子の幸せは
  • 2016年1月、ねねに娘が誕生し、我が家に1人家族が増えました。いちおう、私はおばあちゃんになりました。ははは。。。母はひいばぁです。ねね夫婦は同居しているので、小さい、本当にちいさな家に四世代が住むことになりました。あ、プラス犬一匹(笑)。ぎゅうぎゅう(> [続きを読む]
  • 犬の歯医者さん
  • 犬の歯は通常、全部そろうと42本です。(乳歯は28本なんですって、TEAはどうだったかなぁ)内訳は、 前(門)歯 上下6本づつ=12本 犬歯 上下2本づつ=4本 前臼歯 上下8本づつ=16本 後臼歯 上4本下6本=10本それぞれの歯にはちゃんとそれぞれの役割があります。前から順番に、前歯は、咥えて噛み切る歯で「切歯」とも言います。野菜スティックなど、どうぞと差し出すと、前歯で食いちぎろうとしますよね [続きを読む]
  • 高齢者と行くTDS
  • 昨年11月、ふと思い立って母と2人でディズニーシーへ行ってきました。歌にダンス、バンドが大好きな母に、ビックバンドビート(ショー)のクリスマススペシャルバージョンを見せてあげようと思って。&私はまだ乗ったことのないゴンドラで、クリスマスツリーの輝く夜のハーバーに出てみたかったので。母は79歳なので、シニアパスポートとなります(65歳以上が対象です)。シニアパスポート対象者は、『ゲストアシスタントカード』 [続きを読む]
  • 東京駅周辺美術館共通券
  • 『東京駅周辺美術館共通券』なるもの。初めて利用したのは今から2年前の2014年。その時のお話をちょっと。。。***陶芸とか骨董とか、ぜんっぜん分からないんですけれど、板谷波山(陶芸家)の作品は好きだなぁと思って。「開運! なんでも鑑定団」で、たった1つ作品を見ただけなのですが、すんごく、好きだなぁと思って。その時、かの中島誠之助氏がおっしゃいました。「波山の前に波山なく、波山の後に波山なし」いつか本物の [続きを読む]
  • みるくのお仕事
  • 犬というものは皆、犬種ごとにお仕事を授かり、そのお仕事に相応しい能力をもって生まれます。わたしは、キャバリアという犬です。犬にしてはめずらしく、お仕事を授からず、ただただ可愛がられるためだけに生まれたのだと言われています。しかしですね、キャバリアにも授けられたお仕事があったんですよ。そ・れ・は、『貴婦人のおひざを温める』こと。キャバ、キャバといわれる私の本当の犬種名、『キャバリア・キングチャール [続きを読む]
  • 犬の肺炎
  • 先輩アニマルセラピー犬、ヴォ―チェ君(スタンダードプードル)。彼のママから伺ったお話を、犬飼いの皆さんと共有させていただきたいので、アップいたします。先日、ヴォ―チェ君が誤嚥性の肺炎にかかった矢先に、大切なお友達が誤嚥性の肺炎で亡くなられたそうです。発症後36時間で病院へ。その後たったの6時間で、あっという間に亡くなってしまったと。。。最近「肺炎」のわんこが多いのだそうです。ヴォ―チェ君は遺棄され、 [続きを読む]
  • 犬に名前をつける日
  • “ビューティフルネイム”という歌をご存じですか?中学生の頃大好きだった、ゴダイゴが歌っていらっしゃいました。(たしかEXILEチームの何か(←その辺うとし(^^;) ) がカバーしていたような。。。)今でもこの歌が大好きで、歌い継ぎたい歌だと思っています。****今日もこどもたちは 小さな手をひろげて光と そよ風と 友だちを呼んでるだれかがどこかでこたえてるその子の名前を叫ぶ名前 それは燃える生命(いのち) [続きを読む]
  • 母の老いに向き合う
  • みるくは元気です。とっても元気です。よく食べ、よく寝て、よく遊び。。。ん? 遊びはあまりしないかな。耳がかゆくなったり、目やにが出たり、たまに獣医さんのお世話にもなっていますが、春の健康診断では異常なし、心臓も問題なしで、よしよしです。第2の犬生でのお誕生日、7月1日で6歳となりました。そうなんですよ、6歳なんですけどね、『シニア』用のフードを買ってしまいます。みるくと出会った時、私達は8歳は過 [続きを読む]
  • 過去の記事 …