ニセ外人 さん プロフィール

  •  
ニセ外人さん: ニセ外人のスキー日記
ハンドル名ニセ外人 さん
ブログタイトルニセ外人のスキー日記
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/xyjtn120
サイト紹介文スキーに関するあらゆるものを日記にしています。
自由文スキーレポートや検定、大会、オフトレなど内容盛りだくさんで日記にしています。
メインのスキー場は栂池高原で他には岩鞍、アサマ2000、鹿沢です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供252回 / 365日(平均4.8回/週) - 参加 2011/10/28 13:52

ニセ外人 さんのブログ記事

  • 思い切った練習「抱え込む」:動画あり
  • ハロハロ世間の皆さんは9月の連休に旅行とか行っちゃって「楽しかったね〜」なんて浮かれてるかもしれないが・・・ニセ外人はコツコツとスキーブログを書いてますよつーことで、今日は昨日の続きみたいなものです題して思い切った練習「抱え込む」です昨日の記事で上達と思い切った練習は密接な関係があると書きましたやっぱね、守りに入ってしまうと中々上達しないんだよねそんな中、今日は抱え込む姿勢に照準を当ててみたいと思 [続きを読む]
  • 無難な指導と思い切った指導
  • ネットを見てると幾つかのスキー場がオープン日を発表されましたね間もなくシーズンですよちなみにこのブログは1年中シーズンですつーことで、今日もスキーの話題全開でいきますよさて、本日は指導において常々感じるある事をテーマに記事にしてみますそれは、「無難な指導と思い切った指導」たとえばストックを持たずにコブに入るとかはたまた、凹凸を使って高くジャンプターンをするとか長い距離を延々小回りとかでね、普通のレ [続きを読む]
  • 連休はオフトレ修行:小回りとコブはばっちし?
  • ひでー話だ台風のおかげで楽しみにしていたバカンスが中止になったぜつーことで、9/17(日)と18(祝)はトランポリン修行だ17日は関東某所にあるエックステックで練習まずは場外に吹っ飛ぶドンマイ、ドンマイ次は頭から落ちるマットがあったおかげで命拾いしたぜこの日は一日中雨湿度MAXでたんまり汗をかいたッス翌日、18日(祝)ピークトゥピークガレージにGO少しでもスキーの実践に役立つように練習うおりゃー気合入れ過ぎた転 [続きを読む]
  • このブログ
  • ハロハロ本日もニセ外人ブログにようこそインチキ臭い記事も多い中、いつも多くの方にご訪問頂き嬉しく思ってますまた、今までたくさんの方にネコ吉LINEスタンプやTシャツ等を購入頂き感謝っすヤラシイ話、毎月LINEからの売り上げ報告が楽しみです  ほんとヤラシくてすいませんこのブログを見てくれる方がいるからこそ、このブログが続けられてるだからこそ、このブログを覗きたくなるような記事を書いてるつもりです自分がこの [続きを読む]
  • スキーとイチジク
  • 朝晩がめっきり涼しくなりました 皆さま如何お過ごしですかさて、このブログはスキーブログなので、どんな日常のビッグな話題があっても、無理やりスキーに絡めますつーことで、本日のテーマはスキーとイチジクですようちの庭にイチジクがなってますあ、違った↓ ↓こっち今年は大量に実ってます食べごろに熟したものを20個採って・・・ジャム作りをしてみたいと思います皮むいて鍋にポイっ火攻めにするぜ砂糖はチョットだけグツ [続きを読む]
  • 2018年度SAJ会員証の色は赤
  • ハロハロヤバイ、台風がこっちに向かってる天気予報のねーさんが関東に直撃する可能性があるなんて言ってたし3連休はブラックバスとナマズを釣りに行くから来てもらっちゃ困るんだよねあっちいけつーことで、シーズンまであとチョット冬を匂わす例のモノがきましたよじゃーんSAJ会員登録証だ今年は赤色ですよちなみに2017年度は黄色、2016年度は緑色っすこれに青色とかが加わってローテーションで年度によって色が変わるんだよねこ [続きを読む]
  • 「カラダが覚える」インプットとアウトプット
  • 9月に入り、FB上ではスキー場やスクールからの案内を多く目にするようになりましたそろそろですねさて、今日はカラダが覚えるという記事ですたとえば勉強いろんな知識をインプットして、そしてアウトプットするこれが多ければ多いほど、「勉強ができるとか頭が良い」なんて言われるこれはカラダ(脳)で覚えているから、出すことができるじゃあ、スキーではスキーでも同じことが言えると思うカラダ(脳)で覚えて、それを表現する [続きを読む]
  • 9/11やっぱスキーでしょ
  • ハロハロつーことで、9/11月曜日はスキーがしたくてウズウズしてたので西武園ゆうえんちに行ってきました↑ ↑こっちじゃなくて↓ ↓こっち天気もよくてウォータージャンプ日和でしたよ今日もネズミに憑りつかれたように滑り&飛びますさて、このWJは斜面を滑って→飛んで→着水って感じなんだけど着水する時って結構痛いのよそれが腹とか背中からだと「うわー、もうダメだ」って感じになる頭から落ちるとクラクラして立ってられ [続きを読む]
  • レッスン:上手い人の真似をする
  • 初秋の候 皆さまお元気ですか?自分は・・・・ふつうですつーことで今日もスキーの話題満載でお届けしますよ〜さて、スキーレッスンを受講した時に、同じ上級レッスンでも先生によって内容は違うよねキレを練習する先生もいれば、ズラしばっかり練習する先生もいるスピード出して練習する先生もいれば、低速ばっかりの先生もいる言ってることも、やってることも先生によって色々だしかしだ、その先生たちが本気を出して滑ると皆ほ [続きを読む]
  • 10,000時間の法則:スキー
  • ふと思った今年は残暑と呼べるような暑さがないよかった、よかったつーことで、今日は10,000時間の法則という記事ですこのブログを見て頂いてる方も聞いた事がある人もいると思うけど、スポーツを一人前にこなすには10,000時間掛かるというもの(※天才、成功する人の法則とは違うからね)でね、たしかに一人前と呼べる腕前になるにはその位かかるって思うんだ尚且つ、この10,000時間はなるべく若い時に、そして集中した期間で行う [続きを読む]
  • ■後編■あと1点
  • 秋風が立ちはじめ、しのぎやすい頃となりました。皆様お元気でお過ごしのことと存じますさて、今日もスキーの話題満載ですちなみに、このブログはスキーの中でも基礎スキーがメインですアルペンやノルディックのことは専門外ですよく、アルペン選手の名前を知ってて当然のようにコメント頂いたり、話しかけられますが、全くといっていい程知りません興味がないのでゴメンナサイつーことで、先日あと1点について(例:テクニカルの [続きを読む]
  • クラブと時代・・・そして老害
  • ハロハロ今朝も涼しかったねやっぱ、朝はひんやりするくらいの方がいいねつーことで、今日はクラブと時代・・・そして老害って記事です現在、スキークラブに入りたいって思ってる人ってどのくらいいるのだろう?すでに入ってる人も多いと思うけど・・・クラブには丸っきり興味がないって人もいるだろうし、興味があるけど、クラブという敷居が高いって思ってる人もいるだろうし、実際にクラブの重鎮がうるさいところもまだまだある [続きを読む]
  • コンディショニングセミナーといつもの運動
  • いつの間にか虫の声を聞くようになりました朝晩もひんやりするようになったしね熱い夏はおわった そして季節は秋秋と言えば運動の秋だつーことで、9/3日曜日は運動づくししてきました午前中は新宿でコンディショニングセミナーに参加実はかれこれ15年通い続けてる自分がスキーに対する持論もこのコンディショニング理論の影響が大きかったりもするんだよねそして、それが終わって向かった先はいつものトランポリン施設今日も飛び [続きを読む]
  • あと1点について(例:テクニカルの場合)
  • ハロハロ昨日、FBを見てたら軽井沢プリンススキー場のオープン日が発表されてましたね今年は11月3日(金)だそうですあと2ヶ月スキー場のシーズンINまでまだチョットありますが、このブログは常にシーズン真っ盛りですつーことで、今日のテーマはあと1点についてですあと1点とは・・・・1級だったら69点のことテクニカルだったら74点クラウンだったら79点ってことねこのあと1点の重みやどうやったらプラス1点増やして合格にできる [続きを読む]
  • スキークラブのホームページ
  • みんな元気?自分は・・・・ふつうつーことで、今日はスキークラブのホームページという話題です皆さんのスキークラブはホームページがありますか?現在日本中にスキークラブって数千?ってあると思うけど、幾つくらいのクラブがHPを立ち上げてるだろう自分の所属する県をみると2割くらいのクラブでHPがあったまだ、ない所も多いよね今はクラブ員も高齢化してるので、HP作る人がいなかったり・・・そもそもHP作ろうなんて思わない [続きを読む]
  • 技術論の論争&説得力のある技術論
  • 本日もニセ外人ブログにお越しくださいましてありがとうございますブチュー今日は技術論の論争&説得力のある技術論という記事ですさて、このブログでも何十回、何百回と書いてるんですが・・・・・「技術論に正解はない」技術論に正解はないというのは極論ですが、スキーに対しての技術はその人のレベルによっても違うし、道具によっても違う、滑る状況条件によっても違うわけです何より、その人の目的によっても違うわけですなので [続きを読む]
  • ネット上だからこそ身の程を知る
  • ハロハロ最近さ、ある人物によってスキー関係のFBやブログそして某掲示板が賑やかになってる近年、最強クラスだろうねつーか、間違いなく最強ださて、今日は身の程を知るという記事です身の程を知るというのは簡単に言うと「自分の能力をわきまえる」ってことですねまあ、自分を過剰に卑下したり謙虚になり過ぎるのも如何なものか?って思うけどでも、身の程を知るという事は大切なことですご自分のスキーの知識、経験そして何より [続きを読む]
  • スキー学校BBQ大会と白馬めぐり
  • ハロハロ8/26(土)は所属スキー学校のBBQ大会でしたつーことで、北アルプス方面にGO4時間かけて着いたぜ白馬だよどーっすか?爽やかな景色でしょまずはさのさかスキー場へウォータージャンプ施設を見学してきましたなんじゃコレー、デカ過ぎる横から見るとこんな感じ真ん中の台はエアリアル用だと思うんだけど、これを飛ぶ人って超人だよさて、BBQ会場に到着〜あ、まだ誰もきていないので、ゲレンデ中腹にある鐘の鳴る塔まで歩き [続きを読む]
  • 教え魔について考える
  • 昨日のつづきみたいなものですどうして、他人様の滑りがそんなに気になるんだろうどうして、他人様の滑りに対して、聞かれてもいないのに口出しするんだろう?つーことで今日は迷惑な教え魔について考えてみたいと思います教え魔とはある特定の人物を捕獲して、一方的に自身の持ってるうんちくを語っちゃうストーカー「はい、はい」と謙虚に聞いてるとしつこいのが特徴ですゲーまた、必殺技「不快ビーム」も持ち合わせておりますウキ [続きを読む]
  • 信頼関係のないアドバイスはクソになります
  • ハロー今日もシーズン真っ只中、ブリザードのような記事で攻めてみたいと思いますさて信頼する師匠からアドバイスをもらう「板にのれてないね」「操作が違うよ」「後傾じゃないの?」こう言われた場合師匠からのアドバイスはありがたく受け入れ「フムフムなるほど、もっと練習しなくっちゃ」なーんて思ったりもするよねところが、見ず知らずのどこの誰だか分からないヤツがいきなり「板にのれてないね」「操作が違うよ」「後傾じゃ [続きを読む]
  • スキーの練習とスパルタと出会い
  • ハロハロ昨日は久しぶりに「雨が降らない予報」だったので西武園ゆうえんちにスキーに行ってきましたよでね、前回7/31に行った時に居た大阪の中学1年生の男の子が今回も居ましたよこの子は夏休みを利用して大阪から一人で関東のコーチの元で寝泊まりをして、ここWJ施設で約1ヶ月トレーニングをしてるんだよね今回は男の子の方から声をかけてくれて、1度しか会った事のないニセ外人の事をよく覚えていてくれたな〜ってとても嬉しく [続きを読む]
  • ◆後編◆受講者の声
  • さて、前回の記事のつづきです 記事の最後にこんな事を書きました最近はネットで受講者を募集してるトコも多いですよねそんな中、受講する人はネットの宣伝が受講の決め手となってることが多いですでも、「他と違って、ここに来ればウマくなるよ」的な宣伝とは裏腹に現実はお粗末なところもあるみたいでそして実際に受講した人の声(情報)が結構耳に入ってくるんだよね自分が思うに最近のスキーレッスンのお客さん集めに思うとこ [続きを読む]
  • スキーレッスン(講習)における受講者の声
  • 昨日テレビ東京のカンブリア宮殿見てたら洗剤などで有名な花王が取り上げられてました商品の開発や既存商品の品質向上の為に「消費者の声」を大きく取り入れてたんだよね消費者の声・・・・・スキーに当てはめると受講者の声つーことで、今日はスキーレッスン(講習)における受講者の声という題材で記事にしたいと思いますちなみに受講者の声というタイトルですが、完ぺきに受講者贔屓という記事ではありませんからね自分はスキー [続きを読む]
  • テククラの総合滑降のリズム変化について
  • テクニカル(基礎)スキー好きの皆さんこんにちは2018シーズンの計画は立てましたか検定やプライズにチャレンジされる方もいらっしゃるでしょう今日はそんな方に楽しんで頂ける記事にしました題してテククラや指導員検定の総合滑降のリズム変化について、動画も交えて記事にしますいつも言ってるけどクレーマーはして寝ててねつーか、イチイチ文句書き込んでこられると面倒クセーんだよね個人ブログにわざわざ粗さがしに来るんじゃ [続きを読む]
  • 山登りの話とスキーの話
  • 最近 雨の日が多いね涼しくって嬉しいよ若い時はガンガン暑くても海とか行っちゃって、夏を満喫してたけど今は、夏はいらない暦も1月、2月、3月、4月までいったら、5・6・7・8・9月はいらないそして、10月、11月、12月でいいと思う5・6・7・8・9月はいらないんだよー閑話休題いきなりですが、こんなお話をなぜ登山する人は頂上を目指すか?山に登る人の多くは山頂を目指します時には急な斜面を疲労困憊になるにも関わら [続きを読む]