ことねっち@庚申塔散歩 さん プロフィール

  •  
ことねっち@庚申塔散歩さん: ことねっちの花と寺社めぐり
ハンドル名ことねっち@庚申塔散歩 さん
ブログタイトルことねっちの花と寺社めぐり
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/kotonetch
サイト紹介文私が描いた漫画の公開・解説、花名所やマンホ蓋・神社仏閣&石仏他の写真を連載中。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供133回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2011/10/18 04:14

ことねっち@庚申塔散歩 さんのブログ記事

  • 2013年4月5日、鹿沼市・千手山公園の桜
  • この日は、鹿沼市千手町にある千手山公園の桜を見に行きました。まずは、家族の車で国道293号線を延々と走ってきたので、銀座1丁目(!)の屋台のまち中央公園隣の物産館(まちの駅)で休憩。左上(後述の写真を回転+変形した物)と右下の写真は鹿沼市のデザイン蓋、市の花サツキの中にマスコットキャラが紛れ込んでいます。立派な仁王門(山門)が見えると、千手山公園に到着。公園の付近に市章入り消火栓角蓋があったのに、通 [続きを読む]
  • 庭の花(2014年3月29日)
  • この日も、桜の名所に行く前に庭の花を撮影。黄色い王冠部分が小さい品種の水仙。ピンクのコブシ。水仙と松の花。オオイヌフグリとふきのとう。王冠部分も花弁も黄色い水仙。白木蓮。菜の花と冬知らず(オレンジ色っぽく見える黄色い花)。裏には、梅とスモモの両方があるので、どっちだっけ〜?と迷ってしまう。にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ [続きを読む]
  • 2014年5月10日、佐野市船越町のレンゲと長慶寺など
  • この日は、旧田沼町エリア・船越の長慶寺近くにある蓮華【れんげ】畑などを見に行きました。先に目に入ってしまった石祠(写真左上)は、氏神さまにしては方角が妙なので、道祖神とかかな?まず蓮華畑を遠景から…ん?覆い屋付きの石仏らしき物が写ってたんだけど?(写真左下)近くの道路では、旧田沼町章入り消火栓の角蓋も発見。(写真右下)交差点には、旧田沼町章入り制水弁(外周円が5分割)が集まっている一角も。県道201 [続きを読む]
  • 《再訪問》2014年3月28日、佐野市町谷町・かたくりの里
  • 佐野市赤見町・西光院の桜(1回目)を見に行ったついでに、町谷町・かたくりの里に再訪問。コンデジに持ち替えての撮影、40枚前後撮ったかな?咲いている場所は木陰なので、どうしてもブレてしまうので、PC上でレタッチ済み。めしべの付け根が見える角度から、岩や木の根の隙間に芽生えた物も撮影。かたくりの里から駐車場に戻る途中で見えた山桜。もう一回水芭蕉を撮影(写真左)、白や黄色の水仙。(写真右)時季外れの紅梅か、 [続きを読む]
  • 2014年7月17日、上野駅と西郷像
  • 上野公園で不忍池の蓮などを見に行ったあと、JR東北本線&山手線・上野駅へ。駅ビルの3階?から、スカイツリーが見えてパチリ。(写真上)その近くには、都立公園と書かれた低圧の蓋が。(写真下)晩年の姿を模したと言われる西郷隆盛像。本当は西郷さん、今みたくインターネットや電話が普及していた時代でなかったので、父親の名前しか知らなかった方がいたため、それが(歴史教科書に載ったり)有名になってしまい本名を言いそ [続きを読む]
  • 2014年7月17日、上野公園・不忍池の蓮など
  • この日は家族と同行し、東京都23区・下町を散策しました。(東京スカイツリー訪問の時と同じく、秋葉原駅前へ家族の車を駐めてもらう予定だったが、上野公園が気になったので、不忍池の手前で降ろしてもらいました)まず、目に入ったのは、不忍池【しのばずのいけ】のうち、「ボート池」の部分、水辺にピンクの花、アジサイを撮影。(写真の右下)歩道側には桜マーク入りの「圧送」の蓋も、いくつか前の首相も「麻生さん」でしたね [続きを読む]
  • 2013年3月24日、佐野駅前・城山公園の桜
  • この日は、東武佐野線とJR両毛線の接続駅である佐野駅隣の城山公園へ桜の花見に行きました。当時は佐野市役所が改築中だったので、佐野駅前の駐車場(この時期は無料だった)に家族の車を止めてもらいました。街灯にはさのまるの旗がかかっていて、芝桜も咲いていました。ガラケー付属カメラの最低限画質で撮影のため、佐野城址(史跡)とふるさと佐野100選の看板が読みづらくてごめんなさい。最後の一文字が切れているけど、佐 [続きを読む]
  • 2015年2月27日、邑楽町赤堀の明王院
  • (前回訪問時の記事)近藤沼の公園から千代田町方面へ向かう途中で、邑楽町赤堀の明王院を再訪問。ちょうど、境内で梅が見頃を迎えていました。せっかくなので、覆い屋付きの如意輪観音を再撮影。山門へ続く道には、ピンクや白の椿が咲いていました。ついでなので、青面金剛像も再撮影。角柱庚申塔の下台にある「中 村」とは、「村講中」を省略したものである。(青面金剛像と庚申塔についてはこちらの記事も参照)そして、境内に [続きを読む]
  • 2013年3月29日、栃木市岩舟町三谷・ぼけ封じ観音の桜
  • 佐野市町谷町・かたくりの里(再訪問)の後に岩舟町三谷のぼけ封じ観音境内に咲く桜などを見に行きました。(もちろん、栃木市へ合併してしまう前の年度の訪問です)家族の車を駐めた駐車場の向かいに三島神社が見えたけど、こちらにも桜が咲いていて、割れている青面金剛像(庚申塔の一種)があると知って、勝手に参拝するんだったと後悔…汗(神社についてはこちらのブログ記事、青面金剛像はこちらのブログ記事を参照)ぼけ封じ [続きを読む]
  • 《再訪問》2013年3月29日、佐野市町谷町・かたくりの里
  • (前回訪問時の記事)県道67号線(旧国道50号線)沿いにあるかたくりの里を1年ぶりに再訪問。前回は気づかなかった?水芭蕉。前回の記事はg+のアルバム機能(2017年1月下旬以降は「同じ日付」の写真複数枚でアルバムが自動生成へと仕様変更しているので、ちと悔しい)が生きていた頃?なので、50枚以上撮影していたのをダイジェスト形式?でアップしているのですが、今回の記事の写真だと、[ガラケー付属カメラでの]オリジナル写 [続きを読む]
  • 《再訪問》2013年3月29日、佐野市町谷町・かたくりの里
  • (前回訪問時の記事)県道67号線(旧国道50号線)沿いにあるかたくりの里を1年ぶりに再訪問。前回は気づかなかった?水芭蕉。前回の記事はg+のアルバム機能(2017年1月下旬以降は「同じ日付」の写真複数枚でアルバムが自動生成へと仕様変更しているので、ちと悔しい)が生きていた頃?なので、50枚以上撮影していたのをダイジェスト形式?でアップしているのですが、今回の記事の写真だと、[ガラケー付属カメラでの]オリジナル写 [続きを読む]
  • 2013年3月24日、館林市当郷町、善長寺の水仙
  • この日は、善長寺の境内に咲く水仙を見に行きました。山門近くの塀の内側には、ミモザも咲いていました。花びらも王冠の部分も白い品種など、多種多様な水仙。境内の石祠が何を祀っているか、気になってしまう。(写真左下)ここにも、木魚を枕にする小坊主の石像があったけど、こちらのはネズミが登ってる。(写真右下)ちょ…樹齢約150年の大モクセイって、背丈はここまでじゃないけど、邑楽町中野の永明寺の金木犀も相当の古木 [続きを読む]
  • 2013年3月24日、館林市当郷町、善長寺の水仙
  • この日は、善長寺の境内に咲く水仙を見に行きました。山門近くの塀の内側には、ミモザも咲いていました。花びらも王冠の部分も白い品種など、多種多様な水仙。境内の石祠が何を祀っているか、気になってしまう。(写真左下)ここにも、木魚を枕にする小坊主の石像があったけど、こちらのはネズミが登ってる。(写真右下)ちょ…樹齢約150年の大モクセイって、背丈はここまでじゃないけど、邑楽町中野の永明寺の金木犀も相当の古木 [続きを読む]
  • 2012年10月撮影、栃木県足利市他のマンホール蓋類
  • (2012年4〜5月に撮影した蓋はこちらの記事、6〜8月に撮影した蓋はこちらの記事、2012年9月に撮影した足利市の蓋はこちらの記事を参照)真岡市のマンホール蓋類真岡市・井頭公園のバラを見に行ったときに撮影。栃木県真岡市で初めて撮影した地味蓋は、栃木県章入りの物ですが、2013年以降に撮影した真岡市のマンホール蓋類は近日アップ予定かも?なお、2014年度?より、市のマスコットキャラコットベリーのデザイン蓋や別のデ [続きを読む]
  • 2012年10月撮影、栃木県足利市他のマンホール蓋類
  • (2012年4〜5月に撮影した蓋はこちらの記事、6〜8月に撮影した蓋はこちらの記事、2012年9月に撮影した足利市の蓋はこちらの記事を参照)真岡市のマンホール蓋類真岡市・井頭公園のバラを見に行ったときに撮影。栃木県真岡市で初めて撮影した地味蓋は、栃木県章入りの物ですが、2013年以降に撮影した真岡市のマンホール蓋類は近日アップ予定かも?なお、2014年度?より、市のマスコットキャラコットベリーのデザイン蓋や別のデ [続きを読む]
  • 2014年3月28日、佐野市赤見町、西光院
  • この日は、西光院で見頃を迎えた桜と青面金剛像(庚申塔の一種)を見に行きました。聖観音菩薩の後ろで咲いている桜は、ソメイヨシノでしょうか。毘沙門堂の隣には、貫禄あるしだれ桜が。(写真上)毘沙門堂の軒下にある彫刻が気になったけど、単体での撮影をしなかったり。毘沙門堂前にある六地蔵と水子地蔵尊。ご丁寧に、水子地蔵が抱いている赤ん坊にもニット帽が被されていました。本堂前からしだれ桜を眺めてみる。よく見たら [続きを読む]
  • 2014年3月28日、佐野市赤見町、西光院
  • この日は、西光院で見頃を迎えた桜と青面金剛像(庚申塔の一種)を見に行きました。聖観音菩薩の後ろで咲いている桜は、ソメイヨシノでしょうか。毘沙門堂の隣には、貫禄あるしだれ桜が。(写真上)毘沙門堂の軒下にある彫刻が気になったけど、単体での撮影をしなかったり。毘沙門堂前にある六地蔵と水子地蔵尊。ご丁寧に、水子地蔵が抱いている赤ん坊にもニット帽が被されていました。本堂前からしだれ桜を眺めてみる。よく見たら [続きを読む]
  • 2014年3月28日、足利市寺岡町・正慶寺の石仏と桜
  • (2012年9月訪問時の記事はこちら)この日は、桜がもうすぐ見頃だったので、正慶寺を参拝。寺院の入口手前にあったのは、覆い屋付きの三峯神社の祠。(左写真) 花桃の手前に咲いていた花?は、時季を考えるとブラシの木(フトモモ属フトモモ科という分類に赤面)でないような…。鐘撞き堂の前にあったコブシと椿。 墓地の前にあった石仏も色々と撮影。覆い屋付きの岩舟石の石仏があったけど、風化が著しく、尊名がよく分かりませ [続きを読む]
  • 2014年3月28日、足利市寺岡町・正慶寺の石仏と桜
  • (2012年9月訪問時の記事はこちら)この日は、桜がもうすぐ見頃だったので、正慶寺を参拝。寺院の入口手前にあったのは、覆い屋付きの三峯神社の祠。(左写真) 花桃の手前に咲いていた花?は、時季を考えるとブラシの木(フトモモ属フトモモ科という分類に赤面)でないような…。鐘撞き堂の前にあったコブシと椿。 墓地の前にあった石仏も色々と撮影。覆い屋付きの岩舟石の石仏があったけど、風化が著しく、尊名がよく分かりませ [続きを読む]
  • 2012年10月撮影、羽生市・行田市&深谷市のマンホール蓋類
  • 埼玉県の羽生駅から秩父鉄道へ乗り、行田市の忍城址へ向かったときに撮影したマンホール類の写真です。(忍城址の記事はこちら、マンホール蓋はこちらの記事も参照)羽生駅前で撮影したもの。羽生市章入りテトラ模様の蓋と、浄化槽と思われる地味蓋です。(左下は回転などの加工を行っています)秩父鉄道行田市駅周辺で撮影したもの。 市の木イチョウがデザインされた行田市章入り消火栓角蓋(写真左)と、浄化槽か汚水桝かもしれ [続きを読む]
  • 2012年10月撮影、羽生市・行田市&深谷市のマンホール蓋類
  • 埼玉県の羽生駅から秩父鉄道へ乗り、行田市の忍城址へ向かったときに撮影したマンホール類の写真です。(忍城址の記事はこちら、マンホール蓋はこちらの記事も参照)羽生駅前で撮影したもの。羽生市章入りテトラ模様の蓋と、浄化槽と思われる地味蓋です。(左下は回転などの加工を行っています)秩父鉄道行田市駅周辺で撮影したもの。 市の木イチョウがデザインされた行田市章入り消火栓角蓋(写真左)と、浄化槽か汚水桝かもしれ [続きを読む]
  • 2012年10月撮影、群馬県邑楽町のマンホール蓋類
  • (2012年2月〜3月に撮影した蓋の写真はこちらの記事、6月に撮影した蓋の写真はこちらの記事、9月に撮影した蓋の写真はこちらの記事を参照)邑楽町鶉・恩林寺の彼岸花を見に行ったときに邑楽町章入り消火栓蓋を再撮影。邑楽町中野・永明寺の金木犀を見に行ったときに撮影。3つのツメ?がある内円が4分割タイプの邑楽町章入り仕切り弁(左)とデザインハンドホール蓋。(右) 邑楽町章入り白い汚水桝(左)と、多々良沼公園に [続きを読む]
  • 2012年10月撮影、群馬県邑楽町のマンホール蓋類
  • (2012年2月〜3月に撮影した蓋の写真はこちらの記事、6月に撮影した蓋の写真はこちらの記事、9月に撮影した蓋の写真はこちらの記事を参照)邑楽町鶉・恩林寺の彼岸花を見に行ったときに邑楽町章入り消火栓蓋を再撮影。邑楽町中野・永明寺の金木犀を見に行ったときに撮影。3つのツメ?がある内円が4分割タイプの邑楽町章入り仕切り弁(左)とデザインハンドホール蓋。(右) 邑楽町章入り白い汚水桝(左)と、多々良沼公園に [続きを読む]
  • 《再訪問》2016年1月11日、板倉町・雷電神社
  • (前回訪問時の記事)ほぼ2年ぶりに雷電神社のロウバイを見に行きました。久しぶりに半裸の弁財天像を見たら、周りに白くて小さい物がずらり…看板に書かれている「卵持ち白蛇」のようです。駐車場からの順路にもロウバイ。(写真左)もちろん、福禄寿にも再会。(写真右下)本殿に上がると、紅梅が咲いていました。(写真下段)拝殿の周りでも、ロウバイが見頃でした。あまり目立たないけど、白梅も咲いていました。絵馬殿と白梅 [続きを読む]
  • 《再訪問》2016年1月11日、板倉町・雷電神社
  • (前回訪問時の記事)ほぼ2年ぶりに雷電神社のロウバイを見に行きました。久しぶりに半裸の弁財天像を見たら、周りに白くて小さい物がずらり…看板に書かれている「卵持ち白蛇」のようです。駐車場からの順路にもロウバイ。(写真左)もちろん、福禄寿にも再会。(写真右下)本殿に上がると、紅梅が咲いていました。(写真下段)拝殿の周りでも、ロウバイが見頃でした。あまり目立たないけど、白梅も咲いていました。絵馬殿と白梅 [続きを読む]