池田ピンポンクラブ さん プロフィール

  •  
池田ピンポンクラブさん: 上達の秘訣・教えます。
ハンドル名池田ピンポンクラブ さん
ブログタイトル上達の秘訣・教えます。
ブログURLhttp://ameblo.jp/ikeda-pinpon/
サイト紹介文身体の軸感覚を磨き二軸動作で重心バランスを保つ卓球を目指しています。
自由文大阪市東住吉区で整体&卓球教室をしています。
池田ピンポンクラブの特徴は身体の動き(筋肉の働き)
(神経と筋肉のつながり)をメインに練習しています。
どうすれば速い動作ができるか?力を入れず強打を打つには・・・などなど常にチャレンジしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供84回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2011/10/25 16:03

池田ピンポンクラブ さんのブログ記事

  • 試合までに大切な事
  • 新年度になり大きな大会に向けての予選会が各地で始まっていますね!!選手にとっては大勝負 しかし、試合の当日、調子がいい日・悪い日がありますね。 今までの試合の日を思い返してその良かった日のことをしっかり覚えておいてどうすれば自分調子が上がるのかということをデータとして覚えておきましょう それが出来ないといつも良いパフォーマンスは行いません。よく言う ルーティン ・ジンクスそう [続きを読む]
  • 自分の身体の調子を知る
  • いつも同じ動きができるかどうか!!それは身体、健康のバロメーターですもあります。その日の体調によって 体の動きは変るもの頭痛や熱が出た日の翌日は片足のバランスが非常に取りづらい体の軸が不安定になってしまいます。 肩甲骨周辺が固い場合は骨盤の動きにも制限が感じられます。 自分自身のルーティンを繰り返し自分の体を毎日チェックしましょう。スポーツの世界ではこれはより重要なことになりますね!これが [続きを読む]
  • 身体の硬さは「損」か?
  • 柔軟性がないと怪我をする体が固いとスポーツ選手としては損だこんな言葉よく耳しますね 確かに体が柔らかいに越したことはありません。しかし、少し体が固い事がアスリートにとって大きなマイナスかといえば一概には言えません!! 体の柔らかさを表現する上で3つのポイント1・筋肉や神経は固くないのに関節が硬くて柔軟性           が劣っている人2・ [続きを読む]
  • 鳥取・講習会
  • 昨日、鳥取での講習会に行って来ました。今回は平日開催という事もあり私一人参加!!久々の前泊です 今回の講師はカットマンの内山さん。憧れの選手です(年下ですが・・・)夕食もご一緒させていただき、たくさんのお話を伺う事が出来ました。 翌日の講習会 カットマンが中心の内容ですが模範カットを見せていただいて、もうびっくり素晴らしい動きです。そして、個別に指導。またこの切り口が鋭い お話をさ [続きを読む]
  • フォームの矯正にフリーハンドが・・
  • 卓球の練習を行う時やはり利き腕側の動きを練習する意識が高いと思います。しかし、正確に利き腕の動作を行う為にはフリーハンドの動きにも気を付けてください 積極的にフリーハンドを使う事から始めると良いと思います。その時にフリーハンド側の手でピン球を3〜4個(持てる最大)持ちましょう。そうすると、指の意識前腕の意識に変化が生まれてきます。身体全体的にバランスが取れて打てる状態が作れますよ。お試しくださ [続きを読む]
  • 感覚を磨きましょう
  • 何をしても感覚のいい方いらっしゃいますね。うらやましいですね!! 感覚というのは経験して初めて感じることができるもの経験していないものを 感じ取ることはできませんね!!そのためにはまず、それを受け入れる素直さが必要です 。人の動きは それぞれの スポーツ によって全く違うものである????何てことはありません。 野球のピッチングのこれ部分が卓球のこの瞬間に似ているゴルフのこの瞬間が卓球のこの瞬 [続きを読む]
  • 長居公園6時間マラソンでした
  • 今日は朝9時から6時間長居公園6時間マラソン大会を行いました。 参加者選手6名大人4名 雲一つない晴天!!いよいよスタートで 膝の抜きを使ったダラダラ走り みんな、実践していました。 前半3時間はみんな、快走!!日ごろから毎日3キロは走っているので・・・ 最近メンバーになった新入生もがんばりました。 今年は最高13週・・約38キロ保護者の方々も6時間 [続きを読む]
  • 長居公園 6時間マラソン
  • 今日もいいお天気明日は池田ピンポンクラブ恒例年に1回の長居公園6時間マラソンを明日開催します。今までの最高は中学男子17週・・・約50キロ私は12週ですが・・・前回は飛ばしすぎたので身体にダメージが残らなよう頑張ります。 子供たちは毎日3キロ走っていますが私はでも、最近は毎朝3キロのダラダラ走り!!明日に備えてます。 さて、明日は快晴の模様です全員 完走するのが目的です [続きを読む]
  • スローモーションでの練習
  • 練習をして体を動かしている時その動きに違和感があったり不安を感じたりするときはその嫌な感覚を 取り除くことを考えましょう ね!! なぜそんなに嫌な感覚が起こっているのか?それであればどうやれば 良い感覚や良いタイミングで動作ができるのか 方法としては、 出来るだけゆっくりスローモーションで確認してみましょうこのスローモーションを積み上げることで感覚が高められ体はいつも良い状態にリセ [続きを読む]
  • ナイスショットの感覚が大事!!
  • 人の体で最も大きな 器官は 皮膚になります 。体を動かす時も皮膚からの情報はとても大切で す。皮膚を通して体の形状変化 、引っ張られている・緩んでいるまたはA点と B点が繋がっていて固い 柔らかい暖かい冷たいなどを感じています。そして体にとって楽な状態の時、そして、それはどう言う 状態にあるのか 例えば卓球の ドライブが最高の一打だったとするとその時皮膚は何を感じていたのかその時に起こった自分の体 [続きを読む]
  • フォーム修正のポイント
  • 一度覚えたフォームを修正するのはたやすいことではありませんね自分の頭で考えた事を動作に起こすのはもう、その時点で間違っているなではないかと考えます。なぜなら、動作というのは作るのでなく自然になるものだからです。手をここまで振るここで止める など、考えて動かすと身体の他の部分と合いませんね 自分のフォームを一から見直すのはとても大変な作業です。1つ1つの筋肉、関節の動かし方から変える必要があ [続きを読む]
  • シンガポールのお土産
  • 先日、鳥取から春休み帰省の卒業生が挨拶に来てくれて修学旅行のお土産を持って来てくれました。わざわざ、買って来てくれたと思うと感激です。修学旅行はシンガポール!!楽しかったでしょうね。さあ、今年が最後の年!!高校3年生・・・・頑張ってほしいです。今は海外ですか 我が息子は千葉の高校なので。。。京都・長崎めぐりだったそうです 息子の感想は・・・書かなくてもお分かりかと [続きを読む]
  • 多球練習のボール出し
  • 多球練習は短い時間で効率よくボールを打つことができるので初心者の練習には最適です。 また ボールを出す方も能力も養われますボールの出す方法は 相手のスイングやボールを見ながらピッチを調整してボールを出さないといけないため相手を見るという練習にもなります上回転ボールのボール出しではボールバウンドせず、ダイレクトに連続で出せば実践よりも早いピッチでハードな練習も可能です下回転ボールでは ワンバウンド [続きを読む]
  • 卒業生、最後の試合
  • 3月で卒業する2人にとっての最後の試合!1東淀川体育館で行われました。余り勝たしてあげられなかったですが・・ よく最後まで頑張ってくれて、チームの一員としての責任を学んでくれたと思います。一人は小学校から練習に来ていて、初めは身体が弱く、話もろくにしない程おとなしい子でしたが、今は大きな声を出しすぎて怒られる役目です 池田ピンポンの子供たちはみんな、優しいのでムードメーカーになってくれて練 [続きを読む]
  • 全国高校選抜卓球大会
  • 先日、全国高校選抜卓球大会が終わりました。男子優勝は愛工大明電高校女子優勝は四天王寺高校おめでとうございます。私も息子がお世話になっている高校の応援に池田ピンポンの子供たち、保護者の方々と共に大阪中央体育館へ行って来ました。結果、決勝トーナメント進出は出来ませんでしたが、白熱したいい試合を観ることが出来ました。 痛感したのは身体の使い方です。チームカラーが出ていて勉強になりました。池田ピンポン [続きを読む]
  • サーブはコマ回しの筋肉で!!
  • 先日もサーブに回転をかけるには・・・と書きました。 サーブの感覚を覚えるのはこま回しで使う筋肉です こま回しの感覚で ラケット振ると腕がしなりボールとラケットのインパクトの感覚が全く違うものになります。 どちらの動作も 最後に少し引くという動きが重要です 。身体全体を使って 餅のように しなやかに動いてください。 実は私、幼いころはこま回しが全く出来ませんでした。でも、このサーブ [続きを読む]
  • サーブに回転をかけるには・・
  • サーブに回転をかけようと力いっぱいラケット握って振っている人がいますね!!でもそれではなかなか回転はかかりませんよ 例えば下回転サーブラケットを握りしめ 強く 打つのではなくインパクトと同時に引くというイメージで打ってみましょう力一杯ラケットを握るのでなく柔らかく握って自然な手首の状態でインパクトしましょう [続きを読む]
  • 春の大掃除
  • 先週 卓球練習場の大掃除を致しました。ここ数年はこの3月に行っています。12月は寒いのと試合が忙しいなど・・・今回は12時集合!!さあ、始まりです。外で洗う担当・壁吹き・本棚・窓それぞれに分かれて黙々と頑張ってくれました。掃除終了後16時から21時まで練習!!この日はクタクタだったのでは [続きを読む]
  • 初心者はロングサーブを・・
  • 初心者後はサーブミスが怖いため下回転のサーブを短く出そうとする人が多いです。それでは ボールを弱く打ってしまいほとんど回転が かかりませんね!!まずは 上回転系のロングサーブ で強く食いこなせる 感覚を身につけましょうそして少しずつ回転をかけるサーブに変化させて行きましょう。ボールにしっかり食い込ませる感覚をつけないと後々回転量の多いサーブが出せなくなりますよ。 [続きを読む]
  • 初心者も3球目練習を
  • 初心者は早い段階で色々な練習が必要と書きました。 下回転や下回転に対するドライブを練習しながら同時に サーブからの3球目攻撃も早い段階から練習しましょう初めは簡単なパターン攻撃がいいですね出来るだけ単純な下回転からのドライブ攻撃を入れていきましょう!! 初めのうちは返球してもらうコースを限定してその動作ができてきたらランダム練習へと移行しましょう。 試合はどこの来るかわからないか [続きを読む]
  • 初心者のツッツキ
  • 初心者は色々覚えることが多くありますね!!限られた練習時間の中で 覚えなければいけないので大変です。本来であればフォア・バック両方のツッツキ練習を行うのが良いのですがまず初期設定としてはバックのツッツキ・バックブロックから練習していきましょう フォアのツッツキに関しては台から出るボールは先手を取って打っていく事を覚える為にもバックツッツキでカバーし 、その他は攻めていくということを覚えた方が良い [続きを読む]
  • 切り替え練習
  • フォアハンドからバックハンドまたはバックハンドからフォアハンド打法切り替える切り替え練習はシェークハンド・ペンホルダーともに大事な練習です 必ず毎日練習しましょう。 この練習が続くようになったら不規則なランダム練習をしていきましょう。その時の注意点はラケットは体の前に置き台より下がらないようにするラケットが体の前ではなく体の横に来ている選手は1コース練習のやりすぎですよ [続きを読む]
  • 落点を意識しましょう
  • 卓球のボールは卓球台で弾み弧線を描いて飛びます。その弧線のなかでボールを打つポイントのことを打球点と言います。ボールをとらえるのは頂点少し前がベストです。 初心者の間はこの感覚がちょっと難しく感じると思います。ですので、まずは落点を意識してくださいボールが台にバウンドする地点の事を落点といます。卓球練習ではこの落点をなるべく同じにして打ちやすいボールを送りましょう。 また1球練習で続ける練 [続きを読む]
  • 1つの練習に偏らないで・・
  • 初級者の練習は 一つの技術に偏りがちです。特にフォアハンド練習を行う事が多いと思います。 しかし、まだフォアハンドが十分に出来ていないような段階でもバックハンドやツッツキをやるなど技術のすべてを練習に取り入れた方が良いと思います。 ひとつの技術ばかりをやっているとグリップがその技術にだけ適したものになったり構えスタンス 色々なことが偏ったものとして覚えてしまいます。一つの事にとらわれる [続きを読む]