なおたま さん プロフィール

  •  
なおたまさん: 離婚を回避して愛情あふれる家庭を
ハンドル名なおたま さん
ブログタイトル離婚を回避して愛情あふれる家庭を
ブログURLhttp://ameblo.jp/naotama21/
サイト紹介文離婚を回避して愛情あふれる家庭、幸せな家庭を3ヶ月で取り戻すためのサイトです。
自由文離婚が30%といわれる時代です。
夫婦関係とはお互いが自分をすべてをさらけ出すという特別な人間関係です。
だからこそ離婚の危機を乗り越えて修復すれば、最高の幸せが掴めるのです。これから逃げて再婚をのぞんでも、本当の幸せはつかめないのです。しかし、はっきり言いますが
この問題を解決しようとしているあなたは
すでに幸せになる権利があり、それを手に
入れることができる人なのです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供144回 / 365日(平均2.8回/週) - 参加 2011/10/25 02:13

なおたま さんのブログ記事

  • 松居一代さんの動画に見る「本妻の恨み」【夫婦修復のヒント】
  • 俳優の船越さんと妻の松居一代さんの離婚騒動が話題になっていますね。 私はクライアントさんに言われて、初めて動画を見ました。 松居さんの動画を見て驚いたのは、まるでその姿は「お岩さん?」 おそらくずっと夫婦問題を抱えて苦しまれていたのでしょう。 動画を見る限りでは彼女の背景には難しい夫婦関係があったことが見て取れます。 本人だけの課題ではなく、後ろに重たいものを背負っている姿です。 ところでこの世の恨み [続きを読む]
  • アメリカにいればいるほど日本が好きになる
  • 先日、休暇を取り、会合とリフレッシュもかねて久しぶりにマンハッタンに行ってきました。 20代のころ、2年ほどマンハッタンに住んでいたことがあります。 当時は若かったのでアメリカが珍しく、すべてが新鮮でした。 私が働いていたブロードウェイにある寿司店には当時世界一流のアーチストがよく来ていたのです。 壁にはジョンレノンとかボンジョビ、バーバラ・ストライサンドなどの超有名人のサインが無造作に貼ってありました [続きを読む]
  • 嫌われる勇気は日本人には難しい【夫婦修復のヒント】
  • モンスター患者とかモンスターピアレンツとか言われる人たちが増えています。 この方たちは一見、嫌われてもちゃんと自己主張できる人たちのようです。 今、アドラーの嫌われる勇気という本が絶賛されています。 ところで嫌われる勇気があるというのはこういう人たちのことでしょうか? 嫌われる勇気に対しての考察をもっと深くしていく必要がありますね。 ところで嫌われる勇気イコール幸せになるための勇気。 これだったらいいの [続きを読む]
  • ありえないことが起こったわけじゃない【夫婦修復のヒント】
  • 自分が妻として最愛の存在だと夫から認めてもらっていた。 それがある時、自分が特別ではない存在になってしまう・・・、 その喪失感を味わうのは本当に辛いことです。 さらに「もう、別れたい。一緒にいることに苦痛を感じる。」 「離婚の選択をしてくれ」 こんな言葉を言われたら目の前が真っ暗になって本当にどうしていいか、わからなくなります。 他の女性に心を許してしまった夫・・・。 それを見て絶望的な心境になるので [続きを読む]
  • 恋愛関係を信頼関係と勘違いしていませんか?【夫婦修復のヒント】
  • 夫婦修復にあたって、とても大事なことをお話します。 絶対にあきらめない心、どんなことがあっても家族として一緒に生きていこうとする決意、そして縁を結べたことの意味をかみしめて努力する心・・・。 このような心構えがあれば修復は可能です。 しかし、修復についてあえて大事なことを申し上げたいのです。 それは・・・ 修復とは昔のような二人の関係に戻るということではないということです。 恋愛中のラブラブな関係に戻る [続きを読む]
  • 嫌われてもやる勇気
  • モンスター患者とかモンスターピアレンツとか言われる人たちが増えています。 この方たちは一見、嫌われてもちゃんと自己主張できる人たちのようです。 今、アドラーの嫌われる勇気という本が絶賛されています。 ところで嫌われる勇気があるというのはこういう人たちのことでしょうか? 嫌われる勇気に対しての考察をもっと深くしていく必要がありますね。 ところで嫌われる勇気イコール幸せになるための勇気。 これだったらいいの [続きを読む]
  • 夫婦で美術館
  • 先日は久しぶりに夫婦でインディアナの美術館に行ってきました。 そこには西洋の油絵や水彩画だけでなく古い遺跡から発掘された装飾品なども展示されていたのです。 最古のものでは紀元前4000年に出土したものまでありました。 そんな展示品を見ながら、 妙に感慨深く不思議な気持ちになりました。 こんな時代から人間は、美しいものや、価値のあるものを求めていたのですね。 いつの時代も、親から子、子から孫へ途方もなく [続きを読む]
  • 恋愛中では真実の夫婦の姿は見えない【夫婦修復のヒント】
  • 夫婦が一緒になってお子さんが出来たころそして恋愛という熱が冷めるころ。 この地点で夫婦の真実の姿が顔を表します。 そもそも、恋愛感情があって互いのボルテージが上がっている状態では、まるで夫婦の本性は見えていません。 どんな夫婦になるのか?どのレベルの夫婦愛を築けるか? これは、まさに二人の愛が覚めた時点でわかります。 特に恋愛結婚の場合、相手がのぼせている地点では本来の姿を見せません。 男性が女性を得よ [続きを読む]
  • テロ行為も元を正せば夫婦問題【夫婦修復のヒント】
  • 昨今はおぞましいテロ行為がいつもニュースで報道されています。 長い歴史を辿ってみれば社会体制や他国を恨むという「怒り」の発端はどこにあるか? それは家庭から出発しています。 世界中の家族が平和になるとどうなるか? 夫婦が和気藹々として深い信頼関係と絆があるなら。 家族が笑顔で、互いに愛し合い、受け入れあっている環境からは怒りの感情は生まれることはありません。 夫婦間の憎悪、心の壁がどんどん拡大していっ [続きを読む]
  • 家系と遺伝子
  • 昔から、親譲りだから仕方がないよ。とか我が家は昔からこういう体質なんだよね。などと、自分があたかも親と同じような性格やクセを持っていることは、よく言われることです。 人は遺伝子情報に則ってその性質はある程度、決まります。さらには、親の遺伝子情報が継承されるように子どもも、それを引き継いで生きるようにできています。 なので家系と遺伝子は深い関わりがあります。 すべての生物(人間、動物、植物、微生物)は [続きを読む]
  • 麻央さんのご冥福をお祈り申し上げます。
  • 小林麻央さんが天国へと旅立ちました。 このご夫婦が、越えてきたものは想像を絶するものだったに違いないです。 その壮絶なドラマに多くの人たちが共感しまた辛い闘病生活を夫婦で乗り越える姿に胸打たれる思いにもなりました。 実際に結婚してから、起こる様々な出来事は病気であれ、浮気であれ、深い意味があって起こることです。 夫婦のコーチをしていると、それがたまたまではなくまさに、そのタイミングで起こっているとしか [続きを読む]
  • これがなければ解決しない夫婦関係【夫婦修復のヒント】
  • 夫婦はその人の生い立ちから来るものが大きいのです。愛された量が、見事に現れてしまうのが結婚が難しいと言われる理由です。人生も物理や算数のように愛の量で決まると言ってもいいでしょう。幼少のころからたっぷりと愛されて育った人は結婚すればその愛を家族に注いで家庭を築くのです。これは、愛の法則からみて、妥当です。人は愛された分しか人を愛することができないのです。1万円入っている財布からは1万円以上は出て [続きを読む]
  • 人間関係は夫婦仲が原本になっている【夫婦修復のヒント】
  • 人生でもっとも身近で最も、難しい人間関係とは? ズバリ、それは「夫婦」です。 ありとあらゆる人間関係の中でも一番重要視するべき関係が夫婦です。 ここがずれると、どんどんずれてしまいます。なぜなら人間関係の原本がここにあるからです。 仮に同じ職場に50年勤務したとしても人事異動などで、上司も同僚も変化します。 しかし夫婦は半世紀という長きに渡って相手が変わることはありません。 子どもはいずれ旅立っていきま [続きを読む]
  • 世界に誇れる新幹線【夫婦修復のヒント】
  • 札幌での夫婦セミナーが無事終り昨日は朝一番の新幹線で、札幌から東京に行きました。 新幹線を8時間も乗り続けたのは生まれて初めてです。 窓の外を眺めているうちに不思議な気持ちになりました。 一体、こんなに安全に快適にしかも、長距離を最速で人を運ぶ新幹線ってどうやって作ったんだろう。 長い長い線路を敷くために、工事に携わった人たちがいたからですね。 この線路を1メートル、2メートルと敷く仕事をするために寒 [続きを読む]
  • 夫婦の体質が変わらない限り修復はムリ【夫婦修復のヒント】
  • 5月から「未来志向夫婦セミナー」を開催しております。 今日は札幌会場でのセミナーです。 おかげさまで、大阪、福山、京都でのセミナーは大好評でした。 私が日本でセミナーをする理由。 それは皆さんにどうしても伝えたいことがあったからです。 従来の夫婦修復方法には課題があると感じてきたのです。 夫婦は方法論やテクニックは通用しない分野です。 これでは無理なのです。 カウンセラーは●●しなさい、と アドバイスをしま [続きを読む]
  • 本当にすごいセミナーとは?【夫婦修復のヒント】
  • 昨日は京都の夫婦セミナーがありました。 お陰様で福山、大阪、と好評のうちに無事に終わることができました。 参加者様の感想は・・・驚くような情報が得られた。子ども教育に関しての大きな気付きがあった。家系に秘められた深い世界に触れて、視野が広くなった。次回もまたすぐ開催してください。 などなど、とてもポジティブな感想だったこと。 無我夢中で行ったセミナーですが、これほど反響をいただけたことに驚きを感じて [続きを読む]
  • 男女の違いについて【夫婦修復のヒント】
  • 男性と女性は服を着ていると同じ人間のように思えます。しかし、服を脱げばあれほど違うのです。 なので夫は宇宙人と思え、などという本があるように男性と女性を人間という一つのくくりに入れてはいけないほど違うと思ったほうが得策です。 特に結婚後はこのことに無知なばかりに起こるトラブルが絶えません。 女性は物事を並行処理できるのです。 たとえばスマフォをしながら子供にご飯を与えながら、テレビを観ることができる [続きを読む]
  • 新しい時代のための夫婦セミナー開催中
  • 大阪を皮切りに、全国5箇所でこれから未来志向の夫婦セミナーを行っていきます。 大阪でのセミナーでは大きな反響を頂きました。 夫婦というのは、不思議なものです。 親子の愛というのは、選択の余地がありません。親子関係というのは、生まれながらに 定まっています。 それに対し、夫婦は、自分の相手は、 自分の意志で選ぶものです。 夫婦は長く一緒にいたからと言って、うまくいくかというと 違うんです。 そこが夫婦の難し [続きを読む]
  • 家族のフライトプランを学ぶセミナー、今日から開催します。
  • コビー博士の7つの習慣ファミリーという本があります。 博士は成功は一時的な対処療法とか知識だけでは 家族の修復はできない。 「よき習慣」が夫婦を改善させることを可能にすると言われます。 家族を維持するコツは内側から変化する ことです。 外界を変えるのではなく自分の奥深くを 見つめていくことをインサイドアウトと言います。 このインサイドアウトのアプローチを実践していくことでどんな状況にも 前向きな変化を [続きを読む]
  • 世の中にある情報、知識や教育は人を幸せにしたか?
  • 今回、私は全国5箇所で夫婦セミナーを行います。 このセミナーは一般的知識というより皆さんの未来の家族を構築するための必須の知識なのです。社会を始め、現代の教育機関もメディアも子どもの将来に必要な情報は教えていません。ネットとかメディアの情報はむしろ幸せから遠ざかってしまう傾向があると感じます。各家庭でしっかりと教育しないといけない時代が来ているのです。 私が生まれた1950年代当時は離婚は5%足らずでし [続きを読む]
  • 夫婦をつまらなくしている原因とは【夫婦修復のヒント】
  • 人生をつまらなくしている夫婦がいる一方で人生を生き生きとさせている夫婦がいます。 夫婦は、お互いに慣れとかマンネリ化で生きてしまう傾向が多くありませんか? なぜでしょう? せっかく出会って一緒に人生を過ごし最後は同じお墓に入る相手なのに、どうしてそんなに夫婦を粗末に扱ってしまうのでしょう? 他人には気を使い、言葉を選び、いい顔を見せていながら配偶者とか子どもには、ムスっとしている。 そんな夫婦が本当に [続きを読む]
  • 誰も語られずにきた夫婦愛のたねあかし【未来志向の夫婦セミナー】
  • ここインディアナも、新緑の季節・・・ 春風が気持ちよく吹いています。 今年、5箇所で夫婦セミナーを開催します。 明後日、いよいよ出発します^^ 今回のセミナーで得られること●これまで誰も語らなかった夫婦のあり方とその未来●夫婦の修復について、また継続的に幸福になる知識 既婚者はもちろん、婚活中の方にも、お勧めです。 人は愛を求め、愛に生きたい存在です。 ところが、愛によってむしろ、裏切り、傷つき夫婦も親 [続きを読む]
  • 夫婦セミナーで私が一番、伝えたいこと【夫婦修復のヒント】
  • なぜ、今の旦那さんと出会っているのか? あなたはこれをふか〜く考えてみたことがありますか?これには明確な理由があります。 夫婦の縁は昔から「赤い糸」とも言われ、先祖が結んだものだと教えられた時代もありました。 夫婦は半世紀もの長い間、元々他人同志であった男女がともに人生を共有し、最後、一緒のお墓に入る関係です。 たまたまだとか、ただデタラメに出会っている・・そんなはずはありませんね [続きを読む]