きりり さん プロフィール

  •  
きりりさん: きりりのきまぐれ日記2
ハンドル名きりり さん
ブログタイトルきりりのきまぐれ日記2
ブログURLhttp://sea.ap.teacup.com/kiriri/
サイト紹介文人々との交流を書きながら、コーラスやシャンソンなどの音楽活動にも触れています。
自由文人々との出会いと感動
シャンソンを歌いながら・・ステージ活動をしています。
コーラスの指導をしながら音楽を楽しんでいます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供213回 / 365日(平均4.1回/週) - 参加 2011/10/28 18:00

きりり さんのブログ記事

  • 花火と民宿と
  • [画像]ひと夏の花火の夜のざわめきよジュジュジュジュと飛ぶ閃光花火愉しみの夢のあとなるバケツには花火の屑がいとも哀れに十色に光の変わる花火あり変わる色目を数えていたり  ほら、赤になった、ほら黄色・・賑やかなことでした。ひと夏の喜びを残しさよならと手を振りわかれるバスの乗り場にトランプのゲームに吾の勝ち目なし大差をつけて「神経衰弱」このままに来年もまた遊びたし時の流れの優しくあれよラインにて写真を送 [続きを読む]
  • もうすぐ秋が
  • [画像]ひと時のざわめきを残し帰りゆく孫の姿が眩しく見える  B&Sでもう帰ってしまいました。つかの間の幸せな時間。つかの間だから幸せなのかしら?いいえ!決してそうではないわ!つかの間なんてすぐ終わっちゃうよね。山栗の大きく育つ川原の水に泳げば水は冷たし山栗は枝をたわめて実りたり秋近きことを私に告げる父と子の遊ぶ姿は目に優しどちらが子供でどちらが大人か消防署を名乗る怪しき電話またかかってきたり高飛車 [続きを読む]
  • コーヒー・幼馴染・孫が帰ってくる
  • [画像]2017-8-12珈琲豆店に行ってみました。コーヒーは我がのど元を潤して空きの時間を充実させる焙煎の出来上がるのを待ちながらコーヒーのノウハウを学ぶも楽し真っ白な生の豆だと知らずして焙煎されたものと比べるブルマン(ブルーマウンテン)を常飲する客の豆を炒る珈琲学も奥が深そう室内にコーヒーの香の漂いて奥では焙煎の機械が回る落ち着いて茶を点てるごとコーヒーも心静かに淹れてみたしも  心静かに過ごす・・そん [続きを読む]
  • ひな子お前は美しい
  • [画像]ひな子! 懐かしいねぇ!お前もまた急にいなくなったんだよね。今年の1月7日に・・。 天国での生活はどうだい?気に入ってるかい? 外に出るとまだどこかでお前がじっと見ているような気がしてお前の家もそのままにしてあるよ。毎朝日課だったお前との散歩もなくなってパパさんは運動不足気味だよ。倉庫には大きな二つのひな子の餌が手つかずでとってあるよ。 食べること大好きだったよねぇ!お前の喜ぶ姿が見たくて餌を与 [続きを読む]
  • 歌仲間の死
  • [画像]突然の死を悼み謹んで哀悼の意を表します。仲間として一緒にシャンソンを歌ってきたkさんが事故で急逝されました。皆さんのお世話を長い間されてよくしていただきました!テレビにも出たほどの大きな事故だったようです。(..) [続きを読む]
  • アボガドの木
  • [画像]2017-8-8アボガドは丸い球から芽を出して今では吾が背をはるかに超えるアボガドの茎は親指ほどにして自立できずも頭上に茂る棕櫚縄で支えて引っ張り大風の過ぎたる庭に立たせて据える鉢植えのアボガドはどこか頼りなく少しの風になよなよと揺る  果肉を食した後の種はピンポン玉のようです。室内で鉢に埋めて水をやっていたら1年くらい経ってから芽を出しました。今では背丈ばかり伸びて私の頭上で枝葉を茂らせています。 [続きを読む]
  • 夏・台風・セミ・膝
  • [画像]お電話が鳴った。宮崎弁で話す知人からだった。「あんよぅ!あんた足がいてちよったがね、もいなったつや?」状況を話すと「わちもよ、いまいてなってよ あるけんごたっちゃが」生活のいろいろな場面での不便を話す。「・・してよ!どんげしていいなったつやぁ!」現状を話す。要は私の場合自力で治ったような気がするということを言った。自力で治ったというのは大言壮語かもしれないが、医者が治してくれるものではないこ [続きを読む]
  • メモリアルデイ
  • [画像]2017-8-3三人の家族で祝うメモリアル鮨三昧とチキン南蛮  ささやかに三回のメモリアルデーは祝いをしようねと語り合いました。懐かしき人の笑顔はそのままで真夏の夜の夢はつかの間  本当に懐かしい人が夢枕に現れてくれました。なんか胸がときめいちゃったぁ!ふふ一匹の蚊に苛まれ目覚めたりベープとシュッシュッとキンカンあるも  もう一つ足が攣ったときに貼る貼り薬もあります。台風が近づいていると言っているこ [続きを読む]
  • [画像]2017-7-30夏蝉は朝に鳴きあう桂の木けたたましくも命の謳歌  昼ごろになると黙って止まっています。行く夏をこの世の春と思いしや命ある時幾たび鳴くや  そうおもうと「うるさい!」なんて言ったら行けないような気もします・・。武装して茂れる枝を伐採す高枝切りばさみの届く限りに  武装するのは蚊の襲撃を避けるためです。上のほうはうっそうと茂ったままです。ふと見れば蝉の集団が木にとまる一匹二匹三匹まだま [続きを読む]
  • 曳き波
  • [画像]曳き波の広がりゆくを見て居りぬ遠ざかりゆく北浦の町波しぶき立ててエンジン音高く湾内巡りの船は走れり灯台の立つ無人島波静か鳥は遊べり島の岩辺に島之浦近づき来れば波静かまた来ることを胸に誓いて一之宮神社に詣りて幾ばくかの賽銭投げて無心に祈る猛暑なり言葉少なく参道を歩けば蝉の声が弾ける [続きを読む]
  • 須美江の海と民宿
  • [画像]2017-7-28浦城のフェリー乗り場に続く道右手にありて須美江は間近夏休み親子の遊ぶ入り江には数件の民宿商売繁盛山々の緑を映す入り江には須美江民宿と海水浴場海の幸並ぶ夕食出す民宿子供のごとく歓声上げる数組の親子連れもいて須美江村夕食はみな海の幸なりカンパチのタコの真鯛の盛り合わせみんなが同じメニューの食卓「おつかれさーん!」乾杯をして飲むビール万感の思いに酔いも柔らか寝静まる親子の部屋はシンとして [続きを読む]
  • 県北紀行
  • [画像]2017-7-27延岡は遠い昔の物語悲しい日々と嬉しい日々と愛宕山登り来て見る赤白の煙突の立つ工場の街ひと昔否みつ昔も経て愛宕山変わらずにあり時は流るる幼子を育てし街は時を経て家並もビルに建て替わりたりがむしゃらに生きた時代の思い出はただがむしゃらに生きたことだけ通勤路通ってみれば線路わきの細い路地道も広く変わって北川は水清くして豊かなり蛍もあゆも倦まず育む和田越えの交差点より北側に大きな信号の交差 [続きを読む]
  • 蝉の声
  • [画像]わたくし流蝉の種類の覚え方クマゼミとアブラセミについてです。クマ蝉_これがわかればあと他のはアブラ蝉ということでこの時期同じ大きさの蝉について・・・。  羽根が透き通っている・・透き通る・・水・・清流・・球磨川・・クマ蝉!(^^)!まぁ、じゃけんどんうるさいもんですわ!庭に出ると耳が痛いごたっですわ。自然の風物詩と言われますが限度というものがあるでしょうが! [続きを読む]
  • クマ蝉到来
  • [画像]2017-7-21五月蠅さの正体見たり桂の木無数に止まるクマ蝉が鳴く音量を上げて朝ドラ見る間にもクマ蝉の声は喧騒となる食欲は倦むことなしに吾にあり暑さ寒さをものともせずにオーミオバッビーノカーロのコーラスはあたかもオペラを歌うがごとく  プッチーニの「私のお父さん」というオペラアリアをコーラスで歌います。練習の後に立ち寄る喫茶店コーヒーに加えてドーナツが旨いあの店に行くと決まって出発の百円バスは私の [続きを読む]
  • リハビリ
  • [画像]週に1回はリハビリに行く。受け付けを通って体温を測り血圧を測る。体温は大体36度台、血圧も良好とのマークを貰ってリハビリが始まる。左ひざ・・末期なんだそうで完治することはない。末期という言葉を聞いたときに驚いたが、ひざの状態をいう言い方なのだそうだ。末期とは、ひざの軟骨かすり減ってなくなっている状態だという。因みに軟骨は再生しないという。私の担当の理学療法士のKさんがいつも関わってくれる。2 [続きを読む]
  • 子安観音祭り
  • [画像]江平の子安観音の祭りが今年も3日間執り行われました。この祭りに行くのは毎年の恒例となっていて今年も行って生ビールともろもろ楽しみました。もう8歳になったけれども、その当時孫ができるようにと少し真剣にお参りした日が昨日のことのように思い出されます。写真は、江平の商店街の青年の方々の太鼓です。そのほかにもバンドの演奏などあり、驚くほどの人出で賑わいました。今年も気持ちだけのお賽銭を上げて、孫に恵 [続きを読む]
  • 松葉ボタン
  • [画像]2017-7-16水遣れば松葉ボタンは咲いていた花びらを閉じ萎れ泣くがも  直接花に水をやってはいけないようで根元にそっと遣ります。野ボタンは強き性なり庭すみにほったらかされて今朝は開花す暑いですね口癖のごとく遭う人と言い交すのは我のみにあらず一枚の楽譜を探す夏の日よ五十音別の収納間違い夏衣装袖の短い一枚を羽織ればうでのフリソデ揺るる  もうあまり肌を出さないように・・・。!(^^)!遂々にイタリア製のス [続きを読む]
  • 誕生会
  • [画像]2017-7-15花束を作ってもらってお当番今日の主役の誕生会に前菜のイタリアチーズはそれだけで主菜のようなボリュームを持つ窓からの眺めの中に常日頃通り慣れたる道が伸びてる箱庭のような景色その中を私の車もかく走るらん  シェラトン四十二階からの眺めです。美食美酒華やぐ一夜にあらためて力を貰い代行を待つ海の日の祝日を入れ三連休子供連れなる家族が多い精一杯働けばこそ貴重なる充電期間この三連休は   [続きを読む]
  • 街・夜・ブルー木挽き
  • [画像]2017-7-13ママ一人客数人のカウンター部厚き鮭の切り身が焼ける予定なき日の幸せは窓を開け朝の水遣りセントポーリア  次から次に花が咲きます。ごめんねとパックのおかずをテーブルに並べて今日は夜の女子会  アジの南蛮は美味しそうで私も食べたかったけど・・ゴーヤチャンプルーも・・。時にはこんなのも喜ぶかも・・ふふ。生シシャモ女将の遥かふるさとの味がはじける炭火の上に遅足の我に合わせて歩く人路地を入っ [続きを読む]
  • 英国式庭園
  • [画像]2017-7-11汗にじむ一日なれば松に吹く風を見たくて英国庭園喧騒を逃れて歩く松林軍用道路と呼ばれた昔梅雨明けの便りを聞かず青空はひと筋延びる雲だけを置く「ニルギリ」は香り豊かな紅茶なりポットカバーの中に息づくカメラ持ち紅茶楽しむかの人は八十五歳と言ってほほ笑む  少年のようなまなざしの人でした。世が世ならどこかのお殿様かもしれなくて・・。端然と手入れのされた庭園に思い出辿る遥かな英国現実をちょっ [続きを読む]
  • お月見コンサートの開催
  • [画像]今年10月8日(日)は「北陵の里お月見コンサート」の第10回が開催されます。その実行委員会がもうすでに動き始めました。あの山深く分け入った会場に足を運んで来てくださる方々にまず感謝!元気とはいっても10年前とはやはりどこかが違う実行委員の我々。このお月見コンサートは今年の「第10回」をもって最後の公演といたします。「お月見」と銘打ちながらも今年最終回は正午からの開場となります。チーフをはじめ [続きを読む]
  • グラスハープ
  • [画像]グラスに水を入れてその縁をなでると、この世のものとも思えないような音が出ることをご存知ですよね。水の量の具合でその音が高くなったり低くなったりするんです。たくさん入れたら低い音、少ない水は高い音がでます。彼女が簡単に美しい音を出せたので、簡単な楽器かと思いきや私がやっても少しも音が出ないのです。居合わせた何人もがそれぞれにやってみるけど出る人でない人まちまちなことがわかりました。「上等のグラ [続きを読む]
  • 黒ニンニク
  • [画像]黒ニンニクができました。 小さい電気釜保温モードで適当時間(2週間くらいだったかなぁ)で作ります。我が家の小さい電気釜は保温時間が4時間で切れるので、気づいた時には保温ボタンを押なおして・・。からだにいいというから家族でこれを食べて元気になるぞーッ!2017-7-8身のために人もすなると聞きしこと我もしてみる黒ニンニク作り天日干しして仕上げたし黒ニンニク今日の曇天恨めしく見上ぐ朝食に我が家の収穫ナス [続きを読む]
  • 毒虫
  • [画像][画像]んもう!白魚のような私の指が・・。ああ! 今年もこの季節になっていたのに、目先のブルーベリーに眼がくらんでこの黄色い毒虫にやられてしまいましたぁ!ククくっやしいー!そしてカイカイー! 気を付けてみたらすぐ玄関の紅葉にもいっぱいついていてギャーって感じ! 家じゅうのフマキラーを使い果たしてしまいましたぁ![ヘビ][カエル][ヒマワリ][◎o◎][×o×][♪][足跡][×o×]2017-7-5毒虫に刺されて死ぬのは誰 [続きを読む]
  • スイス料理
  • [画像]20170-7-2ランチなら遠くどこまで行くかって車で出かける隣の県へ真夏日のランチはさっぱり系がいい薄く刻んだきうりの酢の物そうめんをパスタのように仕上げたり茹でる時間の短さがいいぶり大根手順良くでき皿に盛るぶりの目玉が私を見ている殿様はタイの目玉が好物と聞いたことあり嘘か真か赤かぼちゃずっしり重きを二つ割り種子を集めてざるに乾かす  いただき物の赤かぼちゃは実に見事にできていました。ありがとう! [続きを読む]