林誠司 さん プロフィール

  •  
林誠司さん: 林誠司俳句オデッセイ
ハンドル名林誠司 さん
ブログタイトル林誠司俳句オデッセイ
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/seijihaiku
サイト紹介文自作や古今東西の俳句を紹介。旅行記や奈良散策、東海道徒歩踏破にも挑戦中!
自由文第25回俳人協会新人賞受賞。
句集に『ブリッジ』『退屈王』。
月刊俳句総合誌「俳句界」編集長をやっています。

「毎日一句」では自作とエッセイを掲載。
そのほか、古今東西の名句を紹介、少し熱めの俳句論を執筆しています。

また、旅こそが詩歌の根本と信じ、奈良を歩いたり、東海道を徒歩で踏破することにチャレンジ(現在、愛知の赤坂宿)しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供363回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2011/10/23 01:28

林誠司 さんのブログ記事

  • 発見された明智光秀の書状について
  • (和歌山県 根来寺)時は今天が下しる五月かな 明智光秀(ときはいま あまがしたしる さつきかな) 明智光秀の、本能寺の変のあとに書かれた書状が発見されたらしい。原文を読みたい、と思ったが、どの新聞のネット記事にも掲載されていない。おそらく、自分の眼で見ていないで、記事を書いているのだろう。このあたりが日本の新聞のだらしのないところだ。本能寺の変は天正10年(1582)6月2日(旧暦) [続きを読む]
  • 連句が残した日常語
  • (滋賀県近江八幡)「連句」は、現代では、さほどの影響を及ぼしていない。やっている人も少ない。ただ、連句の「言葉」は今に残っている。知っている限りを列記してみたい。【意味】次の言葉が出てこない。あきれてあいた口がふさがらない。 【由来】もともとは平安時代の「朗詠」(ろうえい)から生まれた。朗詠とは、漢詩を三つ、「一の句」「二の句」「三の句」に分け、歌うことである。「一の句」は普通の音の高さで歌うが、 [続きを読む]
  • つきぬけているのは何か?   山口誓子〜曼殊沙華
  • つきぬけて天上の紺曼殊沙華     山口誓子(やまぐち・せいし)(つきぬけて てんじょうのこん まんじゅしゃげ)今日は台風一過(たいふういっか)である。子供のころ、私はこの「台風一過」を、台風一家だと思っていた。台風が過ぎ去った日、テレビでアナウンサーが、今日は「たいふういっか」です。と言っているのを見て、驚愕した。やっと、台風が行ってくれたのに、今度は「一家」でやってくるのか?と驚いたのである。 [続きを読む]
  • 庚申(こうしん)について考える。
  • 「庚申塚」「庚申塔」をよく見かける。田舎ばかりではなく、都市部でも残っている。この庚申(こうしん)というのは、何か。「庚申講」というのがある。人間の体内には「三尸虫」(さんしちゅう)という虫がいる。この虫が、庚申の日の夜、人間が寝ている間に、口の中から、出てきて、天に登り、天の帝に、その人間のしている悪事を告げ口しに行くそうだ。天の帝に悪事を報告されてはたまらない…。それを防ごうと、庚申の日の夜は [続きを読む]
  • 葛の花 水原秋櫻子
  • 葛咲くや濁流わたる熊野犬 水原秋櫻子(みずはら・しゅうおうし)(くずさくや だくりゅうわたる くまのいぬ)熊野犬とは猟犬で、紀州犬の一種。秋櫻子は東京神田生まれ、生粋の江戸っ子だが、関西地方をこよなく愛した俳人である。作品を見ると、旅が好きだったようで、日本全国あらゆるところを旅している。しかし、その中でも、関西をこよなく愛した。それも大阪、京都、兵庫よりは、奈良、和歌山あたりが好きだったよう [続きを読む]
  • 愛知県豊田市小原 杉田久女の夫・杉田宇内生家屋敷跡
  • 灌木の浄法身を拝しけり 杉田久女(かんぼくの じょうほっしんを はいしけり)日曜日、「松籟」前主宰の、島津余史衣先生と、愛知県の「小原」(おばら)というところへ出かけた。初めて訪れた土地で、正直、まったく知らない場所であった。今は豊田市に吸収合併され、豊田市小原となっている。島津先生は元「河」の句友…、というか、私にとって先輩にあたる。俳句雑誌には投句欄があり、そこに作品の他に、住所と名前が掲 [続きを読む]
  • 今日は休日。三浦海岸のWAOベーカリーへ。
  • (神奈川県横須賀市長沢)やはらかき枕へひびき秋の潮      澤木欣一(さわき・きんいち)仕事のない休日。夏休みの八月も終わり、海も静かになっているかな…、と思ったが、なかなかの人出。今日は本当によい天気。海へ出かけよう…、という人も多いだろう。ここ最近、休日によく食べに出掛けている三浦市松葉漁協直営店で、おいしいサバやビールでもいただこうか、と思ったが、ネットで、近くに(歩いて30分くらいかかる [続きを読む]
  • 駅のエレベーターと和式便所のこと
  • (東京都新宿区高田馬場)爽やかや千畳敷をすべる波    誠司湧く雲は余日のしるし秋の蝉今は、どの駅にもエレベーターがある。身体障害者、高齢者、乳幼児連れに配慮して設置されたものである。もちろん、その他の人が使ってもかまわない。ただ、優先順位というものがあると思う。その、エレベーターの前に並んでいる人々を見ると、半数以上が若者だったり、中年のおばさんだったり、サラリーマンだったりする。ほとんど毎日見 [続きを読む]
  • 虚栗調とはなんだろう?
  • (東京都江東区深川  芭蕉庵跡)思い切り、大雑把に松尾芭蕉の句風の変遷を辿ると以下のようになる。  伊賀上野時代     貞門俳諧江戸日本橋時代   談林俳諧深川隠居時代     虚栗調漂泊の時代      蕉門俳諧「貞門俳諧」「談林俳諧」は、これまで何度か書いたことがあるので、こちらを読んで欲しい。松永貞徳https://blogs.yahoo.co.jp/seijihaiku/36050503.html西山宗因https://blogs.yahoo.co.jp/seijih [続きを読む]
  • 井上弘美(いのうえ・ひろみ)
  • 子を食ひし口をぬぐへり壬生の面        井上弘美1953年京都府生まれ。「汀」主宰。句集に『あをぞら』(俳人協会新人賞)『汀』。「壬生の面」とは、壬生狂言の役者が被るお面のこと。壬生狂言は京都壬生寺で、節分の頃と、4月、10月に行われるが、俳句では4月の壬生狂言を「季語」としている。よって、「春」である。掲句。壬生狂言の、夜叉が子供を食べ、口についた血をぬぐっている…、そういうおぞましい場面 [続きを読む]
  • 「おくのほそ道」をいろいろ考える〜日光編⑪ 裏見の滝のこと
  • (栃木県日光市 裏見の滝)【原文】二十余町登りて、滝あり。岩洞(がんとう)の頂より飛流(ひりゅう)して百尺(はくせき)、千岩(せんがん)の碧譚(へきたん)に落ちたり。岩窟に身をひそめ入りて滝の裏より見れば、裏見の滝と申し伝へはべるなり。しばらくは滝にこもるや夏(げ)の初め【意訳】二キロちょっと山を登って行くと滝がある。岩の洞の頂から流れること百尺、千岩の深い淵へ落ちている。岩窟に身をかがめて入り、滝 [続きを読む]
  • 伊勢長島と織田信長のこと
  • (三重県桑名市)東海道には「海路」を使う地域がある。おそらく、五街道(東海道、中仙道、日光街道、甲州街道、水戸街道)の中でも唯一の海路であろう。「海路」は、愛知県名古屋の「宮宿」と三重県桑名の「桑名宿」の間である。江戸時代は、この区間を船で渡った。なぜ、海路だったのかというと、木曽三川(きそさんせん)が原因している。木曽三川とは、木曽川(きそがわ)長良川(ながらがわ)揖斐川(いびがわ)をいう。この [続きを読む]
  • 「おくのほそ道」〜尾花沢
  • 【原 文】尾花沢に清風(せいふう)という者を尋(たず)ぬ。かれは富める者なれども、志(こころざし)卑(いや)しからず。都にもをりをり通ひて、さすがに旅の情をも知りたれば、日ごろとどめて、長途(ちょうと)のいたはり、さまざまにもてなしはべる。涼しさをわが宿にしてねまるなり這ひ出でよ飼屋(かいや)が下の蟾(ひき)の声眉掃きを俤(おもかげ)にして紅粉(べに)の花蚕(こ)飼ひする人は古代の姿かな    曽 [続きを読む]
  • 自他のなき、芭蕉の詩の器
  • (栃木県那須町芦野 遊行柳)以前ブログで書いたが、大輪靖宏「輪」主宰、田中亜美「海程」同人、堀本裕樹「いるか句会」代表、三名で座談会をしていただいた。大輪靖宏、田中亜美、堀本裕樹三氏の座談会https://blogs.yahoo.co.jp/seijihaiku/37601603.htmlその時に、思ったことを書きたい。「自」と「他」の境界意識についてである。座談会では、『おくのほそ道』栃木県芦野での松尾芭蕉の句、田一枚植ゑて立ち去る柳かなこの句 [続きを読む]
  • 中国、朝鮮のこと 松崎鉄之介のこと
  • (青森県青森市)金を掘りたのしみうすく雪に住む 松崎鉄之介(まつざき・てつのすけ)(きんをほり たのしみうすく ゆきにすむ)朝、スマホの、北朝鮮ミサイル発射を知らせるブザーで目が覚めた。本当に人騒がせな国である。北朝鮮は「ゆすり国家」、韓国は「たかり国家」と評しているのを読んだことがある。北朝鮮はこれまで、「核開発するぞ!」と脅して、他国からさまざまな援助を強奪してきた。で…、結局は核を作ってい [続きを読む]
  • 青森秋田白神山地の「青池」
  • 世界遺産・白神山地の「青池」に行った。驚いた。本当に池自体が「青い」のである。なるほど、世界遺産に認定されるだけのことはある。こんなところは他にはない。ここはブナの原生林である。詳しいことはしらないが、ブナは西日本にもあるだろうが、東日本、北日本に多く自生している。青森をはじめとする東北に、縄文文化が栄えたのは、ブナ、クヌギ、カヤなどが多かったから、という説がある。木の実が豊富で、鳥獣が多く集まっ [続きを読む]
  • 青森県弘前にいます。
  • 夏休みを取って、また、青森に来ている。今夏の「おくのほそ道」踏破は、もうちょっと涼しくなってからにしようと思う。今日は「ここは地の果て、五所川原」でお馴染み(?)の五所川原と、十三湖、弘前をまわって来た。初めて青森の温泉(百沢温泉)に入ったけど、気持よかった〜。夜は涼しいし、ここはいいですな。写真は五所川原の「立ちねぶた」。20メートル以上ある。立ちねぶた館というところに展示してあり、それを見にいっ [続きを読む]
  • 柿  井上弘美
  • (京都嵯峨野 落柿舎)てのひらに残つてゐたる柿の冷     井上弘美  「汀」主宰。1953年京都府生まれ。句集『あをぞら』(俳人協会新人賞)、『汀』ほか。女性俳人には、石田波郷系というか、波郷を敬愛する優秀な人が多い。大石悦子さんや石田郷子さんとか…。井上さんもその一人。句の姿もすっきりしていて、それでいて鋭い。句の姿がすっきりしている…、というのは、韻文精神を大事にした波郷のよき影響だろう。主 [続きを読む]
  • 暑さと汗とお盆のこと
  • とにかく暑い。ここ数日の僕は「人間」ではなく、「スポンジ」の一種ではないか、と思う。とにかく、水を飲む→汗を掻く→水を飲む→汗を掻く…(ときどきシャワー)…ただただ、これだけを延々繰り返していた。今日はほとんど家にいたが、「水」を買いにコンビニへ出かけた。平日の海は気持がいい。観光客もほとんどなく、釣り人くらいしかいない。コンビニは海沿いにあるので、そこを下って、少し海を見て帰ってきた。それからで [続きを読む]
  • 夏風邪とスペアキー
  • だらだらとブログ書いてる金魚玉やりなほすケータイゲーム夏の風邪夏風邪や海原暮れて引きかへす釘打ちの音のここまで夏を病む夏風邪を引き、水をたく取らねば…、と思い、コンビニへ買いに行った。ついでに、いろいろ買って来たので、両手が塞がっていた。マンション玄関は、鍵を差し込むところがあり、それをやらないと中に入れない。カバンから鍵を探したが、なかなか見つからず、「スペアキー」が先に見つかったので、それを使 [続きを読む]
  • 夏風邪を引きました。
  • 夏風邪をこじらせ左程かまはれず    誠司海原をとほくに夏の風邪を病む夏風邪やひとり身楽し時に憂しなんか疲れたな〜、と思ったら、夏風邪を引いてしまった。咳、くしゃみ、鼻水、微熱が出た。今日はなんとしてでもインタビューをまとめたかったので、それを仕上げて、早退した。夏風邪は長引く、寝ればいいのだが、クーラーをかけないと暑いし、かけると寒い。冬なら、厚着して一気に汗を掻くが、夏風邪はうまくいかない。写 [続きを読む]
  • 荻窪青丹会、池袋「爽樹」梓句会
  • 名月や木曽の水舟音止まず 誠司舟虫の不覚にも足いためけり荒波のひかりを吸うて秋の鳶学芸員ひとりの遺跡ねこじやらし今日は荻窪の青丹会のあと、池袋へ行き、「爽樹」梓句会に出かけた。今回、弊社から「爽樹」同人の方2名が句集を出し、(お一人はもうすぐ刊行だが…)、句会と、そのあとに行われる、うちうちのお祝いの会にお呼ばれしたのである。今日は朝六時に起きて睡眠不足だったのか、残暑がこたえている [続きを読む]
  • 谷中句会と残暑と萩
  • 八月の終わりのころの怒濤かな     誠司今日は東京谷中で句会。とにかく暑かった。日ざしは大したことはないが、湿気が多く、ムシムシする。いかにも「残暑」という感じだった。谷中句会は私がやっている中で、もっとも少人数の句会。もう一つ特徴がある。谷中の民家(今は和菓子屋兼デザイナー事務所になっている)の二階で行っている。「クーラー」がないのである。この会は、まだ一年経っていないが、昨年の八月、プレ句会 [続きを読む]