パパと柴わんこ さん プロフィール

  •  
パパと柴わんこさん: パパは柴刈りに…
ハンドル名パパと柴わんこ さん
ブログタイトルパパは柴刈りに…
ブログURLhttp://papashiba.blog24.fc2.com/
サイト紹介文キャンプが好きで、プライベートキャンプ場を作ってしまう事にしました。
自由文子供毎年行っていたオートキャンプ。あちこち行きながら、こんなキャンプ場があったらと話しているうちに、今年の春から始めた理想のキャンプ場作り。
生きているうちに、夢をかなえるため、家族みんなで今日も柴犬、小夏とがんばります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供546回 / 365日(平均10.5回/週) - 参加 2011/10/20 20:08

パパと柴わんこ さんのブログ記事

  • キウイちゃんの蕾。 #キウイ
  • 「ずいぶん葉っぱが開いてきたなぁ〜」と近付いて観察して見ると既に蕾まで出来てきていました。贔屓目に見て「ハート型の葉っぱがカワイイなぁ〜」と思いつつ、反射的に蕾の数はどれ位だろうと大雑把に数を計算してしまうのは人間の性か。これから長い長いキウイの季節がやってきます。 [続きを読む]
  • 関山桜咲く。 #桜 #関山
  • 一昨年の春先頃に苗木を植えて、2年目の今年ようやくひと花咲かせてくれました。ぱっと見た目には大きくなった様には全く見えませんが、よく見るとほんの少しだけ成長した様に感じます。見どころが出るのは20年、30年先の話しになると思いますがその頃はリアル花咲か爺さんになっているだろうことをどう受け止めれば良いのだろうか。考えた末に、、、ポジティブに「お宝を掘り当てている筈」と思うことにしよう。 [続きを読む]
  • ニワトコのびのび。 #ニワトコ
  • 遠目から見ると白い細かな花を咲かせて綿アメが乗っかっているみたいな姿に。アイベックスとか鹿系の角のような見た目の枝が四方八方に伸びては分岐し、更に伸びてまた分岐、ついでに根元からもいくつも株立ちしているので魔法使いが住む森に生えていそうな樹形。なのでいつか魔法使いの小道具である指し棒杖を作るべきなのだろう。 [続きを読む]
  • ハナズオウの苗木植え。 #ハナズオウ
  • 今日もまた「苗木植えたい病」を拗らせて入手してしまいました。まだ植えたことのない苗木を見つけると「買うしかないぞ」「植えるしかないぞ」「育ったらきっと見どころがあるぞ」「早く植えない早く大きくならないぞ」と誘惑のセルフ突っ込みセルフ受けをしてしまうのです。更に調べてみたら秋には豆果も付くらしい、、、などど書いてあったらもう「やめられない、止まらない」となるのです。そして「病は木(気)から、、、とは [続きを読む]
  • 栗ちゃん葉が吹き出す。 #栗
  • もうそろそろ樹形作りとしての剪定をするべきか、、、まだまだ放っておくべきか、、、。育つがままにしておくのがウチらしいので見守るだけになりそう。大きくなれ、早く大きくなれ、太くなれ、早く太くなれ、栗の実沢山付けろ、もっと沢山付けろ。期待、願いの筈なのに言葉・文章で表すと怨念を掛けているようになってしまうのはどうしてでしょうか、、、。過度の期待、過干渉、執着の三拍子が揃うとよろしくないようです。 [続きを読む]
  • 草苺の花が一斉に。 #草苺
  • 少しばかり地味系の白花が吹き出すように咲き始めています。今年も野鳥、虫との競争をしながらそこそこの量のイチゴ摘みが出来ればと思います。イチゴ系は花は多少地味でも果・実になるとキレイな色が付くので足して2で割ると丁度いいのかな、、、などど変な理論を立てながらイチゴ摘みのイメトレに励む春の午後。 [続きを読む]
  • マツバウンラン発見。 #マツバウンラン
  • 名前が思い出せず調べてみると、、、、珍しくもなく、 あまり喜ばれもせずの評判があるようで、、、さて、さて、帰化植物の類はいい評判がもらえないようで、更に群生と言う表現が付くと何か良からぬもののような扱いになることが多いようで、、、。でも人の好みはその人だけのものだから多少ガッカリしながらもカワイイ咲き姿だと。なのであまり気にしないことにしてジックリと観察。 [続きを読む]
  • ヤマユリ伸びだす。 #ヤマユリ
  • 一見、季節外れのセイタカアワダチソウに見えなくもない。もしそれに混じっていたら多分わからない。しかし、この時期にこんなに背が伸びているのは珍しいので葉っぱの形と付き方を知っていれば判別は意外と簡単。何より毎年同じ場所で花を咲かせてくれるのです。たまに下草刈りのタイミングに周りの草花と背丈が同じくらいになってしまって間違って刈ってしまうことがあるので早めに支柱でも立てて目印を付けねばと。 [続きを読む]
  • 黄色い小花の塊の先に #シロモジ
  • シロモジ咲き始める。黄色い小花の塊の先に新芽の膨らみが出るのが特徴みたいです。花的には色は目立ちますが少し地味系。植えたばかりなので痩せっぽちですが将来的にはこんもり系の樹勢になるはずと期待。鳥たちが実を食べる為にやって来て るのも期待。 [続きを読む]
  • ギボウシ復活。 #ギボウシ
  • 春に入る前までは跡形もなかった様な気がしましたがしっかりと落ち葉の下で準備していた様です。イメージとしては1メートル四方くらいの群生に直ぐなるのかと思っていましたが数年を経て少し株が広がったくらい。白斑入りなので森の中に突然姿を現した観葉植物という感じです。 [続きを読む]
  • モミジイチゴの花。 #モミジイチゴ
  • 下の森の所々に刈らずに残した蔓が成長して花を付けてくれました。数年間、篠竹や下草刈りで地面にも日が差す様になって成長が良いようです。沢山残すと知らぬ間に棘で痛い目にあうので要所々々に残して実がなるのを待っています。5月中旬頃にはクサイチゴ、ナワシロイチゴ、モミジイチゴ摘みしてジャムでも作ろうかと。 [続きを読む]
  • 三つ葉アケビの花蕾。 #ミツバアケビ
  • 小さい花蕾で濃い赤紫色なので蔓葉が垂れ下がっていても花付きを見過ごしてしまいそうになります。コレは咲いている状態なのか?咲く前なのか?咲いた後なのか?よく分からないので咲いているということにしよう。去年はこの蔓からは収穫出来なかったのでぜひ成長過程を観察して見たいものです。 [続きを読む]
  • 山椒の葉っぱ開く。 #山椒 #朝倉山椒
  • 少し前までの枯れ枝風の姿が新芽風に。此の幼木は元から自生していた雄木なので花山椒として使ってみようかと思っています。いまいち採り時が分からないのでよく調べて見ないとなりません。まさに新緑。朝倉山椒の葉っぱ。中心部分に筋の様な細かな集まりが出来てきていました。多分、葉が伸びる前の集合体の様です。こちらは実が付く雌木なのでたくさんの実付きを期待。 [続きを読む]
  • 立派な土筆んぼ。 #つくし #4月16日
  • 20センチ程に伸びた土筆んぼはその字の如く絵筆に見えています。まだ試したことはありませんが絵の具や墨の筆の乗りは良さそうに見えます。さて描き味はどうかと考えると少し引っかかる感じがするのと、手持ち部分の軸が心もとない気が。上手く使いこなせれば絵心、筆心が無い私にも味のある絵や字が書けるかもしれないと期待をしつつ、膝と肘を地面につき合わせて崇め奉てる様な姿になってしばし撮影。 [続きを読む]
  • ジゴクノカマノフタ出現。 #地獄の釜の蓋
  • いわゆるキランソウというやつですが畑周りにポツリ、ポツリと出てきました。何となく心が揺さぶられる色形。そう感じているのはあまたの人々が暮らすこの日本全国津々浦々でどれくらいいるのだろうか。此の花の薄紫色と葉っぱに少し混じる濃い紫色が源氏物語の本に出てくる着物のイメージ、そして恐ろしげなその名前が重なるのかもしれない。 [続きを読む]