クララシエル さん プロフィール

  •  
クララシエルさん: ベルと泉で、
ハンドル名クララシエル さん  
ブログタイトルベルと泉で、
ブログURLhttp://ccbellwell.blogspot.com/
サイト紹介文アメリカNYより2児の母がお届けする季節のイベント、ガーデニングやクッキングなどの趣味のあれこれ。
自由文アメリカNY市郊外で子育てする2児の母。大好きなアクセサリー作りを今年本格的に始動しました。ガーデニング、クッキング&ベーキング、アクセサリー作り、読書、アメリカの日常やちょっぴりスピリチュアルなお話など、好きなことを色々書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供25回 / 353日(平均0.5回/週) - 参加 2011/10/31 21:20

クララシエル さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 春はあけぼの
  • 去年の秋くらいからでしょうか。何かと和歌とか短歌とか「歌」に出くわすことが重なって、親しい友人間ではこれはなにやらキーになる予感、などと盛り上がっていたのですが、その流れで清少納言の本を読むことになった私。そんなこんなでいつも以上に夢中になったわけですが、その夢中具合が今回は少々違いました(笑)。夢中になると一気に読み進めてしまい、あっという間に読み終わる、というのが常ですが、今回はまったくその逆 [続きを読む]
  • オレンジな時間
  • その時、西の空は黄金色だった。青が藍になっていく時間。幾種類もの、入り交じった雲が陰影を作りだす。それはまるで水面から立ち昇る蒸気霧のような。やがてオレンジが深くなる。輝き増して、熟れ開く。オレンジの空、オレンジの太陽、オレンジの海。オレンジな時間。愛すべくオレンジに絡みついて、まじり合って。あちらから、こちらから。藍が、薔薇色が、黄金が。こぼれた吐息はたゆたう幾千の波になる。さざめいて、さざめい [続きを読む]
  • 一枝の芍薬を想う
  • 1つ流れ始めると、それが呼び水のようになって、あっちこっちで絡まって、やがてきれいな流れになっていく。そんなことをここ数ヶ月で感じさせてくれたもの。とあるきっかけで手に取った「五輪書」。兵法なんて自分には関係ないと思いながら読み進めたからか、まったく理解不能で、どうして言いのやらと苦笑い。それでも何となく気になって、ぽつぽつ読み進めるうちに、1つほぐれ2つほぐれ、、、、いやいやまだまだ先は限りなく長 [続きを読む]
  • 兵の形は、水に象る
  • 雨が上がったら、気温が一気に上がって、もう春。そんな予報で心弾む月曜日の朝でしたが、激しい雨はいつしかみぞれになり、雪になり、、、あたりはいつの間にか真っ白に。春の雪かあ。季節は変わっていく、時間は流れていく。とどまることなく変化していくものの美しさを切り取り心に縫い付けることが、、、永遠なのかも。さて、ワタクシ、励んでおります。自分には関係ないと言いながらもいつの間にか、手に取って読むことにより [続きを読む]
  • 私が飛ぶ先
  • 早いもので3月も終わりになりました。NYでは今日が新月です。季節が目に見て移り変わって行く今、沸き立つような気持ち、新しい気持ちに拍車がかかるような気がします。3月、思ったことをあれこれ書き残そうと頑張りましたが、なかなか難しかったですねえ(苦笑)。春から少しお休みをいただこうと思ってますので(もう十分、お休みモードのようでしたが、苦笑)書けていなかったこと、出来るだけまとめてみたいと思います。言葉っ [続きを読む]
  • 遠き国より、夢の続き2
  • さあ、夢の続き第2弾。今朝も明け方の空に輝く月は、白く光を放ち、薔薇色と墨色の雲を纏って幻想的でした。夢のような想いを託された色は世界にたくさんある。私のブランドBlue Millefeuille もその一つ。青を幾重にも纏って微笑もう、夢見よう。私は欲張りなので好きな色がたくさんあるけれど、青は少しだけ特別。自分のものであって、自分のものではない。憧れの色かなあ、、、愛しい色、抱きしめたい色。BMのラッピング、最後 [続きを読む]
  • 扉を開く言葉
  • 遥か遠い国から結びつく、夢の続きの前に、、、1つ。どうしても残しておきたいと想う気持ちを。偶然とか、必然とか、必然とか、偶然とか、、、ああ、もうどっちでもいいのかも、そんなことは。私の独りよがりかもしれないし、勝手なこじつけかもしれないし、それは私に宛てられたものではないかもしれないし。ただ、自分が大事にしまってきたものと同じものを、誰かに突然、ほら、と言って言葉にされて渡されたら、どうしてもその [続きを読む]
  • 遠き国より、夢の続き1
  • きちんとした説明文を丁寧に書くのも悪くないなあと思います。筋道たててわかりやすく、受け取りやすく、そんな風に書くのも。でも今回は、そういう風に作っていて、何だか進まず。そうか、そうか、思いきって、夢の続きにしちゃえ。ということで、私の出会ったきれいなお話、それを今回は夢の続き風でお届けします。みなさんもただ、感じるままに夢見て、描いて下さい。きっと、きれいな風景が広がりますよ。ではいってみましょう [続きを読む]
  • あなたに伝えたいこと
  •      いつだって、先を行く。     伸ばしても伸ばしても、届かない。     届かないけれど、追いつけないけれど、     だけど、     あなたが見たものを見たいと思う、     あなたが聴いたものを聴きたいと思う、     あなたが見つけたものを知りたいと思う。     それらと私が出会ったとき、     あなたと違う色に溶けて、構わないから。     あなたと違う音を奏でて、構わない [続きを読む]
  • 琥珀色の想いに染まる午後
  • 出会わないと始まらない。だけど、出会っただけじゃ始まらない。始めないと始まらない。それは時々簡単じゃなかったりする。ちょっと込み入っててやめちゃおうかなあって思ってしまう。だけど。始まる前に終わりにするのはやっぱりつまらないから。想像するのと体験するのはやっぱり違うから。だから、いつだって私たちは忙しい。そして、その忙しさを何と呼ぶかによって人生ってその密度とか濃度とかが変わってくるような気がする [続きを読む]
  • 決して途切れないもの
  • 本とか、絵画とか、映画とか、音楽とか、何度も何度も触れては浸りたいものがある。それらは永遠に変わることのない姿でそこにあり続け、それに対して、受け止める自分の気持ちの変化がその都度その都度、面白いなあと思ったり。自分というものを絞り込み、引き上げるのに大切なツールたち。ただ、同じようで違うものが一つある。それは、写真。私にとってそれは、もう少し内側に踏み込める扉。自分を優しく、しかし力強く、リセッ [続きを読む]
  • 花を咲かせ続けたい
  • 今日は世阿弥のお話。友人との話の中に出てきた世阿弥の言葉「秘すれば花」、これにいたく反応していたら、びっくりするようなタイミングで番組が始まった、と少し前にブログに書きましたが、それを。100分de名著、この番組で紹介されたのが世阿弥の「風姿花伝」。日本での本放送から少々遅れましたが、ここNYでは土曜日の深夜、十分オンタイムで堪能いたしました(深夜に目蘭々で、笑)。4回のシリーズでその4回目が「秘すれば花 [続きを読む]
  • 月の夜に、森へ行く
  • 1月の最後は2度目の新月でしたね。NYでは30日、日本では31日。2度目の満月にはブルームーンという綺麗な名前があるのに、2度目の新月にはこれといった名前がありません。でもきっと、多くの人が少し特別な想いを込めて、空を見上げているのでしょうね、そんな気がします。 お正月に志村ふくみさんの番組を見ました。志村ふくみさん大好きです。染織家としての彼女を尊敬していますし、その作品が紡ぎ出す物語にも強く惹かれま [続きを読む]
  • CHARTRES BLUE
  • ペンというものに非常に憧れていました。お伽話の中で羊皮紙に羽の先でカリカリと書くシーンとかものすごくドキドキしたのを覚えています。ただ書いてるだけなんだけど、何だかそのあとに凄いことが起きるんじゃないかという気がしたんです。魔法チックというか、特別な何かというか、、、(笑)。祖父の机の上に置いてあったつけペンとインク壷が、とっても気になって仕方がなかった遠い日。英習字検定を受けたのはそんなペンを使 [続きを読む]
  • 知りたいから始めよう
  • またまた大雪で今日は学校が休校だったNYです。結構積もりましたがほぼパウダースノーです。溶けてくれればいいのですが、まだ数日はかなり冷えるのでもしかしたら雪が氷になるのでは、、、と。真っ白い世界、見てる分にはとっても素敵なんですけどね(苦笑)。さて、今年はなかなかブログがまとめられません。色々と忙しくて、でも思ったことややり始めたこと、これはオンタイムで残さなければと思うので、それらはFBにせっせと書 [続きを読む]
  • 麗しく、美しく流れいく2014
  • 新年あけましておめでとうございます。今年ももう始まって早8日、いやまだ8日。NYは目まぐるしい気候の変化の中にあります。新年のご挨拶、実は3度目の書き直しです。あれもこれも思うことがあって書き進めていたのですが、まったくまとまりません。どうしていいのやら。書けば書くほど核心から離れていくような(苦笑)。まあ、心に想うこと多し、というのは悪いことではありませんから、ここは一つ気分転換、発想転換、と。真ん [続きを読む]
  • 花咲き、実を結ぶ 2013
  • 2013年の幕が下りるまで、もう秒読みですね。振り返ってみると、ものすごく色々なものが詰め込まれていて、自分のことながら、何だかすごいなあ、と(笑)。とにかく、自分ができることをやれるだけやってみたい、その一心で目の前のことに取り組んで来たように思います。その結果、自分のテリトリー内ではそこそこの成果を出せたように思うので、次はさらに一歩を踏み出したいと、そう感じています。ま、新しい年の抱負は新しい年 [続きを読む]
  • Season's Greetings
  • 雪降るクリスマスイブのNYよりみなさまへMerry Christmas !!!いつだって優しくありたいと思う。いつだって強くありたいと思う。どちらが欠けてもダメだと思っていたけれど、それは違うんだって教えられた。優しい人は強いんだよ。強い人は優しいんだよ。それはいつだって、1つだから。あなたの中に見つけて下さい。優しくて、強くて、永遠に輝き続けるものを。     素敵なホリデーをお過ごしください。&n [続きを読む]
  • 紫の風が微笑む
  • 雪がちらほら降って、体感温度もぐっと低い、寒い毎日が続いていたNYでしたが、昨日は雨がパラパラしているもののとっても暖かく、なんと東海岸一帯の最高記録が更新されるという、まるで春がやってきたような一日でした。庭に用があって出たついでにノイバラの方まで歩いて行くと、、、えっ?そこにあったのは、、、アネモネ。どうして?今日は暖かいけれどこれは特別。ずっとマイナスの、雪降る中で、こんなに大きな花。紫色の、 [続きを読む]
  • 永遠の空
  • はい、綺麗なものを語ろう第2弾です。今日は、ある日届けられた素敵な素敵な贈り物。贈って(送って)くれたのは公私ともに?作戦敢行中の仲間(笑)stone shop Blue Whale 店長の翠さん。作ってくれたのは翠さんとお仕事をしてらっしゃる虹色の花さん。これもですね、もうそのまま見てもらいましょう。作品の名前は【Dawn of Sirius -夜明けの、空-】ある日翠さんが見つけてくれたルース。ラブラドライトのルース。クララのだ!と [続きを読む]
  • 美しいとあなたが言った
  • さて、綺麗なものを語ろう第2弾の前に、ちょっとだけ。夕べ、見えない満月を想いながら寝て目覚めた朝。まだ日の出前の暗い時間、でも真っ暗じゃなくてほのかに青い時間。そんな西の空に満月が微笑んでいました。曇り空の中のそれは、ほんの一瞬の出来事で、あっという間に厚い雲の向こうに消えてしまいましたが、本当に美しかった。ダメもとで撮ってみた写真、やっぱり暗かったのですが、少しだけ手を加えて雰囲気が伝わるように [続きを読む]
  • 古き物語、その序章
  • 今年最後の満月ですが、雪からみぞれへ、そしてこの後また雪になりそうなNYです。忙しいのは相変わらずですが、なにやら集中力に今一つ欠けるワタクシ、そわそわと何かが届くような気持ちに支配されること早数週間(笑)。なんでしょうかねえ。もう2013年も終わりますから、色々と心の中、潜在意識の奥、自分が思う以上に感じること、考えること、あるのかも知れませんね。さて、そんな浮遊感。ぬぐい去れないのなら、もうそのまま [続きを読む]
  • 再生まで秒読み
  • 今日は朝から雪の降る寒い一日でした。長男中学初の6年生によるコンサートは中止。びっくりの大雪になるかと思われましたが午後からはあれ?何だか拍子抜けしたそんな火曜日ですが、お疲れさまの母にはちょうどよかったみたい。とにかく掃除掃除の私です(自分の仕事スペース)。これでもかのメモやらデザイン画やら古いノートやら、そういうものを片付けつつ、部屋を替えております。その合間にロザリオを作って、イベントの用意 [続きを読む]
  • 新月の約束
  • 気がついたら新月で、だから私は手放した。手放した、、、は間違ってないけれどちょっと違うかなあ。自分の扉を開けて、取り出した?大事に抱えてきたものを、手渡した?そんな感じ。形にして、届けること。取り出して、見せること。自分というものを、外へ向かって放出すること。それは言葉であって、それは光であって、それは音であって、それは微笑みであって、それは暖かさであって、それは、それは、、、、それは、私というも [続きを読む]
  • 青い想いの形
  • 兄さまがちょっと向こうで椅子に座っていたから、少しだけ声を大きな声で聞いてみた。ねえ、泣いてもいい?兄さまが不思議そうな顔でこう言った。いつだって、好きに泣いてるじゃん。だから私はこう言った。自分のことなら聞かないけど、人のことってどうなんだろうって、そう思ったんだよ。何かそれって、、、傲慢じゃん。兄さまがクスッと笑ったような気がした。その「人」はお前からずっと遠いの?私はちょっと考えて答えた。う [続きを読む]
  • 過去の記事 …