gpa7600 さん プロフィール

  •  
gpa7600さん: GPA Talks
ハンドル名gpa7600 さん
ブログタイトルGPA Talks
ブログURLhttp://gpatalks.blog.so-net.ne.jp/
サイト紹介文Gikosha Planning Associate's Talks ...情報、冗報、そして雑談、愚痴
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供15回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2011/10/24 17:27

gpa7600 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 前立腺がんとお茶
  • 前回[前立腺がんとイソフラボン]では、[限局前立腺がん]のリスク低減に[イソフラボン]が有効かもしれないという調査結果をクリッピングしました。今回は、[進行前立腺がん]のリスク低減に関するWebドキュメントからのクリッピングです。情報源の内容を箇条書きにしてみます。文章、グラフ共にレイアウト等の都合で一部編集してあります。詳細と正確さを求める場合は情報源をお訪ねください。◇ 調査概要 40〜69歳の男性約 [続きを読む]
  • 前立腺がんとイソフラボン
  • 一昔前はがんといえば胃がんを思い起こしましたが、最近は胃がんは減少の傾向にあり、これに替って大腸がんや乳がんが増えているそうです。そんな中、前立腺がんの増加が群を抜いているといいます。欧米に比べれば日本人の前立腺がんの発生率は低く、早期発見して対処すれば問題の少ないがんですが、進行させると骨やリンパ節に転移しやすく面倒ながんの一つになってしまうそうです。前立腺がんには、[臨床がん](臨床的に前立腺 [続きを読む]
  • 冠動脈疾患の発症リスク
  • 心筋梗塞など冠動脈疾患の10年間の発症危険度を予測する新しいリスクスコアだそうです。従来の方式がリスクを過大評価していたのに対し、この方式では、実際の発症率と有意な差が無く正確に冠動脈疾患の発症を予測できるとか、お試し下さい。以下の予測方法は、情報源・出典から引用していますが、レイアウト・画像等の都合により用語の変更など一部編集してあります。詳細と正確さを求める場合は、情報源・出典をお訪ね下さい。◇ [続きを読む]
  • 脳卒中を防ぐ
  • [今後10年間に脳卒中を発症する確率]では、「脳卒中を発症確率の予測モデル」「循環器疾患・発症予測ツール」等についてクリッピングしました。[年齢][BMI][糖尿病][血圧]など危険因子(risk factors)を元に脳卒中の発症確率を予測したものです。発症確率が分かったら、それを減らす算段もなければいけないと言うことで、今回は脳卒中の発症を低減してくれる、言わば防御因子(protective factors)に関するクリッピングです。◇ 緑 [続きを読む]
  • サプリメント成分の評価
  • 以前、「n-3不飽和脂肪酸の多い魚および、EPA・ DPA・ DHAといった魚に多く含まれているn-3不飽和脂肪酸摂取量が多いグループの肝がんリスクは低い」という調査報告をクリッピングしました。「n-3不飽和脂肪酸をサプリメントで採ったらどうなのか」と考えるところです。そこで、[n-3不飽和脂肪酸]を始めいくつかのサプリメント成分の機能性を評価したドキュメントからクリッピングします。評価されている成分は次の11成分。セレ [続きを読む]
  • イメージ・イーティング?
  • 想像だけで食欲を抑制できる?これからのシーズン、甘いチョコレートに目がないあなたへ食べ過ぎに効くアドバイスを1つ。「おつむで溶かして、お口で溶けない」。最新の研究によると、特定の食品を食べる場面を想像すると、その食品に対する欲求が減少し、実際に食べる量を減らすことができるという。ナショナルジオグラフィック同じものを繰り返し食べると食傷気味になることは、ある意味当然ですね。心理学では「馴化(じゅんか [続きを読む]
  • 健診データの男女差
  • ID:i4i55b最近は【女性外来】が用意されている病院が少しずつですがでてきたようです。検査基準値に始まり治療方法まで、成人男子を基準に系統だてられてきた医療の非科学性から、ようやっと一歩前進したということでしょか。健診データのような臨床検査値も人種・個人差とともに性差があることは古くから知られています。性差の大きい臨床検査値にはつぎのようなものが上げられています。 男性>女性 赤血球、ヘモグロビン濃度 [続きを読む]
  • 基準値と性年齢 : 尿素窒素
  • 腎機能,腎臓の排泄機能の指標をみる時に、【クレアチニン】と同時に検査をすることが多い【尿素窒素】です。【尿素窒素】はデディケートな検査項目なようで、検査当日の食事内容、前日などの激しい運動、服用薬、下痢や嘔吐、発熱などによっても、高めの値が出るなどがあるようです。今日はその【尿素窒素】の基準値と性年齢についてみてみます。標準値分布や算出は、言うまでもなく[VisualHealth.Navi]によります。◇ 検査値の分 [続きを読む]
  • 極性とスケール除去
  • 磁気処理のために磁場を形成する際、磁極の向きの組み合わせ(N-N:N-S:S-S)によって効果が異なる観察があることは、以前にもご紹介しました。 磁気極性と水質への影響 今回は異極(N-S)を向き合わせた複数組の磁石を使用する場合に、極向配列をペア毎に反転させた場合と統一した場合の効果についての観察例を取り上げてみます。この観察例からは配列の違いと共に、使用した磁石のペア(組)数によるスケール除去効果の違いも見るこ [続きを読む]
  • 流速とスケール除去
  • 水のトリートメント、とりわけ配管のスケール除去では磁場を横切る水の流速がある程度に確保されることが、除去効率を高めると言います。水流速が2m/秒以上が必要だと言った製品もありますが、実際はどうでしょか。「MAGNETIC WATER TREATMENT FOR SCALE PREVENTION」と題されたドキュメントから、「流速と磁場効果」「極性と磁場効果」等についての観察データを何回かに分けてご紹介します。記述はできるだけ原典の表現を尊重してい [続きを読む]
  • パイプ素材とスケール
  • 磁気処理装置にスケールの除去を期待する場合、対象となるパイプの素材によっても、装置の設置方法(主に、デバイス:磁石数と磁場)が変わってくるといえます。「流速と磁場効果」「極性と磁場効果」に続いて、「MAGNETIC WATER TREATMENT FOR SCALE PREVENTION」と題されたドキュメントからの観察データをご紹介します。記述はできるだけ原典の表現を尊重していますが、抜粋紹介のため、図を含めて表現や用語を変更・省略・整理して [続きを読む]
  • 温泉水スケール
  • 磁気処理装置が水道管などのスケール防止に効果的なことはよく知られ、このGPATalksでも、実験例やそのメカニズムについて、以前にもご紹介しました(水の熟成)。今回は、温泉水におけるスケール除去の実験データです。◇ スケールの弊害源泉から汲み上げたばかりの温泉水には豊富なミネラルが含まれます。しかし、地下源泉では温泉水中に溶存していたこれらの成分は、源泉を汲上げる過程で、温度や圧力の変動、大気との接触によ [続きを読む]
  • 磁気処理水と水あか
  • よく磁場エネルギーの中を通った水は、水あかや赤さびを発生し難いと言います。この事実を利用した磁場処理製品は古くからあります。磁場エネルギーが印加された水の効能はいろいろと言われていますが、水あかについてはその結晶構造を変化させ、水あかの発生を除去・予防すると言う考え方が、最も収まりがよいようです。この資料はその磁場エネルギーを通過した水が、水あかの結晶構造を変化させていることを確認したものです。磁 [続きを読む]
  • 並べる
  •  ワープロを使うようになって,鉛筆で書くことが減った。 そのせいか、半分使い古しの鉛筆が溜まっている。暇つぶしに長いものから並べながら、思いつくことを書いてみた。コンビュータ屋流にいえば、鉛筆をその属性の一つである[長さ]をキーに整列することの一考察とでもなろうか。◇ 選んで並べる     整列手順例は→こちら まず、鉛筆を一列に置く。先頭を2本目から末尾まで順に比べ,相手が長ければ場所を入れ換 [続きを読む]
  • 過去の記事 …