望月 灰兎 † 眉月 凛彩 さん プロフィール

  •  
望月 灰兎 † 眉月 凛彩さん: 硝子の月 ? 11月の夜想曲 ?
ハンドル名望月 灰兎 † 眉月 凛彩 さん
ブログタイトル硝子の月 ? 11月の夜想曲 ?
ブログURLhttp://ameblo.jp/lune-de-cristal/
サイト紹介文星屑のリズムにのせた 眠れぬ夜空に奏でる想い
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供9回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2011/11/02 01:16

望月 灰兎 † 眉月 凛彩 さんのブログ記事

  • ひとひらのゆき
  •    まふゆのよるの ひかりのゆらめき  ほしのすきまを ただようように   ふるえるゆびが あなたにふれてあいのことばを ささやけば   ほしふるおとが よぞらにひびく    まふゆのよるの ひかりのゆらめき  わたしのむねを ただようように    こごえたいきで あなたにつたえるあいのことばを ささやいて   ほしふるおとよ よぞらにひびけ    まふゆのよ [続きを読む]
  • voyage green
  • 心に花を 咲かせたままにこのままふたり 旅に出よう 喜びだって 悲しみだってこれから ずっと共にして 同じ花束 胸に抱えてこのままふたり 旅に出よう 薔薇みたいな派手さはないけど陽の光には 似合う花 夜の扉を 開いたらこのままふたり 旅に出よう 悲しい時ほど そばにいるから小春日和の 光のようにあなたを 優しく包むからいつも あなたに   青空を&n [続きを読む]
  • あの虹の架かる空に向かって
  • たくさん言葉を紡いできたけど 言葉なんていらないね欲しいものなら持っていたのに それにさえも気づかなかった手を伸ばしたら届くのに あなたも僕も臆病者で雨降る空に慣れすぎていて 見上げることも忘れていたね二つの虹を映した瞳が 寂しく僕に告げているとっくに雨は止んでいるのに 渡り損ねてしまったと 向こう側まで届かなくっても 一緒に渡ればいい話影みたいに寄り添うからね 空の彼方に消えるとこまで光の彼方に [続きを読む]
  • あなたがそばにいないから
  • 軽快なリズムに乗って僕は狂ってしまうのだろうもし、あなたがいなくなってしまったらあなたがいないというそれだけで世界から見放された気分になるのだろう美しいものを目にしたり聴いたりするその度にそばにあなたがいないことに気づくんだこの曲って綺麗だね、って話しかけてもそこにあなたがいないなら、何の意味のないのにね軽快なリズムに乗って、僕が狂っていくこの世の果てにいるように感じてしまうのはあなたがそばにいな [続きを読む]
  • 夏空に消えてゆく
  • もう、ずいぶんと昔のことになるけれどあなたは、笑顔でわたしにこう言ったんだまたね、ってもう二度と逢えないことを知りながら片道分だけの燃料を積んで飛んでゆくあなたを見送る空が涙で流れる何が、またねよ!って、叫ぶ声も蝉の声にかき消されてしまうからきっと夏空に消えてゆくあなたにまでは届かないんだ [続きを読む]
  • 十六光年の宇宙
  • 十六光年の宇宙(ソラ)に散らばる光の川を駆け抜けて今夜あなたに逢いにいくから川のほとりで待っていて地球の空は曇っていても僕らの宇宙には曇りはないね三日月型の舟にのり星の隙間を横切って光速を超え逸る気持ちが今夜あなたの胸に刺さるといいのに [続きを読む]
  • 寄り添いあって、雨を待つ
  • ー 咲くときも一緒なら ーー 枯れるときも一緒だよ ーぼくらは人目を避けるようにして寄り添うように咲いている歩道からは見えないアスファルトすれすれの低いところで枯れゆくことを知りながら永遠に枯れることのない夢を見て色づきながら待っている  雨が降るのを・・・ [続きを読む]
  • 桃の花
  • あかりを灯すのはぼんぼりにではなくあなたのこころ笑っておくれ桃の花を咲かせるように春風で包んだら優しくゆれる 桃の花 [続きを読む]
  • POISON ROUGE
  • それは 一度でも手を出せばあと戻りできない 麻薬のようあなたがくれる 夢を見るそんな 時間だけがこの世のすべてその唇に 触れられるのならあとのことは どうでもいいよ嘘でもいいから 微笑んで甘いひと時に 溺れさせてよ僕のすべてを 捧げるからねその唇に 触れさせて痺れて 動けなくなるぐらいその唇に 触れさせて致死量寸前の ポアゾンを僕に [続きを読む]
  • 月呼星拾
  • 願いが叶うのだとしたら それは今夜月の名を呼び 星を拾いにあなたと ふたり− あなたの喜びは わたしの笑顔 −− あなたの悲しみは わたしの涙 −目の前に広がる 真冬の天の川をあなたと ふたりたとえ 氷点下の空を流れるだけでもそれが 本望指先に 赤い糸を絡めあえばあなたと 頬に涙を伝わせて  笑顔− あなたの すべてを奪うから −− わたしの すべてを奪ってね −まるで 永遠に続くみたいにそれまで [続きを読む]
  • ハミング
  • 完璧な未来なんてものはどこにも存在しないのかもしれないきっと、当たらなかった宝くじみたいに毎日がハズレてゆくのかもしれないねでも、僕は明日に手を伸ばす当たることのない宝くじを買うように干からび、どこかが壊れてしまっていて手を伸ばしても遠ざかってゆくだけのそんな明日は、まるで微笑むかのように鼻歌を口ずさんでいるうちに過ぎてゆく夢を見たままで死んでゆけるのだとしたら夢を見ないで生きているよりもずっと、 [続きを読む]
  • 山手七福神
  • 「七福神を集めるの!」くみこちゃんがそう言いだしたのは、1月3日の昼を過ぎてからのことだったネットで、七福神めぐりというものをやっていることを知ったから、らしい・・「今から、行くわよ!」と、くみこちゃんはノリノリだ「恵比寿から、狩っていくわよ」って、くみこちゃん神様だからね、七福神てなわけで、最寄りの山手七福神をめぐることに・・「めぐろふどう『損』って、何よ! 正月なんだから、ふどう『得』にしなさ [続きを読む]
  • 12月のオルテンシア
  • 今夜、雨が雪へと変わらずに雨のままだとしたらあなたに、逢えるような気がするそして、12月の冷たい雨でも枯れることなく咲いている紫陽花みたいな笑顔で言うんだ待たせてゴメンね、って・・いつまででも、待ってるよたとえ、雨が雪に変わっても [続きを読む]
  • Silent Night
  • 目を覚ましてもまだ、僕は夢の中にいたあなたがそばにいるからそれが、よくわかる . * ? ?゚: 。 ? * ? ? 昨夜、サンタクロースがトナカイ達のひく橇に乗って空を駆けて去ってゆくその後ろ姿を見た27階にある部屋のベランダには、包装され赤いリボンのかかった大きな箱が残されていて僕は、躊躇しながらもそれを開けてみるとあなたが、膝を抱えまぁるくなって、眠っていた思い切って、声をかけると眠そうな目で僕を見つめ微笑 [続きを読む]
  • ポラリス
  • 真っ白なダイヤモンドが宙を舞いあなたは夜空に手を伸ばす輝く瞳がすぐそばで宇宙の彼方を見つめているよぼくのココロはくるくる回るあなたの笑顔を中心に真っ白なダイヤモンドが宙を舞いぼくはあなたに手を伸ばす [続きを読む]
  • 薔薇色の雪
  • あなたはまるで 雪の結晶冷たく 灰色の空から 花びら散らせ薔薇のかたちで 降ってきて触れたら かたちを無くしてしまう僕を 薔薇色に染めながら摂氏零度の花びらが 空を舞い指先に触れるのは 悦びであり 痛みすべてを 壊してしまうように零れ落ちては 消えてしまういつの日にか見た 夢のようにあなたが降らせる 薔薇の花びら麻薬のように 僕の心を 狂わせて灰色の空を 薔薇色に塗りつぶし僕に降り積もる あなたと [続きを読む]
  • Kanon
  • 加速してゆく情熱の速度が光の速度に達したら時間は とまるものらしいそれを教えてくれたのが他でもない あなただぼくがあなたの光となるからどうか そこで待っていてあなたに惹かれる引力がぼくに 醒めることなき夢をくれる出逢った頃と 同じまま変わらぬあなたがここにいるどうか あなたが吸い込んでこの光の すべてをいつまでも変わらぬままの愛を誓うぼくがぼくでいられるようにあなたがあなたでいられるように今夜あなたを迎 [続きを読む]
  • Fly Me to the Moon
  • あなたの くちずさむうた いつまでもうつろうきせつに ただよってあのそらにうかぶ つきみたいにわたしをてらして やさしくつつむふりやむことのない あめのようにあなたの くちずさむうた どこまでもいくせんのよる こえてゆけあのそらにうかぶ つきまでとどけわたしをつれて ときをこえ [続きを読む]
  • Candy Rain
  • かけがえのない時が 降り積もるふたりのうえを低い位置から優しく見守る 11月の太陽風に舞い散る 枯葉のなかを手をつないだら歩いて行こう光に包まれ 未来まで「あなたに逢えて ありがとう」笑って 泣いてを 繰り返し変わることなくいつまでも果てることなき 夢を見ながらぼくは あなたに 愛を語ろう優しい瞳に包まれて終わることなき 物語 [続きを読む]
  • 2015-11-16
  • 仮に 魔法が使えるならばたった 一度だけでいい今夜 あなたにかけれたらぼくのすべてを 引き換えに夢のような時を あなたと夢のような時を あなたに [続きを読む]
  • La Vie En Rose
  • あなたのかえりを まっているべっどのうえで まあるくなってかちゃんと かぎのあくおとをききのがさずに めをさますあなたのかわりは いないからまんまるおめめを らんらんさせてげんかんさきまで おでむかえあなたが ぼくのなまえをよんでせかいを やさしくつつむからのどをならして ごきげんさんずっと いっしょにいるからねあなたもぼくも さみしくないよあなたがいれば なんにもいらないあとはすこしの かりかり [続きを読む]
  • 真夜中のしゃぼん玉
  • わたしの淡い恋ごころは虹色に空を写した透明なしゃぼん玉に似ているあまい予感を噛みしめるとそのなかにあるほのかな苦みがやがて胸いっぱいに広がってたよりなくはじけてしまいそうになる真剣な表情をしたあなた馬鹿げたことを口にするあなたすべてのあなたがまるでぜんぶ夢みたいに消えてしまいそうな気がしてたゆたう夜の窓辺で闇夜に想いを走らせてため息をつくひとり見上げる夜空に星屑が降る胸に抱えたしゃぼん玉どうか青空 [続きを読む]