kitaco127 さん プロフィール

  •  
kitaco127さん: 世界映画博
ハンドル名kitaco127 さん
ブログタイトル世界映画博
ブログURLhttp://ameblo.jp/kitaco127/
サイト紹介文ホラーからコメディまで。洋画邦画多国籍、映画をガシガシ観たいです。ちょい元作家が書いてます。
自由文ストーリーのネタバレしない方向で─
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供150回 / 365日(平均2.9回/週) - 参加 2011/10/13 04:21

kitaco127 さんのブログ記事

  • 「LOGAN/ローガン」の花道
  • 何かが変化する時には光が放たれる。原子しかり、ウィルスしかり、STAP細胞しかり、人も、だ。映画のシリーズも終焉に、ひときわ輝くことがある。 アメコミ映画の大人気シリーズ『X‐MEN』の一員、ウルヴァリン。その最後の映画だ。私事で恐縮ながら、ウルヴァリン映画を初体験。X‐MEN本編しか観ておらず、狼男だと思っていた。ごめんなさい。 ミュータント(突然変異体)である。毛モジャで動物的能力を持ち、年を取ら [続きを読む]
  • 「劇場版 Free!-Timeless Medley- 絆」はキラッキラ!
  • …格段に面白くなっている…!格段に慣れたせいもあるかもしれない。何にって、男子のイチャイチャに、だ。 それだけではない。男色的な光景に慄いた1作目からハッテン。あ、違った、発展。今回は徹頭徹尾の青春水泳ムービーと言っていい。 何のために泳ぐのかを見失ったイケメンと、そんな彼を支えるイケメンたち。イケメンの競演。ぃや、競泳。イケメン以外はお帰りいただいたらしい。よって、格差は生じない。イケメンオンリ [続きを読む]
  • 「ピーチガール」初々しさ選手権
  • ものすっっっっごく色んなことが起こるので、いくつかのエピソードを見るそばから忘れていく有様。 高校生の恋だ。ドキドキしてキュン死にして、誤解してすれ違って。かき回し役が大活躍なので、次々に事件が起こる。 私事ながら当方にしては珍しく、LINEマンガで原作を無料通読中。読む手が止まらなくなる作り。何やら、懐かしさもある。というのも、20年前の作品なのだ。 携帯の無い時代のコミックに、現代要素をプラス。その工 [続きを読む]
  • 「美しい星」に魅了かポカーンか
  • 奇天烈。奇想天外。 全編を彩る音楽が最高であり、その挿入タイミング、音響の入り込み、各シーン・カットの繋ぎ方。センスのみ!センス炸裂! ただもう、ポカーンな方は終始ポカーンだろう。という突き放し度。好きです。 原作は天才・三島由紀夫。中坊時代、三島に激ハマッたババア(当方)には嬉しい現代への変換だ。当時、唯一のSF『美しい星』を読んだ時に感じた、「変わってるなあ」という感想。その揺るぎなさ。 そこに、 [続きを読む]
  • 「ちょっと今から仕事やめてくる」が好きな理由
  • あれ。これ良いな。良いですよね? 人が、人を支えて、人を変える。そういう映画は星の数ほど。今作が地に足をつけていると感じるのは、一足飛びではないからだ。人生、そんなに簡単じゃない。 展開も少し、妙なのである。ところどころ、本気で怖い。 え、なに?そっち系?と思い。ゾワゾワして、スクリーンをガン見するホラー好き(当方)。やばいやばいとドキドキして、ちょっとチビッた。 それもそのばず、成島出監督であっ [続きを読む]
  • 「家族はつらいよ2」が名作でつらい
  • ※誤って元記事を削除してしまいました…。記事はキャッシュからサルベージできましたが、せっかく頂戴しましたコメントやいいねが消えてしまいました。心よりお詫び申し上げます(涙) 素晴らしい。完璧。パーフェクト。新たな名作の登場です。ありがとうございます。 さんざん笑っているわけです。だってアホな会話なのです、面白いのなんの。腹を抱えるわけなんです。 我が家に激似だわ、とか。このセリフ、自分も親に言っ [続きを読む]
  • 「家族はつらいよ2」が名作でつらい
  • 素晴らしい。完璧。パーフェクト。新たな名作登場です。ありがとうございます。 さんざん笑っているわけです。だってアホな会話なのです、面白いのなんの。腹を抱えるわけなんです。 我が家に激似だわ、とか。このセリフ、自分も親に言ってるわ、とか。大喜びで観ているんです。 例によってウンコウンコ言いますから、可笑しくって仕方ない。人間、何歳になってもウンコネタは鉄板だと再認識。そうこうしてま [続きを読む]
  • 「夜明け告げるルーのうた」への愛をどうやって伝えよう
  • 体の内側からワーッと噴き上げてくるよう!名状しがたい感情の沸騰をどうしよう! 海が空気が、空が雲が、生物が動く動く。ヌルヌルとして、ユラユラとして、蜃気楼みたい。ああ、何だこの世界は! 海辺の町だ。横たわっているような、刺激の少なさ。海から人魚が来るから、音楽は鳴らしちゃダメ。そんな生活に、人魚がやって来る。 人魚ルー役は子役黄金世代の一角、谷花音。かーわーいーいー!ルーが跳ねる、踊る、音符が滲み [続きを読む]
  • *ブログのお話です*
  • お立ち寄りいただいた皆さま、誠にありがとうございます。 ブロガーの皆さまには「いいね!」のお返しをご容赦いただいており、恐縮です。コメントのご返礼も遅れがちで、恐縮至極です。ムラのある更新ですのに気にかけていただき、感涙です。ありがとうございます。当ブログはアメブロで開設しているのですが、最近、親会社Amebaがイジワルだと評判です。 ↑たぶん、中の人はこんな感じ。(違 ブログシステムが何かと謎采配。当 [続きを読む]
  • 「たたら侍」という民俗博物館
  • この作品をお好きな方、EXILEファンの方には本当に申し訳ありません。 とにかく鉄である。製鉄技術「たたら」を、これでもかと教えてくれる。わかりました。早く本題に入って下さい、と願うばかりの序盤。映画館ではなく、製鉄博物館にいる錯覚に。 文化の伝承を、時代の最先端EXILEグループがやっていきますということだろうか。成程、お気持ちだけで十分。そんな身勝手な観客の声はもちろん届かないので、学芸員の語り的アレコ [続きを読む]
  • 「メッセージ」から濃密なる興奮(ネタバレなし)
  • ああ、なんという真実。純然たるSFの心地よさ!我々がSFに惹かれるのは、夢と切なさが表裏一体だからだろう。 ある日突然、現れた謎の物体。その正体と真意を見極めるため、召集される人々。 未知の科学的な事象に何で立ち向かうか。これまで多くのSFで扱われた題材だ。それはやはり科学であったり、心であったり、童心であったり。 この映画においては、それらとは少し違った角度であった。しかも、この形!物体の造形も想像を掻 [続きを読む]
  • 「わたしは、ダニエル・ブレイク」に砂を噛む
  • 貧困である。いわゆる発展途上の国ではない。イギリスだ。文明の国だ。真っ当に生きてきた人間がある日、貧乏になる。 ゆりかごから墓場までと言われたイギリスの社会保障。その綻びや融通の利かなさ。IT弱者の切なさ。そういった、おそらく現実に散見される光景を描写して、深刻。 日本も格差社会などと言われるけれど、まだ軽症ではと思えてくる。公的サービスの仕組みが、こんなに過酷ということはないだろう。 [続きを読む]
  • 「帝一の國」を褒め倒し
  • お も し ろ い。驚いた。というのはとても失礼で恐縮ですけれど、面白い。 総理大臣を目指し、進学校の生徒会長の座を狙う男・赤場帝一の闘い。全てを投げ打つ覚悟。靴を舐めるなんて朝飯前。野心の為にはプライドもドブに捨てる才能を装備。 芝居の型があり、基本、皆、ハイテンション。原作コミックの独特さを踏襲した作りに、しばし呆然。 が、あるシーン以降、大笑いの波に襲われた。ゲイも腐女子も [続きを読む]
  • 「バーニング・オーシャン」が爆発的
  • 音で劇場が揺れる。シートに叩きつけられるような衝撃。圧巻の爆発劇。 海底油田である。2010年にメキシコ湾で起きた原油流出事故。燃えさかる海を、ニュース映像で記憶されている方も多いかもしれない。これは、その内側を描いた実話映画である。 爆発までの導線が見事。我々素人にも、油田の仕組みをわかりやすく提示してくれる。しかも、冒頭の数分でそれらをこなしてくれるから、実感を得やすい。 後は一 [続きを読む]
  • 「ひるなかの流星」でJKにズキュウウウウン
  • 夢のような設定。 超絶イケメンの先生と。優しいイケメン同級生と。2人に想われる美女子転校生。そんな幸せは当方の人生には無かったのであやかりたい。 普通に眺めたら、いけ好かない女子かもしれない。全部、計算でやってるでしょキーッ!と言われがち。 しかし、ものの5分ほどでその疑いは晴れた。なぜなら、この女子高校生、本気で可愛い。こういう天然JKが本気で天然を発揮する。その時に何が生まれる [続きを読む]
  • 「スプリット」(星3つ)をネタバレなしで
  • ピリリとした緊張が続く。この逃げ場のなさ。 怖いコワイ怖いと呟いてしまっていたかもしれない。要所要所に用意される絶望を、彼女らと共に実感。濃密である。 女子高校生3人が誘拐される。犯人は少し変わっていた。1人に見えて1人じゃない。体の中には23人の人格。それがこんなにも畏怖になるとは。 個人的な興味かと思うのですけれど、一時期ハマった設定だ。当方のように各種、実話を読み漁った方は多 [続きを読む]
  • 「無限の住人」の限界は早め
  • どうしてこうなったのですかと哀しみ。もしや、黒澤明監督のせいですか。たぶん、あんなにも多くの傑作アナログ人斬り時代劇を遺してしまったせい。 不死身の男で、人斬り。彼は死ねない。その設定だけで、飯三杯はイケる。 冒頭から勢いもあって、ドーパミンが出てまいります。それも束の間。足早に引いていく興奮。戻ってこないワクワク。やって来る、しょんぼり時間。 冒頭のテンションUPシーンはモノクロ [続きを読む]
  • 「追憶」が謎だらけ
  • とても普通。眠くはならず。盛り上がるでなく。つまらないわけでもなく。 ある刑事事件が映画の核心。その割には、本編の謎が極薄。優しい仕様だ。よって、驚きもない。うむ。 ミステリーサスペンスだと思っていたら、少し違う。最初に主なネタが開示されてしまう。そこを少し伏せてもらえると、ドキドキしたかもしれない。 キャストは若手の錚々たる顔ぶれ。小栗旬は本気を出していない。と、い [続きを読む]
  • 「テケテケ2」の切れ味
  • なるほどなるほど。そう来たか。来ましたか。そう呟きながら観てしまった、オタク度丸出し人間(当方)。 1のベースを引き継ぎつつも、発展である。都市伝説というものは元来、詳細がアヤフヤ。そして、話の真偽や出所が曖昧。そこを逆手に取って話を広げている。 1で登場したモンスターを続編でどう扱うか。少し、『エイリアン2』の成功例を思わせる創意工夫。いいです。いいですね。 今回の肝になる [続きを読む]
  • 「グレートウォール」戦争と美術は壁一枚
  • 久しぶりに3Dを観たところ、飛んでくるわけだ。矢が飛んでくる。思わず、矢尻を避けた中年(当方)がここに。軽く、アトラクション状態である。 ストーリーは至極単純。とにもかくにも、戦闘に次ぐ戦闘。生物を模した鎧兜、武具の花、甲冑のカッコよさといったら!各種、鮮やかな色に包まれる兵士たちの勇姿といったら! CGを大盤振る舞いしての光速バトルは、美しい!戦争なのに、だ。この美麗さは何としたこと [続きを読む]
  • 「パッセンジャー」に目がハート
  • やだ、いいじゃない。いいじゃないですか。とってもロマンチック気分じゃないですか。 タイタニックとか、ジュピターとか思い出したりして。シャイニングのオマージュに嬉しくなったりして。 宇宙船です。SFです。乗員乗客5000名以上の人々が、船内で120年に及ぶ冷凍睡眠の真っ只中。行く先は新たな移民星。 宇宙船が外側も内側も素敵デザインで、久々に乗りたい船1位に躍り出た。豪華客船の超MAX豪華版だ、 [続きを読む]