夏 夢 さん プロフィール

  •  
夏 夢さん: 風にのって
ハンドル名夏 夢 さん
ブログタイトル風にのって
ブログURLhttp://natu818.blog.fc2.com/
サイト紹介文ごめんね。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供88回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2011/10/29 06:33

夏 夢 さんのブログ記事

  • はすきーなこころ
  • もしも?うらぎる情景があったならわたし、しにます野生に生きてそれが・・・おんな とてもどれもが、夢のよう  その、ためなら地獄みてでもたったのその「おんな」を護りたいって思ってしまう否、そのまえにうらぎりたくないうらぎるようなおとこにわなりたくないどんなことよりも、それ、、、、だけわ ・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・つたわってくるものがもしもぼろぼろそこに「つきつめたこころ」みてしまったときそこ [続きを読む]
  • どこにむけてなみだする?
  • この曲に似てるきみえの存在しっかりとみつめることのできるときこの曲があるきみわ、ずっと、ぼくたちの内にあそぶいつだってじぶんかってそれでいいきみがしあわせに感じるのならすぅって・・・消えたほほえみだけをのこしてそれでよかったのかい?きみがよければ、ぼくわ、なんも考えないしあわせに感じてくれてたのかただ、それだけなんもなんももう、どうでもいいこと生まれ来るって・・・ [続きを読む]
  • 戦場を前にしたとき
  • わたしというか弱いやつ。わたしという絶する強いやつ。 無茶すぎる無法者。悪者になってもやさしいやつ。どう活かすつもり?やさしさにわ、必ず応える。理不尽にわいのちをかける。いま、やさしさをみつめてることで精一杯。こんなにもたくさんあるんだもん。たとえば、ぐしゃぐしゃになっても、そこにきっと、とてつもない「慈愛」があるだろう。だから?うん。怖がってわいけないんだ。その時のじぶんのすがたが大切なんじゃな [続きを読む]
  • 『流れる涙を 時代の風にのせて』
  • たったの礼(儀)そのことにも力尽くしでそれが礼えみちゃんにわ、「友情愛」「イモウト愛」を込めて贈ったよ。この贈り物のミサンガにわ、「愛」わない。「礼」だけ。でもね、鳥取から単身でいてこころにわ空っ風でしょ?そんなとき、たとえ「礼」だとしてもうれしかったの。だから。その、編むって時のことだけど、時間的にひとつを編み上げるのに4時間足らずの時間が必要です。どれだけうれしかったか、どれだけの感謝だったこ [続きを読む]
  • (無題)
  • ひとり。喧嘩できないひとり。わたしに喧嘩するともだちわいない。 [続きを読む]
  • 万華鏡
  • ぼくわ、ほんとの愛をみいだしたので、もとにわかえらない。なのにここにいるのわ、恋してるからだ。その恋からみちびかれるもの、「じぶんをも愛して」っていうメッセージ。いつでも「無」にしてしまいそうなきゃしゃなこころわ、たったの「励まし」によって生きようとする。恋に生きた。最終章で、じぶんを律するという異世界に突入し、そのことが、・・・・・「応えること」ってはじめてしる。自然に溶け込み、なんにもかもをう [続きを読む]
  • おくそこに、あるもの
  • 『もう会えないけど           ・・・』思い出って、いいね。つらいことをそっちのけで描いてみる。信じてもらってることが、しだいに背筋をのばさせて。しくしくするかも。そのとき、すこしがんばるときに決まってる。はいあがるとき。信じられるということに。もしも、おとこであってもおんなであっても、思うことにおなじこころもちならうれしい。みえなくても、しあわせ祈る。しあわせなんだって描き想う。しくしく [続きを読む]
  • ふゆにつぶやく恋のうた
  • 春のまえをしてつらい冬・・・そのつらさが好きだ!あなたわ、夢色なあったかさが潜んでてさも・・・希望として感じてでも、・・・冬のあったかさに比べると・・・目をつむることが多くすぐにつむっちゃうなんでもないのにつむっちゃうみなければそれですんでしまうからお耳さえもつむるってこと知った・・・でも、かなしいこと正直ね?面とむかってしまえばよくわかる冬のあったかさが骨身にしみてしずかななみだをにじませようと [続きを読む]
  • どこまでもとどかず
  • 天野さんの「さようなら」が流れてきて、こころわ・・・back fire。 眠れない、どこまでもどこまでも、どこまでもどこまでも。 『こころに描いた落書き』わ、その落書きでいっぱいになっていろとりどりに、めがまわりそ。   こころによりそう「愛」があるだけでもしあわせ。それだけでしあわせ。   ひととして生まれ来て、なにがよかったの? 恋・・・恋だよ。   夢、とてつもないでっかいはてしもなく広がり、まだまだ広がり [続きを読む]
  • こころの中
  • ・・・ posted by  (C)なつなみだわかえってきたものだからってそっけにしたらかわいそうおなじおなじいつもいっしょいつだっていっしょわたしのなみだ  [続きを読む]
  • 金曜のわくわく
  • いつもの「予定」【土曜日】髪切りヘミング・ミサンガ業務スーパーにお買い物淡路島を観に海岸えドライブお掃除・模様替え 【日曜日】和歌山城お散歩ヘミング・ミサンガ鍋をいただきながらの「ナルト疾風伝」鑑賞「笑点」鑑賞鳥取の雪わどうなったかな?帰りたい・・・ [続きを読む]
  • あとすこし・・・風待つ「望み」
  • 生きるための生きる術を知っててそのうちに、生きてるという感覚をさがし彷徨う水平線のかすかに見え隠れする希望の有無をさえただの「あえぎ」とたしかめようとしない知ってたけど、こんなにもあじけないものだったなんてちいさな世界でそこにうずくまりひとりあそびしてほくそえんでいたかったby 夏夢希望とわうすい望みっていうことなの?それともまれな望み? [続きを読む]
  • 恋の原点
  • 『いつまでもいっしょに・・・』そんなところから深まってゆく愛どんな思いがめぐってそんなことばとしてあらわすんだろ?21歳で覚悟したその思いをたどりつ恋の軌跡もたどりていまわ、ただ、後悔だけわしてほしくないでも、それわ、やさしさにたよるしかなくただ、精一杯に生きることをみてもらうしかない恋のその先リーダーの宿命を背負うことか清潔な愛をひもといてゆくにわ生活に圧せられすぎたこのにごり、いつ解き放とうか  [続きを読む]
  • 焦点
  • 恋わいつでも命がけ。でなきゃ、だれもほれない。あなたを真っ先に・・・。それが恋。護りたい。もっと、思うようにしてあげたい。ちいさなじぶんかってなしあわせおもい。それがどこまでつうじるというの?でも、それでも・・・。 ・・・ちょっぴり、愛してることが通じてて・・・って過信?いいのそれわ、いつか判明するそしてじぶんにも本心のばろめーたの針さきとわいつでもいのちがけ・・・そのことを全うできたならきっと、 [続きを読む]
  • 笑顔描いて
  • たぶん、絶対まちがってないものこころにだれかの笑顔をたもつこと編み物 縫い物 ござづくり リース 生け花 お料理そこにだれかのお顔そんなふうに無我夢中になるの好きてばなしでよろこんでくれるの夢に posted by  (C)なつくすっ^^いたずらぼーやですいつまでたっても [続きを読む]
  • 置いた時
  • いっぱい書いた。で〜消しちゃった。よかったぁ。すぅ〜ってしたもん。けど、なつもこどもなりに意味があるんだね?うん!(^^)きみにあえて、ふるさとここに posted by  (C)なつ [続きを読む]
  • らしくないつぶやき
  • 先生のこと嫌いっていつも言う。ひとつちがうこともあって、どっかでちゃんと言っとかなきゃ。中学のときの教頭がいつもそばにいてくれた。「りゅう、それわおまえが、正しいからや」高1のとき、担任が一生懸命でした。「おまえは、きっと国立に行ける!」高2のとき、母校の先輩先生と一緒に体育祭のあとで屋根裏で呑んで神商大のひとに告げ口されクビになりかけた先生。その先生のくれた俳句の書。今も。宿もない、職もない。世 [続きを読む]
  • いっぱい
  • 計画(こんどのお休み)・ミサンガ編み・唄のアップ(ユーチューブ)・和歌山城のお散歩・「きらく湯」の塩サウナそれから・・・・アイロンを完璧に・ツタヤでRED・模様替え・制服のペンインクの漂白・過去写真の整理それから・・・こどもの受験とみんなのしあわせをお祈りなんか・・・きれいな感動するなにかを写真に・・・それから・・・って、そんなことをお休みの前に考えるのが好きまるで冬のように [続きを読む]
  • おおぞらのさきにあるもの
  • あんな強さなのかな?わたしも、打たれても打たれても逃げられない・・・・・打つものの弱さわ、じぶんに勝てない弱さひとつひとつがわが身にふりかかりてどうにかその場わしのげるじぶんわ、つおいからじぶんの子、だったなら・・・そうおもわざるをえないじぶんのおかぁさんなら?じぶんの兄弟だったなら?じぶんのあ・い・す・る・・・ひとだったなら?盾になりしをもいとわない・・・それも打つものとおなじゅうなり「どうにか [続きを読む]
  • 素肌
  • さみしいときわきみおもいだし いっときのこととこらえるそれ、できないならもう、愛する資格さえないとじぶんにいいきかせるきつくきつく、これでもかこれでもかってじぶんをかなしく見えたときそのことに負けそうになるちがうよけっして弱くないただ、ひとりぼっちわ・・・つらいただ、けっして下を向くな、うつむくなそれでも愛してくれるもののためにじぶんのなかで負けてわいけない『筋』だけをつよくじぶんにそこが逃げ道ど [続きを読む]
  • そのものでいい 好きに唄う
  • FBわ、休みます。昔、ミクシーをしてたけど、どうもあの訪問とかっていう履歴わいけない。本筋から外れてしまう。FBも同じ。苦になればいけない。ともだちわ少なくしてできるだけ訪問する。逆に思いをもってもしらんぷりんもあったり、更新のいくつを数えても姿がみえなかったり、来訪しても足跡残さなかったり。もうややこしい。ややこしいのわいや。感情の低迷わ、リアルの精神にかかわってくる。そんなときわ、時間をおくか、や [続きを読む]
  • もひとつのまわり
  • じぶんの声、こころの声をききなさい?最近よくこのことばに接して何度も何度もなので、なんだろ?じぶんの声・・・じぶんから離れてみたすると、いつもじぶんにしわよせしてるようなただ、そんななんでもかんでもをしょいこめてることそれって、「できる」「やってできないことわない」そう身についてるのかな?ふと、それが愛するひとだったなら・・・いやだなすこしじぶんをいたわってやろうかな?なぁんて思ったじぶんをまたま [続きを読む]
  • のりこえるということに
  • 阪神・淡路大震災でのたくさんなご不幸と傷みにご冥福と勇気をくださったことえ感謝しそのご経験とその勇気をこの先の社会につなげることができますように兵庫県、神戸に育てていただいたこと感謝していつもよりもお祈りします生きてさえいられるならそれだけでしあわせだから前を向くのひとのいのちにわがみをかえてでも・・・ひとのいのちそれわ、光、ともしびそれだけで勇気だから、慈愛がはぐくまれてもいちど原点どんだけのし [続きを読む]
  • ながれもの
  • うまれたとこでもないそだったとこでもないかえりたいとこがあるかえるとこがあるこころに映しだされるのわただただやさしいはだざわりな夢の世界こんなあまちゃんが強い風当たりの前につったってるなんてじぶんがいきることわまた、そっと知らずまのしあわせがあるはずそのようすをかいまみてるいっつもないてるよかえりたいってひとりぼっちただ、ひたすらへりくだりことの平穏をおくそこのけっして認めないといういきりたちをし [続きを読む]
  • 現実
  • ひたすらな愛を感じたのわいつ?それ、おそすぎ気づかないってことわ、大きな罪それでもなおも愛してくれたなら?じぶんなげうってでも護らなければならない(あたりまえのこと)(すきかってにじぶんの世界に入り込んでばかりいてたこと悔いて)とても尊敬なんてされないどころか「かわいいよ」「すごいね」ってここにこの風の前で言う「きみこそ尊敬すべきひと」とてもあしもとにもおよばないだろう小さく訴えるひとことにもっと [続きを読む]