ルチアーノショー さん プロフィール

  •  
ルチアーノショーさん: ルチアーノショー レストラン&バー
ハンドル名ルチアーノショー さん
ブログタイトルルチアーノショー レストラン&バー
ブログURLhttp://ameblo.jp/lucianoshow/
サイト紹介文赤坂5-4-7のレストラン&バー。毎晩ダンスショーを開催する大人のためのダイニングです。
自由文ワインに葉巻にお寿司に抹茶まで。東京の夜を満喫するならルチアーノショーで。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2011/10/29 10:49

ルチアーノショー さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 改項(ページ)しすぎじゃないか。
  • “専属カメラマン☆チャーリーの寄稿ブログ”をお届け致します。どうぞ。---改項(ページ)しすぎじゃないか。http://lscharlie.exblog.jp/24763941/Photographer&Engineer: CharlieJAPAN MENSA会員HomepageFacebookTwitterInstagram(写真集)ルチアーノショーで働くスタッフのブログ専属カメラマン☆チャーリーの寄稿ブログ(過去ログ)専属カメラマン★チャーリーの部屋(過去ログ [続きを読む]
  • サービス考 〜一流を越える〜
  •  寒い。暖かかった昨日から一転、急速に発達した低気圧の影響で列島各地は厳しく冷え込み今季最低気温となった所も多く、札幌では62年ぶりとなる40センチの積雪を記録した。いよいよ、冬が始まる。 lucianoshow支配人米澤です。 この季節、毎年、赤坂の店舗から見下ろしていたサカス広場のスケートリンク、もう、あの場所から眺めることはないのだと感傷に浸りつつパソコンに向かっていると、次のような記事が目に止まった。  [続きを読む]
  • それでも、ボジョレーを飲む
  •  深まる秋、神宮外苑の銀杏並木が今年も見頃を迎えた。穏やかな陽射しのもと、青山通りから絵画館へと黄金に染まる風景はとても幻想的で、見上げた並木の迫力に我を忘れる。美しい黄金の葉が散りゆけば、季節は一気に冬へと向かう。 LucianoShow支配人米澤です。 先週末、この世の不条理はまたしても、罪のない多くの人々の生命(いのち)を無惨に奪い去り、残された人たちの平穏な日常を打ち砕いた。 天災、人災、事故、犯罪 [続きを読む]
  • I Love Paris
  • “専属カメラマン☆チャーリーの寄稿ブログ”をお届け致します。どうぞ。---I Love Parishttp://lscharlie.exblog.jp/24485760/Photographer&Engineer: CharlieJAPAN MENSA会員HomepageFacebookTwitterInstagram(写真集)ルチアーノショーで働くスタッフのブログ専属カメラマン☆チャーリーの寄稿ブログ(過去ログ)専属カメラマン★チャーリーの部屋(過去ログ) [続きを読む]
  • パリのためにできること
  • ルチアーノショーのタケダです。今日、2号店ソプラノ準備室に1枚の写真がチャーリーさんから送られてきました。”ラデュレを買って食べました。”※詳細はキコブにて→コチラ昨日のこと、定例会議という名目の雑談を繰り広げる、舞台監督、チャーリーさんと私。当然、パリのテロの話題になり、タケダ「今、パリのためにできる事って何でしょうか?」青いシャツを着た舞台監督は、「今のところ消費ですかね。寄付ができない人たち [続きを読む]
  • 美人考 〜続・歌舞伎町潜伏リポート〜
  •  霜月、11月。朝夕の冷え込みは日ごとに増すが、柔らかな陽射しの注ぐ長閑な午後は心地よい。列島各地の名所では色鮮やかな紅葉が見頃を迎え始めた。今年も残すところ二月(ふたつき)を切った。大したことのできぬまま、また一つ齢を重ねる。 LucianoShow支配人米澤です。 マーケットリサーチを兼ねて、再び、歌舞伎町に潜伏してきた。毎晩、30人ほどの若い女性たちがそこで働く。ひと昔前ならホステス、今ならキャストと呼ば [続きを読む]
  • ブランド考 〜歌舞伎町潜伏リポート〜
  •  陽が沈み夕闇が包む都会の街角、強烈に吹き抜ける冷たい風に足もとの枯葉が舞う。先週末、今年の木枯らし1号が東京都心を吹き荒れた。時折鼻をつく、乾いた冷たい空気にどことなく冬の気配を感じる。赤坂のサカス広場では、恒例の、イルミネーションが華やかに彩るスケートリンクの設置が始まる頃だろう。毎年見下ろしていたあの光景が懐かしい。 LucianoShow支配人米澤です。 マーケットリサーチを兼ねて、歌舞伎町という街の [続きを読む]
  • 秋桜
  •  神無月、可憐な秋桜が風に揺れる。目を閉じれば、何処からか金木犀の心地よい香り。深まる秋の長閑な夕暮れは何処か切なく、郷愁を誘う。散り始めた街路樹の枯葉は寂しさを深め、無性に人恋しいこの季節。 LucianoShow支配人米澤です。  母がまだ若い頃  僕の手をひいて  この坂を登る度  いつもため息をついた  運がいいとか 悪いとか  人は時々口にするけど  そういうことって確かにあると  あなたをみてい [続きを読む]
  • 人間だもの
  •  深まる秋の都心の夜空に煌々と輝く満月が浮かぶ。中秋の名月の翌日に迎えた今年のスーパームーン、不気味なほどの輝きを放ち道行く人の視線を集めた。自然とは、時に非常なまでに残酷で、時に息を飲むほどに美しい。星に願いを、月に祈りを、数多(あまた)の人の祈りを乗せて輝く月は地球(ほし)を周る。 LucianoShow支配人米澤です。  うさぎ うさぎ  なに見て跳ねる  十五夜お月さま  見て 跳ねる 遡ること今か [続きを読む]
  • “Nobody Is Right”を聴いていたら体罰の話になった。
  • ルチアーノショーのタケダです。テレビっ子の私には最近気になるCMがあります。それはearth music & ecologyの新CMです。厳密に言えば、そこで歌われている唄が気になりました。以前は、私の大好きなTHE BLUE HEARTSの曲が歌われたりしてましたが、今回の曲は聞いた事がなく、でも1度聞いただけで、中島みゆきさん(以下敬省略)の曲かな?と何となく思いました。調べてみると、やはり中島みゆきの“Nobody Is Right”という曲で [続きを読む]
  • 噂のメンサは本当に高知能なのか。実験台になってみた。
  • “専属カメラマン☆チャーリーの寄稿ブログ”をお届け致します。どうぞ。---09月20日:噂のメンサは本当に高知能なのか。実験台になってみた。http://lscharlie.exblog.jp/24485760/09月25日:番外編『少年からのお便り。』を追加しました。09月28日:『知能検査で天才を探す欧米と、診断目的でしか使用されない日本。』を追加しました。10月22日:『学力偏差値でいうところの上位2%とは。』を追加しました。11月09日:『IQ 162 [続きを読む]
  • 生きてこそ
  •  抜けるように青い秋の空に柔らかそうな白い雲がいくつも浮かぶ、穏やかに降り注ぐ午後の陽射しが心地よい。長く激しい雨の日々であった。容赦なく猛威を振るう非情な自然はまたしても人びとの日常を打ち砕き、深い爪痕を残していった。どうして自分がこんな目に、いったい何をしたというのだ。理不尽極まりない、やりきれぬ思い、心中察するに余りある。 LucianoShow支配人米澤です。  人生楽ありゃ苦もあるさ  涙の後には [続きを読む]
  • 色が見えません。色覚異常、いわゆる色盲です。
  • “専属カメラマン☆チャーリーの寄稿ブログ”をお届け致します。どうぞ。---http://lscharlie.exblog.jp/24410130/※チャーリーのブログは“離れ島”へ移動しました。Photographer&Engineer: CharlieHomepageFacebookTwitterInstagram(写真集)ルチアーノショーで働くスタッフのブログ専属カメラマン☆チャーリーの寄稿ブログ(過去ログ)専属カメラマン★チャーリーの部屋(過去ログ) [続きを読む]
  • 夏の終わりに
  •  厳しい残さはまだ残るが、午後の陽射しが幾分やわらぎ始める。時折吹き抜ける夕暮れの風が心地よい。強烈に暑かった夏も間もなく終わりを迎える。それぞれの胸に思い出を残し、季節は今年も秋へと向かう。 LucianoShow支配人米澤です。 終戦70周年、御巣鷹山の日航機墜落事故から30年、一方で高校野球100周年など、何かと節目の季節となった今年の夏、東京では観測史上最長となる7日連続の猛暑日を記録するなど、日本列島は凄 [続きを読む]
  • 噂の“30日スクワット”にチャレンジしてみた。
  • 毎週木曜日“専属カメラマン☆チャーリーの寄稿ブログ”の回がやってまいりました。どうぞ。---http://lscharlie.exblog.jp/24359895/※チャーリーのブログは“離れ島”へ移動しました。Photographer&Engineer: CharlieHomepageFacebookTwitterInstagram(写真集)ルチアーノショーで働くスタッフのブログ専属カメラマン☆チャーリーの寄稿ブログ(過去ログ)専属カメラマン★チャーリーの部屋(過去ログ) [続きを読む]
  • 少年時代
  •  炎天下の東京都心、蝉時雨が激しく鳴り響く。七年に渡る眠りの後のほんの七日間の表舞台、残された短い生命(いのち)を惜しむ哀しい叫びにも聴こえる。お盆を過ぎれば夏も終わりへ、ひと夏の激しい恋はいつしか思い出に変わり、夕暮れの街角に秋の気配が漂い始める。 LucianoShow支配人米澤です。  君が投げ返してくるボール  日ごと 速くなり  今では俺よりも背が高くて  なんだか眩しい               [続きを読む]
  • 過去の記事 …