池田ピンポンクラブ さん プロフィール

  •  
池田ピンポンクラブさん: 上達の秘訣・教えます。
ハンドル名池田ピンポンクラブ さん
ブログタイトル上達の秘訣・教えます。
ブログURLhttp://ameblo.jp/ikeda-pinpon/
サイト紹介文身体の軸感覚を磨き二軸動作で重心バランスを保つ卓球を目指しています。
自由文大阪市東住吉区で整体&卓球教室をしています。
池田ピンポンクラブの特徴は身体の動き(筋肉の働き)
(神経と筋肉のつながり)をメインに練習しています。
どうすれば速い動作ができるか?力を入れず強打を打つには・・・などなど常にチャレンジしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供84回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2011/10/25 16:03

池田ピンポンクラブ さんのブログ記事

  • 無理な身体の使い方で・・膝を痛めたら
  • スポーツ障害で多い膝のけが。膝の怪我をしたの後に、膝の周辺の筋力アップをしようとしますね もちろんそのことも大切ではありますが最も大切なのは足の 使い方歩き方です 膝周辺 だけではなく足関節の動作の見直し骨盤 全体のバランスそれらが良くならないと再びまた膝を痛めてしまうことになります。 足の指が伸びていること!自由に動かせること!!土踏まずがあること!!足裏全体で床を押してしていること!!そのような状 [続きを読む]
  • 千葉県高校総体予選 シングルス
  • 千葉県高校総体予選いよいよ、最終日17日土曜日この日はシングル ベスト32からでした。(前日にシングル戦ベスト32まで決定)土曜日初戦3−2もう危ない〜〜!!ここで終わってしまうのか〜〜状態でした。 何とか勝ち上がり、ベスト8ここから2つに分かれ4人でリーグ上位2人は決定です。 まず初戦勝ったり・負けたりの相手いつもは仲のいい選手です。結果3−1で勝ちさあ、あと1勝すれは予選通過!!この相手は中国か [続きを読む]
  • 千葉県インターハイ予選 (ダブルス)
  • 千葉県高校総体予選からもう1週間が経ちました。この1週間は大変早かったです。16日金曜日ダブルス予選・・何とかベスト4に入りあと一息!!ここでリーグ初戦・・負け何とかせねば・・・で息子の身体をチックすると四頭筋がカチカチ さあ、私の出番!!そして、第2試合・・見事3−0ここで、4チームが1勝1敗次が勝負です。そして3−0で勝ちました2勝1敗でしたが・・結果は優勝2人よく声を掛け合いながらお互いを信じての [続きを読む]
  • 実業団時代 OB会
  • 昨日、住友生命卓球部のOB会が大阪の新地で行われました。「新地」です。大阪の方は「あ〜〜あのお店」って感じでしょうか何と言っても、大先輩のお店です少々、緊張しました。参加者は男性5名 女性10名OB会を開催しだして3年目!! やはり、何にも変わっていなく、思い出話で大盛り上がり しかし、すっかり忘れているものです。団体戦のオーダーとか誰と対戦したとかそんな中、私が結構 監督に反抗していた事がみんなの話で [続きを読む]
  • 卓球総体予選(鳥取)
  • そろそろ、各都道府県の総体予選が終わりましたね。池田ピンポンクラブの卒業生も高校3年生がいます。鳥取に行っている2人!!6月初旬に予選会が行われ男子団体・・優勝(こうた・ゆうすけ)男子ダブルスが2位(ゆうすけ)嬉しいです。鳥取敬愛高校は長女もお世話になり、池田ピンポンの卒業生も、多くの子供たちがお世話になりました。監督の中村先生が最後と言うこの年に男女でインターハイに出場してほしかったですが・・イン [続きを読む]
  • 腰の意識は股関節の動きです。
  • 日常生活では歩く・走る・前かがみになるなど前後左右の動きは多いのですが関節は本来もっと複雑な動きをします 。股関節は お皿とボールの組み合わせです。関節の構造的には360度の動きが出来るのです。 しかしながら、これを使いこなしていない人が多いですね!! スポーツでは腰をためてとか腰を使ってという表現がありますが腰よりに意識したいのは股関節です 例えば 柔軟性を図るものとして前屈がどこまでできるかがあり [続きを読む]
  • 「力む」と動作の修正が出来なくなる
  • 長い間に身についた動作の癖を直すのに時間がかかる方!!頭で考えすぎる傾向にある人ほど体の 動作に及ぼす変化には時間がかかります。 また、パフォーマンスが 空回りしているアスリートもたくさんいますその人は「力を入れる」と「力む」がほぼ一緒になってしまっているように 思います。 一番の原因は頭で考えすぎることそうすると呼吸が止まり筋肉が硬直を始めます 。 呼吸動作の低下は横隔膜の動きを鈍化させ背筋の緊張を増 [続きを読む]
  • 打法を決めつけないで!!
  • 卓球の練習してる時に、一つの技術 についてこの打ち方はこう!!バックはこう!!フォアはこう!!・・・と頭の中で決めてしまうとその練習だけをしてる時は出来ますが 試合など予測不可能な状況では全くその動きは出来ないということになりますそれは体の中・頭の中で色々な情報がまだ備わっていないこと ということですいろんな関節の動きや筋肉の動きそういう様々な動きをまずは体に覚えさせていくこと!!そしてその状況に合 [続きを読む]
  • 試合までに大切な事
  • 新年度になり大きな大会に向けての予選会が各地で始まっていますね!!選手にとっては大勝負 しかし、試合の当日、調子がいい日・悪い日がありますね。 今までの試合の日を思い返してその良かった日のことをしっかり覚えておいてどうすれば自分調子が上がるのかということをデータとして覚えておきましょう それが出来ないといつも良いパフォーマンスは行いません。よく言う ルーティン ・ジンクスそういうのも同じだとは思いま [続きを読む]
  • 自分の身体の調子を知る
  • いつも同じ動きができるかどうか!!それは身体、健康のバロメーターですもあります。その日の体調によって 体の動きは変るもの頭痛や熱が出た日の翌日は片足のバランスが非常に取りづらい体の軸が不安定になってしまいます。 肩甲骨周辺が固い場合は骨盤の動きにも制限が感じられます。 自分自身のルーティンを繰り返し自分の体を毎日チェックしましょう。スポーツの世界ではこれはより重要なことになりますね!これが分からない [続きを読む]
  • 身体の硬さは「損」か?
  • 柔軟性がないと怪我をする体が固いとスポーツ選手としては損だこんな言葉よく耳しますね 確かに体が柔らかいに越したことはありません。しかし、少し体が固い事がアスリートにとって大きなマイナスかといえば一概には言えません!! 体の柔らかさを表現する上で3つのポイント1・筋肉や神経は固くないのに関節が硬くて柔軟性           が劣っている人2・関節の可動域はあるのに神経が硬直して可動域を制限し [続きを読む]
  • 鳥取・講習会
  • 昨日、鳥取での講習会に行って来ました。今回は平日開催という事もあり私一人参加!!久々の前泊です 今回の講師はカットマンの内山さん。憧れの選手です(年下ですが・・・)夕食もご一緒させていただき、たくさんのお話を伺う事が出来ました。 翌日の講習会 カットマンが中心の内容ですが模範カットを見せていただいて、もうびっくり素晴らしい動きです。そして、個別に指導。またこの切り口が鋭い お話をさせて頂いたりして、本 [続きを読む]
  • フォームの矯正にフリーハンドが・・
  • 卓球の練習を行う時やはり利き腕側の動きを練習する意識が高いと思います。しかし、正確に利き腕の動作を行う為にはフリーハンドの動きにも気を付けてください 積極的にフリーハンドを使う事から始めると良いと思います。その時にフリーハンド側の手でピン球を3〜4個(持てる最大)持ちましょう。そうすると、指の意識前腕の意識に変化が生まれてきます。身体全体的にバランスが取れて打てる状態が作れますよ。お試しください。 [続きを読む]
  • 感覚を磨きましょう
  • 何をしても感覚のいい方いらっしゃいますね。うらやましいですね!! 感覚というのは経験して初めて感じることができるもの経験していないものを 感じ取ることはできませんね!!そのためにはまず、それを受け入れる素直さが必要です 。人の動きは それぞれの スポーツ によって全く違うものである????何てことはありません。 野球のピッチングのこれ部分が卓球のこの瞬間に似ているゴルフのこの瞬間が卓球のこの瞬間に似てい [続きを読む]
  • 長居公園6時間マラソンでした
  • 今日は朝9時から6時間長居公園6時間マラソン大会を行いました。 参加者選手6名大人4名 雲一つない晴天!!いよいよスタートで 膝の抜きを使ったダラダラ走り みんな、実践していました。 前半3時間はみんな、快走!!日ごろから毎日3キロは走っているので・・・ 最近メンバーになった新入生もがんばりました。 今年は最高13週・・約38キロ保護者の方々も6時間 [続きを読む]
  • 長居公園 6時間マラソン
  • 今日もいいお天気明日は池田ピンポンクラブ恒例年に1回の長居公園6時間マラソンを明日開催します。今までの最高は中学男子17週・・・約50キロ私は12週ですが・・・前回は飛ばしすぎたので身体にダメージが残らなよう頑張ります。 子供たちは毎日3キロ走っていますが私はでも、最近は毎朝3キロのダラダラ走り!!明日に備えてます。 さて、明日は快晴の模様です全員 完走するのが目的です [続きを読む]
  • スローモーションでの練習
  • 練習をして体を動かしている時その動きに違和感があったり不安を感じたりするときはその嫌な感覚を 取り除くことを考えましょう ね!! なぜそんなに嫌な感覚が起こっているのか?それであればどうやれば 良い感覚や良いタイミングで動作ができるのか 方法としては、 出来るだけゆっくりスローモーションで確認してみましょうこのスローモーションを積み上げることで感覚が高められ体はいつも良い状態にリセ [続きを読む]
  • ナイスショットの感覚が大事!!
  • 人の体で最も大きな 器官は 皮膚になります 。体を動かす時も皮膚からの情報はとても大切で す。皮膚を通して体の形状変化 、引っ張られている・緩んでいるまたはA点と B点が繋がっていて固い 柔らかい暖かい冷たいなどを感じています。そして体にとって楽な状態の時、そして、それはどう言う 状態にあるのか 例えば卓球の ドライブが最高の一打だったとするとその時皮膚は何を感じていたのかその時に起こった自分の体 [続きを読む]
  • フォーム修正のポイント
  • 一度覚えたフォームを修正するのはたやすいことではありませんね自分の頭で考えた事を動作に起こすのはもう、その時点で間違っているなではないかと考えます。なぜなら、動作というのは作るのでなく自然になるものだからです。手をここまで振るここで止める など、考えて動かすと身体の他の部分と合いませんね 自分のフォームを一から見直すのはとても大変な作業です。1つ1つの筋肉、関節の動かし方から変える必要があ [続きを読む]
  • シンガポールのお土産
  • 先日、鳥取から春休み帰省の卒業生が挨拶に来てくれて修学旅行のお土産を持って来てくれました。わざわざ、買って来てくれたと思うと感激です。修学旅行はシンガポール!!楽しかったでしょうね。さあ、今年が最後の年!!高校3年生・・・・頑張ってほしいです。今は海外ですか 我が息子は千葉の高校なので。。。京都・長崎めぐりだったそうです 息子の感想は・・・書かなくてもお分かりかと [続きを読む]
  • 多球練習のボール出し
  • 多球練習は短い時間で効率よくボールを打つことができるので初心者の練習には最適です。 また ボールを出す方も能力も養われますボールの出す方法は 相手のスイングやボールを見ながらピッチを調整してボールを出さないといけないため相手を見るという練習にもなります上回転ボールのボール出しではボールバウンドせず、ダイレクトに連続で出せば実践よりも早いピッチでハードな練習も可能です下回転ボールでは ワンバウンド [続きを読む]
  • 卒業生、最後の試合
  • 3月で卒業する2人にとっての最後の試合!1東淀川体育館で行われました。余り勝たしてあげられなかったですが・・ よく最後まで頑張ってくれて、チームの一員としての責任を学んでくれたと思います。一人は小学校から練習に来ていて、初めは身体が弱く、話もろくにしない程おとなしい子でしたが、今は大きな声を出しすぎて怒られる役目です 池田ピンポンの子供たちはみんな、優しいのでムードメーカーになってくれて練 [続きを読む]
  • 全国高校選抜卓球大会
  • 先日、全国高校選抜卓球大会が終わりました。男子優勝は愛工大明電高校女子優勝は四天王寺高校おめでとうございます。私も息子がお世話になっている高校の応援に池田ピンポンの子供たち、保護者の方々と共に大阪中央体育館へ行って来ました。結果、決勝トーナメント進出は出来ませんでしたが、白熱したいい試合を観ることが出来ました。 痛感したのは身体の使い方です。チームカラーが出ていて勉強になりました。池田ピンポン [続きを読む]