KAZUONA さん プロフィール

  •  
KAZUONAさん: ステンドグラスと木工
ハンドル名KAZUONA さん
ブログタイトルステンドグラスと木工
ブログURLhttp://kazuona.blogspot.jp/
サイト紹介文ステンドグラスと木工(ステンドグラスの枠、ベースなど)
自由文以前から興味を持っていたステンドグラスを60歳から始め8年目です。ステンドグラスは四季折々の花鳥風月を表現したいと思います。また、木工はステンドグラスのパネル枠、ランプモールド・ベース等興味を持ち作製しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供149回 / 365日(平均2.9回/週) - 参加 2011/10/28 10:05

KAZUONA さんのブログ記事

  • 鏡の木枠注文(01)
  • 「ステンドグラスの鏡」木枠の注文ありました。濃い色で仕上げ、吊るせるように、 そして、鏡の寸法は530×430です。タモ材を留め接ぎに加工して、 鏡用の溝(3mm)を切り仮組です。そして、ステンドグラス用の溝(6mm)を 必要なところだけ(全面ではない)切り込みます。 小型ルーターと溝切治具は久しぶりです。そして、 必要な溝、カンザシ用の溝も全て切りました。 明日、塗装して組み立てです。  [続きを読む]
  • バラのリトフェイン(01)
  • バラのリトフェインをアクリル板厚さ3.0mで切削送りスピード400mm/min、切り込み深さ0.5mm/回、最終深さ2.5mm2.0mmのボールノーズエンドミルのみで仕上げました。以前浜松フラワーパークで撮影したバラを拡大して、モノクロイメージでアクリル板でリトフェイン 光を通すと、モノクロ写真のように、アクリル板には白以外にも多くの色があります。 もう少し、このマシンを使いこなしたら、 ステンドグラスと組み合わせてみ [続きを読む]
  • 孫のリトフェイン(01)
  • 注文しておいたデュポンコーリアン(100×150×厚さ4mm)とボールエンドミル直径1mmと2mm(軸径4mm)と 4mm軸用のコレット(外径6mm)が 届いたので、さっそく、「孫のリトフェイン」に挑戦 使うソフトは「PhotoVCarve」でソフトも購入しました。 4mm用のコレット(6mm軸)と1mm、2mmのボールエンドミル  USBCNCにセットして、約2時間半かかりました。 今回はボールエンドミル1mmのみを使用、送り速度500mm/min一回0.5m [続きを読む]
  • ガラススタンド
  • USBCNCで文字入れをしてみました。JW_CADで袋文字を作り、DXFにUSBCNCのCAMで読み込み、コレットを外して、90°vビット軸径6mmをセット、幅4.5mm深さ10mmの溝を切りウッドオイルで仕上げ 寸法は約120×300×50mmで、文字の入ったガラススタンドです。 [続きを読む]
  • USBCNC(05)
  • リトフェインのテストです。3.2mm用のコレットにドレメレビットをセットして試運転です。サンプルデータはPhotoVCarveトライアルです。 USBCNC用のgコードもスムーズにできましたが、 刃径1mmのボールエンドミルがないので、 手元にある軸径3.2mmの90°vビットで代用、 アクリル板3mmを切削 アクリル板が柔らかいのか、粘っこいのか 1回目の作業では気に入らない。(送りスピードの設定を試行錯誤) 2回で、何と [続きを読む]
  • USBCNC(04)
  • 注文した、コレットが届きました。径3.2mm外径6mmの真ちゅう製のコレットです。これで、ドレメレ用のビットが使えます。左が今回購入したコレットです。そして、3.2mmのドレメレビットです。上手く取り付けできました。 同時に、3mm、5mmのエンドミル(軸径6mm)も購入しました。 コレット無しで、取り付けもできそうです。(中央のセンターカットエンドミルは以前購入したもの) 明日は、切削テストの予定です。  [続きを読む]
  • USBCNC(03)
  • ここまで、手こずりました。z軸が?です。 パルス/回転数を-800とすることで、 (マイナスをつける) 正常にgコードを実行できまた。 枠線も寸法どおりに180×80mmに、切削中はz軸マイナスに(当たり前です)手前に赤と黄、中央に赤点滅 [続きを読む]
  • USBCNC(02)
  • 自治会の総会終わって一息です。 そして、昨夜は浜松まつりの会所開きです。 いままで、いろいろ試行錯誤していたUSBCNCマシン やっと、リハーサルをしました。 もうすぐ、木工の文字・模様、そして、 ビットを換えればガラスにも応用できそうです。 手順は1) jw_cadにて作図する。注意点は、レイヤーの名前を(0)ORIGIN,(1)CAM_LINEとする(0)レイヤーの原点に円を2) NCVCというソフトで読み込む。 dxfに変換しなっくてもj [続きを読む]
  • USBCNC(01)
  • USBCNCを預かりました。 しばらくの間使わせてもらいます。 しっかりした構造です。「ぼびーましん」の製品のようです。 ソフトはEdingCNCの「USBCNC」を使います。 マニュアルはすべて英語です。 PDFをgoogle翻訳で少しづつ和訳して 何とか、CNCソフトが立上り、 x,y,z軸の調整ができるようになりました。 (各モーターが動いたときは嬉しかったです。 ここまで3日、英語のマニュアルとにらめっこ) そして、ネットの皆 [続きを読む]
  • ヨーダの木枠注文(01)
  • 「ヨーダ」木枠の注文がありました。作者の了解を得ていないので、緩衝材越しです。 寸法は48×50cm角ですが、 少し端部に凹凸があり、溝を深くして、 調整しなければなりません。 材はタモで、継ぎ手は留接ぎです。  [続きを読む]
  • 行灯ベースの注文(01)
  • 行灯ベースの注文がありました。 1面が横20cm縦40cmの4面で ヒンジで屏風になっています。 材はSPF1×6です。 ビスケットで接着して25cm角に切断し、 トリマーで溝切(深さ7.5mm幅7mm)です。 電材はLEDテープを使います。 [続きを読む]
  • 木製ランプベース作成(05)
  • 木製ランプベース完成です。ベースの高さは50cm、ライト部分は20cmです。 電材LEDテープ(昼光色)60灯1.0m5V4.8wを 塗装後のベースに巻き付けました。 両面テープが強力で、しっかりしています。 このベースに合う作品をセットしてみました。16面ランプ(直径30cm、高さ20cm)  [続きを読む]
  • バラとクレマチスのランプ(02)
  • 木製ベースがほぼ完成に近づいたので、 バラとクレマチスのランプ、ガラスカットを始めました。 キャップを仮固定して、マチバリと両面テープで配置します。 バラの花の部分は後でカットします。 とりあえず、セロテープでズレ防止です。 木製ベースは水性オイルステイン+水性ニス塗装です。  [続きを読む]
  • 木製ランプベース作成(04)
  • 今日は、この時期にしては暖かい一日なので、 木製ベース作業はかどりました。 まだボンド、塗装前ですが、仮組して、 ハーブの代わりの約40mm木柱に、LEDを巻き、LEDを点灯してみました。 自作木工旋盤は恐る恐るグラインダーで、 久しぶりの、水平トリマーでジョイント部をくり抜きました。 明日、木製ベース完成予定です。 ランプシェード「バラとクレマチス」はこれからです。  [続きを読む]
  • 木製ランプベース作成(03)
  • 木製ランプベースの底の部分を SPF材で円形に加工します。 テーブルソーを使ってほぼ円形にする作業が、 チョット怖いので、治具を作りました。 これなら、安心して、スレッドを動かせます。 注文したLEDテープが届きました。 今度はテープ1.0mでスイッチ付きです。あとは、作業を進めるだけ、 [続きを読む]
  • MIT App Inventor2で(01)
  • アンドロイドのアプリを作ろうと HSP3Dish、Android Studio、RFO-BASIC!など試みましたが、???? Web上で動くMIT App Inventor2を発見、 先輩方の書き込みを参考にしました。 アンドロイドのアプリを作るのはこれが一番簡単のようです。 ラベル、ボタン、テキストボックスを配置して、マウスでブロックを並べるだけです。コードは一行も書きません。そして、 wifi経由ででアンドロイド実機を実行することができます。 面 [続きを読む]
  • 紅葉のランプ(18)
  • 完成です。 ハンダを始めてから時間がかかりました。 特に、モミジ部分の染まり具合、 心配しましたが、黒く染まりました。 銀杏の隙間からのモミジ、 モミジの隙間からの銀杏が良い感じに 表現できたと思います。 [続きを読む]