酵素フード協会☆理事長 錦 弘美 さん プロフィール

  •  
酵素フード協会☆理事長 錦 弘美さん: 美食同源!ダイエット&エイジングビューティーブログ
ハンドル名酵素フード協会☆理事長 錦 弘美 さん
ブログタイトル美食同源!ダイエット&エイジングビューティーブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/rawfood-osaka/
サイト紹介文ローフードダイエットと言われる話題のローフードを取り入れた酵素フードを学び、資格を取り、健康で美しくなりませんか?
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供364回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2011/10/15 15:09

酵素フード協会☆理事長 錦 弘美 さんのブログ記事

  • 〜ダイエットに失敗しないコツ〜
  • 〜ダイエットに失敗しないコツ〜 ①我慢しないでいいこと②難しくないこと③効果を感じられること④時間のかからないこと⑤たくさんのお金を必要としないこと⑥無理をしないこと⑦苦手なことはしないいいこと⑧美味しいものを食べられること⑨満足感があること⑩継続できること以上をクリアすれば、ほとんどダイエットは成功したと言えるでしょう(*^^*)上記を念頭に置いてダイエットしてみてください! 言葉を返すと、上記のどれ [続きを読む]
  • ハチミツに要注意
  • 白砂糖がダメなら、一番ナチュラルな甘味料はハチミツ!?今、市販されているハチミツには水飴シロップ転化糖(ブドウ糖還元して作られるソルビットなど)を混ぜてあることが多いのを知っていましたか? また中国などから安いハチミツを輸入して細工する方法もあります。 活性炭などの脱色剤を使い、脱色、精製して 透明で品質が良さそうに見せるんです! 脱色、精製されることによって 本来ハチミツが持つ有効成分は除去され [続きを読む]
  • それぞれの病気対策の栄養素と食品の酵素フード
  • 今日は食品の栄養素をご紹介します。つらい症状が少しでも和らぐといいですね! 生理痛⇒マンガン、カルシウム...(くるみ、生姜、シソ、バジル)口内炎⇒ビタミンB群、ビタミンA、ビタミンE(納豆、バナナ、小松菜)低血圧⇒ビタミンE、ビタミンB群(モロヘイヤ、赤ピーマン、シソ、アーモンド)リウマチ⇒αーリノレン酸、クルクミン、ビタミンC、B6(ウコン、酒粕、ゴマ、唐辛子)●風邪⇒ビタミンA、ビタミンB1、B2、C、レ [続きを読む]
  • 意識的にデトックスが必要!
  • 有害物質は体に入ると脂肪細胞に溜まると言われています。 脂肪細胞の中に溶け込んで溜まった有害物質はとても排泄しにくいのです。 有害ミネラルも自然に排泄されると言われていますが、体に入った量の半分程度を排泄するのに、メチル水銀で約70日、鉛は数年から10年、カドミウムになると数十年と言われています! 当然、入って排泄されるまでに、また次の有害物質を体に取り入れてしまうという繰り返しです。有害物質は、歯の [続きを読む]
  • 酵素とは②
  • 一言で言うと「生命力のある媒体」で全ての生物反応に関係します。 人間の身体以外の生物に存在する酵素を「体外酵素」と言います。 「体内酵素」の働きは大きく二つに分けられます。 【 消化酵素 】「消化酵素」は食物に含まれる三大栄養素(炭水化物・たんぱく質・脂肪)を、補酵素の協力のもと腸壁から吸収できるように小さな分子まで切り分ける作業をします。 【 代謝酵素 】「代謝酵素」は腸壁で吸収された栄養分子をエネ [続きを読む]
  • 酵素とは①
  • 野生の動物には癌や脳梗塞、糖尿病などの病気も肥満もありません。 それは必要な分だけ、酵素たっぷりの生の食事をしているからです。 私達人間は著しい脳の発達によって、より利便性などを追求した結果、病気というリスクを背負うことになってしまったのではないでしょうか? 酵素とは体には「炭水化物」、「たんぱく質」、「脂質」、「ビタミン」、「ミネラル」の5大栄養素が必要と言われています。 しかし、実は最も欠 [続きを読む]
  • ダイエット=飢餓状態?!
  • 脳には、昨日までの自分を維持しようとする本能があります。このことを専門用語では、「ホメオスタシス」(恒常性)といいます。例えば、「体温の恒常性」。 人間の体温は36度付近で常に一定の温度を保とうとするのです。体温が下がり過ぎれば代謝を促進して、体温を上げます。 体温が上がり過ぎれば、発汗作用や皮膚の血管を拡張して体温を下げようとします。 同じように体重に対しても現状維持の本能は作用します。食べる [続きを読む]
  • 起業する時にあると良いもの!
  • 食と生活スタイルで健康美人を増やす「酵素フード協会」の錦弘美です。 独立、起業する時にあると安心なものは何だと思いますかお金 人脈 実績プロレベルのスキル色々思い浮かぶと思いますお金は大切です使えば減りますので あった方が良いですがいづれにしても稼げるようにならなければいつか無くなってしまいます貯金が底をつくまでまでにならないと稼げるようにならない・・・なんてジンク [続きを読む]
  • 酵素フードよくある Q&A
  • 食と生活スタイルで健康美人を増やす「酵素フード協会」の錦弘美です。 今日は酵素フードのよくある質問をまとめてみました  生の野菜や果物ばかり食べていたら身体が冷えませんか 代謝が高まり、体の中に溜まっている 毒素を排出するために   一時的に体を温めるエネルギーが低下 する場合がありますが、   直ぐに元に戻ります。   果物は糖分が多いので血糖値が上がったり、太りやすくあり [続きを読む]
  • 現代人は皆、骨がボロボロになる食事をしている!!!
  • 酸性やアルカリ性というのは、水溶液(物質を水に溶かした液)の性質の名前です。 酸性・アルカリ性には、弱いとか強いとかいう度合い(強さ)があります。 この酸・アルカリの度合い(強さ)を表すのに、pH(ピーエッチ/ペーハー)と呼ばれる数値を使います。人間の体に流れる血液は、pH7,35〜pH7,40という狭い範囲の弱アルカリ性を保つように出来ています!そして食品にも酸性食品とアルカリ性食品があります。ミネラルの種 [続きを読む]
  • むくみは水分の摂りすぎではない!
  • 体内の水分はアルドステロンやヴァソプレッシン、アンジオテンシンⅡといったホルモンで綿密にコントロールされ、最適な値に維持されている。 たくさんの水を摂っても体内に溜まるわけではないんです。 水分を摂ることにより胃が進展すると食欲を高めるグレリンの分泌が減るので、食欲を抑制することが出来る。...水分を控えると、血液が濃縮されて血栓症になりやすくなるなど充分な水分を摂る必要があります。むくみは水分の [続きを読む]
  • ダイエットの成功にはホメオスタシスがキーワード!
  • 【酵素ダイエットはダイエットだけじゃない!】〜ホメオスタシス(HOMEOSTASIS)〜人間の体は取り巻く環境が変わっても、体温維持、血糖値の調節、浸透圧の調節など、生きていく上で重要な機能を常に正常に保つ働きを持っています。その働きをホメオスタシスといいます。 〜ホメオスタシスとダイエットの関係〜ホメオスタシスが働くと、食べ物から得られるエネルギーの吸収率を上昇させてしまいます。 つまり、普段する食事量の [続きを読む]
  • あなたは、何分でご飯を食べますか??
  • 「太らない体を作る」一番簡単でシンプルな方法 それは、「よく噛んで食べる」ということです!実に簡単でシンプルなことですが、なかなか出来ていない人が多のではないでしょうか? 最低20分の時間をかけてゆっくり食するのがイイそうです。速ければ速いほど、「太りやすい体」になっていくのです。更に消化器系にも負担が増え、トラブルを起こしかねません。 食べ始めてから20分を経過した頃から、脳は満腹感を生じます。こ [続きを読む]
  • 細胞壁を通過する調味料!
  • 食と生活スタイルで健康美人を増やす「酵素フード協会」の錦弘美です。 世界でも最も純粋で 汚染のない塩というヒマラヤ岩塩 80種類以上のイオン型ミネラルは 細胞壁を通過し 身体の代謝に利用できる状態を 含んでいるため 高血圧症など塩分を控えたい人にも 安心して摂りいれられる塩です。 塩味をつけるという利用法だけでなくミネラル補給源としてとして活用できる貴重な調味料です調味料として使うのはもちろん [続きを読む]
  • 塩分について!
  • 【酵素ダイエットはダイエットだけじゃない!】通常身体が必要とする塩分量は、3グラム程度です。 世界保健機関(WHO)は今年1月31日、塩の摂取量を成人は1日5グラム未満にするべきだとする新たな指針を公表しました。日本人は塩の取りすぎが以前から指摘され、厚生労働省によると、2011年の1日の平均摂取量は成人男性が11・4グラム、成人女性が9・6グラムと新指針を大きく上回っています。 WHOの指針は [続きを読む]
  • ホウレンソウに含まれる硝酸塩に筋肉増強効果
  • 米国生まれの人気キャラクター、船乗りのポパイ(Popeye)。 缶詰のホウレンソウを飲み込むと筋肉もりもりになり、ピンチを切り抜ける――このポパイの行為が正しかったことが、スウェーデンの研究チームによって証明されました。 ホウレンソウには硝酸塩が含まれているが、ストックホルム(Stockholm)のカロリンスカ研究所(Karolinska Institute)の研究チームが硝酸塩を加えた飲み水を1週間与えた...マウスを解剖し、対照 [続きを読む]
  • 玄米は本当に体に良いの?
  • まず玄米に関しても100点とは言えません!これが正しい答えではないでしょうか? フィチン酸、アブシジン酸、そして消化と農薬、これらが大きな問題点です。...玄米は種、子孫を残すもの、要するに人間で言うと子供のようなものです。身を守るために活動している因子がフィチン酸、アブシジン酸というものです。これらが私たちの体に入った時には、良くない影響を及ぼすのも事実なのです!フィチン酸には、ミネラル排出して [続きを読む]
  • 体が酸化
  • 下記の症状をチェックしてみてください。▲ほぼ毎日3時間以上の残業をしている。▲仕事で神経を使うことが多い。▲血圧、血糖、コレステロールの値が高めだと言われた方。▲日焼け後にシミが残りやすい人。...▲人や物の名前などが出てこず「あれあれ!あの、えっと・・・」ということがよくある人。▲階段や長時間歩くと息切れしたり、足がもつれたりする人。▲口臭を指摘されたことがある人。▲ベットに入って30分以上寝付けな [続きを読む]
  • 《脳が若返るブレインフーズ》
  • 最近、物忘れが激しくなっていませんか??記憶力などの脳の低下を改善し、脳の老化予防をしてくれる食品です! もともとは、アメリカのアルツハイマー病の対策のひとつとして研究されていたものでしたが、研究は世界的に広がり、日本でも注目されつつあります!日本では、痴呆症予防、改善だけでなく、全ての人々のための「脳の機能を改善する食品」と定義されています!《ブレインフーズの3つの機能》◎脳のエネルギー補給◎脳 [続きを読む]
  • 中年太りしない脳!!
  • 食と生活スタイルで健康美人を増やす「酵素フード協会」の錦弘美です。 「中年太り」この言葉 嫌な響きですよねぇ・・・ でも大丈夫 自律神経とホルモン分泌のバランスを整えておけ中年太りは避けられます 自律神経は内臓や血管の働きを支配する神経で血流や血行をコントロールします。 もし血流や血行が悪くなると酸素が全体に渡らなくなりエネルギーを作りにくくなります要するに代謝が低下するんです ホルモン分泌のバランス [続きを読む]
  • 【腸をキレイにする栄養学】
  • 酵素フード協会は、現代人にキレイと健康のために必要不可欠な最新栄養学をお伝えしています! 今回は皆さんに簡単に、酵素フード協会がお薦めしている講座のデトックス栄養学について少しだけお伝えいたします。 〜体の不調には腸が関係している!〜便秘・肥満・膨満感・胃痛・胃もたれ・下痢・イライラ・不眠・アレルギー性鼻炎・風邪を引きやすい・集中力がない・・・などなど多くの不調に腸が関連していると言われています。 [続きを読む]
  • ジャンクフードや砂糖の中毒は薬物中毒より怖い!
  • ドーパミンエンドルフィンセロトニンオキシトシンの4種類がハッピーホルモンと言われています ですが、このハッピーホルモンはアンハッピーになる場合も実はこのハッピーホルモンのうち、ドーパミンとエンドルフィンと呼ばれているホルモンが中毒に関係しています!●ドーパミンは快楽を感じさせて常習性を高めます!●エンドルフィンは不安や苦痛を麻痺させる作用があります!バランスが崩れると依存症を招いてしまいます! [続きを読む]
  • 【抗糖化食品で糖化を防ぐことが大切です!】
  • 糖化とは、私たちの体内にある「タンパク質」と、食事によって摂取した「糖」とが結びついて、]糖化したタンパク質が作られ蓄積すること。 糖化したタンパク質というのは、タンパク質が糖によって、焦げて黄色く劣化してしまったようなものです。糖化とは、体内のタンパク質が糖質と結びつくことで、老化を促進させる物質、AGEsが増えてしまうこと。主な原因は、糖質の取り過ぎ。 「肌の糖化」は血糖値の高い人に多く見られる現 [続きを読む]