keita さん プロフィール

  •  
keitaさん: けいたの小説日記・・・おすすめ小説読書感想文・・・
ハンドル名keita さん
ブログタイトルけいたの小説日記・・・おすすめ小説読書感想文・・・
ブログURLhttp://momokeita.blog.fc2.com/
サイト紹介文ミステリー中心の読書感想文 その他、お薦め小説、面白い小説、感動小説をご紹介!たまにはたわごとも
自由文けいたが紹介するおすすめ小説の読書感想文
多くの方に立ち寄っていただくととうれしいです
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供39回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2011/10/28 18:20

keita さんのブログ記事

  • サブマリン    伊坂 幸太郎 著
  • 【サブマリン】 伊坂 幸太郎 著陣内さん、出番ですよ。『チルドレン』から、12年。家裁調査官・陣内と武藤が出会う、新たな「少年」たちと、罪と罰の物語。陣内さん、ぼくたち、挽回できますか? 【内容紹介より】家裁調査官・陣内、武藤コンビの復活です今回も彼らと罪を犯してしまった少年たちとの物語伊坂氏の言葉やりきれないけど、それだけではない物語に・・・罪 [続きを読む]
  • 坂の途中の家    角田 光代 著
  • 【坂の途中の家】 角田 光代 著刑事裁判の補充裁判員になった里沙子は、子どもを殺した母親をめぐる証言にふれるうち、いつしか彼女の境遇にみずからを重ねていくのだった―。社会を震撼させた乳幼児の虐待死事件と〈家族〉であることの心と闇に迫る心理サスペンス。最愛の娘を殺した母親は、私かもしれない。私は、果たして、文香を愛しているんだろうか。もちろん愛していると思っている。いなくなったらと考えただけで胸がふ [続きを読む]
  • バベル九朔    万城目 学 著
  • 【バベル九朔】 万城目 学 著万城目ワールド10周年。新たな幕開けを告げる、最強の「奇書」が誕生! ! 俺を追ってくるのは、夢か? 女(カラス)か?作家志望の雑居ビル管理人が巻き込まれた、世界の一大事とは――。著者初の自伝的?青春エンタメ!作家志望の「夢」を抱き、雑居ビル「バベル九朔」の管理人を務めている俺の前に、ある日、全身黒ずくめの「カラス女」が現れ問うてきた…「扉は、どこ?バベルは壊れかけている」。巨大ネ [続きを読む]
  • 最後の証人    柚月 裕子 著
  • 【最後の証人】 柚月 裕子 著元検察官の佐方貞人は刑事事件専門の敏腕弁護士。犯罪の背後にある動機を重視し、罪をまっとうに裁かせることが、彼の弁護スタンスだ。そんな彼の許に舞い込んだのは、状況証拠、物的証拠とも被告人有罪を示す殺人事件の弁護だった。果たして佐方は、無実を主張する依頼人を救えるのか。感動を呼ぶ圧倒的人間ドラマとトリッキーなミステリー的興趣が、見事に融合した傑作法廷サスペンス。      [続きを読む]
  • 光媒の花    道尾 秀介 著
  • 【光媒の花】 道尾 秀介 著一匹の白い蝶がそっと見守るのは、光し影に満ちた人間の世界―。認知症の母とひっそりと暮らす男の、遠い夏の秘密。幼い兄妹が、小さな手で犯した闇夜の罪。心通わせてた少女のため、少年が口にした淡い約束・・・・・・。心の奥に押し込めた、冷たい哀しみの風景をやがて暖かな光が包み込んでいく。すべてが繋がり合うような、儚くも美しい世界を描いた全6章の連作群青劇。第23回山本周五郎賞受賞作 [続きを読む]
  • WILL    本多 孝好 著
  • 【WILL】 本多 孝好 著11年前に両親を事故で亡くし、家業の葬儀店を継いだ森野。29歳になった現在も、寂れた商店街の片隅で店を続けている。葬儀の直前に届けられた死者からのメッセージ。自分を喪主に葬儀のやり直しを要求する女。老女のもとに通う、夫の生まれ変わりだという少年―死者たちは何を思うのか。ベストセラー『MOMENT』から7年、やわらかな感動に包まれる連作集。                        [続きを読む]
  • 歌舞伎町セブン    誉田 哲也 著
  • 【歌舞伎町セブン】 誉田 哲也 著歌舞伎町の一角で町会長の死体が発見された。警察は病死と判断。だがその後も失踪者が続き、街は正体不明の企業によって蝕まれていく。そして不穏な空気と共に広まる謎の言葉「歌舞伎町セブン」…。『ジウ』の歌舞伎町封鎖事件から六年。再び迫る脅威から街を守るため、密かに立ち上がる者たちがいた。戦慄のダークヒーロー小説。                               [続きを読む]
  • 孤狼の血    柚月 裕子 著
  • 【孤狼の血】 柚月 裕子 著この刑事、ヤケドするほど熱い。常識外れのマル暴刑事と極道のプライドを賭けた闘い。わしは捜査のためなら、悪魔にでも魂を売り渡す男じゃ。昭和六十三年、広島。所轄署の捜査二課に配属された新人の日岡は、ヤクザとの癒着を噂される刑事・大上のもとで、暴力団系列の金融会社社員が失踪した事件の捜査を担当することになった。飢えた狼のごとく強引に違法行為を繰り返す大上のやり方に戸惑いながら [続きを読む]
  • ハーメルンの誘拐魔    中山 七里 著
  • 【ハーメルンの誘拐魔】 中山 七里 著俺たちの働きに、少女の命と日本警察の面目が懸かっている。病院からの帰り道、母親が目を離した隙に15歳の少女・香苗が消えた。現場には中世の伝承「ハーメルンの笛吹き男」の絵葉書が残されていた。警視庁捜査一課の犬養隼人が捜査に乗り出し、香苗が子宮頚がんワクチン接種の副作用によって記憶障害に陥っていたことが判明する。数日後、今度は女子高生・亜美が下校途中に行方不明になり [続きを読む]
  • ハング    誉田 哲也 著
  • 【ハング】 誉田 哲也 著警視庁捜査一課の堀田班は、宝飾店オーナー殺人事件の容疑者を自供により逮捕。だが公判では自白強要があったと証言され、翌日、班の刑事の一人が首を吊った姿で見つかる。そしてさらなる死の連鎖が…。刑事たちは巨大な闇から仲間を、愛する人を守ることができるのか。誉田作品史上もっともハードな警察小説。                                 【内容紹介より】おも [続きを読む]
  • カラスの親指    道尾 秀介 著
  • 【カラスの親指】 道尾 秀介 著ど派手なペテン、仕掛けてやろうぜ!!「このミス」常連、各文学賞総なめの文学界の若きトップランナー、最初の直木賞ノミネート作品道尾秀介の大人気作品がついに文庫化!第62回日本推理作家協会賞受賞作品人生に敗れ、詐欺を生業として生きる中年二人組。ある日、彼らの生活に一人の少女が舞い込む。やがて同居人は増え、5人と1匹に。「他人同士」の奇妙な生活が始まったが、残酷な過去は彼らを離 [続きを読む]
  • MOMENT    本多 孝好 著
  • 【MOMENT】 本多 孝好 著死ぬ前にひとつ願いが叶うとしたら…。病院でバイトをする大学生の「僕」。ある末期患者の願いを叶えた事から、彼の元には患者たちの最後の願いが寄せられるようになる。恋心、家族への愛、死に対する恐怖、そして癒えることのない深い悲しみ。願いに込められた命の真実に彼の心は揺れ動く。ひとは人生の終わりに誰を想い、何を願うのか。そこにある小さいけれど確かな希望―。静かに胸を打つ物語。   [続きを読む]
  • バッドカンパニー    深町 秋生 著
  • 【バッドカンパニー】 深町 秋生 著経歴不詳の美人社長・野宮が率いる人材派遣会社『NAS』。社員は元警官や元自衛官の屈強な男たち。ヤクザの用心棒、国際テロリストの捕獲、裏カジノに潜入…法律やコンプライアンスなんてどこ吹く風。金さえ積まれれば、どんな汚れ仕事も引き受ける。野宮に弱みを握られている元自衛官の社員・有道は、今日もムチャぶりに耐えながら大暴れ!興奮必至のアクションシーン満載のいきなり文庫。   [続きを読む]
  • たんぽぽ団地    重松 清 著
  • 【たんぽぽ団地】 重松 清 著僕らの団地がなくなる前に、映画を撮ろう!運命と奇跡のクランクイン。 昭和の子どもたちの人生は、やり直せる。新たなるメッセージが溢れる最新長編。元子役の映画監督・小松亘氏は週刊誌のインタビューで、かつて主人公として出演したドラマのロケ地だった団地の取り壊しと、団地に最後の一花を咲かせるため「たんぽぽプロジェクト」が立ち上がったことを知る。その代表者は初恋の相手、成瀬由美子 [続きを読む]
  • 黄金を抱いて翔べ    高村 薫 著
  • 【黄金を抱いて翔べ】 高村 薫 著銀行本店の地下深く眠る6トンの金塊を奪取せよ!大阪の街でしたたかに生きる6人の男たちが企んだ、大胆不敵な金塊強奪計画。ハイテクを駆使した鉄壁の防御システムは、果して突破可能か?変電所が炎に包まれ、制御室は爆破され、世紀の奪取作戦の火蓋が切って落とされた。圧倒的な迫力と正確無比なディテイルで絶賛を浴びた著者のデビュー作。日本推理サスペンス大賞受賞。            [続きを読む]
  • 犯人に告ぐ 2 闇の蜃気楼    雫井 脩介 著 
  • 【犯人に告ぐ2 闇の蜃気楼】  神奈川県警が劇場型捜査を展開した「バッドマン事件」から半年。巻島史彦警視は、誘拐事件の捜査を任された。和菓子メーカーの社長と息子が拉致監禁され、後日社長のみが解放される。社長と協力して捜査態勢を敷く巻島だったが、裏では犯人側の真の計画が進行していた――。知恵の回る犯人との緊迫の攻防! 単行本文庫合わせて135万部突破の大ヒット作、待望の続編!!                [続きを読む]
  • 墓標なき街    逢坂 剛 著
  • 【墓標なき街】 逢坂 剛 著驚愕と興奮のシリーズ7作目! 私立探偵・大杉良太は、新聞社で編集委員をしている残間龍之輔から、違法な武器の輸出に関係する商社について、電話で告発してきた男の尾行を依頼された。同じ頃、残間は元上司で現在はオピニオン誌「ザ・マン」編集長の田丸に呼び出され、かつて百舌と呼ばれた殺し屋に関する事件を雑誌に書いてほしいと頼まれる。大杉と残間がそれぞれ調査を続けていたある日、警察庁特 [続きを読む]
  • SRO Ⅵ 四重人格    富樫 倫太郎 著
  • 【SRO Ⅵ 四重人格】 富樫 倫太郎 著東京と秋田で、トリカブトによる毒殺事件が発生。手口に一貫性がなく、同一犯か複数犯か絞れず捜査は難航していた。その最中、耳や手首が切り取られた惨殺死体、銃殺死体が東京近郊で相次いで見つかる。すべての現場に残る同一人物の指紋から、SRO室長の山根新九郎はある仮説を立て犯人に迫っていく。大人気警察小説、待望のシリーズ第六弾                        [続きを読む]
  • 影の中の影    月村 了衛 著
  • 【影の中の影】 月村 了衛 著新世代ハードボイルドを牽引する、注目の作家の最強ヒーロー誕生!日本は本当に法治国家なのか?政府も警察も敵。孤立無援の亡命団に究極の暗殺部隊が忍び寄る。死闘度MAXのノンストップ・アクション猛き男たちよ、中国の暴虐から罪なき民を守り抜け!人民解放軍による悪魔の所業から逃れ、日本に潜伏中のウイグル人亡命団と、事件を追う女性ジャーナリストが襲われた。証拠隠滅をはかるべく送り込まれ [続きを読む]
  • 陽気なギャングは三つ数えろ    伊坂 幸太郎 著
  • 【陽気なギャングは三つ数えろ】 伊坂 幸太郎 著陽気なギャング一味の天才スリ久遠は、消えたアイドル宝島沙耶を追う火尻を、暴漢から救う。だが彼は、事件被害者のプライバシーをもネタにするハイエナ記者だった。正体に気づかれたギャングたちの身辺で、当たり屋、痴漢冤罪などのトラブルが頻発。蛇蝎のごとき強敵の不気味な連続攻撃で、人間嘘発見器成瀬ら面々は断崖に追いつめられた! 必死に火尻の急所を探る四人組に、やが [続きを読む]
  • 我が家のヒミツ    奥田 英朗 著
  • 〜家の中にはドラマがいっぱい〜【我が家のヒミツ】 奥田 英朗 著どこにでもいる普通の家族の、ささやかで愛おしい物語6編。 結婚して数年。どうやら自分たち夫婦には子どもが出来そうにないことに気づいてしまった妻の葛藤(「虫歯とピアニスト」)。16歳の誕生日を機に、自分の実の父親に会いに行こうと決意する女子高生(「アンナの十二月」)。53歳で同期のライバルとの長年の昇進レースに敗れ、これからの人生に戸惑う会社員( [続きを読む]
  • プラージュ    誉田 哲也 著
  • 【プラージュ】 誉田 哲也 著罪があるのは、赦す前提があるから。やり直したいのは、大切な人がいるから。罪と罰、悪と正義、加害者と被害者・・・・・・。人生、そんな簡単に割り切れない。そのボーダーにこそ、真実がある。あるシェアハウスに住む、厄介者たちの物語。 人生という名のゲームから、一度は退場させられた俺たち。そして、今、再び出場が許された―。たった一度、魔が差した結果、仕事も住む場所も失ったサラリ [続きを読む]
  • 総理にされた男    中山 七里 著
  • 〜政治は理屈じゃない。感情だ!〜【総理にされた男】 中山 七里 著総理の“替え玉”にされた売れない舞台役者が国民の怒りと願いを代弁する。圧巻の予測不能な展開!読み終えた後の爽快感は必至!人気作家・中山七里が政治の世界をわかりやすく、感動的に描いた、ポリティカル・エンターテインメント小説! 売れない舞台役者・加納慎策は、内閣総理大臣・真垣統一郎に瓜二つの容姿とそ精緻なものまね芸で、ファンの間やネット上で [続きを読む]
  • Aではない君と    薬丸 岳 著
  • 〜心とからだと、どっちを殺したほうが悪いの?〜【Aではない君と】 薬丸 岳 著殺してないと言ってくれ自分の子が ゛少年A゛ になった。弁護士には何も話さない。苦悩する男が選んだのは「付添人」という道だった。子供が罪を犯した時、親にできることは何か。勤務中の吉永のもとに警察がやってきた。元妻が引き取った息子の翼が死体遺棄容疑で逮捕されたという。しかし翼は弁護士に何も話さない。吉永は少年法十条に保護者自 [続きを読む]
  • ラプラスの魔女    東野 圭吾 著
  • 【ラプラスの魔女】 東野 圭吾 著彼女は計算して奇跡を起こす。東野圭吾が小説の常識をくつがえして挑んだ、空想科学ミステリ。これまでの私の小説をぶっ壊してみたかった。そしたらこんな作品ができました。 ――東野圭吾""円華という若い女性のボディーガードを依頼された元警官の武尾は、行動を共にするにつれ彼女には不思議な《力》が備わっているのではと、疑いはじめる。 同じ頃、遠く離れた2つの温泉地で硫化水素によ [続きを読む]