Piyosophy さん プロフィール

  •  
Piyosophyさん: 次はロンドンじゃなくてパリ暮らし
ハンドル名Piyosophy さん
ブログタイトル次はロンドンじゃなくてパリ暮らし
ブログURLhttp://palila.blog.fc2.com/
サイト紹介文2017年3月ロンドンよりパリへ!難病ジストニアと闘うフラワーデザイナー。どーするフランス語…?!
自由文何かと海外かぶれの私でした。色んな国に足を運んだけれど、結局ハワイが大好きで…本気で移住を考えていた矢先、、ロンドン暮らしが始まりました。と思った2年後、今はまさかのパリ?!(´⊙ω⊙`)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供207回 / 365日(平均4.0回/週) - 参加 2011/10/17 23:35

Piyosophy さんのブログ記事

  • 再スタートのご挨拶。
  • こんにちは。今日は、いつもご訪問頂いている皆さまに急なお知らせがあります。当ブログ、引っ越しをすることになりました。えーーっΣ(゚д゚lll)実は、引っ越し先ブログ運営会社の方からお声がかかったということもありますが、それ以前から考えていたことでもありました。このFC2ブログ上で、実際のお友達のように仲良くしてくださったブロガーの方々と、少し距離ができてしまうようで、正直迷いに迷いました・・・そして、私 [続きを読む]
  • 考え、行動できる欧米人
  • こんにちは。仏蘭西大統領選、第1回投票が終わり、予想通り5月7日の決選投票へと進むことになりましたね。当地フランスでは、「朝から晩までテレビはこのニュースで持ちきりでしょう?」と日本の母に聞かれたものの…きっとテレビ放映での取り上げ方は日本の方が上かもしれません。こちらでは、日本のテレビのように、どのチャンネル回しても皆んなこぞって同じニュースをやっている!特番を組んでいる!ということはほぼありま [続きを読む]
  • 実写版「美女と野獣」をパリで見よう!
  • こんにちは。フランス語をどうしたら楽しく学べるか…それは、子供むけの本を読む、童謡を歌うetc.(完全に母に仕込まれたやり方ですが・・・)そして、これ↓そう、ディズニーシリーズをフランス語で見ること!!引っ越して来て即購入したのが「La Belle et la Bête」でした。そう、あの実写化されて今日本で公開が始まったばかりの美女と野獣フランスでは3月中旬から放映されていたのですが、なかなか時間が取れず、ようやく観 [続きを読む]
  • 旨旨クロックムッシュ。
  • こんにちは。ロンドンに引き続き、シャンゼリゼ通りでもテロが起きてしまったパリですが、警備体制はかなり強化されているようなので、普段通り過ごしております。ご心配して下さった方々、ありがとうございます。テロの日、私もシャンゼリゼ通りへ行く予定があったのですが、持病の調子が良くなくて、断念した…そんな日だったので余計に驚きました…パリのど真ん中でのこうした事件、実際にその場にいたらと考えるとゾッとします [続きを読む]
  • 涎が出るほど美味しいボルドーの店
  • こんにちは。ボルドーのぶらり街歩き♪そこで出会った可愛い子。いきなり住んでいるであろう家の庭から飛び出して来てニャ〜ニャ〜と餌をねだるという…( ̄▽ ̄)どんだけ人懐っこいんでしょ。ボルドーの町は前評判通り、世界遺産にも登録された街並みはとても美しく、尚且つ、静か。その中を主要な交通機関である最新のトラムが走っています。正直、パリの汚い地下鉄と比べてしまうと、安全で清潔なボルドーのトラムが少し羨ましく [続きを読む]
  • フランスではイースターに鐘が飛ぶ…
  • こんにちは。昨日は、イースターマンデー『Lundi de Pâques』ここ何週間か商業的にも宗教的にもお祭り騒ぎであったイースターが終わりを告げました。フランスでは、イースター復活祭のことを『Pâques』と呼びます。なので、英国や米国で言うハッピーイースターという挨拶はここでは、Joyeuses Pâques ! とちょっと聞きなれない感じに(^^;イースターについての説明はこちらで簡単に書いてあります→春のフランスチョコレートの形 [続きを読む]
  • ボルドーの台所!
  • こんにちは。パリに比べると5度ほど暖かいボルドー、日差しは強く4月とはいえサングラスは必須アイテム。朝が遅いボルドー、お昼の休業タイムも長いし、夜のレストラン開業時間も遅くて19時半か20時…そんなゆったりボルドー時間にほっとします(^^)ただ、午前から活気がある場所ももちろんあります。マルシェ!ここは、ボルドーの台所と呼ばれるMarché des Capucine例の如く、私は花の品質チェック!ですが、暖かい場所になるに [続きを読む]
  • 日本でブームだったあのお菓子の故郷
  • こんにちは。晴天のパリ…ではなくて、実は、ボルドーに来ています!パリ、モンパルナス駅より電車で3時間ちょっと。ボルドーと言えば…歴史あるワインの名産地!ですが、このお菓子の発祥地なのはご存知ですか?(^^)そう、カヌレ、Cannelé de Bordeaux!今は、日本のパン屋さんでもよく目にするカヌレ。小学生の頃だったか…20年前ほど?に流行っていたのを覚えています。で、母が買って来て食べさせられたけど、え〜〜なにこの [続きを読む]
  • パリマダムのおもてなし家庭料理!
  • こんにちは。晴れ続きのパリ。チューリップの花束を片手に向かったのは…パリのマダム宅。マダムのお母様が集められていたというアンティークが家のあちこちに飾られ、素敵〜(´∀`)と言ったが最後、1つ1つ丁寧に思い出と共に説明がスタート!!ご説明が終わり、ようやくランチタイム(^^;素敵なテーブルセッティング?そして、この食前酒が美味しかった〜!アペリティフを頂きながら、まず話題になったのは、こちらのテーブルク [続きを読む]
  • パリの蚤の市はどれに行く?
  • こんにちは!パリの観光と言えば、美術館巡り・食・ショッピングなど…実に目白押しですが、パリに何箇所か出る「蚤の市」も見どころ!蚤の市、、元は18世紀、貴族のゴミ捨て場から拾い集めたものを貧しい人々が少しでもお金にならないかと売り出したのが始まり。そして、パリの中心部ではなく、取り締まりなどが厳しくない少し外れたエリアに出店していたのだとか。それ故、有名なパリのクリニャンクール、モントルイユの蚤の市な [続きを読む]
  • 春のフランスチョコレートの形
  • こんにちは。日本のブロガーさんの記事、Instagram、Facebookを見ていると美しいソメイヨシノの満開の様子がアップされていて、ネットを通してお花見状態??フランスはどーなのよ?と母にも聞かれましたので、こちらの様子も↓↓八重桜満開。ソメイヨシノはなかなかありませんが、その代わり色々なお花でお花見楽しんでいます。これは、ミラベル…?間違ってたら教えてください(^^;この時期、街のパティスリーの前を通ると必ず目 [続きを読む]
  • パリで未来のエトワールを探せ!
  • こんばんは!パリ生活1ヶ月が経ち、気が抜けたのか、お腹と喉の風邪をひいて長引いております(>_ただ、そんな体調の中でも、昨日の夜は、どうしても外せない予定が!オペラ座こと、ガルニエ宮↓こう見えて(←普段食レポばっかの人…)16年間クラシックバレエをやっていた時期があった自分にとって、パリのオペラ座でバレエを観るのは幼い頃からの夢でした。10年前、家族旅行で来たパリの時には、ガルニエ宮の中を見学しただけ。そ [続きを読む]
  • フランス素材を活かしてアクアパッツァ!
  • こんにちは。マルシェ通いで新鮮!美味い!ものを安く!!我が家は、『生きることは食べること』をモットーに日々の食を楽しむことにかな〜り重きを置いています。なので、尚のこと美食の国のマルシェ通いはルンルン。再び16区プレジダン・ウィルソンのマルシェにやって来ました。クレープ屋さんに置いてあるマドレーヌなんですが、バターたっぷり、ほどよいフワフワ感がたまらず毎回購入…だって、1つ55セント!それから、クロワ [続きを読む]
  • 花の都パリとはいえ、花探しは大変!
  • こんにちは。パリは花の都、そう呼ばれるのも納得。とにかく、花屋の数に驚かされます!素敵なお花屋さんが多いパリですが、正直、花をやる身としては、1本1本の値段が高くて花屋は偵察しに行くのみ。ただ、多くのお店に共通して言える事は、見せ方が魅力的だということ?下の写真はバラ専門店。高級ブティックが軒を連ねるサン=トノレ通りにあるので、ご存知の方も多いはず。でも、美しい花屋さんは、どこも高い…プレゼントして [続きを読む]
  • パリジェンヌ風、日向ぼっこタイム。
  • こんにちは。日曜日の深夜よりスタートした夏時間!同じヨーロッパでも、イギリスとフランスでは1時間の時差があるため、フランスの方が日の入り時間が遅くなる…イコール20時すぎても明るい!これからどんどん日が伸びて、22時過ぎても明るい時期になってゆくんだな〜と思うとウキウキです♪そのかわり、冬はどよ〜ん…ですが…オルセーにあるルノワールの『ムーラン・ド・ラ・ギャレット』お馴染みの絵の1つですね!今日は [続きを読む]
  • パリに来てびっくりしたこと6選。
  • こんにちは??巴里に来て、あと数日で1ヶ月が経とうとしています。同じヨーロッパと言えど、ロンドンとは異なる部分が多く、驚くこともしばしば(´?ω?`) そんなわけで、パリのびっくり、そして、頭良いな〜と思うこと幾つか挙げたいと思います。 その1引っ越しスタイル。パリのアパルトマンは、まだまだエレベーターというものが付いていないところが多く、尚且つ、階段がとにかく狭い。なのに、階数は普通に6階とかまであった [続きを読む]
  • パリでイギリスよりずっと旨いフィッシュ&チップス!
  • こんにちは!今日はまたまたマルシェでの話題です。パリのマーケットの中でも屋内マーケットとしては最古、1600年代初頭にアンリ4世よって作られたという歴史あるマルシェ。Marché des Enfants RougesEnfants Rougesという「赤い子供たち」という奇妙な名前が気になりますね。名の由来というのは、昔このマーケットの近くに孤児院があり、そこの子供たちの服の色が慈善の象徴カラーである「赤」だったのだとか。というわけで [続きを読む]
  • パリでひっそりと再会した貴婦人。
  • こんにちは。2013年に東京の国立新美術館で開催されていた貴婦人と一角獣展、とても注目された展覧会だったので今お読みになられている方の中にも、足を運ばれた方がいらっしゃるかもしれませんね(^^)私も会期中、2回も1500円のチケットを買い訪れた1人です。2度訪れてもその感動は1度目に劣ることがなかったのを覚えています。その貴婦人と一角獣の6枚連作の巨大なタペストリーに再び出会えるとは、その時はつゆ知らず…そのタ [続きを読む]
  • 元フレンチシェフによる超本格ラーメン!
  • こんにちは。ヴァンドーム広場を長身ピカチューが歩いていた昼下がり…この近くの日本エリアで納豆!豆腐!米!!を買い出し。これは、ロンドンにいた時と全く同じルーティンの買い物です。納豆ぶら下げてボンドストリート歩いてた頃が懐かしい…( ̄▽ ̄;)というか、お恥ずかしい。ただ、これらの値段は、ロンドンの方(ジャパセンではなく、らいすわいんショップの)が安かったなぁ…とため息。イギリスの方が住んでいる日本人は [続きを読む]
  • La Maison Pichardのバゲット
  • こんにちは。昨日は、20度近くまで気温が上がったと思いきや、今日は再び12度のパリ。気温差注意しないといけませんね。さて、あっという間にパリに住み始めて18日が経ちました。イギリスで美味しいパンを気軽に買えなかっただけに、こちらに来てからというもの毎日必ず食べているパンたち。毎日試してゆくと、やはり自分なりの好みも出てきて、「このお店は一回食べたらいいかな」「ここのバゲットはいいけど、クロワッサン [続きを読む]
  • パリのキノコでUMAMIリゾット!
  • こんにちは!連日晴れて清々しいパリ。若葉が青空に映えて美しいそんな季節になってきました(^^)さて、全く飽きないマルシェ探索。やはり食いしん坊にはたまらない場所です(о´∀`о)ロンドンのBorough Marketで買った、高いキノコで大失敗した経験があるのですが…懲りずに大好きなキノコたち…?やはり、フランス料理には欠かせないこうしたキノコ!ロンドンのスーパー(一般的なもの)にあるのは、皆さんもご存知、イングリッ [続きを読む]
  • パリでハマった素朴なスイーツ。
  • こんにちは!パリ生活もあっという間に2週間?!が経過しました。不安定な天気も落ち着いて、小春日和な日も多くなり、ソフトクリーム食べたくなるくらい暖か(´ω`)マレ地区方面へ出向き、やって来たのはAu Petit Versailles Du Marais美味しいと評判のブーランジェリーで、入店した際も、狭い店内に行列が出来ておりました(゚∀゚)外まで並ぶ事もしばしばあるんだとか。並んでいる間、私の食いしん坊な視線はショーケース内のガト [続きを読む]
  • パリ15区のマルシェデビュー。
  • こんにちは!パリへ来てからというもの、どんな食材を買って今日は何を作ろうかと考えるのが楽しくて仕方がありません(^ ^)特にマルシェへ通うのが幸せ… Marché de la Convention 大通りの両側に500mに渡ってお店が並びます!もちろん、ロンドンでも、マーケットへ行くのは楽しかったのですが、やはりここは別格です!何にしても、鮮度は抜群!種類が豊富!そして、安い!!←これ大事大好きなホワイトアスパラガス!旬です [続きを読む]
  • パリ生まれのご夫婦によるローカル案内。
  • こんにちは。ロンドンよりも不安定な天気が続いていたパリ。引っ越してから太陽が出る日が少なく、土砂降りの日も何日か(。-∀-)でも、春は着実にそこまでやって来ています!雨が止んだこの日、素敵なパリジェンヌ、パリジャンのご夫婦にお気に入りのエリアを案内して頂きました♪まずは、お2人のお家の近くにあるフレンチのお店。中に入ったわけではありませんが、政界の方々がランチに来る事で有名だとのこと。彼らのための個室 [続きを読む]
  • パリ生活の始まりはパリの合羽橋から。
  • こんにちは。パリでの生活にも徐々に慣れ、毎日楽しめる余裕が出てきました!もちろん、フランス語をちゃんと話せる余裕はまだありませんよ。フランス語でパン頼んでも、英語で返事が返ってきちゃいますから…失敗。失敗。失敗。たまに成功!この繰り返しですね!!めげるな〜我ら夫婦(°▽°)さて、パリへ来て最初に買い物に行った場所、それは日本で言う合羽橋のようなところでした!E.DEHILLERIN創業1820年、老舗の調理器具 [続きを読む]