伊賀の親房 さん プロフィール

  •  
伊賀の親房さん: 毎日毎日
ハンドル名伊賀の親房 さん
ブログタイトル毎日毎日
ブログURLhttp://okapi85.cocolog-nifty.com/
サイト紹介文毎日毎日夢の連続。そして夢はいつもはかなく消えてしまいそうになる。胸の内の葛藤
自由文油彩から始まり、カメラ、人物デッサン、パステル、アクリル、水彩、そして最近日本絵の具に興味あり。水墨もいいなあっと、とうとう日本画始めました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供89回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2011/10/10 17:38

伊賀の親房 さんのブログ記事

  • 検証した絵
  • 上の絵の頭部は身体の大きさに比べて小さい?そう指摘があり、下の絵は上の絵の頭部を不透明水彩を使ってゴーインに大きく描き直してみたものです。色の汚くなったのと、デッサンの適当さは仕方がないとも思うのですが。描いた絵の上から潰してしまって描き直す?初めてやってみました!ヒドッ!!!油絵を描いている時には、何回も下の絵を潰して上に描いたものですが、水彩ではいい結果は出ませんでした。そして、大きさに関して [続きを読む]
  • 顔を大きく描くことは、考えてみれば、あまり回数が無い。自画像か首像モデリングのデッサンくらいだ!身体全体を描く時とは、また違う難しさが有ります。骨格を意識した身体解剖学とは別に顔の目鼻口全てのパーツの形や影そんなことをまともにドンととらえて描いてみると色気も柔らかさも無いものになってしまいました。まるで、小学校の絵の時間に描いたような肩、首、胸、腹切る位置によっても絵が面白いように、変わってしまう [続きを読む]
  • 消えてしまう?
  • ほとんど水で描いたような感じ!乾けば、消えてしまうかな?くらいの薄い絵具をつけて、若干、これも極めて薄い墨で影の部分そんな感じで描いたものです!モデルさんの自前のピンクのショール何故か古代のアマゾネスに見えてきました!こんな感じで昨晩は描きました! [続きを読む]
  • 墨汁で
  • 描き直してみても同じだ!墨でいきなり描いていくと、ひとつ間違った線を引くとその間違えたと思う線を修正することは、絵をよごすだけ?特に顔あたりの微妙な狂いは、修正が効かない!そんな感じで、描きっぱなし、やりっ放しの一枚です。20分×6 [続きを読む]
  • 想像に委ねてみようか
  • この先、どう進めようか?手探りの状況で描いてますが。カボチャの葉の色がとても気に入っています。全面的に色をつけるのが、いいのか?あるいは、途中でやめて見てくれる人の想像をかきたてるか?そんな状況です。鑑賞者のそれぞれの想像に委ねてみようか! [続きを読む]
  • モヤもや
  • 曖昧!ファジー!ハッキリしない!そんな絵。水彩絵具は描くとき、絵具を少なく、水を多くして描くと形が消えてしまう!これが面白い。紙の中に描いたものが、吸収されてなんとも曖昧なものになってしまう。だからまた、その上に同じようなものを描く。繰り返す内に、描きたいものが具現化してくるような気がする。そんないい加減なやり方で描いてみタガ? [続きを読む]
  • 表情は?
  • 今回のデッサン20分×6の中で、顔をメインに描いてみました!薄墨のみ。脚の方は一度あたりをとった程度なぜか20分×3の時にはほとんど、デッサンを描き終えていたようにも、、、しかし、後日、使い残っていた水干の黄土で少し遊んでみました! [続きを読む]
  • ストーリー性?
  • 絵はストーリー性?別に意識的にストーリーを組み立てる訳ではありません。その絵を観た鑑賞者がその絵に対して感じるものその絵が何かを語りかけている。やっぱり最終的には、鑑賞者をその場に釘付けにしてしまう!感動を与える、感情を動かす、感心を与える、感嘆するそんな絵が描けるまで、やっぱり描くしかありませんね!20分×7 木炭紙サイズ 画用紙墨、透明水彩、水性日本画絵具、岩絵の具 [続きを読む]
  • 表現性
  • 20分のクロッキーに後日墨を使って濃淡をつけてみました。顔の部分が今ひとつ描けていないので首から下をアップしてみました。なんと、自分でも驚きの表現になっている気がした。顔が描けるようになれば、、、、、。 [続きを読む]
  • ジャンルは?
  • 何年ぶりかに描いたトウモロコシヒゲの部分の表現上手くいきません!鉛筆、墨、水彩絵具、水干、岩絵の具、水性日本画絵具、アクリルガッシュ使ってます。こういう絵のジャンルは、水彩画、洋画、日本画、墨絵何にしたらいいの?悩みは尽きぬ! [続きを読む]
  • 自然の中で
  • 一人絵画合宿?も終えて、またまた暑い東京の朝!田舎の伊賀に帰ってました。なかなかやる事が多くて、自然の中で、自然観察、いろんな生き物、花、草、虫、鳥、等々子供の頃には、この環境が当たり前の頃には、自然に背を向けていたかもしれません。それでも、ホタルをとりによく、ナイター中継が終わってから、行ったものだ。今、絵を描くようになってから、自然の中で生きているものや、自然現象、天体、宇宙 森羅万象が気に [続きを読む]
  • 紫陽花だ
  • 紫陽花!!もうかなり、枯れてきているが、スケッチするために切って花瓶にいれてみた。何となく形になった気がする。早速描いてみたが、紫陽花らしくないな!!これもひとつの花だ… [続きを読む]
  • また中断
  • 色紙に金箔を貼ってみた作品が中途半端になっていたので、新たな発想で描き加えてみた。しかし、やっぱり仕上げるまで到達せず、中断!もともと、最終の構想がないなか、思いつくまま、描いてるので色も構想もテーマもありません。こんな下絵のような、研究作品のような絵が増えて来てます。いずれは、もっとでかい本画に展開できるでしょうか? [続きを読む]
  • まだまだまだまだ
  • 少しずつ変化していくこの絵イメージの世界ですが、、背景に山深い世界東山魁夷の世界を参考にしてみたが、、、、、そして、墨を使った表現であったはずが、色の表現に変わりつつあります。しかし、緑がなまなまし〜い色だな!まだまだ、最終形が見えていません! [続きを読む]
  • またまた
  • やっぱりダメだ!左の雑草右奥のツワブキ光沢のあるツワブキの葉の表現左奥へ斜めに伸びて行く構図Fサイズはあわないか?またまた、頭を悩めてしまいます!見切り発車で本画にしてみようかな、、、 [続きを読む]
  • 検討段階の下絵
  • 本画用の下絵の検討中のもの植物はツワブキ秋には黄色の花が咲くようだ。地面に生えている雑草も何をどう描くか?ドクダミが花をつけている。クローバーもいいかな。カタバミというハートの形をした葉の雑草も生えているかな!それをどう描くか?F10の大きさに合わせて紙を切って貼り合わせています。そんな感じで、途中過程を楽しんでいます。透明水彩で緑と陰の色を探りながら、、、 [続きを読む]
  • 描ききれずに
  • 胸がもっとそっていて、それでいて腰がしっかりと安定しているそんなポーズがなかなか表現できなくて、20分×6の時間の20分×5をアウトラインの表現にかかってしまった。しかし、やはり思った様なラインの表現には描けていないのだけど、、。そして残りの10分鉛筆で最後まで濃淡、ハッチングするには時間が足りない。急いで、絵の具を取り出して描いた悪あがきの結果であった。 [続きを読む]
  • 失敗の巻
  • 水簸の黄土を使って念紙を作ろうと薄美濃紙に日本酒で黄土を溶いて塗り重ねた後、乾燥させてトレースしてみました。その結果、二枚つくったのですが見事にうまくトレース出来ません。いわゆる、失敗!何故でしょうか?今のところ、???です。朝から、部屋は日本酒のいい香りがプンプンしかし、失敗しただけのただでは、????残った黄土と残っていた鎌倉朱と方解石と墨で10分 自由に描いてみました。韓国に行った時、買って [続きを読む]
  • 真竹と茎レタス
  • たけのこととレタス!季節ハズレのたけのこと面白いレタス調べてみたら、たけのこは真竹(まだけ)という種類らしい。マダケ(真竹/またけ)は苦竹とも呼ばれ、孟宗竹のタケノコがもうすっかり竹になった梅雨前位に出てくるようで、産毛がないのと皮に斑点がある。レタスの方は、茎レタスまたはステムレタス!茎をメインに食べるようである。その茎はアスパラガスのような味がするようだ。という普段はあまり見かけない種類の2種類。 [続きを読む]