あじもす @asiamoth さん プロフィール

  •  
あじもす @asiamothさん: 亜細亜ノ蛾
ハンドル名あじもす @asiamoth さん
ブログタイトル亜細亜ノ蛾
ブログURLhttps://asiamoth.com
サイト紹介文『HUNTER×HUNTER』『暗殺教室』など、「週刊少年ジャンプ」マンガの感想がメインです!
自由文『HUNTER×HUNTER』『暗殺教室』など、「週刊少年ジャンプ」マンガの感想がメインです! 愛用の Canon EOS 7D や新しいデジカメの情報、Photoshop や Firefox の使いこなし方も紹介していますよ!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供21回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2011/10/31 16:52

あじもす @asiamoth さんのブログ記事

  • HUNTER×HUNTER #366 「其々」 殺戮はディナーの あとで
  • 『HUNTER×HUNTER』 No.366 「其々」素知らぬ顔をして漂う──猛毒まるで「ランキング形式」のように全王子が登場しました。これだけ人数が いればキャラが被っていても不思議では ありません。ところが、誰一人 似ていません。父親が同じナスビー?ホイコーロ──なのか疑わしいくらいです。もしも違っていたら、この〈王位継承戦〉の前提が すべて崩れ去るけれど。今回の見どころ「真顔」な警備兵ツェリ様、それ知ってたわー、二 [続きを読む]
  • HUNTER×HUNTER #365 「選択」 赤ちゃんと お出かけ
  • 『HUNTER×HUNTER』 No.365 「選択」見えない驚異か──見える恐怖か海外ドラマでは、主人公の足を引っ張る人物が次々に現われる。一つの例を挙げると、【PR】Amazonプライム・ビデオにて一年中・24時間の見放題である『24』です。この連続ドラマでは、「主人公以外は敵」といった状況が延々と続いていく。なにしろ、一番ジャマしてくるのは主人公の家族ですよ!(ネタバレ)最近の『HUNTER×HUNTER』も似たような局面です。誰が味 [続きを読む]
  • HUNTER×HUNTER #364 「思惑」 泣く子と王子には勝てぬ
  • 『HUNTER×HUNTER』 No.364 「思惑」電気信号に置換される──死神の伝言正規国王軍を兼ねた第一王子の私設兵は、最悪に厄介な存在です。ビンセントは「防衛権」を盾にして(むしろ矛にして?)好き放題できる。念能力や拳銃を使い、王子や側近を消せれば良し。あるいは、正当防衛で退場させられることも計算済みでしょう。たとえるなら、〈伸縮自在の愛〉(バンジー ガム)で全身を覆ったヒソカが襲ってくる感じです。クラピカか [続きを読む]
  • HUNTER×HUNTER #363 「念獣」 終段的防衛権
  • 『HUNTER×HUNTER』 No.363 「念獣」雄々しき獅子は──身中の虫すら食らう序盤は静かに始まりました。ところが、すぐにでも戦争が始まりそうなくらいに場の空気が過熱する。そこから急速に静まっていく──。いつもながらテンポの良さに ほれぼれします。言ってしまえば ただの「状況説明」の話なのに、ダレることなく読ませるところがスゴい。 マンガ家を含め、作家の仕事は「次の話(本)を手に取らせること」だと言えます。冨 [続きを読む]
  • HUNTER×HUNTER #362 「決意」 心の悪魔に手綱許すな
  • 『HUNTER×HUNTER』 No.362 「決意」さらなる惨劇が──爪を研ぐおわび「〈守護霊獣〉は、〈宿主〉を含めて誰にも認識できない」──といった予測をまるで事実のように当ブログでは書いてきました。ところが、今回の話で上記の推測は完全に否定されています。読者の皆さまに 誤解を生むような記事を書いたことを、ここに深くお詫びいたしまs(ry反省してまーすいやー、だってさー(急に なれなれしい)、思わせぶりな場面が続いた [続きを読む]
  • HUNTER×HUNTER 34巻 「死闘」 手取り×足取り×命取り
  • 冨樫 義博 『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター) No.34 「死闘」一年ちょっとぶりの新刊ですよ!大きく分けて「ヒソカとクロロのバトル」と「カキン王国の王位継承戦」の二つの話を収録しています。どちらも見応えタップリで、さらに先の展開も気になってくる!念能力者同士の闘いは、さらに高度に激しくなっていきます。それに加えて、「守護霊獣」と呼ばれる「念獣」が今後は重要に なってきました。この闘いの渦にクラピカ [続きを読む]
  • HUNTER×HUNTER #361 「辞退」 ひとさしで奪う
  • 『HUNTER×HUNTER』 No.361 「辞退」窓から覗く──残酷な真実これまでの あらすじ(偽)しばらく前の冨樫「なぜかしら...... 何もしていないのに 今日は疲れたわ......(ゲーム機のコントローラをにぎりつつ)」──「そんな事実はない。いいね?」「アッハイ」めでたい再開ということで(?)、『H×H』の連載が再開されました!前回・第359話の掲載は2016年6月27日でした。ほぼ一年ぶりですね。思ったよりも短かったかも?(こ [続きを読む]
  • 暗殺教室 第21巻 「ありがとうの時間」 高校恩愛
  • 松井 優征 『暗殺教室』 21 「ありがとうの時間」限りない感謝の先にも──人生は続くこれにて『暗殺教室』の本編は終了です……。うれしいことに本コミックスには「番外編」が4話分も収録されています。冬休み中の話のため、前巻よりも さらに以前の できごとになる。それなのに、まるで「殺せんせーが帰ってきた!」と感激しました。しかも、まだまだ『暗殺教室』が読めそうです!単行本の書き下ろしである あとがきで松井 優征 [続きを読む]
  • HUNTER×HUNTER #360 「寄生」 陰謀ヒマなし
  • 『HUNTER×HUNTER』 No.360 「寄生」逝きは よいよい──帰りは 怖い今回にて いったん『H×H』は お休みです……。そんなタイミングで本編が「アレ」でした。いや、おなじみの「下描きそのまま」「殴り描き」「ネーム状態」では ありません。「冨樫センセ、そっちに行っちゃダメー!(歓喜)」と叫びたくなるような狂気の世界が描かれました。作者の暗黒面を見せられたようでドキドキする。『幽☆遊☆白書』や『レベルE』でも味わ [続きを読む]
  • HUNTER×HUNTER #359 「出航」 紅血を絞る
  • 『HUNTER×HUNTER』 No.359 「出航」一滴残さず──絞り上げるおかずクラブとウド鈴木が『H×H』に参戦か!?そう思わせるソックリさんが登場しました(約一名は即・退場したけれども)。著名人らしき人物を作中に出すのは、作者らしい お遊びです。ただし最近は ご無沙汰だったため、意表を突かれました。『うる星やつら』のラムに似た司会役も出てきます。鬼の角の代わりに「ケモ耳(獣のような耳)」が付いていてカワイイ! 腰 [続きを読む]
  • HUNTER×HUNTER #358 「前夜」 念のためか気のせいか
  • 『HUNTER×HUNTER』 No.358 「前夜」パーティの終わりには──後始末が大変前回までの大量殺害や死闘から一変して祭りです!もしも現実世界に「未知なる新大陸へ旅立つ日」が来たら、きっと こまかいことを抜きにして祝いたくなるはず。本作品の第一話みたいな冒険へのワクワク感を思い出しました。ここぞとばかりに国王の「偉大さ」を誇示しています。カキン王国のナスビー・ホイコーロは、最初は「形ばかりのハリボテ国王」かと [続きを読む]