西村 治彦 さん プロフィール

  •  
西村 治彦さん: 西村社会保険労務士事務所だより
ハンドル名西村 治彦 さん
ブログタイトル西村社会保険労務士事務所だより
ブログURLhttp://yaplog.jp/syarousi/
サイト紹介文西村社会保険労務士事務所のブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供369回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2011/10/21 12:43

西村 治彦 さんのブログ記事

  • 振れ幅の大きな生き方
  • 人は生まれもった能力よりも、育ってきた環境や家族・友人で人生が決まるとよく言われます。それこそ、歴史を紐解けば、ドラマのような人生を送った人がたくさんいるわけで、平凡人生の代表である私からすると、同じ人間なのに、こうも違うものか、と思ってしまいます。そんな中、とても関心ある生き方をしている人もいます。政治に全く疎い私でさえ、毎日世界中のメディアを賑わせている様子をみると、この人は一体何者なんだろう [続きを読む]
  • 平成29年度 年度更新センターの所感
  • 2月20日に年度更新センターが千葉事務所に開設されてからおよそ3カ月後の5月26日にセンターでの年度更新が終わりました。毎年千葉事務所の枇杷の実が色づく頃、年更センターは終了します。さて、本年度の年更センターでの業務は無事成功に終わりました。会社の売上も順調に伸び続けています。しかしながら来年以降のセンター運営に関してはいくつかの課題が見つかりました。平成23年からスタートしたセンターも本年度で7年目となり [続きを読む]
  • 野菜を作ろう!!!
  •  6月だというのに、とても暑い信州上田です。長野は過ごしやすいと思っていたのですが、日中は暑いと都心と変わらない気がします。雨もさほど降らず、私の大嫌いな虫が大量発生する時期でもありますので、玄関や窓などあらゆるところに虫コナーズを仕掛けました。↑結構効きますが8月になると慣れてくるのか効き目が弱まる気が・・・毎年義理の父が畑を耕し、野菜をたくさん作ってくれるので、私も今年はちょっとお手伝いをして [続きを読む]
  • 幼き頃の食卓の思い出
  • 皆さんは、家族そろって夕食をとっていますか最近は「核家族化」やライフスタイルの多様化によって、サザエさん一家のように家族がそろって食事をする「団らん」の機会も減りましたよね内閣府の調査によると、家族と一緒に食べる頻度について、「ほとんど食べない」と答えた者の割合は、朝食は25.5%、夕食も8.8%と、家族がそろって食卓を囲む機会が少なくなっています内閣府「食育の現状と意識に関する調査」平成23年3月(対象は [続きを読む]
  • Enjoy Camp 2017 in 黒部
  • 今回は長野県安曇野市のキャンプ場をベースに、「黒部ダム」へ。30年来の悲願です。下調べで勘違いしていたことが、2点判明しました。一つは、昔は「黒四ダム」と言ってた気がしたのですが、正式には「黒部ダム」とのこと。黒部川第四発電所用のダムのため「黒四ダム」と一部で呼んでいたようです。もう一つは、「黒部ダム」は黒部市ではないということです(勉強になりました)。「黒部ダム」へは立山黒部アルペンルートを利用 [続きを読む]
  • 平凡な日常からの「脱出」
  • 皆さん、休日は何をして過ごしていらっしゃいますか?わたしはここ1,2年で「リアル型脱出ゲーム」にどっぷりはまっています。日本全国でブームが到来しているため、ご存知の方もいるかもしれません。元々脱出ゲームは、「閉鎖された環境からの脱出を目指す」ことが目的のコンピュータゲームが始まりでした。そのような趣旨のゲームは1980年頃から海外で既にあったようですが、その後日本でもWebブラウザ上でできる無料の脱出ゲー [続きを読む]
  • 日光国定公園 中禅寺湖
  • みなさんは、中禅寺湖へ行ったことがありますでしょうか?  国内の渓流・湖沼釣りにおいては、場所により釣りの禁漁期間と呼ばれるものがあります。 鱒(マス)の聖地と呼ばれる中禅寺湖では、毎年4月1日から9月19日が解禁期間とされており、その年の解禁日には、数多くの釣り人が訪れています。今年は土曜日が4月1日になったため、大勢の釣り人の釣行が予想されておりましたが、解禁日の前日3月31日は積雪があり、条件の悪い [続きを読む]
  • 天体観測と日の出で地球を感じる
  • 先日、休みを利用してハワイ島へ行って来ました。標高4,205 mの山にあがり星空と朝日を見るというツアーに惹かれ旅行先に選び、その日をずっと心待ちにしていました。ハワイ島は、ハワイ諸島最大の島で面積は四国の約半分の大きさです。島には5つの火山系がありこれらが火山活動によって融合し、ハワイ島を形成しました。私が滞在したホテルへは夜中12時半に迎えがあり、2時間近く車を走らせ目的地マウナケア山に向かいます。道中 [続きを読む]
  • 隠れた秘境
  • 先日、休日を利用して千葉県君津市にある「濃溝の滝」を訪れました。実はこの滝、SNSであるインスタグラムがきっかけで、国内・国外問わず人気になっているスポットだそうです。なんでもジブリを彷彿とさせる場所なんだとか。そこまでジブリファンではないですが、人気がある場所なら是非とも行ってみたい!そう思い立ち、早速行ってみることにしました。自分の住む市原市から車で約1時間。入口付近には、車がずらりと並んでおり [続きを読む]
  • 行きも帰りも〜身延山 久遠寺〜
  • 山梨県 身延山 久遠寺(みのぶさん くおんじ)久遠寺は、1274年 鎌倉時代に日蓮上人が身延山に入り「法華経」の読誦(どくじゅ)と門弟たちへの教導に終始していた日蓮宗の総本山です。友人にいいところがあると誘われ、車を走らせ普段通りの格好で向かったところ、先ずは大きな三門に着きました。大きく立派な門構えと参道の脇に並んでいる蓮の美しさに歴史のある建造物の迫力と自然の優しさの対比を心地よく感じていました。 [続きを読む]
  • 旭山動物園のアイドル
  • 先日、北海道旭川市にある旭山動物園へ行ってきました旭山動物園は、閉園の危機から動物の自然な生態が見られる『行動展示』が話題となり、奇跡の復活をとげた動物園として2005年以降TV等で取り上げられ、以前にドラマを見たことがあったので1度は行ってみたいなと思っていた場所でした。いざ、入園動物園というと檻がひとつづきに並んでいるイメージだったのですが、旭山動物園では、動物ごとに展示のスペースが設けられており [続きを読む]
  • 名物口上!
  •  「男はつらいよ」でおなじみの柴又に行ってきました。 「男はつらいよ」は、渥美清さん主演、山田洋次監督のドラマと映画です。テキ屋稼業を生業とする「フーテンの寅」こと車寅次郎が、何かの拍子に故郷の葛飾柴又に戻ってきては、何かと大騒動を起こす人情喜劇シリーズです。 毎回、旅先で出会った「マドンナ」に惚れつつも、失恋するか身を引くかして成就しない寅次郎の恋愛模様を、日本各地の美しい風景を背景に描きます。 [続きを読む]
  • セブへ行ってきました その1
  • 先日、リゾート地として有名なセブへ行ってまいりました。「セブ」とは一体どこなのかといいますと、一般にはフィリピンのビサヤ諸島中部にある「セブ島」やその都市である「セブ市」を指します。ところが、ここでいうようなリゾート地という意味では「セブ島」だけではなくその隣に位置する小島「マクタン島」とあわせて「セブ」と呼ぶことが多いそうです。さて、初めて訪れたセブですが、南国のイメージそのままに日本に比べて気 [続きを読む]
  • じめじめ憂鬱な時期
  • じめじめ憂鬱なシーズンです。私は現在適用の仕事で毎日のように外回りをしています。しかしこの梅雨のシーズンは、天候が不順になると共に体の不調を感じます。そういった方は、私だけでなく多くいらっしゃるのではないでしょうか?特におこりやすいのは心身不調、疲労、ストレス、食欲不振、胃腸の不調などなどです。またこれらを解決するには、古くから梅干しを食べる(一日3グラム程度)とよいと言われています。私も実際子供の [続きを読む]
  • 「野木神社と巨木とフクロウと」
  • 誰にでも、お気に入りの場所がいくつかあると思いますが、私のお気に入りの場所の一つがここ「野木神社」です。栃木県下都賀郡野木町にあり「のぎじんじゃ」と読みます。陸軍大将「乃木希典」を祭神とする「乃木神社」とは直接の関連はありませんが、同じ読みである縁から、乃木希典自身、何度か参拝し陣羽織を奉納したりしているそうです。歴史は古く、仁徳天皇の時代に創建され、その後平安時代に坂上田村麻呂が蝦夷討伐の帰途、 [続きを読む]
  • 東洋一の軍港にて
  • 先日母親の故郷である広島県呉市を訪れた際、数十年ぶりに呉の港を散策することができましたので少しご紹介致します。ここ呉市は市街地と海上自衛隊訓練学校や基地が近いのですが、米軍基地がある街とは少し異なる独特な雰囲気の漂う明治22年帝国海軍主要基地として、その後発展してきた横須賀に並ぶ海軍の街。子供のころとはずいぶん様変わりしており、現在ではすっかり観光地化された印象です。いくつか観光スポットがあります [続きを読む]
  • つくば道を行く
  • 少し前の話になってしまいますが、茨城県つくば市に「つくば道」を散策してきましたので、ご紹介したいと思います。「つくば道」とは、江戸時代に整備された、茨城県にある筑波山への参詣道です。 かつて徳川家康は、江戸城からみると北東の方角で、鬼門にあたる筑波山を「鬼門の護り」として崇め、筑波山神社や近くにある中禅寺(ちゅうぜんじ)を祈願所に定めました。 三代将軍家光は寛永3年(1626年)、堂社を一新する工 [続きを読む]
  • 7月2日は湯たこがお買い得!
  • 7月2日は湯たこがお買い得になります。 たこやき、たこキムチ、たこめし、たこきゅうりなどたこの料理はバラエティーに富んでいます。タウリンたっぷりのたこは、疲労回復にいいともいわれています。なぜ、7月2日にたこがお買い得なのか?暑いこの時期には、さっぱりとした食べ物、特に、お刺身が食べたくなります。マグロや貝類は少し癖があり、好まない方も多いです。子供から大人まで、好かれるものと言えば、たこの刺身と思わ [続きを読む]
  • 継続は力だが、継続は出来るのか?
  • 皆さん!こんにちは!崖っぷちのポニョこと横浜事務所 伊王野孝一です。 伊野尾慧ではありません。(笑)ポニョは1月28日より緩めの糖質制限を行って参りました。目的は体質改善し強い身体を作る事、余分な脂肪、肉を落とし筋肉は落とさない事です。↑の写真を見てもお分かりのように見た目は変わっておりません。実際の体重は99kg→92kgと7kg減量しております。自分なりにはいろいろ考えてやっているのですが、久しぶりに [続きを読む]
  • 幸せを呼ぶてんとう虫
  • 桜が散り新緑が美しい季節になり、木々や草から生命感がたくさんあふれ出てくる5月のある日の出勤時、事務所のお庭のヨモギにふと視線を落とすとこんなものが。虫が苦手な為一瞬ぞっとしましたが、1つの葉に何匹もいるので「何の幼虫だろ??」と何となく興味が湧き気にかけるようになりました。朝の出勤時、昼休み、帰宅時に小学生の時以来の虫の観察です(笑)住処のヨモギについたアブラムシを一心不乱にお食事。(1日20匹ほど [続きを読む]
  • 新緑とクレマティスと
  • 桜も終わり、新緑のきれいな季節がやってまいりました。こちら土浦市、つくば市は新緑の真っただ中。特につくば市はもともとは山林や田畑の多い土地柄、昔から存在した緑地がいたるところに見られて、この季節を楽しませてくれます。緑生い茂る景色は心を和ませてくれるし、仕事に疲れた心をリフレッシュしてもらうのに最適であります。そんな中、4月下旬から6月上旬までつくば市の中心地にある筑波実験植物園にてクレマティス園 [続きを読む]
  • いつ職場復帰するの?
  • ********************************(問題)育児休業の終了予定者とされていた日までに、休業の申出をした被保険者について労働基準法第65条の規定による産前産後の休業期間が始まった場合には、当該産前産後休業が始まった日後の休業については、原則として、育児休業基本給付金は支給されない。********************************上記の問題は、平成15年の社会保 [続きを読む]
  • 変わらないもの 〜社会保険労務士〜 
  • 最近昔の写真などをたまたま見る機会があり、こんな写真が1枚でてきました。おそらく私が3〜4歳の時の写真と思われますので昭和53年か54年位、今から約40年ほど前の写真となります。(昭和54年は第二次オイルショックの年です。)私は東京都の墨田区で生まれましたが生まれた直後に千葉市真砂(現在の千葉市美浜区真砂)に引っ越しましたのでほぼ「生まれも育ちも千葉市」です。この「真砂」は東京湾に面した場所にあり、海岸ま [続きを読む]
  • 大大阪時代(だいおおさかじだい) 〜モダンな大阪〜
  • 先日、大阪を開催地とする国際博覧会の開催国として正式に立候補が表明されました。金本阪神タイガースも素晴らしい成績で大健闘しています。そんな大阪ですが、大正後期から昭和初期にかけては、大大阪(だいおおさか)と呼ばれていた時代がありました。明治時代、東京にあった明治政府による藩債処分などの影響で大ダメージを与えられた大阪市でしたが、時代とともに発展を遂げていきました。その最中の1923年(大正12年)9月1日 [続きを読む]
  • 「つんどく」は悪いこと?
  • 最近、ふと自分の本棚を見て、手をつけていない本や読みかけの本が多いことに気づきました。このような状態の本は、一般的に「積ん読(つんどく)本」と呼ばれているそうです。いつからそのように呼ばれているのか調べてみたところ、その語源は以外にも古く、―1901年(明治34年)の雑誌、『学鐙』の田尻北雷「書籍つんどく者を奨説す」、およびその中の表現「音読・黙読以外に、書籍につんどくあり」と用いられたのが最初とされる。 [続きを読む]