なおたま さん プロフィール

  •  
なおたまさん: 離婚を回避して愛情あふれる家庭を
ハンドル名なおたま さん
ブログタイトル離婚を回避して愛情あふれる家庭を
ブログURLhttp://ameblo.jp/naotama21/
サイト紹介文離婚を回避して愛情あふれる家庭、幸せな家庭を3ヶ月で取り戻すためのサイトです。
自由文離婚が30%といわれる時代です。
夫婦関係とはお互いが自分をすべてをさらけ出すという特別な人間関係です。
だからこそ離婚の危機を乗り越えて修復すれば、最高の幸せが掴めるのです。これから逃げて再婚をのぞんでも、本当の幸せはつかめないのです。しかし、はっきり言いますが
この問題を解決しようとしているあなたは
すでに幸せになる権利があり、それを手に
入れることができる人なのです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供138回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2011/10/25 02:13

なおたま さんのブログ記事

  • 男女の違いについて【夫婦修復のヒント】
  • 男性と女性は服を着ていると同じ人間のように思えます。しかし、服を脱げばあれほど違うのです。 なので夫は宇宙人と思え、などという本があるように男性と女性を人間という一つのくくりに入れてはいけないほど違うと思ったほうが得策です。 特に結婚後はこのことに無知なばかりに起こるトラブルが絶えません。 女性は物事を並行処理できるのです。 たとえばスマフォをしながら子供にご飯を与えながら、 [続きを読む]
  • 新しい時代のための夫婦セミナー開催中
  • 大阪を皮切りに、全国5箇所でこれから未来志向の夫婦セミナーを行っていきます。 大阪でのセミナーでは大きな反響を頂きました。 夫婦というのは、不思議なものです。 親子の愛というのは、選択の余地がありません。親子関係というのは、生まれながらに 定まっています。 それに対し、夫婦は、自分の相手は、 自分の意志で選ぶものです。 夫婦は長く一緒にいたからと言って、うまくいく [続きを読む]
  • 世の中にある情報、知識や教育は人を幸せにしたか?
  • 今回、私は全国5箇所で夫婦セミナーを行います。 このセミナーは一般的知識というより皆さんの未来の家族を構築するための必須の知識なのです。社会を始め、現代の教育機関もメディアも子どもの将来に必要な情報は教えていません。ネットとかメディアの情報はむしろ幸せから遠ざかってしまう傾向があると感じます。各家庭でしっかりと教育しないといけない時代が来ているのです。 私が生まれた1950年代当時は離婚 [続きを読む]
  • 夫婦をつまらなくしている原因とは【夫婦修復のヒント】
  • 人生をつまらなくしている夫婦がいる一方で人生を生き生きとさせている夫婦がいます。 夫婦は、お互いに慣れとかマンネリ化で生きてしまう傾向が多くありませんか? なぜでしょう? せっかく出会って一緒に人生を過ごし最後は同じお墓に入る相手なのに、どうしてそんなに夫婦を粗末に扱ってしまうのでしょう? 他人には気を使い、言葉を選び、いい顔を見せていながら配偶者とか子どもには、ムスっとしている。 [続きを読む]
  • 夫婦セミナーで私が一番、伝えたいこと【夫婦修復のヒント】
  • なぜ、今の旦那さんと出会っているのか? あなたはこれをふか〜く考えてみたことがありますか?これには明確な理由があります。 夫婦の縁は昔から「赤い糸」とも言われ、先祖が結んだものだと教えられた時代もありました。 夫婦は半世紀もの長い間、元々他人同志であった男女がともに人生を共有し、最後、一緒のお墓に入る関係です。 たまたまだとか、ただデタラメに出会っている・・そんなはずはありませんね [続きを読む]
  • 夫婦は愛の溶鉱炉のようなもの【夫婦修復のヒント】
  • そもそも、夫婦は似たもの同士です。お互いに共通点があって結ばれるのが原則になっています。 自分の心が同じ波動を引き寄せるので、夫婦の選びも同類引き寄せの法則が働きます。 また本質が同じであるからこそ、成り立っているのです。 同じような共通部分が多ければ、仲良くなれそうですね。 ところが不思議にも、いつかは争うようになるのです。 同じ高さを飛行する飛行機のようなもので、いずれぶつ [続きを読む]
  • 悩み続けるクセをやめる【夫婦修復のヒント】
  • 夫婦修復のセッションが進む過程で、ライアントさんが、あるとき、ふっと言い出すことがあります。 「考え続けても、状況は変わらないんですよね・・・」 グルグルと繰り返し、思考することは意味がないと気づき始めた時の言葉です。 どんな事象も、以下の二つに分類されます。 ●自分が関わることで変えられること●自分ではどうしようもないこと 明日の天気などは自分にはどうにもならないことの部類に [続きを読む]
  • いつもムリをしている夫【夫婦修復のヒント】
  • 私のクライアントさんの旦那さんの傾向として「燃え尽き症候群」の方がとても多いのです。 燃え尽き症候群というのは簡単に言えばいつもムリをしている人です。 夫のお母さんの性格が強い傾向にあり、常に子どもには「こうでなくてはダメ」というように教育しています。 子どもがごく幼い時から支配的に育てられると小学生ぐらいではすでに、それが当たり前になってしまいます。 本人の無意識のレベルでは常に [続きを読む]
  • 人生を決定付けるのは価値観【夫婦修復のヒント】
  • 幸せ度は何をもって決まると思いますか? それはずばり、価値観です。 価値観がその人の未来を決定づけてしまうといえるほど、大きな要因です。 価値観は生い立ちや過去の記憶に加えてもっと深い遺伝子レベルに根っこがあります。 それは親の教育とともに、私達に刷り込まれていきます。 潜在意識の奥には深層意識という、その人が生まれる前にすでにもらった情報があるのです。 これは親と体質や癖 [続きを読む]
  • 修復は進化すること【夫婦修復のヒント】
  • 修復というと元に戻すという意味のようですが夫婦の修復となると意味が違ってきます。 それはなぜでしょう? 夫婦問題は受身の姿勢では決して片付かない。これが私がずっと夫婦コーチングをしていて実感することです。 カウンセラーと話をしていたら、だんだん夫婦の距離が自動的に元に戻る・・・ こんなことはあまり起こりえないことです。そもそもカウンセラーは魔法使いではありません。 家庭の状況を [続きを読む]
  • 婚活中の方にこそ、おすすめの夫婦セミナー【夫婦修復のヒント】
  • 来月、私は夫婦セミナーを開催します。 時折、「私はまだ未婚(婚活中)ですが、このセミナーに参加してもいいのでしょうか?」という質問が来ます。 答えはもちろん「はい!」です。 今回のセミナーは既婚者はもちろんのこと、婚活中の人に知ってほしい内容でもあるのです。むしろ、婚活中の方にこそ、ご紹介したい内容になっています。 みなさんは旅行に行く時は計画をしてから、現地の情報を知ってでかけま [続きを読む]
  • ときおり思い出すブラジルの婦人の涙【夫婦修復のヒント】
  • 2014年のアメリカシンクタンクの調査では日本人の幸福度は、なんと先進国で最下位です。 日本は教育、医療、経済力、寿命、ほぼすべてにおいてトップクラスでありながら、現実には子どもたちが未来に希望を持たない国という信じられない現実があるのです。 さらに離婚も加速しており、自殺率も先進国では3位なのです。 そもそも日本人の幸福度が低い。というこの現実は、一体何を表しているのでしょうか?  [続きを読む]
  • ジェンダーフリーの弊害【夫婦修復のヒント】
  • ジェンダーフリーという言葉を知っていますか? 簡単に言うと男女平等を主張する考えかたです。女性が社会的にも権利を主張し開放されていくこと。 この運動がアメリカで起こったことが発端です。ところでこの運動が引き起こした結果として、家庭では子供が親や社会の制度に素直に従うことができなくなった、という説があります。イギリスの風刺家であるノースコートパーキンソン氏は「参政権と平等を要求すると同時に家 [続きを読む]
  • アドラー心理学の限界【離婚回避のためのヒント】
  • 人間の悩みはすべて人間関係の悩みである。 これは今、大ベストセラーであるアドラー心理学で提唱されている解決のための大前提です。 人間関係以外の悩みというものは、この世のには存在しない。と言い切っているのです。 それに対する議論については、人それぞれに価値観があっていいのですが、長年、夫婦の修復に携わっている私にとっては、日常、痛感していることです。 ただ言えるのは夫婦問題はアドラー [続きを読む]
  • 私のセミナーでしか学べないこと【夫婦修復のヒント】
  • 夫婦学のセミナーでは何を行うのか?をちょっと説明します。 本当の決断とは何か、を考えたことがありますか? 体重を減らすぞ!とかタバコをやめるぞ!あるいは英語をマスターする、いい仕事についてみたいなどなど。人々は多くの願いを持ちます。 でもたいていの場合、それは「こうであったらいいなぁ」という領域のなかにとどまってしまいます。 相変わらず大きな変化もなく、時がまたたくまに過ぎ去って2 [続きを読む]
  • 帰宅恐怖症について
  • 私のクライアントさんに「旦那さんはいつ帰宅するんですか?」とお聞きすると、たいてい「夜中近くまで戻らない」という人がとても多いのです。 仕事とは言え、そんな風に旦那さんの帰りが遅くなる背景にはいろいろな事情があるのです。帰りが遅くなるまでどんな経緯があったのか、それまでに家庭の中でどんなことが起こっていたのかを知る必要があります。家に帰りづらくなる男性の心理についてよくよく知ってほしいことがあ [続きを読む]
  • 手っ取り早い開運方法は 夫婦関係の改善!【夫婦修復のヒント】
  • 5月〜6月にセミナーを開催します!こちらを してね 幸せになる方法、手っ取り早い開運方法は夫婦関係の改善!と言っても言いすぎではありません。 実はこれには根拠があります。 どんな人にとっても家庭はちょうど人生の基地のようなものです。 大統領であろうと人気芸能人であろうと医者であろうと、会社員であろうと、その人が結婚していれば家では夫であり、父親です。 そこでは夫なり父親なり [続きを読む]
  • 夫婦円満のためのルール【夫婦修復のヒント】
  • 夫婦円満のために必ず守るべきルールがあります。 それは男性の安息圏を侵害してはいけない。というものです。 あなたがもし夫を変えようと思ったら、ちょっと過去のことを振り返ってみましょう。 かつてあなたの夫がどんな反応をしたかを思い出してほしいのです。 男性は自分の安息できるスペースがないと生きれない生き物です。 男性にとって自由という領域を侵されると命の危機を感じるほどだ・ [続きを読む]
  • 子育ていらずの夫婦関係とは?【夫婦修復のヒント】
  • 【ここでしか得られない夫婦の学びがある!】夫婦セミナーの募集が始まりました!ここを そろそろ新学期を迎えてお子さんたちも新たなスタートを切っていくときですね。 親は子どもに大きな期待をかけるものです。 いずれは自分を越えて幸せになってほしいとどの親も願います。 ここで重要なのは親と子どもがまったく別の価値観や個性を持っている存在だと分離することです。 これができないと悲劇が起 [続きを読む]